タグ :

<<新製品の詳しい情報・コラムは「ビジネスリーダー」で 業 種 金融 / 証券会社 発表日 2011/07/22 企業名 GMOクリック証券(株) | 会社概要 | ホームページ: https://www.click-sec.com/ このページをプリントする GMOクリック証券、FX取引者対象のアンケート調査結果を発表

  • <<新製品の詳しい情報・コラムは「ビジネスリーダー」で 業 種 金融 / 証券会社 発表日 2011/07/22 企業名 GMOクリック証券(株) | 会社概要 | ホームページ: https://www.click-sec.com/ このページをプリントする GMOクリック証券、FX取引者対象のアンケート調査結果を発表に関する記事・解説はこちら 
    2011年7月23日 at 8:55 PM
  • 業に関するWikipedia情報

    業(ごう)とは、仏教の基本的概念で、サンスクリットのकर्मन् (karman) を意訳したもの。 サンスクリットの動詞の「クリ」(kR)の現在分詞である「カルマット」(karmat)より転じカルマンとなった名詞で、「行為」を意味する。業そのものは、善悪に応じて果報を生じ、死によっても失われず、輪廻転生に伴って、アートマンに代々伝えられると考えられた。アートマンを認めない無我の立場をとる思想では、心の流れ(心相続)に付随するものとされた。中国、日本の思想にも影響を与える。「ウパニシャッド」にもその思想は現れ、のちに一種の運命論となった。 今日、一般的にこの語を使う場合は、(因縁・因果による)行為で生じる罪悪を意味したり(例えば「業が深い」)、不合理だと思ってもやってしまう宿命的な行為という意味で使ったりすることが多い。 釈迦以前の業 釈迦が成道する以前から、従来のバラモン教に所属しない、様々な自由思想家たちがあらわれていた。かれらは高度な瞑想技術を持っており、瞑想によって得られた体験から、様々な思想哲学を生み出し、業、輪廻、宿命、解脱、認識論などの思想が体系化されていった。
    業10 (都営バス)
    『都営バス深川営業所』より : 都営バス深川自動車営業所(とえいバスふかがわじどうしゃえいぎょうしょ)とは、都営バス路線のうち江東区南部(一部同区北部、墨田区に乗り入れ)、中央区、千代田区などを運行する路線を担当する営業所であり、東京都江東区東雲2丁目に所在する。 最寄り駅は東雲駅、最寄りバス停留所は深川車庫前である。営業所内には東京都交通局の職員研修所と職員住宅である東雲寮、都営バス車両の整備工場がある。営業所記号はSを用いる。 沿革 1942年(昭和17年)2月1日:東京市内の路面交通事業統合により、江東区東陽町に洲崎自動車営業所を開設。 1944年(昭和19年)3月28日:太平洋戦争激化により洲崎営業所を廃止、江東営業所に吸収される。 1947年(昭和22年)8月5日:江東営業所洲崎分車庫として再開。 1949年(昭和24年)3月18日:洲崎営業所として昇格。 1960年(昭和35年)10月1日 :江東区東雲の局有地に東雲操車所を開設する。 1961年(昭和36年)1月1日 :東雲操車所を東雲分車庫に昇格。 1968年(昭和43年)5月25日 :洲崎営業所と東雲分車庫を統合のうえ江東区東雲に移転、深川自動車営業所に改称。
    業務提供誘引販売取引
    業務提供誘引販売取引(ぎょうむていきょうゆういんはんばいとりひき)とは、「特定商取引に関する法律」(特定商取引法)第51条で定義される、以下のような条件を全て満たす取引である。 業者が販売する広義の商品又は提供する役務を利用する業務により、顧客に対して利益(「業務提供利益」という)が得られるとして誘引(勧誘)する。但し、この「業務」は、業者が自ら提供する業務、又は、業者があっせんした業務に限られる。顧客に何らかの金銭的負担(「特定負担」という)がある。広義の商品の販売若しくはそのあっせん、又は、役務若しくはそのあっせんに係る取引(取引条件の変更を含む)である。ここで、「広義の商品」としているものは、物品の他に、施設利用権、役務の提供を受ける権利を含んだものである。 業務提供誘引販売取引の例をいくつか示す。 ○○士の資格試験対策講座を受講して資格を得れば、業者がその資格を要する業務をあっせんする。 名簿を購入してダイレクトメールの宛名書をする。そのダイレクトメールを読んだ人が、商品を購入すると、業者から収入が得られる。
