タグ : ユーロ

サイバーエージェントFX「外貨ex」 ユーロ/円など4通貨ペアのスプレッド縮小を恒久化

  • サイバーエージェントFX「外貨ex」 ユーロ/円など4通貨ペアのスプレッド縮小を恒久化に関する記事・解説はこちら 
    2011年5月27日 at 10:28 PM
  • ひまわり証券、「ひまわりFX『デイトレ口座』」をリニューアルに関する記事・解説はこちら 
    2010年12月17日 at 11:55 AM
  • ユーロに関するWikipedia情報
    ユーロ
    ユーロは、欧州連合における経済通貨同盟で用いられている通貨である。 ユーロはヨーロッパでは25の国で使用されている。そのうち19か国が欧州連合加盟国である。 1999年1月1日に決済用仮想通貨として導入された。この時点では現金のユーロは存在しなかった。3年後の2002年1月1日に現金通貨としてのユーロが発足した。この時、導入国の従来の通貨に代わり、ユーロが法定通貨となった。ユーロ硬貨はユーロ圏18か国のほかに、合意によって認められている3か国がそれぞれ鋳造しており、裏面は各国で独自のデザインを採用している。ユーロ紙幣のデザインは統一されているが、紙幣に印刷されている番号の先頭の文字によって、その紙幣の印刷された国が判別されるようになっている。 ユーロは、準備通貨としては、アメリカ合衆国ドルの次に重要な通貨の地位を有し、一時は第2の基軸通貨と呼ばれていた。しかし、とりわけ、2010年欧州ソブリン危機以降、通貨連盟の矛盾が表面化し、その存続を危ぶむ意見も出ている(後述)。
    ユーロビジョン・ソング・コンテスト
    ユーロビジョン・ソング・コンテスト(英語:Eurovision Song Contest、フランス語:Concours Eurovision de la Chanson)は、欧州放送連合(EBU)加盟放送局によって開催される、毎年恒例の音楽コンテストである。 大会では、各国代表のアーティストはそれぞれ生放送で自らの楽曲を披露し、引き続いてそれぞれの参加国が他国に投票して大会の優勝者を決定する。各国代表の参加者は、欧州放送連合に加盟する全国網の放送局を通じて大会に参加しており、放送局は自国代表のアーティストと楽曲を決定し、また自国の視聴者に大会を生中継する。大会は1956年の第1回大会以降、毎年開催されており、世界的に見ても長寿のテレビ番組のひとつであり、その視聴者の数も1億人から6億人程度と見積もられている。ユーロビジョン・ソング・コンテストは、オーストラリア、カナダ、中華人民共和国、エジプト、インド、日本、ヨルダン、メキシコ、ニュージーランド、フィリピン、大韓民国、台湾、タイ王国、ベトナム、ウルグアイなど、大会に参加していないヨーロッパ域外の国々でも放送された。
    ユーロビジョン
    『ユーロビジョン・ソング・コンテスト』より : ユーロビジョン・ソング・コンテスト(英語:Eurovision Song Contest、フランス語:Concours Eurovision de la Chanson)は、欧州放送連合(EBU)加盟放送局によって開催される、毎年恒例の音楽コンテストである。 大会では、各国代表のアーティストはそれぞれ生放送で自らの楽曲を披露し、引き続いてそれぞれの参加国が他国に投票して大会の優勝者を決定する。各国代表の参加者は、欧州放送連合に加盟する全国網の放送局を通じて大会に参加しており、放送局は自国代表のアーティストと楽曲を決定し、また自国の視聴者に大会を生中継する。大会は1956年の第1回大会以降、毎年開催されており、世界的に見ても長寿のテレビ番組のひとつであり、その視聴者の数も1億人から6億人程度と見積もられている。ユーロビジョン・ソング・コンテストは、オーストラリア、カナダ、中華人民共和国、エジプト、インド、日本、ヨルダン、メキシコ、ニュージーランド、フィリピン、大韓民国、台湾、タイ王国、ベトナム、ウルグアイなど、大会に参加していないヨーロッパ域外の国々でも放送された。
    ユーロヴィジョン
