タグ : 業務

トレイダーズ証券、シンガポール社などと個人投資家向けデリバティブ取引事業で業務提携

  • トレイダーズ証券、シンガポール社などと個人投資家向けデリバティブ取引事業で業務提携に関する記事・解説はこちら 
    2011年1月26日 at 11:55 AM
  • ひまわり証券、FX投資情報コミュニティサイト「fx-on.com」と業務提携に関する記事・解説はこちら 
    2010年12月2日 at 6:37 PM
  • 業務に関するWikipedia情報
    業務
    仕事とは、 職業 労働 仕事 (物理学) - 物理学における物理量。 仕事 (熱力学) - 熱力学における力学的なエネルギー。 仕事 (電気) - 電場中の電荷がする仕事。 電力量 - 電気回路における電気エネルギー。 株式会社 仕事 (企業) - 日本の芸能事務所。旧俳優座映画放送。
    業務提供誘引販売取引
    業務提供誘引販売取引(ぎょうむていきょうゆういんはんばいとりひき)とは、「特定商取引に関する法律」(特定商取引法)第51条で定義される、以下のような条件を全て満たす取引である。 業者が販売する広義の商品又は提供する役務を利用する業務により、顧客に対して利益(「業務提供利益」という)が得られるとして誘引(勧誘)する。但し、この「業務」は、業者が自ら提供する業務、又は、業者があっせんした業務に限られる。顧客に何らかの金銭的負担(「特定負担」という)がある。広義の商品の販売若しくはそのあっせん、又は、役務若しくはそのあっせんに係る取引(取引条件の変更を含む)である。ここで、「広義の商品」としているものは、物品の他に、施設利用権、役務の提供を受ける権利を含んだものである。 業務提供誘引販売取引の例をいくつか示す。 ○○士の資格試験対策講座を受講して資格を得れば、業者がその資格を要する業務をあっせんする。 名簿を購入してダイレクトメールの宛名書をする。そのダイレクトメールを読んだ人が、商品を購入すると、業者から収入が得られる。
    業務独占資格
    業務独占資格(ぎょうむどくせんしかく、occupational licensing)とは、ある業務に対して、ある資格を有する者のみが行うことができる旨の法令の定めがある場合における、その資格をいう。 業務独占資格は、安全や衛生の確保、取引の適正化等の実現のために、国等が一定の業務に従事する上で必要とされる専門的知識、経験、技能等に関する基準を満たしていると判定した者について、当該業務への従事、法令で定める管理監督者への就任等を認めるものである。 経済学者ミルトン・フリードマンは、職業免許制度は生産者を保護するためのギルド制度であるとしてこれを批判した。 分類 業務独占資格は、守るべき法益に応じて要求される規制の程度が異なるため、独占性はそれぞれの資格で異なっており、概ね下記のように分類される。 有償業務独占資格 - 公認会計士、弁護士、弁理士、不動産鑑定士、社会保険労務士、行政書士等については、有償での業務のみが独占となる。
    業務用ゲーム
    『アーケードゲーム』より : アーケードゲーム (arcade game, AC) は、業務用ゲーム機械のこと。古くはピンボールに代表されるような電気、機械的な装置であったが、コンピュータゲームが誕生してからはそちらが主流となっている。コンシューマーゲームと対比した呼び方である(英語でゲームセンターのことを「ペニーアーケード」あるいは「アミューズメントアーケード」と呼ぶ)。アケゲーと略称される。 営業方法 日本国内では主にゲームセンターや遊園地などのアミューズメントスポットに設置され、1プレイごとに料金を徴収するのが一般的である。これらアミューズメント機器を設置する施設の運営は、風俗営業法に従って行われているため、全国共通で18歳未満は22時以降の入店禁止の制限が設けられている。同時に、各都道府県の条例により16歳未満、18歳未満の入店制限時間を別個に設定している(法律や規制に関する詳細はゲームセンターの項を参照)。 近年では、漫画喫茶に併設するスタイルも出てきており、このスタイルでは、漫画喫茶同様に入場料を徴収され、退店時に時間当たりの従量料金を支払う。
