タグ : スタート

『地球に、日本に、家計に!エコトレFX de エコキャンペーン』がスタート ~第1弾 納涼エコグッズ“ひんやり冷感クール寝具”プレゼント!~

  • 『地球に、日本に、家計に!エコトレFX de エコキャンペーン』がスタート ~第1弾 納涼エコグッズ“ひんやり冷感クール寝具”プレゼント!~に関する記事・解説はこちら 
    2011年7月5日 at 9:38 PM
  • FXCMジャパン、ホームページや各種取引システムが中国語に対応に関する記事・解説はこちら 
    2010年11月29日 at 8:00 PM
  • スタートに関するWikipedia情報
    スタート
    スタート(英語:start, START) 徒競走やマラソンにおける開始地点のこと。対義語はゴール。 Microsoft Windowsに搭載されているスタートメニュー 1982年に米ソではじめられた戦略兵器削減交渉 (Strategic Arms Reduction Talks) と、その成果として結ばれた条約 (Strategic Arms Reduction Treaty)。 第一次戦略兵器削減条約 (START I) 第二次戦略兵器削減条約 (START II) 第四次戦略兵器削減条約 (START IV) 上記の条約を契機に開発されたロシアのロケット「スタールト1」の英語読み。 スタート! - 中山七里の推理小説。 スタート! (ラジオ番組) - OBSラジオの番組。 音楽・芸能など START (JUN SKY WALKER(S)の曲) - 1991年のJUN SKY WALKER(S)のシングル。
    スタートレックに関する日本語資料一覧
    スタートレックに関する日本語資料一覧(スタートレックにかんするにほんごしりょういちらん)は、アメリカのSFテレビドラマシリーズ『スタートレック』に関して日本語で利用可能な資料の一覧である。なお、各節毎に発売順とし、特記しない限り日本国内で発売・発行されたものである。 スタートレックに関する日本語資料の増減は日本でのスタートレックシリーズの放映・公開と相関している。 なお、製作スタッフやファンによって映像作品(テレビ・エピソードと劇場映画)が「正史(canon)」と呼ばれることがあるが、その場合、小説・コミックやゲームは「正史」に含まれない。ちなみに、1999年版を最後に新版が発行されていない『スタートレックエンサイクロペディア』の前書きには「パラマウント社の方針によって非公式とされているアニメ・シリーズは(本書では)扱わない」とあるが、アニメ・シリーズのDVD版発売後、公式サイトにアニメ・シリーズのデータが反映されるようになった。
    スタートレック
    『スタートレック』(英: Star Trek)はアメリカのSFテレビドラマシリーズ。1966年の放映開始以来、5本のドラマ作品、12本の劇場版、1本のアニメ作品が制作されている。ハードSF的なものからコメディー、スペースオペラ的なものまで、様々な話がある。 更には、2015年11月2日、アレックス・カーツマン、Heather Kadin制作総指揮による新シリーズの放送が2017年1月からCBSにて開始されるとアナウンスされた。 1966年に開始した最初の作品では、作者であるジーン・ロッデンベリーが理想とする未来像を描きつつ、現代における様々な社会問題をSFの形で提示した。1987年以降に開始された作品においても、現実社会の複雑化を反映して、今日に至るヒットに結びついた。 作品が世に出るまで 『スタートレック』はジーン・ロッデンベリーにより創作された。アメリカ西部開拓を描いたテレビドラマ『幌馬車隊』のように、宇宙を開拓する物語が初期の構想であった。これは、SFの形をとることにより、当時のアメリカの社会問題を検閲されずに物語に盛り込み、指摘できると考えたためである。
    スタートレック ザ・オリジナル・シリーズ
    『宇宙大作戦』より : 『宇宙大作戦』(うちゅうだいさくせん、Star Trek)は、アメリカのSFテレビドラマ。NBC系列において1966年から1969年まで全3シーズンが放送された。 その後、劇場版やテレビ版の続編などが制作されたため、本作は『スタートレック』シリーズの最初の作品として『Star Trek: The Original Series』、あるいはそれを略した『ST: TOS』や『TOS』という通称で呼ばれるようになった。 それまでのSFドラマに比べ、人間ドラマとしての側面を強くうち出している。そのため、普遍的なテーマを扱うことが多く、製作から年月が経過しているにもかかわらず十分鑑賞に堪え得るストーリーである物が多い。また、SF作家のジェイムズ・ブリッシュによるノベライズ版も存在する。 登場人物に、アメリカ人、アフリカ民族、スコットランド人、ロシア人、アジア人など各民族を配し、女性も主要士官に含めるなど、差別のなくなった時代を描いている。