    業界用語
    業界用語(ぎょうかいようご)は、同じ職業の集団内(業界)や、それに詳しい人たちの間で用いられる、一般に広く通じない単語や言葉である。 業界用語概要 日本語の場合、一般的ではない読みをわざと用いて、特別な意味であることをあらわす場合がある。その業界内での専門用語のほか、正式名称ではない略語、隠語のようなものも多い。様々なきっかけで、一般にかなり普及する言葉もある。ただ、一般の言葉同様、流行があったり、業界の制度変更で言葉が消滅することもある。 単に業界用語と言った場合、芸能関係の業界用語を指すことも多い。 元々、使われ始めた経緯には、「他人に聞かれたくない」「知っているもの同士で」といった内向的な意向があったが、いつしか、各々の業界内での意思疎通を図る意味合いを持つようになってきた。現在では前者・後者が用途別に使い分けられている。 業界用語の一覧 医療 ドイツ帝国が医学先進国であったために、ドイツ語起源のものが多い。
    業務独占資格
    業務独占資格(ぎょうむどくせんしかく、occupational licensing)とは、ある業務に対して、ある資格を有する者のみが行うことができる旨の法令の定めがある場合における、その資格をいう。 業務独占資格は、安全や衛生の確保、取引の適正化等の実現のために、国等が一定の業務に従事する上で必要とされる専門的知識、経験、技能等に関する基準を満たしていると判定した者について、当該業務への従事、法令で定める管理監督者への就任等を認めるものである。 経済学者ミルトン・フリードマンは、職業免許制度は生産者を保護するためのギルド制度であるとしてこれを批判した。 分類 業務独占資格は、守るべき法益に応じて要求される規制の程度が異なるため、独占性はそれぞれの資格で異なっており、概ね下記のように分類される。 有償業務独占資格 - 公認会計士、弁護士、弁理士、不動産鑑定士、社会保険労務士、行政書士等については、有償での業務のみが独占となる。
    業務用ゲーム
    『アーケードゲーム』より : アーケードゲーム (arcade game, AC) は、業務用ゲーム機械のこと。古くはピンボールに代表されるような電気、機械的な装置であったが、コンピュータゲームが誕生してからはそちらが主流となっている。コンシューマーゲームと対比した呼び方である(英語でゲームセンターのことを「ペニーアーケード」あるいは「アミューズメントアーケード」と呼ぶ)。アケゲーと略称される。 営業方法 日本国内では主にゲームセンターや遊園地などのアミューズメントスポットに設置され、1プレイごとに料金を徴収するのが一般的である。これらアミューズメント機器を設置する施設の運営は、風俗営業法に従って行われているため、全国共通で18歳未満は22時以降の入店禁止の制限が設けられている。同時に、各都道府県の条例により16歳未満、18歳未満の入店制限時間を別個に設定している(法律や規制に関する詳細はゲームセンターの項を参照)。 近年では、漫画喫茶に併設するスタイルも出てきており、このスタイルでは、漫画喫茶同様に入場料を徴収され、退店時に時間当たりの従量料金を支払う。
    業種
    業種(ぎょうしゅ)は、事業や営業の種類という意味であり、産業と同じ意味より細かい分類として使われる。 日本標準産業分類の大分類 日本の産業全体の業種分けとしては、多くの場合、日本標準産業分類の大分類を基準(リファレンス)として、証券コード協議会における業種区分が用いられることが多い。 A 農業,林業 B 漁業 C 鉱業.