    『ユーロビジョン・ソング・コンテスト』より : ユーロビジョン・ソング・コンテスト(英語:Eurovision Song Contest、フランス語:Concours Eurovision de la Chanson)は、欧州放送連合(EBU)加盟放送局によって開催される、毎年恒例の音楽コンテストである。 大会では、各国代表のアーティストはそれぞれ生放送で自らの楽曲を披露し、引き続いてそれぞれの参加国が他国に投票して大会の優勝者を決定する。各国代表の参加者は、欧州放送連合に加盟する全国網の放送局を通じて大会に参加しており、放送局は自国代表のアーティストと楽曲を決定し、また自国の視聴者に大会を生中継する。大会は1956年の第1回大会以降、毎年開催されており、世界的に見ても長寿のテレビ番組のひとつであり、その視聴者の数も1億人から6億人程度と見積もられている。ユーロビジョン・ソング・コンテストは、オーストラリア、カナダ、中華人民共和国、エジプト、インド、日本、ヨルダン、メキシコ、ニュージーランド、フィリピン、大韓民国、台湾、タイ王国、ベトナム、ウルグアイなど、大会に参加していないヨーロッパ域外の国々でも放送された。
    ユーロファイタータイフーン (戦闘機)
    タイフーン T.1 (イギリス空軍)
    用途 colspan="2" マルチロールファイター
    乗員 colspan="2" 1-2
    初飛行 colspan="2" 1994年3月27日(試作機)
    製造者 colspan="2" ユーロファイター
    全長 15.96m
    翼幅 10.95m(翼端の電子戦ポッドを含む)
    全高 5.28m
    翼面積 50 m²
    自重 21,500 lb 9,750 kg
    運用 34,280 lb 15,550 kg
    最大離陸 46,300 lb 21,000 kg
    エンジン colspan="2" ユーロジェット社製 EJ200×2基
    推力 ドライ6,120Kg/AB 9,185kg ×2
    最大速度 2,390 km/h

    ユーロファイター・タイフーン
    『ユーロファイタータイフーン (戦闘機)』より : ユーロファイター タイフーン(Eurofighter Typhoon)は、NATO加盟国のうちイギリス、ドイツ(計画開始当時西ドイツ)、イタリア、スペイン、の4ヶ国が共同開発した戦闘機で、デルタ翼とコックピット前方にカナード(前翼)を備え、カナードデルタ(canard-delta)と呼ばれる形式の機体構成をもつマルチロール機。 開発経緯 背景 1970年代、アメリカ合衆国やヨーロッパの各国空軍はソビエト連邦の新型戦闘機の登場に直面し、自国の戦闘機が陳腐化し始めたという認識が生まれた。1977年までにフランスはSEPECAT ジャギュアの代替、西ドイツはF-104の代替、イギリスはジャギュアとホーカー・シドレー ハリアーの代替を検討していた。 イギリス空軍はジャギュアやハリアーより多くの搭載量を持ち、低コストで対空戦闘能力に秀でていて、かつ、ハリアーのように短距離で離陸が可能な戦闘機を望み、AST(Air Staff Target)396を発行した。
    ユーロファイター タイフーン
    『ユーロファイタータイフーン (戦闘機)』より : ユーロファイター タイフーン(Eurofighter Typhoon)は、NATO加盟国のうちイギリス、ドイツ(計画開始当時西ドイツ)、イタリア、スペイン、の4ヶ国が共同開発した戦闘機で、デルタ翼とコックピット前方にカナード(前翼)を備え、カナードデルタ(canard-delta)と呼ばれる形式の機体構成をもつマルチロール機。 開発経緯 背景 1970年代、アメリカ合衆国やヨーロッパの各国空軍はソビエト連邦の新型戦闘機の登場に直面し、自国の戦闘機が陳腐化し始めたという認識が生まれた。1977年までにフランスはSEPECAT ジャギュアの代替、西ドイツはF-104の代替、イギリスはジャギュアとホーカー・シドレー ハリアーの代替を検討していた。 イギリス空軍はジャギュアやハリアーより多くの搭載量を持ち、低コストで対空戦闘能力に秀でていて、かつ、ハリアーのように短距離で離陸が可能な戦闘機を望み、AST(Air Staff Target)396を発行した。