    業務上過失致死傷罪
    業務上過失致死傷罪(ぎょうむじょうかしつちししょうざい)とは、日本の刑法に規定された犯罪であり、業務上過失致死罪(ぎょうむじょうかしつちしざい)と業務上過失傷害罪(ぎょうむじょうかしつしょうがいざい)の総称である。 刑法の過失致死傷罪の特別類型の一つであり、他の類型には、重過失による場合の重過失致死傷罪(じゅうかしつちししょうざい)がある。こちらも本項目で取り扱う。またさらに、他の類型として、自動車運転死傷行為処罰法の「過失運転致死傷罪」がある。改正前の刑法第211条の2に自動車運転過失致死傷罪として規定されていたものである。(#交通事犯の特則) 刑法第二百十一条に併せて規定されていることから、講学上、業務上過失致死傷罪と重過失致死傷罪を併せて、業務上過失致死傷等罪(ぎょうむじょうかしつちししょうとうざい)と呼ぶこともある。 犯罪類型 業務上過失致死罪は、業務上必要な注意を怠り、よって人を死亡させる犯罪をいう。業務上過失傷害罪は、業務上必要な注意を怠り、よって人を傷害する犯罪をいう。「業過致死」(ぎょうか - )、「業過致傷」などと略される。
    業務上過失傷害罪
    『業務上過失致死傷罪』より : 業務上過失致死傷罪(ぎょうむじょうかしつちししょうざい)とは、日本の刑法に規定された犯罪であり、業務上過失致死罪(ぎょうむじょうかしつちしざい)と業務上過失傷害罪(ぎょうむじょうかしつしょうがいざい)の総称である。 刑法の過失致死傷罪の特別類型の一つであり、他の類型には、重過失による場合の重過失致死傷罪(じゅうかしつちししょうざい)がある。こちらも本項目で取り扱う。またさらに、他の類型として、自動車運転死傷行為処罰法の「過失運転致死傷罪」がある。改正前の刑法第211条の2に自動車運転過失致死傷罪として規定されていたものである。(#交通事犯の特則) 刑法第二百十一条に併せて規定されていることから、講学上、業務上過失致死傷罪と重過失致死傷罪を併せて、業務上過失致死傷等罪(ぎょうむじょうかしつちししょうとうざい)と呼ぶこともある。 犯罪類型 業務上過失致死罪は、業務上必要な注意を怠り、よって人を死亡させる犯罪をいう。業務上過失傷害罪は、業務上必要な注意を怠り、よって人を傷害する犯罪をいう。「業過致死」(ぎょうか - )、「業過致傷」などと略される。
    業務上過失致傷罪
    『業務上過失致死傷罪』より : 業務上過失致死傷罪(ぎょうむじょうかしつちししょうざい)とは、日本の刑法に規定された犯罪であり、業務上過失致死罪(ぎょうむじょうかしつちしざい)と業務上過失傷害罪(ぎょうむじょうかしつしょうがいざい)の総称である。 刑法の過失致死傷罪の特別類型の一つであり、他の類型には、重過失による場合の重過失致死傷罪(じゅうかしつちししょうざい)がある。こちらも本項目で取り扱う。またさらに、他の類型として、自動車運転死傷行為処罰法の「過失運転致死傷罪」がある。改正前の刑法第211条の2に自動車運転過失致死傷罪として規定されていたものである。(#交通事犯の特則) 刑法第二百十一条に併せて規定されていることから、講学上、業務上過失致死傷罪と重過失致死傷罪を併せて、業務上過失致死傷等罪(ぎょうむじょうかしつちししょうとうざい)と呼ぶこともある。 犯罪類型 業務上過失致死罪は、業務上必要な注意を怠り、よって人を死亡させる犯罪をいう。業務上過失傷害罪は、業務上必要な注意を怠り、よって人を傷害する犯罪をいう。「業過致死」(ぎょうか - )、「業過致傷」などと略される。