採石業,砂利採取業 D 建設業 E 製造業 F 電気・ガス・熱供給・水道業 G 情報通信業 H 運輸業,郵便業 I 卸売業・小売業 J 金融業,保険業 K 不動産業,物品賃貸業 L 学術研究,専門・技術サービス業 M 宿泊業,飲食店 N 生活関連サービス業,娯楽業 O 教育学習支援業 P 医療、福祉 Q 複合サービス事業 R サービス業(他に分類されないもの) S 公務(他に分類されるものを除く) T 分類不能の産業 日本標準産業分類の中分類 01 農業 02 林業 03 漁業(水産養殖業を除く) 04 水産養殖業 05 鉱業、採石業、砂利採取業 06 総合工事業 07 職別工事業(設備工事業を除く) 08 設備工事業 09 食料品製造業 10 飲料・たばこ・飼料製造業 11 繊維工業 12 木材・木製品製造業(家具を除く) 13 家具・装備品製造業 14 パルプ・紙・紙加工品製造業 15 印刷・同関連業 16 化学工業 17 石油製品・石炭製品製造業 18 プラスチック製品製造業(別掲を除く) 19 ゴム製品製造業 20 なめし革・同製品・毛皮製造業 21 窯業・土石製品製造業 22 鉄鋼業 23 非鉄金属製造業 24 金属製品製造業 25 はん用機械器具製造業 26 生産用機械器具製造業 27 業務用機械器具製造業 28 電子部品・デバイス・電子回路製造業 29 電気機械器具製造業 30 情報通信機械器具製造業 31 輸送用機械器具製造業 32 その他の製造業 33 電気業 34 ガス業 35 熱供給業 36 水道業 37 通信業 38 放送業 39 情報サービス業 40 インターネット附随サービス業 41 映像・音声・文字情報制作業 42 鉄道業 43 道路旅客運送業 44 道路貨物運送業 45 水運業 46 航空運輸業 47 倉庫業 48 運輸に附帯するサービス業 49 郵便業(信書便事業を含む) 50 各種商品卸売業 51 繊維・衣服等卸売業 52 飲食料品卸売業 53 建築材料、鉱物・金属材料等卸売業 54 機械器具卸売業 55 その他の卸売業 56 各種商品小売業 57 織物・衣服・身の回り品小売業 58 飲食料品小売業 59 機械器具小売業 60 その他の小売業 61 無店舗小売業 62 銀行業 63 協同組織金融業 64 貸金業、クレジットカード業等非預金信用機関 65 金融商品取引業、商品先物取引業 66 補助的金融業等 67 保険業(保険媒介代理業、保険サービス業を含む) 68 不動産取引業 69 不動産賃貸業・管理業 70 物品賃貸業 71 学術・開発研究機関 72 専門サービス業(他に分類されないもの) 73 広告業 74 技術サービス業 75 宿泊業 76 飲食店 77 持ち帰り・配達飲食サービス業 78 洗濯・理容・美容・浴場業 79 その他の生活関連サービス業 80 娯楽業 81 学校教育 82 その他の教育、学習支援業 83 医療業 84 保健衛生 85 社会保険・社会福祉・介護事業 86 郵便局 87 協同組合(他に分類されないもの) 88 廃棄物処理業 89 自動車整備業 90 機械等修理業(別掲を除く) 91 職業紹介・労働者派遣業 92 その他の事業サービス業 93 政治・経済・文化団体 94 宗教 95 その他のサービス業 96 外国公務 97 国家公務 98 地方公務 99 分類不能の産業 証券コード協議会における業種 証券コードによる業種は、基本的には総務省が定める「日本標準産業分類」に準拠している(業種コードは異なる)が、平成14年3月改訂による変更が反映されていないため、牛丼店やファミリーレストランチェーンといった、いわゆる外食産業が以前の項目である小売業(卸売・小売業、飲食店)の分類に入れられている(平成14年3月改訂の「日本標準産業分類」では「飲食店、宿泊業」という大分類として独立)など、一部異なる部分もある。
    業界
    『業種』より : 業種(ぎょうしゅ)は、事業や営業の種類という意味であり、産業と同じ意味より細かい分類として使われる。 日本標準産業分類の大分類 日本の産業全体の業種分けとしては、多くの場合、日本標準産業分類の大分類を基準(リファレンス)として、証券コード協議会における業種区分が用いられることが多い。 A 農業,林業 B 漁業 C 鉱業.