    ユーロファイター
    『ユーロファイタータイフーン (戦闘機)』より : ユーロファイター タイフーン(Eurofighter Typhoon)は、NATO加盟国のうちイギリス、ドイツ(計画開始当時西ドイツ)、イタリア、スペイン、の4ヶ国が共同開発した戦闘機で、デルタ翼とコックピット前方にカナード(前翼)を備え、カナードデルタ(canard-delta)と呼ばれる形式の機体構成をもつマルチロール機。 開発経緯 背景 1970年代、アメリカ合衆国やヨーロッパの各国空軍はソビエト連邦の新型戦闘機の登場に直面し、自国の戦闘機が陳腐化し始めたという認識が生まれた。1977年までにフランスはSEPECAT ジャギュアの代替、西ドイツはF-104の代替、イギリスはジャギュアとホーカー・シドレー ハリアーの代替を検討していた。 イギリス空軍はジャギュアやハリアーより多くの搭載量を持ち、低コストで対空戦闘能力に秀でていて、かつ、ハリアーのように短距離で離陸が可能な戦闘機を望み、AST(Air Staff Target)396を発行した。
    ユーロファイター2000
    『ユーロファイタータイフーン (戦闘機)』より : ユーロファイター タイフーン(Eurofighter Typhoon)は、NATO加盟国のうちイギリス、ドイツ(計画開始当時西ドイツ)、イタリア、スペイン、の4ヶ国が共同開発した戦闘機で、デルタ翼とコックピット前方にカナード(前翼)を備え、カナードデルタ(canard-delta)と呼ばれる形式の機体構成をもつマルチロール機。 開発経緯 背景 1970年代、アメリカ合衆国やヨーロッパの各国空軍はソビエト連邦の新型戦闘機の登場に直面し、自国の戦闘機が陳腐化し始めたという認識が生まれた。1977年までにフランスはSEPECAT ジャギュアの代替、西ドイツはF-104の代替、イギリスはジャギュアとホーカー・シドレー ハリアーの代替を検討していた。 イギリス空軍はジャギュアやハリアーより多くの搭載量を持ち、低コストで対空戦闘能力に秀でていて、かつ、ハリアーのように短距離で離陸が可能な戦闘機を望み、AST(Air Staff Target)396を発行した。
    ユーロウ
    『魚醤』より : 魚醤(ぎょしょう)は、魚類または他の魚介類を主な原料にした液体状の調味料。魚醤油(うおしょうゆ)、塩魚汁(しょっつる)とも呼ばれる。 なお、「醤」の字は上部の形状が「將」(つまり醬)で、印刷標準字体であるが、JIS X 0213に該当する文字であるため、記事内では例外を除き、拡張新字体である「醤」を使用する。 魚を塩と共に漬け込み、自己消化、好気性細菌の働きで発酵させたものから出た液体成分が魚醤で、黄褐色 - 赤褐色、暗褐色の液体である。熟成すると、特有の香りまたは臭気を持つが、魚の動物性タンパク質が分解されてできたアミノ酸と魚肉に含まれる核酸を豊富に含むため、濃厚なうま味を有しており、料理に塩味を加えるとともに、うま味を加える働きが強い。また、ミネラル、ビタミンも含んでいる。 独特の香りや臭いは加熱に弱いため、炒める、焼く、煮る料理に用いる人もいる。 アジア、特に東南アジアの沿岸部を中心に、日本、中国なども含め、いくつかの文化圏で用いられており、特にタイを始めとする東南アジアでは、塩を除けば、ほぼ唯一の塩味の調味料で、非常に多くの料理に用いられる。
    ユーロポート
    『ロッテルダム港』より : ロッテルダム港(オランダ語 Haven van Rotterdam ハーフェン・ファン・ロッテルダム)は、オランダ・ロッテルダムにある港湾で、ヨーロッパ最大の港であり、コンテナ取扱量は世界第11位(2013年)である(アジア・中東地域以外では最大)。ライン川が北海に注ぐ直前に位置し、外洋と河川の結節点として発展した。世界最大の石油化学工業地帯でもあり、石油メジャー各社のコンビナートが林立している。1960年代に建設されたユーロポート(ウーロポールト)の名は特に有名で、俗にロッテルダム港全体を指して「ユーロポート」と呼ぶことがある。 ロッテルダムが港町として発展するきっかけとなったのは、1250年ころに作られたロッテ川を新マース川から仕切る堤防である。海水面が上昇し塩水が内陸に浸入するようになったためこのような措置がとられた。これによりロッテ川と新マース川の間を行き来するには荷物の積み替えが必要となり、港町としてのロッテルダムの歴史が始まることになる。