    業務上過失致死罪
    『業務上過失致死傷罪』より : 業務上過失致死傷罪(ぎょうむじょうかしつちししょうざい)とは、日本の刑法に規定された犯罪であり、業務上過失致死罪(ぎょうむじょうかしつちしざい)と業務上過失傷害罪(ぎょうむじょうかしつしょうがいざい)の総称である。 刑法の過失致死傷罪の特別類型の一つであり、他の類型には、重過失による場合の重過失致死傷罪(じゅうかしつちししょうざい)がある。こちらも本項目で取り扱う。またさらに、他の類型として、自動車運転死傷行為処罰法の「過失運転致死傷罪」がある。改正前の刑法第211条の2に自動車運転過失致死傷罪として規定されていたものである。(#交通事犯の特則) 刑法第二百十一条に併せて規定されていることから、講学上、業務上過失致死傷罪と重過失致死傷罪を併せて、業務上過失致死傷等罪(ぎょうむじょうかしつちししょうとうざい)と呼ぶこともある。 犯罪類型 業務上過失致死罪は、業務上必要な注意を怠り、よって人を死亡させる犯罪をいう。業務上過失傷害罪は、業務上必要な注意を怠り、よって人を傷害する犯罪をいう。「業過致死」(ぎょうか - )、「業過致傷」などと略される。
    業務上過失致死
    『業務上過失致死傷罪』より : 業務上過失致死傷罪(ぎょうむじょうかしつちししょうざい)とは、日本の刑法に規定された犯罪であり、業務上過失致死罪(ぎょうむじょうかしつちしざい)と業務上過失傷害罪(ぎょうむじょうかしつしょうがいざい)の総称である。 刑法の過失致死傷罪の特別類型の一つであり、他の類型には、重過失による場合の重過失致死傷罪(じゅうかしつちししょうざい)がある。こちらも本項目で取り扱う。またさらに、他の類型として、自動車運転死傷行為処罰法の「過失運転致死傷罪」がある。改正前の刑法第211条の2に自動車運転過失致死傷罪として規定されていたものである。(#交通事犯の特則) 刑法第二百十一条に併せて規定されていることから、講学上、業務上過失致死傷罪と重過失致死傷罪を併せて、業務上過失致死傷等罪(ぎょうむじょうかしつちししょうとうざい)と呼ぶこともある。 犯罪類型 業務上過失致死罪は、業務上必要な注意を怠り、よって人を死亡させる犯罪をいう。業務上過失傷害罪は、業務上必要な注意を怠り、よって人を傷害する犯罪をいう。「業過致死」(ぎょうか - )、「業過致傷」などと略される。
    業務上過失傷害
    『業務上過失致死傷罪』より : 業務上過失致死傷罪(ぎょうむじょうかしつちししょうざい)とは、日本の刑法に規定された犯罪であり、業務上過失致死罪(ぎょうむじょうかしつちしざい)と業務上過失傷害罪(ぎょうむじょうかしつしょうがいざい)の総称である。 刑法の過失致死傷罪の特別類型の一つであり、他の類型には、重過失による場合の重過失致死傷罪(じゅうかしつちししょうざい)がある。こちらも本項目で取り扱う。またさらに、他の類型として、自動車運転死傷行為処罰法の「過失運転致死傷罪」がある。改正前の刑法第211条の2に自動車運転過失致死傷罪として規定されていたものである。(#交通事犯の特則) 刑法第二百十一条に併せて規定されていることから、講学上、業務上過失致死傷罪と重過失致死傷罪を併せて、業務上過失致死傷等罪(ぎょうむじょうかしつちししょうとうざい)と呼ぶこともある。 犯罪類型 業務上過失致死罪は、業務上必要な注意を怠り、よって人を死亡させる犯罪をいう。業務上過失傷害罪は、業務上必要な注意を怠り、よって人を傷害する犯罪をいう。「業過致死」(ぎょうか - )、「業過致傷」などと略される。
    業務災害