採石業,砂利採取業 D 建設業 E 製造業 F 電気・ガス・熱供給・水道業 G 情報通信業 H 運輸業,郵便業 I 卸売業・小売業 J 金融業,保険業 K 不動産業,物品賃貸業 L 学術研究,専門・技術サービス業 M 宿泊業,飲食店 N 生活関連サービス業,娯楽業 O 教育学習支援業 P 医療、福祉 Q 複合サービス事業 R サービス業(他に分類されないもの) S 公務(他に分類されるものを除く) T 分類不能の産業 日本標準産業分類の中分類 01 農業 02 林業 03 漁業(水産養殖業を除く) 04 水産養殖業 05 鉱業、採石業、砂利採取業 06 総合工事業 07 職別工事業(設備工事業を除く) 08 設備工事業 09 食料品製造業 10 飲料・たばこ・飼料製造業 11 繊維工業 12 木材・木製品製造業(家具を除く) 13 家具・装備品製造業 14 パルプ・紙・紙加工品製造業 15 印刷・同関連業 16 化学工業 17 石油製品・石炭製品製造業 18 プラスチック製品製造業(別掲を除く) 19 ゴム製品製造業 20 なめし革・同製品・毛皮製造業 21 窯業・土石製品製造業 22 鉄鋼業 23 非鉄金属製造業 24 金属製品製造業 25 はん用機械器具製造業 26 生産用機械器具製造業 27 業務用機械器具製造業 28 電子部品・デバイス・電子回路製造業 29 電気機械器具製造業 30 情報通信機械器具製造業 31 輸送用機械器具製造業 32 その他の製造業 33 電気業 34 ガス業 35 熱供給業 36 水道業 37 通信業 38 放送業 39 情報サービス業 40 インターネット附随サービス業 41 映像・音声・文字情報制作業 42 鉄道業 43 道路旅客運送業 44 道路貨物運送業 45 水運業 46 航空運輸業 47 倉庫業 48 運輸に附帯するサービス業 49 郵便業(信書便事業を含む) 50 各種商品卸売業 51 繊維・衣服等卸売業 52 飲食料品卸売業 53 建築材料、鉱物・金属材料等卸売業 54 機械器具卸売業 55 その他の卸売業 56 各種商品小売業 57 織物・衣服・身の回り品小売業 58 飲食料品小売業 59 機械器具小売業 60 その他の小売業 61 無店舗小売業 62 銀行業 63 協同組織金融業 64 貸金業、クレジットカード業等非預金信用機関 65 金融商品取引業、商品先物取引業 66 補助的金融業等 67 保険業(保険媒介代理業、保険サービス業を含む) 68 不動産取引業 69 不動産賃貸業・管理業 70 物品賃貸業 71 学術・開発研究機関 72 専門サービス業(他に分類されないもの) 73 広告業 74 技術サービス業 75 宿泊業 76 飲食店 77 持ち帰り・配達飲食サービス業 78 洗濯・理容・美容・浴場業 79 その他の生活関連サービス業 80 娯楽業 81 学校教育 82 その他の教育、学習支援業 83 医療業 84 保健衛生 85 社会保険・社会福祉・介護事業 86 郵便局 87 協同組合(他に分類されないもの) 88 廃棄物処理業 89 自動車整備業 90 機械等修理業(別掲を除く) 91 職業紹介・労働者派遣業 92 その他の事業サービス業 93 政治・経済・文化団体 94 宗教 95 その他のサービス業 96 外国公務 97 国家公務 98 地方公務 99 分類不能の産業 証券コード協議会における業種 証券コードによる業種は、基本的には総務省が定める「日本標準産業分類」に準拠している(業種コードは異なる)が、平成14年3月改訂による変更が反映されていないため、牛丼店やファミリーレストランチェーンといった、いわゆる外食産業が以前の項目である小売業(卸売・小売業、飲食店)の分類に入れられている(平成14年3月改訂の「日本標準産業分類」では「飲食店、宿泊業」という大分類として独立)など、一部異なる部分もある。
    業態
    業態(ぎょうたい)とは、小売業や外食産業などの商業で使われる、顧客のセグメント・対象とする生活場面・その来店頻度などによる分類である。 小売業の業態 小売業の業態開発では、卸売業者の都合ではなく、顧客の欲求に合わせた商品の仕入れ・陳列・販売価格が求められる。 一例であり、企業によって異なる。 量販店を中心とした分類である。 専門小売店の業態 ホームセンター 日常衣料品専門店 紳士服専門店 家庭電気機器専門店 カメラ専門店 スポーツ用品専門店 外食産業の業態 ファーストフード店 ファミリーレストラン 経済産業省の商業統計での業態分類 ※詳細は下記経済産業省サイトの統計ページを参照。
    業界団体