    スタートレック:エンタープライズ
    『スタートレック:エンタープライズ』(英: Star Trek: Enterprise、略称 ENT)は、アメリカのSFテレビドラマシリーズ。『スタートレック』シリーズの5番目のテレビドラマ作品。全98話。 舞台設定 2001年9月から、UPN系列で全米での放送を開始した。『宇宙大作戦』で描かれたカーク船長の5年間の探査ミッションの約100年前、惑星連邦成立前の22世紀を舞台に、ジョナサン・アーチャー船長指揮する地球初の深宇宙探査船「エンタープライズ NX-01」とそのクルーの活躍を描く。スタートレック世界の時間軸で、映画『ファーストコンタクト』から『宇宙大作戦』までの期間を直接描いた初めての作品となる。 製作 本作以前の『スタートレック』は、シリーズを通しての設定や別の作品のストーリーを前提とした話も多かったが、本作はシリーズ第一作である『スタートレックTOS 宇宙大作戦』以前の時代を舞台とし、そうした設定をいったん白紙の状態に戻した事で、予備知識を持たない人も楽しむことができるようになっている。
    スタートレックに登場した宇宙船のクラス一覧
    スタートレックに登場した宇宙船のクラス一覧(スタートレックにとうじょうしたうちゅうせんのクラスいちらん)は、アメリカのSFテレビドラマ『スタートレック』シリーズに登場した宇宙船のクラス一覧である。 形状・性能は様々だが、劇中での航行シーンは宇宙「船」というより大型航空機の「飛行シーン」に近いイメージで描かれ、戦闘シーンもまた船同士の海戦というより航空機同士のドッグファイトに近いイメージで描かれている(デザインも水上船より大型航空機に近い)。 惑星連邦以前の地球 DY-100級 DY-100 class ボタニー・ベイ S.S.Botany Bay DY-500級 DY-500 class マリポサ S.S.Mariposa Yクラス貨物船  Y class フォーチュネイト E.C.S.Fortunate Jクラス貨物船 J class ホライゾン E.C.S.Horizon NX級 NX class エンタープライズ Enterprise NX-01 コロンビア Columbia NX-02 鏡像世界に存在 I.S.S.エンタープライズ I.S.S.Enterprise NX-01 I.S.S.アベンジャー I.S.S.Avenger NX-09 SS コネストーガ SS Conestoga テラ・ノヴァへの植民船 アレース4 Ares IV フェニックス The Phoenix ゼフラム・コクレーンのワープ実験船 クラス不明 イントレピッドタイプ Intrepid typeパラマウントの許諾の下で発売された各種模型では、イントレピッド号はNV級で、登録番号はNV-01であるとされている。
    スタートレック:ディープ・スペース・ナイン
    『スタートレック:ディープ・スペース・ナイン』(Star Trek:Deep Space Nine、略称: DS9)は、アメリカのSFテレビドラマシリーズ。『スタートレック』シリーズの3番目のテレビシリーズで、1993年から1999年にかけて放送された。日本では1996年から2002年にかけて途中中断をはさみながら放送された。前作『新スタートレック』および次作『スタートレック:ヴォイジャー』と、放送上も設定上も時期が重なっている。 ストーリー 時は24世紀、惑星ベイジョーは隣接するカーデシア連合から独立を勝ち取り、惑星連邦の保護統治下に入った。惑星ベイジョーの衛星軌道上に浮かぶカーデシアの鉱石加工宇宙ステーション「テロック・ノール」は、ベイジョー臨時政府の依頼により惑星連邦とベイジョーとの共同管理となり、「ディープ・スペース・ナイン」(DS9) と改称された。
    スタートレック:ヴォイジャー