    『労働災害』より : 労働災害(ろうどうさいがい)、略して労災とは、労働者が業務中、負傷(怪我)、疾病(病気)、障害、死亡する災害のことを言う。広義には、業務中のみならず、通勤中の災害も含む。狭義には、負傷(や負傷に起因する障害・死亡)のみを指す用語として使われ、疾病(や疾病に起因する障害・死亡)は指さないことも多い。 以下、特段指定しない限り、「労働災害」は広義の労働災害(労働者災害補償保険法(労災保険法)が対象とする業務災害と通勤災害)、「補償」は労災保険法上の補償について述べる。 労働災害の関係法 業務災害の防止責任 業務災害の防止措置は、労働安全衛生法、じん肺法、作業環境測定法などのほか、一部の危険有害業務の就業禁止や就業時間制限は労働基準法に基づく年少者労働基準規則や女性労働基準規則に規定されている。なお、過労死に関連して、労働安全衛生法では直接的な労働時間規制はなく、労働基準法の一般的な労働時間規制が過労死防止の法制としての役割を果たしている。
    業務上疾病
    『職業病』より : 職業病(しょくぎょうびょう、Occupational disease)とは、特定の職業に従事することにより罹る、もしくは罹る確率の非常に高くなる病気の総称である。医学用語では「職業性疾病」、労働基準法では「業務上疾病」と表現される。また転じて、特定の役務を行なう人に降りかかる災難を指す場合もあるほか、特定の職業に就く人に顕著に見られる問題のある傾向も、この言葉で形容する場合がある。 昔は劣悪な労働環境や、不十分な健康被害への対策に起因する多数の職業病が存在した。 日本では古くは重金属によるものが多く、奈良や鎌倉の大仏建立時には大仏の装飾に動員された金箔職人に、当時の金箔技法に利用されていた水銀アマルガムによる水銀中毒が多発した事を疑わせる記録が残されている。また、精錬に従事する人には水銀や銅などによる中毒にかかる者が少なからず存在した。江戸時代には歌舞伎役者が化粧に用いる顔料の鉛白によって鉛中毒となるものがいた(五代目中村歌右衛門など)。 19世紀の後半に、重工業が盛んになり始めると金属精錬や金属溶融作業に従事する者の熱中症、ヒューム等の吸い込みによる悪寒が見られるようになった。
    業務妨害罪
    『信用毀損罪・業務妨害罪』より : 信用毀損罪・業務妨害罪(しんようきそんざい・ぎょうむぼうがいざい)は、刑法第二編第三十五章「信用及び業務に対する罪」(第233条 - 第234条 - 第234条の2)に規定される犯罪のことである。 信用毀損罪 虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損する犯罪である。保護法益は人の経済的な評価とされており、信用とは経済的な意味での信用を意味する(大判大正5年6月26日刑録22輯1153頁)。判例・通説は、人の経済的側面における評価を人の支払い能力または支払い意思に関する信用に限定していたが、より広く「経済的な側面における人の社会的な評価」とし、「人の支払能力又は支払意思に対する社会的な信頼に限定されるべきものではなく、販売される商品の品質に対する社会的な信頼も含む」とした(最判平成15・3・11刑集57巻3号29頁)。
    業務妨害
    『信用毀損罪・業務妨害罪』より : 信用毀損罪・業務妨害罪(しんようきそんざい・ぎょうむぼうがいざい)は、刑法第二編第三十五章「信用及び業務に対する罪」(第233条 - 第234条 - 第234条の2)に規定される犯罪のことである。 信用毀損罪 虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損する犯罪である。保護法益は人の経済的な評価とされており、信用とは経済的な意味での信用を意味する(大判大正5年6月26日刑録22輯1153頁)。判例・通説は、人の経済的側面における評価を人の支払い能力または支払い意思に関する信用に限定していたが、より広く「経済的な側面における人の社会的な評価」とし、「人の支払能力又は支払意思に対する社会的な信頼に限定されるべきものではなく、販売される商品の品質に対する社会的な信頼も含む」とした(最判平成15・3・11刑集57巻3号29頁)。
