タグ : 海外

FXのレバレッジ規制で海外業者に注目集まる!?

  • FXのレバレッジ規制で海外業者に注目集まる!?に関する記事・解説はこちら 
    2010年7月27日 at 6:30 PM
  • 海外に関するWikipedia情報
    海外
    海外(かいがい)とは、字義どおりには、(ある陸地から見て)海洋を隔てた陸地であるが、通常は「外国」と同義または類義に用いられる。これは、島国であり陸地の国境線を持たない日本に限ったことではない。 相当する英単語にoversea(s)がある(形容詞にも名詞にも使われるが、名詞は原則複数形)。 対義語は「海内」だが、漢籍では見られるものの、現代ではほとんど使われない。 語彙 「海外」という語と概念は新しいものではない。 漢籍では、『詩経・商頌・長発』に用例「相土烈烈 海外有截」がある。これは中国の文献だが、すでに「外国」の意味で使われている。 日本の文献では、『続日本紀』の天平勝宝5年(753年)に用例がある。『続日本紀』は漢文だが、日本語の文献では『九冊本宝物集』(ca.1179) がある。 英語のoverseasは古英語(5世紀〜12世紀)にさかのぼる。 近代 現代では地球規模の地理が把握され、20世紀以降は飛行機(空路)による海外旅行が確立しているが、五大陸の把握も曖昧だった頃は外国へ渡る手段は陸路か海路しかなく、後者の場合は冒険や探検の意味合いが強かった。
    海外領土
    『植民地』より : 海外領土(かいがいりょうど)とは、自国外の地域において有する領土のこと。 アメリカ合衆国の海外領土 イギリスの海外領土 フランスの行政区画 - フランスの海外県・海外領土 海外領土・自治領の一覧 関連項目 植民地 イギリス帝国 イギリス連邦 フランス植民地帝国 フランコフォニー国際機関 ポルトガル海上帝国 ポルトガル語諸国共同体 スペイン帝国 オランダ海上帝国 デンマーク海上帝国 ドイツ植民地帝国 大日本帝国#国土 外地。
    海外の歴史学者
    『歴史家の一覧』より : 歴史家の一覧 歴史家の一覧 東洋 = 日本の歴史家の一覧 = == 明治以前 舎人親王(とねりしんのう、天武天皇4年(676年) - 天平7年(735年)、日本書紀の選者) 新井白石(あらい はくせき 1657年 - 1725年、読史余論・古史通などの著者) 北畠親房(きたばたけ ちかふさ 1293年 - 1354年、神皇正統記の著者) 慈円(じえん 1155年 - 1225年、愚管抄の著者) 頼山陽(らい さんよう 1781年? - 1832年、日本外史の著者) == 明治以降 日本史 青木和夫(あおき かずお 1926年 - 2009年、日本古代史) 赤松俊秀(あかまつ としひで 1907年 - 1979年、日本中世史) 朝河貫一(あさかわ かんいち 1873年 - 1948年、比較法制史) 家永三郎(いえなが さぶろう 1913年 - 2002年、日本思想史) 石母田正(いしもだ しょう 1912年 - 1986年、日本中世史) 板沢武雄(いたざわ たけお 1895年 - 1962年、日本近世史・日蘭貿易史) 井上清(いのうえ きよし 1913年 - 2001年、日本史) 井上光貞(いのうえ みつさだ 1917年 - 1983年、日本古代史) 今井清一(いまい せいいち 1924年 -、日本近代史) 今泉忠義(いまいずみ ただよし 1900年 - 1976年、日本語史、日本語発達史) 岩井忠熊(いわい ただくま 1922年 -、日本近代史) 岩生成一(いわお せいいち 1900年 - 1988年、日本近世史) 遠藤嘉基(えんどう よしもと 1905年 - 1992年、日本語史) 大久保利謙(おおくぼ としあき 1900年 - 1995年、日本近代史) 尾崎知光(おざき さとあきら 1924年 -、日本語学史) 