    業界団体(ぎょうかいだんたい)は、企業や団体、あるいは医師や弁護士など、特定の業務に携わる個人を会員として構成される非営利団体である。利益団体(圧力団体)の形態の一つであることが多い。個人を会員とする場合は、職能団体(しょくのうだんたい)といわれることもある。
    基本的には、業種ごとに結成される。業種を横断した連合会のような場合は、経済団体(けいざいだんたい)あるいは経営者団体(けいえいしゃだんたい)と称する団体もある。
    業界団体の会員は、主に中規模以上の企業および下位の業界団体からなる。
    業界団体が作られる主な目的は、業界として利害が共通する課題に対して、企業が共同して、個々の企業の名前を表に出さずに対応することにある。最も重要な活動は、政府が実施しようとしている産業政策や税制改正に関しての、情報収集や日本の行政機関 行政機関・政治家への意見表明である。電力会社 電力業界などの規制産業においては、電気事業連合会のような強力な業界団体が存在する。

    業務上過失致死傷罪
    業務上過失致死傷罪(ぎょうむじょうかしつちししょうざい)とは、日本の刑法に規定された犯罪であり、業務上過失致死罪(ぎょうむじょうかしつちしざい)と業務上過失傷害罪(ぎょうむじょうかしつしょうがいざい)の総称である。 刑法の過失致死傷罪の特別類型の一つであり、他の類型には、重過失による場合の重過失致死傷罪(じゅうかしつちししょうざい)がある。こちらも本項目で取り扱う。またさらに、他の類型として、自動車運転死傷行為処罰法の「過失運転致死傷罪」がある。改正前の刑法第211条の2に自動車運転過失致死傷罪として規定されていたものである。(#交通事犯の特則) 刑法第二百十一条に併せて規定されていることから、講学上、業務上過失致死傷罪と重過失致死傷罪を併せて、業務上過失致死傷等罪(ぎょうむじょうかしつちししょうとうざい)と呼ぶこともある。 犯罪類型 業務上過失致死罪は、業務上必要な注意を怠り、よって人を死亡させる犯罪をいう。業務上過失傷害罪は、業務上必要な注意を怠り、よって人を傷害する犯罪をいう。「業過致死」(ぎょうか - )、「業過致傷」などと略される。
    業務上過失傷害罪
    『業務上過失致死傷罪』より : 業務上過失致死傷罪(ぎょうむじょうかしつちししょうざい)とは、日本の刑法に規定された犯罪であり、業務上過失致死罪(ぎょうむじょうかしつちしざい)と業務上過失傷害罪(ぎょうむじょうかしつしょうがいざい)の総称である。 刑法の過失致死傷罪の特別類型の一つであり、他の類型には、重過失による場合の重過失致死傷罪(じゅうかしつちししょうざい)がある。こちらも本項目で取り扱う。またさらに、他の類型として、自動車運転死傷行為処罰法の「過失運転致死傷罪」がある。改正前の刑法第211条の2に自動車運転過失致死傷罪として規定されていたものである。(#交通事犯の特則) 刑法第二百十一条に併せて規定されていることから、講学上、業務上過失致死傷罪と重過失致死傷罪を併せて、業務上過失致死傷等罪(ぎょうむじょうかしつちししょうとうざい)と呼ぶこともある。 犯罪類型 業務上過失致死罪は、業務上必要な注意を怠り、よって人を死亡させる犯罪をいう。業務上過失傷害罪は、業務上必要な注意を怠り、よって人を傷害する犯罪をいう。「業過致死」(ぎょうか - )、「業過致傷」などと略される。
    業務上過失致傷罪
    『業務上過失致死傷罪』より : 業務上過失致死傷罪(ぎょうむじょうかしつちししょうざい)とは、日本の刑法に規定された犯罪であり、業務上過失致死罪(ぎょうむじょうかしつちしざい)と業務上過失傷害罪(ぎょうむじょうかしつしょうがいざい)の総称である。 刑法の過失致死傷罪の特別類型の一つであり、他の類型には、重過失による場合の重過失致死傷罪(じゅうかしつちししょうざい)がある。こちらも本項目で取り扱う。またさらに、他の類型として、自動車運転死傷行為処罰法の「過失運転致死傷罪」がある。改正前の刑法第211条の2に自動車運転過失致死傷罪として規定されていたものである。(#交通事犯の特則) 刑法第二百十一条に併せて規定されていることから、講学上、業務上過失致死傷罪と重過失致死傷罪を併せて、業務上過失致死傷等罪(ぎょうむじょうかしつちししょうとうざい)と呼ぶこともある。 犯罪類型 業務上過失致死罪は、業務上必要な注意を怠り、よって人を死亡させる犯罪をいう。業務上過失傷害罪は、業務上必要な注意を怠り、よって人を傷害する犯罪をいう。「業過致死」(ぎょうか - )、「業過致傷」などと略される。