    業務スーパー
    『神戸物産』より : 株式会社神戸物産(こうべぶっさん、英: Kobe Bussan Co., Ltd.)は、兵庫県加古郡稲美町に本社を置く、主に業務用食品の販売を手がけるFC(フランチャイズチェーン)方式のチェーンストア。 なお、「業務スーパー」という表記は同社により商標登録されている。また、類似した店舗に、業務用食品スーパーという店舗(フジタカコーポレーション、アクト中食)があるが、これらとは無関係。 現在展開している事業 業務スーパー事業 日本全国で冷凍食品・加工食品などが主力のスーパーを展開。「業務スーパー」独自のプライベートブランド商品に力を入れている。 「プロの品質とプロの価格」をうたい文句に名前の通り、当初は飲食店経営者などの業務利用をターゲットとしていたが、最近は一部の店舗で生鮮食料品を扱うようになるなど一般消費者向けのサービスが増大している。 一般消費者向けのプライベートブランド商品の一部は、ロゴマーク部分以外は他社のプライベートブランド商品と同じデザインのパッケージで売られているものも存在する。
    業務用
    業務用(ぎょうむよう)とは、法人(企業や学校、官公庁)など、一般家庭以外の用途を前提として開発された製品のこと。これに対し、一般家庭用向けの製品は、『家庭用』や『民生用』(みんせいよう)と呼ばれる。 電化製品 テレビ、カムコーダ、VTR、オーディオ、エアコン、洗濯機、冷蔵庫など、家庭用電化製品の殆どには、1年以上のメーカー保証がある。この内、テレビの場合は、市役所や病院などの待合室や公民館などで採用される場合がある。また、カムコーダやVTRなどの内、比較的性能の高い製品の場合は、民生用であっても、制作プロダクションなど映像制作のプロの世界で活用される場合もある。しかし、家庭用電化製品として発売された場合、多くはごく普通の一般家庭で使用される事を想定しているため、一般家庭以外の用途はメーカー保証の対象外とされている。従って、これらの用途に家庭用電化製品を使用して万が一故障した場合が、メーカー保証の期間中であっても、有償修理となる。 業務用の電化製品は電圧が200Vの単相ないし三相の電源で稼動するよう設計されているものが多い。
    業務上堕胎罪
    『堕胎罪』より : 堕胎罪(だたいざい)は、人間の胎児を母親の体の中で殺すか流早産させて殺すことを内容とする犯罪。日本においては、刑法第2編第29章の堕胎の罪(刑法212条~刑法216条)に規定されている。 保護法益 胎児を保護するとともに、間接的に母体の保護も目的としている。 客体 本罪の客体は「胎児」である。「胎児」とは着床し懐胎されているヒトを指す。わが国の刑法上の通説・判例は人の始期について一部露出説をとる。したがって、胎児の体の一部が母体から体外へ出た段階で殺人罪の客体たる「人」となり、以後、殺人罪で処断されることになる。 行為 本罪の行為は「堕胎」である。「堕胎」とは自然の分娩期に先立って人為的に胎児を母体から分離することをいい、その結果として胎児が死亡するか否かは犯罪の成立に影響しない(大判明治42年10月19日刑録15輯1420頁)。
    業務の適正を確保するための体制