加治木義博(かじき よしひろ 1923年 -、日本語史) 亀井孝(かめい たかし、1912年 - 1995年、日本語史) 久米邦武(くめ くにたけ 1839年 - 1931年、日本古代史・日本古文書学) 黒板勝美(くろいた かつみ 1874年 - 1946年、日本古代史・日本古文書学) 黒田俊雄(くろだ としお 1926年 - 1993年、日本中世史) 桑田忠親(くわた ただちか 1902年 - 1987年、日本中世史) 児玉幸多(こだま こうた 1909年 - 2007年、日本近世史) 斎木一馬(さいき かずま 1909年 - 1988年、日本史・古記録学) 坂本太郎(さかもと たろう、1901年-1987年、日本古代史) 佐藤昌介(さとう しょうすけ、1918年 - 1997年、近世洋学史) 佐藤進一(さとう しんいち 1916年 -、日本中世史) 佐藤三郎(さとう さぶろう、1912年 - 2006年、日中関係史) 重野安繹(しげの やすつぐ 1827年 - 1910年、大日本編年史、皇朝世鑑編纂) 下村冨士男(しもむら ふじお 1907年 - 1970年、日本近世史、日本外交史) 鈴木理生(すずき まさお 1926年 -、都市史) 関晃(せき あきら 1919年 - 1996年、日本古代史) 高倉新一郎(たかくら しんいちろう 1902年 - 1990年、日本史・アイヌ文化史) 高柳光寿(たかやなぎ みつとし 1892年 - 1969年、日本中世史) 瀧川政次郎(たきがわ まさじろう 1897年 - 1992年、日本古代史・法制史) 田口卯吉(たぐち うきち 1855年 - 1905年、日本経済史) 竹内理三(たけうち りぞう 1907年 - 1997年、日本古代史・日本中世史) 竹越与三郎(たけこし よさぶろう 1865年 - 1950年、二千五百年史の著者) 田々宮英太郎(たたみや えいたろう 1909年 - 2004年、日本現代史) 田中卓(たなか たかし 1923年 -、日本古代史・法制史) 辻善之助(つじ ぜんのすけ 1877年 - 1955年、日本仏教史) 津田左右吉(つだ そうきち 1873年 - 1961年、日本古代史) 土田直鎮(つちだ なおしげ 1924年 - 1993年、日本古代史) 角田文衞(つのだ ぶんえい 1913年 - 2008年、日本古代史・考古学) 土井忠生(どい ただお 1900年 - 1995年、日本語史) 遠山茂樹(とおやま しげき 1914年 - 2011年、日本近代史) 時枝誠記(ときえだ もとき 1900年 - 1967年、日本語学史) 徳富蘇峰(とくとみ そほう 1863年 - 1957年、「近世日本国民史」) 直木孝次郎(なおき こうじろう 1919年 -、日本古代史) 永原慶二(ながはら けいじ 1922年 - 2004年、日本中世経済史) 中村吉治(なかむら きちじ 1905年 - 1986年、日本社会史・農民史) 服部之総(はっとり しそう 1901年 - 1953年、日本経済史) 林屋辰三郎(はやしや たつさぶろう 1916年 - 1998年、日本中世史) 平泉澄(ひらいずみ きよし 1895年 - 1984年、日本中世史・日本思想史) 藤原彰(ふじわら あきら 1922年 - 2003年、日本近現代史・政治史・軍事史) 洞富雄(ほら とみお 1906年 - 2000年、日本近世史・日本近現代史) 三浦周行(みうら しゅうこう 1871年 - 1931年、日本中世史) 三宅米吉(みやけ よねきち 1860年 - 1929年、日本古代史) 宮地佐一郎(みやじ さいちろう 1924年 - 2005年、日本近世史) 宮本又次(みやもと またじ 1907年 - 1991年、日本経済史・近世商業史) 村尾次郎(むらお じろう 1914年 - 2006年、日本古代史) 森嘉兵衛(もり かへえ 