    業務上過失致死罪
    『業務上過失致死傷罪』より : 業務上過失致死傷罪(ぎょうむじょうかしつちししょうざい)とは、日本の刑法に規定された犯罪であり、業務上過失致死罪(ぎょうむじょうかしつちしざい)と業務上過失傷害罪(ぎょうむじょうかしつしょうがいざい)の総称である。 刑法の過失致死傷罪の特別類型の一つであり、他の類型には、重過失による場合の重過失致死傷罪(じゅうかしつちししょうざい)がある。こちらも本項目で取り扱う。またさらに、他の類型として、自動車運転死傷行為処罰法の「過失運転致死傷罪」がある。改正前の刑法第211条の2に自動車運転過失致死傷罪として規定されていたものである。(#交通事犯の特則) 刑法第二百十一条に併せて規定されていることから、講学上、業務上過失致死傷罪と重過失致死傷罪を併せて、業務上過失致死傷等罪(ぎょうむじょうかしつちししょうとうざい)と呼ぶこともある。 犯罪類型 業務上過失致死罪は、業務上必要な注意を怠り、よって人を死亡させる犯罪をいう。業務上過失傷害罪は、業務上必要な注意を怠り、よって人を傷害する犯罪をいう。「業過致死」(ぎょうか - )、「業過致傷」などと略される。
    業務上過失致死
    『業務上過失致死傷罪』より : 業務上過失致死傷罪(ぎょうむじょうかしつちししょうざい)とは、日本の刑法に規定された犯罪であり、業務上過失致死罪(ぎょうむじょうかしつちしざい)と業務上過失傷害罪(ぎょうむじょうかしつしょうがいざい)の総称である。 刑法の過失致死傷罪の特別類型の一つであり、他の類型には、重過失による場合の重過失致死傷罪(じゅうかしつちししょうざい)がある。こちらも本項目で取り扱う。またさらに、他の類型として、自動車運転死傷行為処罰法の「過失運転致死傷罪」がある。改正前の刑法第211条の2に自動車運転過失致死傷罪として規定されていたものである。(#交通事犯の特則) 刑法第二百十一条に併せて規定されていることから、講学上、業務上過失致死傷罪と重過失致死傷罪を併せて、業務上過失致死傷等罪(ぎょうむじょうかしつちししょうとうざい)と呼ぶこともある。 犯罪類型 業務上過失致死罪は、業務上必要な注意を怠り、よって人を死亡させる犯罪をいう。業務上過失傷害罪は、業務上必要な注意を怠り、よって人を傷害する犯罪をいう。「業過致死」(ぎょうか - )、「業過致傷」などと略される。
    業務上過失傷害
    『業務上過失致死傷罪』より : 業務上過失致死傷罪(ぎょうむじょうかしつちししょうざい)とは、日本の刑法に規定された犯罪であり、業務上過失致死罪(ぎょうむじょうかしつちしざい)と業務上過失傷害罪(ぎょうむじょうかしつしょうがいざい)の総称である。 刑法の過失致死傷罪の特別類型の一つであり、他の類型には、重過失による場合の重過失致死傷罪(じゅうかしつちししょうざい)がある。こちらも本項目で取り扱う。またさらに、他の類型として、自動車運転死傷行為処罰法の「過失運転致死傷罪」がある。改正前の刑法第211条の2に自動車運転過失致死傷罪として規定されていたものである。(#交通事犯の特則) 刑法第二百十一条に併せて規定されていることから、講学上、業務上過失致死傷罪と重過失致死傷罪を併せて、業務上過失致死傷等罪(ぎょうむじょうかしつちししょうとうざい)と呼ぶこともある。 犯罪類型 業務上過失致死罪は、業務上必要な注意を怠り、よって人を死亡させる犯罪をいう。業務上過失傷害罪は、業務上必要な注意を怠り、よって人を傷害する犯罪をいう。「業過致死」(ぎょうか - )、「業過致傷」などと略される。
    業務災害