    業務の適正を確保するための体制 (ぎょうむのてきせいをかくほするためのたいせい)は、会社法(平成17年7月26日法律第86号・平成18年5月1日施行)で定義される用語である。「業務の適正」とは、違法行為や不正、ミスやエラーなどが行われることなく、組織が健全かつ有効・効率的に運営されるよう各業務で所定の基準や手続きを定め、それに基づいて管理・監視・保証を行うことを意味する。 ビジネス界で、コンプライアンス体制と呼ばれている概念よりも広く、情報管理・危機管理も含まれている(下記参照)。現在、各種記述では、この用語を、内部統制システムと呼び変えていることが多いと思われる。 なお2006年6月に成立した金融商品取引法いわゆる日本版SOX法では「当該会社の属する企業集団及び当該会社に係る財務計算に関する書類その他の情報の適正性を確保するために必要なものとして内閣府令で定める体制」という概念を新たに用いている。
    業務上失火等罪
    『放火及び失火の罪』より : 放火及び失火の罪(ほうかおよびしっかのつみ)は、刑法第2編第9章、108条~118条に定められる犯罪である。放火行為など、火力その他により、住居などの財産を侵害した場合に成立する。財産犯としての性格と、公共危険犯 (Gemeingefährliches Delikt) の性格をあわせもつ。放火は古来より重罪として処されてきた。なお日本における火災の原因で最も多いものは放火であり、ここ数年はほぼ毎年のようにトップに挙がっている。 平成15年以降おおむね減少傾向が続いており、平成25年中の放火による出火件数は5,093件で、前年(5,370件)に比べ、277件(5.2%)減少しているものの、全火災(4万8,095件)mp10.6%を占め、17年連続して出火原因の第1位となっている。これに放火の疑いを加えると8,786件(全火災の18.3%、対前年度比1.1%減)となる。 内容 この章に規定される犯罪は以下のとおり。 108条 現住建造物等放火罪 109条1項 非現住建造物等放火罪 109条2項 自己所有非現住建造物等放火罪 110条1項 建造物等以外放火罪 110条2項 自己所有建造物等以外放火罪 111条1項 自己所有物への放火による現住建造物または他人所有建造物への延焼罪 111条2項 自己所有の建造物以外の物への放火による他人所有の建造物以外の物への延焼罪 112条 現住建造物等放火罪の未遂、他人所有非現住建造物等放火罪の未遂 113条 現住建造物等放火罪の予備、他人所有非現住建造物等放火罪の予備 114条 消火妨害罪 116条1項 現住建造物失火罪、他人所有非現住建造物失火罪 116条2項 自己所有非現住建造物等失火罪、建造物等以外失火罪 117条 激発物破裂罪 117条2項 過失激発物破裂罪 117の2条 業務上失火等罪 118条1項 ガス漏出等罪 118条2項 ガス漏出等致死傷罪 刑法以外の刑事罰 森林法第202条から第204条にかけて、森林への放火及び失火罪に刑事罰が規定されている。
    業務上横領罪
    『横領罪』より : 横領罪(おうりょうざい)は、自己の占有する他人の物を横領することを内容とする犯罪。広義の横領罪は、刑法第二編「罪」- 第三十八章「横領の罪」(252条〜255条)に規定された犯罪すべてを指し、狭義の横領罪は、刑法252条1項に規定される罪(単純横領罪)のみをいう。自己の物であっても、公務所から保管を命ぜられた場合にこれを横領したときには、横領罪が成立する(刑法252条2項)。 条文 単純横領罪(刑法252条)自己の占有する他人の物を横領した者は、五年以下の懲役に処する。 自己の物であっても、公務所から保管を命ぜられた場合において、これを横領した者も、前項と同様とする。業務上横領罪(刑法253条)業務上自己の占有する他人の物を横領した者は、十年以下の懲役に処する。遺失物等横領罪(刑法254条)遺失物、漂流物その他占有を離れた他人の物を横領した者は、一年以下の懲役又は十万円以下の罰金若しくは科料に処する。 保護法益 本罪は、物の委託者と受託者の委託信任関係を保護するものであるとされる。
    業務上横領