1903年 - 1981年、日本近世経済史) 山路愛山(やまじ あいざん 1864年 - 1917年、伝記・史論) 山田忠雄(やまだ ただお 1916年 - 1996年、日本語史・国語辞書史) 山田俊雄(やまだ としお 1922年 - 2005年、日本語史) 山田英雄(やまだ ひでお 1920年 - 2001年、日本古代史) 山田孝雄(やまだ よしお 1875年 - 1958年、日本語史・日本語学史・日本思想史) 湯沢幸吉郎(ゆざわ こうきちろう 1887年 - 1963年、日本語史) 横井時冬(よこい ときふゆ 1860年 - 1906年、日本商業史・工業史) 東洋史 岩村忍(いわむら しのぶ 1905年 - 1988年、東洋史) 江上波夫(えがみ なみお 1906年 - 2002年、考古学) 岡崎文夫(おかざき ふみお 1888年 - 1950年、東洋史) 貝塚茂樹(かいづか しげき 1904年 - 1987年、東洋史) 加藤繁(かとう しげる/しげし 1880年 - 1946年、東洋史) 桑原隲蔵(くわばら じつぞう 1871年 - 1931年、東洋史) 佐伯富(さえき とみ 1910年 - 2006年、東洋近世史) 幣原坦(しではら たいら/しではら たん 1870年 - 1953年、朝鮮史) 島田虔次(しまだ けんじ 1917年 - 2000年、中国思想史) 白鳥庫吉(しらとり くらきち 1865年 - 1942年、東洋史) 周藤吉之(すどう よしゆき、1906年-1990年、中国史) 田中正俊(たなか まさとし、1922年-2002年、中国史) 谷川道雄(たにがわ みちお 1925年 - 、東洋史) 田村実造(たむら じつぞう 1904年 - 1999年、東洋史) 内藤湖南(ないとう こなん 1866年 - 1934年、東洋史)  那珂通世(なか みちよ 1851年 - 1908年、東洋史) 中江丑吉(なかえ うしきち 1889年-1942年、古代中国政治思想) 那波利貞(なば としさだ 1890年 - 1970年、東洋史) 仁井田陞 (にいだ のぼる 1904年 - 1966年、中国法制史) 西嶋定生(にしじま さだお 1919年 - 1998年、東洋史) 羽田亨(はねだ とおる 1882年 - 1955年、東洋史) 坂野正高(ばんの まさたか、1916年-1985年、中国政治外交史) 日比野丈夫(ひびの たけお 1914年 - 2007年、東洋史) 藤枝晃(ふじえだ あきら 1911年 - 1998年、東洋史) 堀敏一(ほり としかず 1924年 - 2007年、東洋史) 宮崎市定(みやざき いちさだ 1901年 - 1995年、東洋史) 護雅夫(もり まさお 東洋史、トルコ民族史など) 薮内清(やぶうち きよし 1906年 - 2000年、東洋科学史) 山本達郎(やまもと たつお 1910年 - 2001年、東洋史、東南アジア史) 和田清(わだ せい 1890年 - 1963年、東洋史) 山内晋卿(やまのうち しんきょう 1865年 - 1945年、中国仏教史) 西洋史 今井登志喜(いまい としき 1886年-1950年、西洋史) 大類伸(おおるい のぶる、1884年 - 1975年、西洋中世史) 大塚久雄(おおつか ひさお  1907年 - 1996年、近代経済史、大塚史学の創始者) 江口朴郎(えぐち ぼくろう 1911年 - 1989年、西洋近代史) 渓内謙(たにうち ゆずる 1923年-2004年、ロシア/ソ連史) 中屋健一(なかや けんいち、1910年-1987年、アメリカ史) 西村貞二(にしむら ていじ、1913年 - 2004年) 林健太郎(はやし けんたろう、1913年 - 2004年、ドイツ近代史) 秀村欣二(ひでむら きんじ、1912年 - 1997年、古代ローマ史) 増田四郎(ますだ しろう 1908年 - 