    ユーロ2008
    『サッカー欧州選手権2008』より : UEFA EURO 2008(英: UEFA Euro 2008)は、2008年6月7日から6月29日にかけて、スイスとオーストリアで開催された第13回目のUEFA欧州選手権である。スペインが1964年大会以来、44年ぶり2回目の優勝を果たした。 開催国選定の経緯 開催国には他にギリシャとトルコの共催、スコットランドとアイルランドの共催、ハンガリーとクロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナの共催、ロシアが立候補した。UEFA欧州選手権での2か国共同開催は、ベルギーとオランダが共同開催したEURO2000に続いて2度目となる。 予選大会 2006年8月16日から2007年11月21日にかけて開催。UEFAに加盟する50の国と地域が、7グループに分かれてH&Aの総当たりリーグ戦を行い、各グループの首位と2位の計14か国が本大会に出場した。 多くの強豪国が苦戦しつつも順当に勝ち抜く中、グループEでイングランドがクロアチアとロシアの後塵を拝する3位に終わり、本大会出場を逃す波乱が起きた。
    ユーロビート
    ユーロビート (EUROBEAT) とは、主に電子楽器を使用したダンス・ミュージックの一種である。 ユーロビートは、主にシンセサイザー等の電子楽器を多用した、4/4拍子で、BPMが120〜160前後の速いテンポの楽曲である。元は欧州のハイ・エナジー、イタリアで大量に生産された「イタロ・ディスコ」に端を発しており、1980年代後半に日本に持ち込まれて以来、日本のみで独自の発展を遂げているダンス・ミュージックである。 諸外国でのユーロビートの起こり ユーロビートは、ハイ・エナジーと呼ばれていたジャンルの音楽から発展した。この音楽が「ユーロビート」と呼ばれるようになったきっかけのひとつとして、1985年12月、英国の音楽雑誌「レコード・ミラー」が、「ハイエナジー・チャート」の名称を「ユーロビート・チャート」に変更したことが挙げられる。
    ユーロビジョン・ソング・コンテスト2005
    1956年に第1回が行われて以来、記念すべき50回目のユーロビジョンは、前回優勝のウクライナをホスト国、制作はNTU(ウクライナ国営テレビ)、進行役はマリーヤ・イェフローシニナとパーヴロ・シルコー(DJパーシャ)が担当した。
    得点数が上位10カ国が決勝進出
    曲順!! 国!! 言語!! アーティスト!! 言語曲名!! 翻訳 !! 順位!! 得点
    曲順!! 国!! 言語!! アーティスト!! 言語曲名!! 翻訳 !! 順位!! 得点
    ファイル:ESC2005.GIF
    緑 参加された国
    黄 過去に参加したが、参加しなかった国
    赤 予選敗退国
    各年のユーロビジョン・ソング・コンテスト 2005
    2005年の音楽 ゆうろひしよんそんくこんてすと
    ウクライナの文化 ゆうろひしよんそんくこんてすと
    キエフ ゆうろひしよんそんくこんてすと

    ユーロビジョン・ソング・コンテスト2006
    第51回ユーロビジョン・ソング・コンテスト(Eurovision Song Contest Athens 2006/希語表記: Διαγωνισμός Τραγουδιού Eurovision 2006)はギリシャ首都アテネの オリンピック・インドア・ホールで開催された。同会場は2年前の夏季オリンピックで使用された会場。 準決勝 2006年5月18日(木曜日) 放送時間2時間22分  決勝 2006年5月20日(土曜日) 放送時間3時間10分製作:ΕΡΤギリシャ国営放送。プレゼンターはギリシャ系アメリカ人女優マリア・メヌーノスと2004年のギリシャ代表歌手サキス・ルーヴァス でギリシャ語、英語、フランス語を使用。準決勝オープニングでは、ふたりが" Love Shine a Light"(愛は光を当てる)を歌った。テーマは"Feel The Rhythm"(リズムを感じて)。開会式ではオリンポスのパフォーマンスが登場したが、ギリシャのメディアからは不評だった。 参加国 アルメニア が初参加、オーストリア、ハンガリー、セルビア・モンテネグロが不参加。