    『スタートレック:ヴォイジャー』(Star Trek: Voyager 、略称VGRまたはVOY)は、アメリカのSFテレビドラマシリーズ。『スタートレック』シリーズの4番目の作品。1995年から2001年にかけて放映された。 第2シリーズ『新スター・トレック』(TNG) や、第3シリーズ『スター・トレック ディープ・スペース・ナイン』(DS9) と時代設定が同一(24世紀)であり、TNG・DS9と関連した登場人物・事件が描かれている。また、DS9とは、ドラマの放映期間も大きく重なっていた。 それまでのスター・トレックの世界から遠く切り離された場所での、ただ1隻の宇宙船の活躍を描くという、外伝的な性格も持つシリーズ。 カーク船長の宇宙大作戦の時代はエンタープライズが単独で活躍するイメージだったが、TNGやDS9などでは連邦艦が数多く登場するようになり艦隊戦なども行われたため、それらとの差別化を図り、原点に戻る意味でもヴォイジャーが単独での航海を行うスタイルとなったと言われている。
    スタートレックIV 故郷への長い道
    『スタートレックIV 故郷への長い道』(スタートレックフォー ふるさとへのながいみち、Star Trek IV: The Voyage Home)は1986年のアメリカ映画。『スタートレック』映画(オリジナルシリーズ)全6作中4作目。日本での公開は1987年3月。劇場公開時の邦題は『故郷への長い道 スター・トレック4』。 ストーリー カーク提督たちはジェネシス装置をめぐるクリンゴン人との戦闘でエンタープライズ号を自爆に追いやられたが、逆にクリンゴンのバード・オブ・プレイを分捕り、スポックの故郷であるバルカン星に滞在していた。バルカンに伝わる儀式で魂と肉体を再結合させ、記憶を取り戻したスポックには自分たちの人生を犠牲にしてまでスポックを救ったクルーたち人間の行為が理解できない。彼らは分捕ったクリンゴンの船に「バウンティ号」と名付け、エンタープライズ号を勝手に動かした罪で軍法会議を受ける覚悟で帰国することにした。 その頃地球には謎の探査船が接近していた。あまりにも強力な謎の電波を発しているため、地球の大気はイオン化されすべてのシステムが停止してしまった。
    スタートレック ジェネレーションズ
    『スタートレック ジェネレーションズ』(Star Trek: Generations)は、 1994年のアメリカ映画でスタートレックの映画第7作目。『新スタートレック』の登場人物が出演する劇場版としては、第1作となる。監督はデヴィッド・カーソン。 『宇宙大作戦』(TOS)と『新スタートレック』(TNG)、新旧2世代の登場人物が共演を果たし、シリーズで重要なキャラクターが死亡するという衝撃的な展開で話題を集めた作品。興行収入1億ドルを超える大ヒットとなった。 あらすじ 2293年、U.S.S.エンタープライズBの進宙式に招待された先代エンタープライズの元船長ジェームズ・T・カークらは、そのまま試験航海に同行した。救難信号を受けたエンタープライズBはリボン状のエネルギーの渦に巻き込まれている難民輸送船から数十人の難民を助け出す。その中に、輸送船へ戻りたがるソランや、のちにエンタープライズDに乗り組むことになるガイナンがいた。その際、エンタープライズBもエネルギー・リボンに捕らわれ、カークは艦を離脱させるために自ら起こした爆発で消息を絶つ。
    スタートレックV 新たなる未知へ
    『スタートレックV 新たなる未知へ』(スタートレックファイブ あらたなるみちへ、Star Trek V: The Final Frontier)は、1989年のアメリカ映画。『宇宙大作戦』のレギュラーを中心とした『スタートレック』映画(オリジナルシリーズ)全6作中5作目。 ストーリー 謎のバルカン人サイボックが「神」に会うために人類未踏の地グレートバリアに向かうべく反乱を企てる。宇宙戦艦を手に入れるため地球人、ロミュラン人、クリンゴン人を人質に取り救出に訪れたエンタープライズ号を乗っ取ってしまう。彼はマインドコントロールによる精神的苦痛からの解放によって乗組員達を洗脳し次々に自分の仲間にしてゆくが、カーク、スポック、マッコイたちは辛うじてその誘惑を振り払う。不本意ではあるが、「最後の開拓地宇宙」その最大の謎を解明する航海に出たエンタープライズ号はやがて「神」のいる惑星「シャカリー」に到着する。 本作はウィリアム・シャトナー初監督作品である。登場人物の心理的背景の描写等に重きを置いたストーリー展開も災いしてか、1989年のゴールデンラズベリー賞の最低作品賞・最低監督賞・最低主演男優賞を受賞することになった。
    スタートレックII カーンの逆襲