1997年、西洋経済史) 三笠宮崇仁(みかさのみや たかひと 1915年-、古代オリエント史) 箕作元八(みつくり げんぱち 1862年 - 1919年、西洋史) 村川堅太郎(むらかわ けんたろう、1907年 - 1991年、古代ギリシャ・ローマ史) その他 前嶋信次(まえじま しんじ、1903年 - 1983年、イスラーム史) == 昭和生まれ 日本史 秋本守英(あきもと もりひで 1931年 -、日本文章史) 浅野豊美(あさの とよみ 1964年 -、日本政治外交史) 網野善彦(あみの よしひこ 1928年 - 2004年、日本社会史) 雨宮昭一(あめみや しょういち、1944年 -、日本政治史) 粟屋憲太郎(あわや けんたろう 1944年 -、日本現代史) 家永遵嗣(いえなが じゅんじ 1957年 -、日本中世史) 石井進(いしい すすむ 1931年 - 2001年、日本中世史) 石田千尋(いしだ ちひろ、日本近世史) 磯田道史(いそだ みちふみ 1970年 -、日本近世、近代史、日本社会経済史) 伊藤隆(いとう たかし 1932年 -、日本近現代史) 井上勲(いのうえ いさお 1940年 - 、日本近代史) 井上章一(いのうえ しょういち 1955年 -、日本文化史) 井上寿一(いのうえ としかず  1956年 -、日本近現代史・政治外交史) 今谷明(いまたに あきら 1942年 -、日本中世史) 今西一(いまにし はじめ 1948年 -、日本近代史・部落問題) 上田正昭(うえだ まさあき 1927年 -、日本古代史) 上野秀治(うえの ひではる 1949年 -、日本近世史、大名生活史、華族制度史) 宇高良哲(うだか よしあき 日本近世史) 上横手雅敬(うわよこて まさたか 1931年 -、日本中世政治史) 大江志乃夫(おおえ しのぶ 1928年 -、日本近現代史) 大隅和雄(おおすみ かずお、1932年 -、日本思想史) 太田勝也(おおた かつや、1943年 - 、近世日本史) 大津透(おおつ とおる 1960年 -、日本古代史) 岡田登(おかだ のぼる 1952年 -、日本考古学、日本古代史、神宮史) 岡野友彦(おかの ともひこ 1961年 -、日本中世史、荘園史) 大日方純夫(おびなた すみお 1950年 -、日本近代史) 勝俣鎮夫(かつまた しずお 1934年 -、日本中世史) 仮屋真(かりや しん 1967年 -、日本医療福祉史) 川添裕(かわぞえ ゆう 1956年 - 日本文化史・芸能史) 神田千里(かんだ ちさと 1949年 -、日本中世史) 木坂順一郎(きさか じゅんいちろう 1931年 -、日本現代政治史) 功刀俊洋(くぬぎ としひろ 1954年 - 、日本近現代史・政治史) 黒川高明(くろかわ たかあき 1940年 - 、日本中世政治史・古文書学) 黒住眞(くろずみ まこと 1950年 -、日本思想史) 小池清治(こいけ せいじ 1941年 -、日本語史) 纐纈厚(こうけつ あつし 1951年 -、日本政治史・軍事史) 後藤重巳(ごとう しげみ 1934年 -、日本近世村落史) 小松英雄(こまつ ひでお 1929年 -、日本語史) 小山靖憲(こやま やすのり 1941年 - 2005年、日本中世史) 今野真二(こんの しんじ 1958年 -、日本語史) 佐々木潤之介(ささきじゅんのすけ 1929年 - 2004年、日本近世史) 笹山晴生(ささやま はるお 1932年 -、日本古代史) 佐藤喜代治(さとう きよじ 1912年 - 2003年、日本語史) 佐藤信(さとう まこと 1952年 -、日本古代史) 佐藤能丸(さとう よしまる 1943年 -、近代文化史・思想史・女性史・大学史) 沢山美果子(さわやま みかこ 1951年 -、近世女性史) 七宮涬三(しちのみや けいぞう 1928年 -、日本中世史) 柴田紳一(しばた しんいち 