    『労働災害』より : 労働災害(ろうどうさいがい)、略して労災とは、労働者が業務中、負傷(怪我)、疾病(病気)、障害、死亡する災害のことを言う。広義には、業務中のみならず、通勤中の災害も含む。狭義には、負傷(や負傷に起因する障害・死亡)のみを指す用語として使われ、疾病(や疾病に起因する障害・死亡)は指さないことも多い。 以下、特段指定しない限り、「労働災害」は広義の労働災害(労働者災害補償保険法(労災保険法)が対象とする業務災害と通勤災害)、「補償」は労災保険法上の補償について述べる。 労働災害の関係法 業務災害の防止責任 業務災害の防止措置は、労働安全衛生法、じん肺法、作業環境測定法などのほか、一部の危険有害業務の就業禁止や就業時間制限は労働基準法に基づく年少者労働基準規則や女性労働基準規則に規定されている。なお、過労死に関連して、労働安全衛生法では直接的な労働時間規制はなく、労働基準法の一般的な労働時間規制が過労死防止の法制としての役割を果たしている。
    業物
    『刀剣の業物一覧』より : 文化12年(1815年)、山田浅右衛門は多くの刀の試し斬りを行い、刀工ごとに切れ味を分類した結果を『懐宝剣尺』という本にまとめて公表した。刀剣の業物一覧(とうけんのわざものいちらん)は同書に記される、最上大業物13工、大業物21工、良業物50工、業物80工、大業物・良業物・業物混合65工の計228工をいう。 尚、分類の読みはそれぞれ、最上大業物(さいじょうおおわざもの)、大業物(おおわざもの)、良業物(よきわざもの)、業物(わざもの)。 ただし、後に出版された『古今鍛冶備考』では『懐宝剣尺』のランクを追加訂正しており、載せている刀工は5倍にも及ぶ。 本項のランクは懐宝剣尺より。順序は名前から五十音順。 最上大業物14工 →現在は13工 長船秀光 三原正家(初代 三原正家) 長船元重 長曽祢興里(初代 虎徹) 長曽祢興正(二代目 虎徹)  清関兼元(初代 兼元) 孫六兼元(二代目 兼元) 和泉守兼定(二代兼定) 仙台国包 (初代) 初代助広(ソボロ助広) 肥前忠吉 (初代) 陸奥守忠吉(三代目 肥前忠吉) 多々良長幸 初代長道(初代三善長道) 大業物20工 高天神兼明 加州兼若 (初代) 兼則 伊予大椽勝国 (初代) 堀川国広 堀川国安 和泉守国貞(初代) 肥後守国康 (初代) 対馬守貞重 (初代) 与三左衛門祐定(よそざえもん・すけさだ) 藤四郎祐定 津田越前守助広 近江大椽忠広 越後守包貞 (二代) 藤島友重 越前守信吉 主水正正清 修理亮盛光(しゅうりのすけ・もりみつ) 左京亮康光(さきょうのすけ・やすみつ) 一平安代(いちのひら・やすよ、いっぺい・やすよ) 良業物50工 長船家助 (二代) 若狭守氏房 次郎左衛門勝光 右京進勝光 兼定 (三代) 関兼房 関兼常 上総介兼重 越前兼植(かねたね) 越前兼則 会津兼定 越後守国儔 山城守国包 (二代)(くにかね) 山城大椽国次 (初代) 岡山国宗 大与五国重(おおよご・くにしげ) 石堂是一(いしどう・これかず)=武蔵大椽是一 (初代) 伊賀守定次 南紀重国(初代) 津田近江守助直 長船祐光 横山祐定 長船忠光 一竿子忠綱(いっかんし・ただつな) 摂津守忠行 (初代) 陸奥忠重 相州綱広 (初代) 対馬守常光 丹後守直道 長船則光 (初代) 助右衛門則光 長船法光 (初二代) 長船秀助 近江守久道 (初代) 金房正真(かなぼう・まさざね) 坂倉正利 (初二代) 大和大椽正則 (初代) 奥州政長 日置光平(へき・みつひら) 左京進宗光 日置宗弘(へき・むねひろ) 大宮盛景 康継 (初二代) 大和守安定 備中守康広 高田行長 京吉道 (初二代) 大阪吉道 (初二代) 武蔵守吉門 伊勢大椽吉弘 業物80工 対馬守橘一法 =?佐々木一法 (二代) 手柄山氏重 (初代)=大和大椽藤原氏重 加州勝家 (初二代) 会津兼友 (初代) 兼植 (江戸)(かねたね) 武蔵守兼中 作州兼景 初代包国(かねくに)=筒井越中守藤原包国 筒井紀充 (つついきじゅう) - 包国の子。
    業務上疾病
    『職業病』より : 職業病(しょくぎょうびょう、Occupational disease)とは、特定の職業に従事することにより罹る、もしくは罹る確率の非常に高くなる病気の総称である。医学用語では「職業性疾病」、労働基準法では「業務上疾病」と表現される。また転じて、特定の役務を行なう人に降りかかる災難を指す場合もあるほか、特定の職業に就く人に顕著に見られる問題のある傾向も、この言葉で形容する場合がある。 昔は劣悪な労働環境や、不十分な健康被害への対策に起因する多数の職業病が存在した。 日本では古くは重金属によるものが多く、奈良や鎌倉の大仏建立時には大仏の装飾に動員された金箔職人に、当時の金箔技法に利用されていた水銀アマルガムによる水銀中毒が多発した事を疑わせる記録が残されている。また、精錬に従事する人には水銀や銅などによる中毒にかかる者が少なからず存在した。江戸時代には歌舞伎役者が化粧に用いる顔料の鉛白によって鉛中毒となるものがいた(五代目中村歌右衛門など)。 19世紀の後半に、重工業が盛んになり始めると金属精錬や金属溶融作業に従事する者の熱中症、ヒューム等の吸い込みによる悪寒が見られるようになった。