    『スタートレックII カーンの逆襲』(スタートレックツー カーンのぎゃくしゅう、Star Trek II: The Wrath of Khan)は、1982年のアメリカ映画。スタートレック(オリジナルシリーズ)全6作中の2作目である。 ストーリー 建造から20年がたち老朽化したエンタープライズ号は練習艦となりカーク提督は地上任務に戻り、スポックはエンタープライズの艦長となっていた。今回の任務は、カーク提督の査察のもと候補生達を乗せて訓練航海に出航する平穏なもののはずだった。しかしその頃、20世紀の遺伝子工学によって生まれた優生人間カーンたちは連邦艦U.S.S.リライアント号を乗っ取り、かつてカーク船長らによって追放されていた流刑星からの脱出を果たしていた。カーンはマーカス博士たちが研究していた計画、命のない不毛の星に生命を誕生させる「ジェネシス計画」の存在を知り、それを狙っていた。生命を生み出す力を持つ一方で大いなる破壊力をも合わせ持つジェネシス装置を奪い宇宙を支配し、カーク提督への復讐を果たすべくカーンの攻撃が始まる。
    スタートレックVI 未知の世界
    『スタートレックVI 未知の世界』(スタートレックシックス みちのせかい、Star Trek VI: The Undiscovered Country)は、1991年のアメリカ映画。『宇宙大作戦』(TOS)のレギュラーを中心とした『スタートレック』の映画(オリジナルシリーズ)全6作中6作目であり、TOSの事実上の完結編。 ストーリー クリンゴン本星の資源衛星プラクシスが事故により爆発し、そのままではクリンゴン人は50年後に滅亡してしまう状況に陥った。これまで長年敵対関係にあった惑星連邦とクリンゴン帝国との和平交渉の歴史を変えるチャンスであると考えたスポックは、カークに黙って和平交渉にやって来るクリンゴンのゴルコン宰相を出迎える任務に志願する。息子をクリンゴンに殺されているカークにとって気が進まないことであったが、しぶしぶ共に任務につくことになった。 エンタープライズ号に乗り込んできた宰相達とのギクシャクとした歓談の後、なんとエンタープライズから発射された(事実ではないが)魚雷が宰相の船に命中した。
    スタートレック (映画)
    『スタートレック』(英: Star Trek: The Motion Picture)は1979年のアメリカ映画。『宇宙大作戦』のレギュラーを中心とした『スタートレック』の映画第一作。サブタイトルの頭文字をとって「TMP」という略称で呼ばれることが多い。 原題を直訳すれば『スタートレック-映画版』となる。ノベライズの日本語版タイトルは『宇宙大作戦-スタートレック』である。 ストーリー 天体規模ほどもある巨大な雲状の「何か」が銀河系を進んでいく。その進路上で迎撃しようとしたクリンゴン艦や調査を試みたステーション・イプシロン9は攻撃を受け、消滅してしまう。進路の先には地球があり、迎撃可能な宇宙船は、5年間の調査飛行の後、軌道上のドックでの大改装を終えようとしていたエンタープライズだけであった。 提督に昇進していたカークは地上任務に就いていたが、この危機に乗じて、再びエンタープライズの指揮を執る。犠牲を伴いながらも体制を整え、カークたちは地球までわずかの距離に接近した雲の中に「ヴィジャー(V'Ger)」と名乗る謎の存在がいることを突き止めた。
    スタートレック (TMP)
    『スタートレック (映画)』より : 『スタートレック』(”Star Trek: The Motion Picture”)は『宇宙大作戦』のレギュラーを中心としたスタートレックの映画第一作。「TMP」という略称で呼ばれる事が多い。
    天体規模ほどもある巨大な雲状の何かが、進路上にある宇宙船やステーションを消滅させながら地球を目指し進んでいた。5年間の調査飛行を終え提督に昇進していたカークはすでに地球にいたが、大改装されたエンタープライズ (スタートレック) エンタープライズの指揮を執り調査に向かうことになった。
    カークたちは地球までわずかの距離にまで接近していた雲の中に「ヴィジャー」と名乗る謎の存在がいることを突き止めた。ヴィジャーは自らを造り出した創造者(クリエイター)を捜しにきたと言う。地球上にいる炭素ユニット(人類)達が創造者との交信を阻んでいると判断したヴィジャーはその抹殺を計るが、機転を利かせたカークが創造者を教える条件で直接ヴィジャーに会いに行く。そこでカーク達は謎の存在「ヴィジャー」とその「創造者」の意外な正体を知ることになる……

    スタートレックIII ミスター・スポックを探せ!