1958年 -、日本近現代史) 季武嘉也(すえたけ よしや 1954年 -、日本近代政治史) 鈴木公雄(すずき きみお、1938年4月28日 - 2004年10月22日、日本貨幣史) 関幸彦(せき ゆきひこ -、日本中世史) 田浦雅徳(たうら まさのり 1953年 -、日本近現代史) 高山倫明(たかやま みちあき、1955年 -、日本語音韻史) 田中彰(たなか あきら 1928年-、日本近代史) 田中圭一(たなか けいいち 1931年 -、日本近世史) 田端宏(たばた ひろし 1933年 -、北海道史(松前藩史や場所請負制)) 東野治之(とうの はるゆき、1946年12月20日 - 、日本古代史) 所功(ところ いさお 1941年 -、日本古代史・法制史) 長井純市(ながい じゅんいち 1956年 -、日本近現代史) 中村政則(なかむら まさのり 1935年 -、日本近現代史) 中村粲(なかむら あきら 1934年 -、日本近代史) 成田龍一(なりた りゅういち 1951年 -、日本近現代史) 西田直敏(にしだ なおとし 1931年 -、日本語史) 野村剛史(のむら たかし 1951年 -、日本語文法史) 萩原延壽(はぎわら のぶとし 1926年 - 2001年、日本近代史) 秦郁彦(はた いくひこ 1932年 -、日本近現代史・軍事史) 浜田敦(はまだ あつし 1913年 - 1996年、日本語史) 速水融(はやみ あきら 1929年 -、日本近世史、歴史人口学) 原剛(はら たけし 1937年-、軍事史) 原秀三郎(はら ひでさぶろう 1934年 -、日本古代史) 坂野潤治(ばんの じゅんじ 1937年 -、日本近代政治史) 平間洋一(ひらま よういち 1933年 -、日本近代外交史・軍事史) 福地惇(ふくち あつし 1945年 -、近代日本史) 藤田覚(ふじた さとる 1946年 -、日本近世史) 古田武彦(ふるた たけひこ 1926年 -、日本思想史・日本古代史) 古田東朔(ふるた とうさく 1925年 -、日本語学史) 松浦光修(まつうら みつのぶ 1959年 -、日本思想史) 松尾尊兌(まつお たかよし 1929年 -、日本近現代史、大正デモクラシー研究) 松尾正人(まつお まさと 1948年 -、日本近代史) 松岡司(まつおか まもる 1943年 -、日本近代史) 松永昌三(まつなが しょうぞう 1932年 -、日本近代思想史) 水谷千秋(みずたに ちあき 1962年-、日本古代史) 三谷太一郎(みたに たいちろう 1936年 -、日本近代政治史) 三谷博(みたに ひろし 1950年 -、日本近代史) 宮崎克則(みやざき かつのり 1959年 -、日本近世史・民衆史) 村井章介(むらい しょうすけ、 1949年 -、日本中世史) 森公章(もり きみゆき、1958年 -、日本古代史) 安岡昭男(やすおか あきお 1927年-、日本近現代史) 山田朗(やまだ あきら 1956年 -、日本近代史) 山室恭子(やまむろ きょうこ 1956年 -、日本近世史) 山本博文(やまもと ひろふみ 1957年 -、日本近世史) 義江彰夫(よしえ あきお 1943年 -、日本中世史) 吉田伸之(よしだ のぶゆき 1947年 -、日本近世史) 吉田裕(よしだ ゆたか 1954年 -、日本近現代史) 吉見義明(よしみ よしあき 1946年 -、日本近現代史) 米谷匡史(よねたに まさふみ 1967年 -、日本思想史) 渡辺寛(わたなべ かん、1943年 -、日本古代史) 渡邊大門(わたなべ だいもん、1967年 -、日本中世史) 東洋史 安部健夫(あべ たけお 東洋史) 新井政美(あらい まさみ、1953年 -、トルコ近代史) 荒川正晴(あらかわ まさはる、1955年 - 、中国史、中央アジア史) 粟屋利江(あわや としえ、1957年 -、南アジア史) 生田滋(いくた