    ユーロビジョン・ソング・コンテスト2004
    ユーロビジョン・ソング・コンテスト2004(Eurovision Song Contest 2004)は5月12日と5月15日 15日にトルコ・イスタンブル イスタンブールのAbdi İpekçi Arenaで行われた。
    これまでは一発勝負だったコンテストをこの年から大幅なルールが変わった。大会ロゴには中央部のハートの部分が国旗にし、前年上位10カ国とイギリス・フランス・スペイン・ドイツがシード枠に入り、それ以外はすべて予選から出場し、上位10カ国が決勝に出場できる。番組の制作はトルコ国営放送 TRTで、進行役はMeltem CumbulとKorhan Abayが担当した。
    曲順!! 国!! 言語!! アーティスト!! 言語曲名!! 翻訳 !! 順位!! 得点
    曲順!! 国!! 言語!! アーティスト!! 言語曲名!! 翻訳 !! 順位!! 得点
    緑 参加された国
    黄 過去に参加したが、参加しなかった国

    ユーロビジョン・ソング・コンテスト1965
    第10回ユーロビジョン・ソング・コンテストは1965年3月20日にイタリア・ナポリのRAIコンサートホールで行われた。制作はRAI。
    (言語)
    アーティスト
    (”Translation”)
          ”ドイツ語”
    Udo Jürgens
    ”Tell her I send my regards”
          ”オランダ語”
    Lize Marke
    ”When it”s springtime again”
          ”デンマーク語”
    Birgit Brüel
    ”For your sake”
          ”フィンランド語”
    Viktor Klimenko
    ”The sun sets in the west”
          ”フランス語”
    Guy Mardel

    ユーロ紙幣
    ユーロ紙幣(ユーロしへい)とは、ユーロ圏などで使用されている通貨ユーロの紙幣。ユーロ紙幣は2002年から流通され、発券は欧州中央銀行が担っており、各紙幣には欧州中央銀行総裁の署名が印刷されている。ユーロ紙幣には5ユーロから500ユーロまでがあり、発券はユーロ圏の各国で行なわれているが、ユーロ硬貨と違ってデザインはユーロ圏で統一されている。 金種 ユーロ紙幣には7つの金種があり、それぞれ異なる色と大きさになっている。各金種のデザインは時代ごとのヨーロッパの建築物という共通の主題を持っている。紙幣表面は窓や門が描かれているのに対して、裏面は橋が描かれている。紙幣に描かれた建築物はそれぞれの美術様式の特徴を表現しているが、これらは実在する建築物ではない。 すべての紙幣に共通して印刷されているのは、欧州旗、5種類の欧州中央銀行の略称(BCE, ECB, EZB, ΕΚΤ, EKP)、裏面のヨーロッパの地図、ユーロのラテン文字表記 (EURO) とギリシア文字表記(ΕΥΡΩ)、現任の欧州中央銀行総裁の署名である。
    ユーロビジョン・ソング・コンテスト1956
    第1回ユーロビジョン・ソング・コンテスト(Grand Prix de la Chanson Lugano 1956)は1956年5月24日にスイス・ルガノのテアトロ・クルザール(クルザール劇場)で行われた。
    第1回は放送当時はテレビはモノクロで放送されていたため、テレビ・ラジオの同時放送となった。制作はスイス放送協会 SSR。各々の参加している国が予選の優勝者が参加されたものの、参加国の10カ国が登録期限が過ぎたためか、オーストリア、デンマークとイギリスは規定により失格した。優勝はスイス。しかしスイスはその後、1988年のセリーヌ・ディオンが優勝するまで32年間優勝がなかった。