    業務妨害罪
    『信用毀損罪・業務妨害罪』より : 信用毀損罪・業務妨害罪(しんようきそんざい・ぎょうむぼうがいざい)は、刑法第二編第三十五章「信用及び業務に対する罪」(第233条 - 第234条 - 第234条の2)に規定される犯罪のことである。 信用毀損罪 虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損する犯罪である。保護法益は人の経済的な評価とされており、信用とは経済的な意味での信用を意味する(大判大正5年6月26日刑録22輯1153頁)。判例・通説は、人の経済的側面における評価を人の支払い能力または支払い意思に関する信用に限定していたが、より広く「経済的な側面における人の社会的な評価」とし、「人の支払能力又は支払意思に対する社会的な信頼に限定されるべきものではなく、販売される商品の品質に対する社会的な信頼も含む」とした(最判平成15・3・11刑集57巻3号29頁)。
    当サイト全体から「業」に関するページを抽出しました。
    業に関する知恵袋-質問集
    業に関する最新ニュース
    業に関する教えてGOO-質問集
    20/02/25
    ママ友旦那の職業を当てる会。興味ない方は回答くださらなくて大丈夫ですよ。 子供の習い事...→見る
    20/02/25
    雑貨屋のレジでバイトしてました。 レジ2台稼働中で私の担当レジが空いたので 「お次のお客...→見る
    20/02/25
    キャッシュレス反対 どうすれば日本の政策を止めれる?→見る
    20/02/25
    東京オリンピック中止濃厚のようです!→見る
    20/02/25
    店舗責任者からのお客さんへの暴言について→見る
    20/02/25
    職場を転職して 派遣で倉庫のフォークリフトやってます まだ 入社して一週間なのですが 先輩...→見る
    20/02/25
    すみません、年金について教えて下さい。 私は訳あって専業主婦で、一人の幼児がいます。 主...→見る
    20/02/25
    コロナウイルスによる金融への影響は、どれくらいに出ますか?→見る
    20/02/25
    サービス業の求人募集で外国人で日本語がたどたどしい人と日本人で10年間ニートの人とでは企...→見る
    20/02/25
    税理士及び士業の悩みを教えてください→見る
    業に関する人力検索-質問集
    業に関するナレッジ知識-質問集
    業に関するtwitterつぶやき
    業に関するブログサイト
    業に関する最新書籍一覧
    業に関する動画コンテンツ
キャッシング比較/ FX比較/ クレジットカード比較/ キャッシング申込み/ カードローン比較/ ETCカード比較/ レディースローン申込み/ 宅建過去問題/ マンション管理士過去問題/ 管理業務主任者過去問題/ ネット証券比較/ 目的ローン申込み/ 担保ローン申込み/ 住宅ローン申込み/ おまとめローン申込み/ 事業者ローン申込み/ 学生ローン申込み/ レディースローン申込み/ 女性R&B/ 賃貸マンション/ ビジネス板/ キャッシング キャンペーン/ ローン キャンペーン/ FX キャンペーン/ ネット証券 キャンペーン/ クレジットカード キャンペーン/ ETCカード キャンペーン/ キャッシング最新情報/ カードローン最新情報/ ETCカード特典/ クレジットカード特典/ FXビギナー/ ネット証券ビギナー/ 手形割引比較/ レディースキャッシング比較/ 主婦ローン比較/