    『スタートレックIII ミスター・スポックを探せ!』(スタートレックスリー ミスター・スポックをさがせ!、Star Trek III: The Search for Spock)は、『スタートレック』(オリジナルシリーズ)全6作中3作目。スポックを演じるレナード・ニモイの初監督作品。劇場公開時の邦題は『スター・トレック3 ミスター・スポックを探せ!』。 ストーリー カークたちはエンタープライズを救うために殉職したスポックの宇宙葬を行い、悲しみのうちに帰還する。しかしスポックの棺はジェネシス装置によって生まれた新惑星に軟着陸し、その肉体は魂の無い状態で再生していた。実はスポックは壮絶な死の間際、自己の魂(カトラ)をドクターマッコイに託していたのである。それを知りスポックの救出を司令官に掛け合うカークだったが、軍規によりジェネシス星へ近づく事は禁じられていた。もう一つの人格に苦しむマッコイやスポックの魂を救うため、カークたちはエンタープライズ号を乗っ取り惑星ジェネシスへ向かう。
    スタートレック:フェイズII
    『スタートレック:フェイズII』は「スタートレック」シリーズ最初の作品、「宇宙大作戦」の直接的な続編として企画されたサイエンス・フィクション SFテレビドラマである。
    脚本は12作目まで完成していたが、映画「スタートレック (映画) スタートレック」の公開のため企画は中止された。基本的にキャストは前作と同じだが、副官スポック役のレナード・ニモイが舞台に出演中でブッキングできず、副官は新キャラクター、ゾーンとなった。なお本作では映画に登場する一部のクルーがレギュラーとして登場予定だった。
    後の映画同様、本作に登場するエンタープライズ (スタートレック) USSエンタープライズも、TVシリーズのものを改装したと言う設定だった。一部では映画に登場する「改装型」に対し、本作に登場するUSSエンタープライズを「フェイズII型」と呼ぶことがある。映画に登場するUSSエンタープライズのモデルにもなった。

    スタートレックに登場した異星人の一覧
    スタートレックに登場した異星人の一覧(スタートレックにとうじょうしたいせいじんのいちらん)は、特撮テレビドラマ『スタートレック』シリーズに登場した異星人の一覧である。 ()内は登場作品を表す。TOS:『宇宙大作戦』、TMP:映画『スタートレック』、TNG:『新スタートレック』、DS9:『スタートレック:ディープ・スペース・ナイン』、VOY:『スタートレック:ヴォイジャー』、ENT:『スタートレック:エンタープライズ』。 英数字 Q(TNG、DS9、VOY) あ行 アイコニア人(TNG、DS9) アカマー人(TNG) アクサナール人(ENT) アグラッサ人(DS9) アポロ(TOS) アルソーリア人(VOY) アルマス (TNG) アンゴシア人(TNG) アンタラン人(ENT) アンドリア人(TOS、TNG、ENT) イーライ人(VOY) ヴァードワー人(VOY) ヴァーロ族(VOY) ヴァスカン人(VOY) ヴィディア人(VOY) ヴォス人(VOY) エヴォラ人 (STX) エタニアン人(VOY) エナラ人(VOY) エル・オーリア人(TNG、TMP) エレージア人(DS9) オカンパ人(VOY) オリオン人(TOS、ENT) オルガニア人(TOS、ENT) オルナラ人(TNG) か行 カーデシア人(TNG、DS9、VOY) カターリア人 カターン人(TNG) ガムトゥ ガラマイト人 (DS9) カラマレイン(TNG) カレマ人(DS9) 管理者(VOY) キリアン人(VOY) クアラ人(VOY) クタリア人(TNG、DS9、VOY) グラゼライト人 (DS9) グリゼラス人(TNG) クリタサン人(ENT) クリンゴン人(TOS、TNG、DS9、VOY、ENT、TMP) クレイディー人(VOY) クレニム人(VOY) ケイゾン人(VOY) ケンタウルス人 コイノニア人(TNG 53話) コーマー人(VOY) コール人(VOY) ゴーン人(TOS、ENT) さ行 サイカラ人(VOY) サイセリア人(TNG) ザクドーン人 (TNG) ザルコン人(TNG) ジェムハダー(DS9) シェリアク人(TNG) シカリス人(VOY) シャリアック人(TNG) ズィンディ(ENT) スクリーア人(DS9) スリバン人(ENT) 