    『横領罪』より : 横領罪(おうりょうざい)は、自己の占有する他人の物を横領することを内容とする犯罪。広義の横領罪は、刑法第二編「罪」- 第三十八章「横領の罪」(252条〜255条)に規定された犯罪すべてを指し、狭義の横領罪は、刑法252条1項に規定される罪(単純横領罪)のみをいう。自己の物であっても、公務所から保管を命ぜられた場合にこれを横領したときには、横領罪が成立する(刑法252条2項)。 条文 単純横領罪(刑法252条)自己の占有する他人の物を横領した者は、五年以下の懲役に処する。 自己の物であっても、公務所から保管を命ぜられた場合において、これを横領した者も、前項と同様とする。業務上横領罪(刑法253条)業務上自己の占有する他人の物を横領した者は、十年以下の懲役に処する。遺失物等横領罪(刑法254条)遺失物、漂流物その他占有を離れた他人の物を横領した者は、一年以下の懲役又は十万円以下の罰金若しくは科料に処する。 保護法益 本罪は、物の委託者と受託者の委託信任関係を保護するものであるとされる。
    当サイト全体から「業務」に関するページを抽出しました。
    業務に関する知恵袋-質問集
    業務に関する最新ニュース
    業務に関する教えてGOO-質問集
    19/11/18
    ●日弁連が野放しの犯罪者『坂口禎彦』弁護士!※当質問が1時間毎に削除されておる事実を報道...→見る
    19/11/18
    ●弁護士法に唾吐く犯罪者『赤羽 宏』弁護士の現実※当質問が1時間毎に削除される事実を報道...→見る
    19/11/18
    ●犯罪者『大竹夏夫』弁護士と検察官僚の逃げ得か?当質問が1時間毎に削除されておる事実を報...→見る
    19/11/18
    都内30代前半で年間有給消化10日+夏季休暇3日 年収600万はSEとしては普通ですか? 残業は月1→見る
    19/11/18
    一日中話しかけてくるうざい先輩→見る
    19/11/18
    ●日弁連が野放しの犯罪者『坂口禎彦』弁護士!※当質問が1時間毎に削除されておる事実を報道...→見る
    19/11/18
    2週間付き合った彼氏と別れました。 理由は私の事を彼女として見れないから。と彼に言われま...→見る
    19/11/18
    私は専門学校卒業後 5年間エステティシャンの仕事をしてきました。 人と話すこと、人が綺麗...→見る
    19/11/18
    皆さんの家はどんなオムライスなのか知りたいです! ふと自分でオムライスを作っているときに...→見る
    19/11/18
    言わなきゃいけない事や、言えば分かってくれる様な事を言わないで我慢して、結果的に私が...→見る
    業務に関する人力検索-質問集
    業務に関するナレッジ知識-質問集
    業務に関するtwitterつぶやき
    業務に関するブログサイト
    業務に関する最新書籍一覧
    業務に関する動画コンテンツ
キャッシング比較/ FX比較/ クレジットカード比較/ キャッシング申込み/ カードローン比較/ ETCカード比較/ レディースローン申込み/ 宅建過去問題/ マンション管理士過去問題/ 管理業務主任者過去問題/ ネット証券比較/ 目的ローン申込み/ 担保ローン申込み/ 住宅ローン申込み/ おまとめローン申込み/ 事業者ローン申込み/ 学生ローン申込み/ レディースローン申込み/ 女性R&B/ 賃貸マンション/ ビジネス板/ キャッシング キャンペーン/ ローン キャンペーン/ FX キャンペーン/ ネット証券 キャンペーン/ クレジットカード キャンペーン/ ETCカード キャンペーン/ キャッシング最新情報/ カードローン最新情報/ ETCカード特典/ クレジットカード特典/ FXビギナー/ ネット証券ビギナー/ 手形割引比較/ レディースキャッシング比較/ 主婦ローン比較/