    審査はルクセンブルクを除く各国2人ずつの審査員が1人当たり最高5点まで投票された。音声の記録が残っているものの、映像はニュース映画の優勝シーンのみ残っている。

    ユーロビジョン・ソング・コンテスト1962
    第7回ユーロビジョン・ソング・コンテストは1962年3月18日にルクセンブルクのグランド・オーディトリアム・ド・RTLで行われた。この年の開催は日曜日であり、唯一日曜日に開催された大会であった。制作は現在のRTLグループの前身であるCLTであった。
    (言語)
    アーティスト
    (”Translation”)
    ファイル:Flag of Austria.svg 20px Austria オーストリア
          ”ドイツ語”
    Eleonore Schwarz
    ”Only in the Vienna air”
    ファイル:Flag of Belgium.svg 20px Belgium ベルギー
          ”フランス語”
    Fud Leclerc
    ”Your name”
    ファイル:Flag of Denmark.svg 20px Denmark デンマーク
          ”デンマーク語”
    Ellen Winther
    ”Lullaby”
    ファイル:Flag of Finland.svg 20px Finland フィンランド
          ”フィンランド語”

    当サイト全体から「ユーロ」に関するページを抽出しました。
    ユーロに関する知恵袋-質問集
    ユーロに関する最新ニュース
    ユーロに関する教えてGOO-質問集
    19/06/16
    フィアットディーノが、16000ユーロなので、日本円で約210万円 ベルト-ネデザインフェラーリエ...→見る
    19/06/15
    変わった質問です。すみませんm(*_ _)m 精神的な病って理解してくれる人がかなり少ない。甘え...→見る
    19/06/15
    どの通貨が良いですか?→見る
    19/06/14
    ユーロ安→見る
    19/06/11
    ユーロ圏で友人から車を借りて、3ヶ月以上旅行をしたい。 ユーロ圏を一旦でれば、すぐにもど...→見る
    19/06/10
    円高になったり、円安になったりする理由はなんですか? ある物を買う人が多くなったら、価値...→見る
    19/06/09
    日本はEU 加盟国ですか?→見る
    19/06/07
    ベープとは→見る
    19/06/07
    「USドルが世界の決済通貨」についての質問です。→見る
    19/06/03
    日本は、数年後を目処に、新紙幣、新500円硬貨を発行することを決定いたしました。 しかし、...→見る
    ユーロに関する人力検索-質問集
    ユーロに関するナレッジ知識-質問集
    ユーロに関するtwitterつぶやき
    ユーロに関するブログサイト
    ユーロに関する最新書籍一覧
    ユーロに関する動画コンテンツ
キャッシング比較/ FX比較/ クレジットカード比較/ キャッシング申込み/ カードローン比較/ ETCカード比較/ レディースローン申込み/ 宅建過去問題/ マンション管理士過去問題/ 管理業務主任者過去問題/ ネット証券比較/ 目的ローン申込み/ 担保ローン申込み/ 住宅ローン申込み/ おまとめローン申込み/ 事業者ローン申込み/ 学生ローン申込み/ レディースローン申込み/ 女性R&B/ 賃貸マンション/ ビジネス板/ キャッシング キャンペーン/ ローン キャンペーン/ FX キャンペーン/ ネット証券 キャンペーン/ クレジットカード キャンペーン/ ETCカード キャンペーン/ キャッシング最新情報/ カードローン最新情報/ ETCカード特典/ クレジットカード特典/ FXビギナー/ ネット証券ビギナー/ 手形割引比較/ レディースキャッシング比較/ 主婦ローン比較/