生命体8472(VOY) ソーナ人(ST9) ソリア人(ENT、TOS) た行 ダウド人(TNG) タカラ人(TNG) タクタク(VOY) タマリア人(TNG) タラクシア人(VOY) タレージア人(VOY) チャルナ人(TNG) デヴィディア人(TNG) デヴォア人(VOY) デネブ人 デノビュラ人 (ENT) テラライト人(TOS、ENT) デルタ人(TMP) テンダー人(ENT) ドサイ人(DS9) トスク人(DS9) トリル人(TNG、DS9) トレイブ人(VOY) な行 ナイジアン人(VOY) ナギラム(TNG) ニーズー人(VOY) ニューミリ人(VOY) ノーシカン人(TNG、DS9、VOY、ENT) は行 パー・レイス(DS9) ハーコニア人(VOY) バイナー人(TNG) パクレド人(TNG) ハシュノック人(TNG) パラーガ人(ENT) バルカン人(ヴァルカン人)(TOS、TNG、DS9、VOY、ENT、TMP) ヒューピリアン人(DS9) ヒューピリア人(DS9) ヒロージェン(VOY) フェレンギ人(TNG、DS9、VOY、ENT) ブリーン人(DS9) ブレッカ人(TNG) ブレナーリ人(VOY) プロミリア人(TNG) ベイジョー人(TNG、DS9、VOY) ベタゾイド人(TNG、DS9、VOY、TMP) ベテルギウス人 ベニーン人(VOY) ベンザイト人 ボーサ人(VOY) ボーマー人(VOY) ボリア人(TNG、DS9、VOY) ボルタ人(DS9) ま行 マイクロブレイン(TNG) マイザー人(TNG) マリ人(VOY) マルリア人(TOS、ENT) マロン人(VOY) ミノス人(TNG) ミンタカ人(TNG) メリディア人(DS9) メンサー星人(TNG) や行 預言者(DS9) ら行 ライサ人 ライジェル人 ルリアン人(DS9) レシア人(DS9) レムス人(TMP、ENT) ロミュラン人(TOS、TNG、DS9、VOY、ENT、TMP) わ行 ワディ人(DS9) 関連項目 スタートレックに登場する勢力。
    スタートレック ファーストコンタクト
    『スタートレック ファーストコンタクト』(Star Trek: First Contact)は、1996年のアメリカ映画で、スタートレックの映画第8作。『新スタートレック』の登場人物たちが出演する劇場版としては2作目にあたる。メガホンは副長ウィリアム・ライカー役のジョナサン・フレイクスが取った。 『スタートレック』の全ての始まりともいえる人類初のワープ飛行の日を舞台に、『新スタートレック』において惑星連邦最大の脅威であるボーグとの戦いを描いている。 あらすじ 西暦2373年。かつて惑星連邦宇宙艦隊を苦しめたボーグ集合体が再び太陽系へ侵攻してきた。U.S.S.エンタープライズEの艦長ピカードは、ボーグに同化されたことがあるために迎撃任務から外されたが、命令を破って参戦し、ボーグ・キューブを撃破する。 しかし、爆発寸前のキューブから脱出したボーグ・スフィアが時間の渦へ飛び込むと同時に地球の姿が一変した。ボーグは過去へのタイムトラベルを行い、地球を同化してしまったのだ。ピカードは歴史を元に戻すため、スフィアを追って時間の渦へ突入する。
    スタート展示
    スタート展示(スタートてんじ)とは、競艇におけるピットアウトの出足やスタート時の進入コースを事前に舟券を予想する客に見せることを目的に実施されているものである。 スタートタイミングが難しい競艇では、選手にとって本番レース直前にスタートの練習を行う効果も担っている。また、他の選手がどのような作戦で動いてくるかある程度見極める機会になる。 スタート展示は、前のレース終了後(第1競走についてはスタート展示開始時刻が出走表などで公表されている)に実際のレースと同様にして、ピットアウト、スタートへ向うまでの待機行動、およびスタートするまでの行程をリハーサルするものである。本番でもスタート展示と同じコースの方がスタートタイミングが掴めるので、スタート展示のコース配置は本番レースでも大きく反映される。なお、スタート展示後に観客への情報提供として、各艇の進入コース及びスタートタイミングが発表される。 元々「スタート練習(S練)」という名称で実施されたが、スタート練習での進入コースは本番の進入に対して何の制限も与えるものでなく、本番進入コースとの乖離が久しいため、舟券を予想する客から見ると紛らわしいという批判が存在していた。
    スタートレックに登場した惑星の一覧
    スタートレックに登場した惑星の一覧(スタートレックにとうじょうしたわくせいのいちらん)は、SFテレビドラマ『スタートレック』シリーズに登場する架空の惑星の一覧である。 なお、日本語版ではシリーズ第一作『宇宙大作戦』以来、「第○惑星」とともに「○号星」「○番星」という慣用表現がされている(『宇宙大作戦』放映当時はまだ天文学関連の用語が一般に定着しておらず、"Planet"の訳語も「惑星」と「遊星」が並立していた)。 あ行 アンタレス第4惑星 アンドア、アンドリア ヴィディア エルバ2 エレージア オカンパ オルガニア か行 カターラス カーデシア キトマー クロノス さ行 シャ・カ・リー ズィンダス セティアルファ第5惑星 セティアルファ第6惑星 本来、くじら座アルファ星の意味ならアルファセティとなるところ(例:くじら座タウ星はタウセティ)だが、設定上ではセティが先となっている。
    当サイト全体から「スタート」に関するページを抽出しました。
    スタートに関する知恵袋-質問集
    スタートに関する最新ニュース
    スタートに関する教えてGOO-質問集
    19/09/21
    Windows 10です。 Wordを誤ってピンから外してしまいました。復元方法はありますか?→見る
    19/09/21
    不法行為で離婚した元嫁からTVのローンを払って欲しいと連絡が来ました。 示談書には、お互...→見る
    19/09/21
    最近の若い男の子とかが乗る車というたらアルファードかヴェルファイアだとどっちなのでし...→見る
    19/09/21
    派遣の契約期間について...→見る
    19/09/21
    結婚式の前撮りの着替えが新郎新婦同室 これって当たり前なのですか? 先日挙式するホテルで...→見る
    19/09/21
    身長がだいたい140代の人がバイクの免許をとるとして普通二輪か小型二輪かどっちの方がいい...→見る
    19/09/21
    アメックスグリーンカードの使用可能限度額についての質問です。 現在クレジットカードはリ...→見る
    19/09/21
    pcを起動しようとしたらこうなりました どうしたらいいですか→見る
    19/09/21
    Gカップあるjkです。何か質問ありませんか? なんでもいいですよ→見る
    19/09/21
    Excelでバーコード作成→見る
    スタートに関する人力検索-質問集
    19/07/16
    ノートパソコンが立ち上がらずに困っています。「スタ…→見る
    19/07/16
    ノートパソコンが立ち上がらずに困っています。「スタ…→見る
    19/07/10
    Cortanaを削除、あるいは無効化する方法を募集します…→見る
    スタートに関するナレッジ知識-質問集
    スタートに関するtwitterつぶやき
    スタートに関するブログサイト
    スタートに関する最新書籍一覧
    スタートに関する動画コンテンツ
キャッシング比較/ FX比較/ クレジットカード比較/ キャッシング申込み/ カードローン比較/ ETCカード比較/ レディースローン申込み/ 宅建過去問題/ マンション管理士過去問題/ 管理業務主任者過去問題/ ネット証券比較/ 目的ローン申込み/ 担保ローン申込み/ 住宅ローン申込み/ おまとめローン申込み/ 事業者ローン申込み/ 学生ローン申込み/ レディースローン申込み/ 女性R&B/ 賃貸マンション/ ビジネス板/ キャッシング キャンペーン/ ローン キャンペーン/ FX キャンペーン/ ネット証券 キャンペーン/ クレジットカード キャンペーン/ ETCカード キャンペーン/ キャッシング最新情報/ カードローン最新情報/ ETCカード特典/ クレジットカード特典/ FXビギナー/ ネット証券ビギナー/ 手形割引比較/ レディースキャッシング比較/ 主婦ローン比較/