しげる、1935年 - 、東南アジア史) 石井米雄(いしい よねお 1929年 - 、東南アジア史) 稲葉一郎(いなばいちろう、東洋史学思想史) 井上久士(いのうえ ひさし 1950年 - 、中国近現代史・日中関係史) 上田信(うえだ まこと、1957年 - 、中国社会史) 臼井佐知子(うすい さちこ、1949年4月 - 、中国史) 大橋一章(おおはし かずあき 1942年-、東洋美術史、日本美術史) 尾形勇(おがた いさむ、1938年-、中国史) 岡田英弘(おかだ ひでひろ 1931年 - 、中国史、満洲史、モンゴル史、日本古代史) 岡本隆司(おかもと たかし、1965年-、中国近代史) 笠原十九司(かさはら とくし 1944年 -、中国近現代史) 辛島昇(からしま のぼる、1933年 - 、南アジア史) 貴志俊彦(きし としひこ、1959年 -, 東アジア史) 岸本美緒(きしもと みお、1952年-、中国史) 北村稔(きたむら みのる、1948年 -, 中国近現代史) 久保亨(くぼ とおる、1953年 - 、中国近現代史) 倉沢愛子(くらさわ あいこ、1946年-、インドネシア史) 黒田明伸(くろだ あきのぶ、1958年-、中国経済史、貨幣史) 小島晋治(こじま しんじ、1928年-、中国近代史) 後藤明(ごとう あきら、1941年-、イスラーム史) 小林登志子(こばやし としこ、1949年 -、古代オリエント史) 小松久男(こまつ ひさお、1951年 - 、中央アジア史) 桜井由躬雄(さくらお ゆみお 1945年 -、東南アジア史) 佐藤公彦(さとう きみひこ、1949年 -、中国近現代史) 佐藤次高(さとう つぎたか、1942年 - 、イスラーム史) 蔀勇造(しとみ ゆうぞう、1946年 - 、イスラーム史) 斯波義信(しば よしのぶ、1930年10月20日 - 、中国史) 杉山正明(すぎやま まさあき 1952年 -、中央ユーラシア史・モンゴル時代史) 田中俊明(たなか としあき、1952年 - 朝鮮古代史) 丹喬二(たん きょうじ 1937年-、中国宋代史) 竺沙雅章(ちくさ まさあき 1930年 -、中国近世史) 礪波護(となみ まもる 1937年 -、中国中世史) 内藤雅雄(ないとう まさお、1940年12月24日 - 、インド史) 長澤和俊(ながさわ かずとし 1928年 -、シルクロード史) 永田雄三(ながた ゆうぞう、1939年 - 、トルコ史) 永積昭(ながづみ あきら、1929年1月20日 - 1987年7月10日、東南アジア史) 中村平治(なかむら へいじ、1931年8月 - 、インド史) 並木頼寿(なみき よりひさ、1948年-2009年、中国史) 二木博史(ふたき ひろし、1951年 - 、モンゴル史) 羽田正(はねだ まさし、1953年-、イスラーム史) 濱下武志(はました たけし、1943年-、東アジア近代史) 林佳世子(はやし かよこ、1958年-、オスマン帝国史) 平野聡(ひらの さとし、1970年-、中国近代史、チベット近代史) 藤井毅(ふじい たけし、1955年 - 、南アジア現代史) 夫馬進(ふま すすむ 1948年 - 、中国近世社会史) 古田元夫(ふるた もとお、1949年-、ベトナム史) 松重充浩(まつしげ みつひろ、1960年-、中国近現代史) 丸川哲史(まるかわ てつし、1963年 -、台湾史) 水島司(みずしま つかさ、1952年-、南アジア史) 溝口雄三(みぞぐち ゆうぞう、1932年-、中国思想史) 村田雄二郎(むらた ゆうじろう、1957年 -、中国近代史) 家島彦一(やじま ひこいち、1939年 - 、イスラーム史) 山内昌之(やまうち まさゆき 1947年 - 、イスラーム史) 山田勝芳(やまだ かつよし、1944年9月-、中国古代史) 山田慶児(やまだ けいじ 1932年 -、東洋科学史) 湯川武(ゆかわ たけし、1941年 - 2014年、中世イスラーム史) 吉川忠夫(よしかわ ただお 1937年 -、中国中世史) 吉澤誠一郎(よしざわ せいいちろう、1968年-、中国近代史) 西洋史 秋田茂(あきた しげる 1958年-、イギリス史) 浅羽良昌(あさば よしまさ、1946年 -、アメリカ経済史) 阿部謹也(あべ きんや 1935年 - 2006年、ドイツ中世史) 有賀夏紀(あるが なつき、1944年 - 、アメリカ社会史) 池上俊一(いけがみ しゅんいち、1956年 - 、西洋中世史) 石井規衛(いしい のりえ、1948年 - 、ロシア現代史) 石田勇治(いしだ ゆうじ 1957年 - 、ドイツ現代史) 伊藤貞夫(いとう さだお、1933年 -、古代ギリシャ史) 伊東孝之(いとう たかゆき 1941年 - 、ポーランド現代史、ドイツ現代史) 井上浩一(いのうえ こういち 1947年- 、ビザンツ帝国史) 井上雅夫(いのうえ まさお、1946年-、中世ドイツ史) 井野瀬久美惠(いのせ くみえ、1958年-、イギリス近代史) 今井宏(いまい ひろし 1930年-2002年、イギリス近代史) 江村洋(えむら ひろし 1941年-、ハプスブルク帝国史) 大久保桂子(おおくぼ けいこ、1955年 - ) 大津留厚(おおつる あつし 1952年-、ハプスブルク帝国史、オーストリア近現代史) 大西晴樹(おおにし はるき、1953年 -、イギリス社会経済史) 梶川伸一(かじかわ しんいち 1949年-、ロシア史) 樺山紘一(かばやま こういち 1941年 - ) 川北稔(かわきた みのる 1940年 - 、イギリス史) 河原温(かわはら あつし、1957年- 、ヨーロッパ中世史) 木畑洋一(きばた よういち 1946年 - 、イギリス現代史) 北原敦(きたはら あつし 1937年 - 、イタリア現代史) 北村暁夫 (きたむら あけお、1959年 - 、イタリア史) 城戸毅(きど たけし、1935年 - 、イギリス中世史) 紀平英作(きひら えいさく 1946年-、アメリカ現代史) 木村尚三郎(きむら しょうさぶろう、1930年 - 2006年、中世フランス史) 木村靖二(きむら せいじ、1943年 - 、ドイツ史) 喜安朗(きやす あきら, 1931年-、フランス近代史) 金七紀男(きんしち のりお、1940年 -、ポルトガル史) 工藤光一(くどう こういち、1958年-、フランス近代史) 熊野聰(くまの さとる、1940年2月 - 、北欧中世史) 栗生澤猛夫(くりうざわ たけお, 1944年-、ロシア史) 小菅信子(こすげ のぶこ 1960年-、近現代史) 後藤春美(ごとう はるみ、1960年-、イギリス現代史、日英関係史) 近藤和彦(こんどう かずひこ、1947年-) 斉藤孝(さいとう たかし 1928年-、スペイン近現代史・国際関係史) 坂井榮八郎(さかい えいはちろう、1935年 -、ドイツ史) 桜井万里子(さくらい まりこ、1943年-、古代ギリシア史) 佐々木孝弘(ささき たかひろ、1954年 - 、アメリカ史) 佐藤彰一(さとう しょういち、1945年 -、フランス中世史) 佐原徹哉(さはら てつや 1963年- バルカン近現代史) 塩川伸明(しおかわ のぶあき 1948年-、ロシア/ソ連史) 篠原琢(しのはら たく、1964年-、チェコ近代史) 芝健介(しば けんすけ、1947年-、ドイツ現代史) 柴宜弘(しば のぶひろ 1946年- 、バルカン近現代史) 柴田三千雄(しばた みちお、1926年-) 柴野均(しばの ひとし、1948年 -、イタリア史) 清水廣一郎(しみず こういちろう、1935年-1988年、イタリア史) 新川健三郎(しんかわ けんざぶろう、1937年 -、アメリカ史) 鈴木茂(すずき しげる、1956年 -、ブラジル史) 高山博(たかやま ひろし、1956年 -、西洋中世史) 武田龍夫(たけだたつお 1928年-、北欧史) 立石博高(たていし ひろたか、1951年 -、スペイン近代史) 谷川稔(たにがわ みのる 1946年-、フランス近代史) 遅塚忠躬(ちづか ただみ、1932年 -、フランス近代史) 千葉敏之(ちば としゆき、1967年 -、ドイツ史) 土肥恒之(どい つねゆき 1947年-、ロシア史) 中井和夫(なかい かずお 1948年-、ウクライナ史) 長田豊臣(ながた とよおみ、1938年 - アメリカ史) 成瀬治(なるせ おさむ、1928年-) 西川正雄(にしかわ まさお、1933年 - 2008年、ドイツ史) 西山克典(にしやま かつのり, 1951年-、ロシア近現代史) 二宮宏之 (にのみや ひろゆき、1932年 - 2006年、フランス史) 能登路雅子(のとじ まさこ、1949年-、アメリカ文化史) 橋場弦(はしば ゆずる、1961年 - 古代ギリシャ史) 長谷川毅(はせがわ つよし、1941年-、ロシア史) 原暉之(はら てるゆき 1942年-、ロシア極東史) 姫岡とし子(ひめおか としこ、1950年 - 、ドイツ社会史、女性史) 平野孝(ひらの たかし、1933年-1992年、アメリカ史) 福井憲彦(ふくい のりひこ, 1946年-、フランス史) 藤沢道郎(ふじさわ みちお、1933年-2001年、イタリア史) 藤本和貴夫(ふじもと わきお、1938年 - 、ロシア史) 堀越孝一(ほりこし こういち、1933年 -、ヨーロッパ中世史) 松里公孝(まつざと きみたか 1960年-、ロシア・ウクライナ史) 松田武(まつだ たけし、 1945年-、アメリカ外交史) 見市雅俊(みいち まさとし、1946年-、イギリス史) 南塚信吾(みなみづか しんご 1942年-、東欧経済史) 三宅正樹 (みやけ まさき, 1934年-、国際政治史) 望田幸男(もちだ ゆきお、1931年- ドイツ近現代史) 本村凌二(もとむら りょうじ 1947年 - 、古代ローマ史) 森谷公俊(もりたに きみとし、1956年-、古代ギリシア・マケドニア史) 山井敏章(やまもい としあき、ドイツ近代経済史) 山本尚志(やまもと たかし、ドイツ現代史) 油井大三郎(ゆい だいざぶろう 1945年-、アメリカ現代史) 和田春樹(わだ はるき 1938年-、ロシア/ソ連史、朝鮮現代史) 渡辺和行(わたなべ かずゆき、1952年 - 、フランス現代史) その他 網野徹哉(あみの てつや、1960年 -、ラテンアメリカ史) 伊東俊太郎(いとう しゅんたろう 1929年-、科学史) 荻野美穂(おぎの みほ、女性史) 加藤博(かとう ひろし、1948年 - 、中東社会経済史) 清水透(しみず とおる 1943年-、ラテンアメリカ社会史) 染田秀藤(そめだ ひでふじ、1944年12月 -、ラテンアメリカ史) 角山栄(つのやま さかえ、1921年11月7日 - 2014年10月15日、経済史) 永積洋子(ながづみ ようこ、1930年10月8日 - 近世貿易史) 保苅実(ほかり みのる 1971年-2004年、オーストラリア史、特にオーストラリア先住民史) 宮崎正勝(みやざき まさかつ、1942年 - ) = 中国の歴史家の一覧 = 司馬遷(しば せん 紀元前145年 - 紀元前86年) 班固(はん こ 32年 - 92年) 陳寿(ちん じゅ 233年 - 297年) 劉知幾(りゅう ちき 661年 - 721年)  杜佑(と ゆう 733年 - 812年) 司馬光(しば こう 1019年 - 1086年) 鄭樵(てい しょう 1104年 - 1162年) 馬端臨(ば たんりん 1254年 - 1323年) 李卓吾(り たくご 1527年 - 1602年) 趙翼(ちょう よく 1727年 - 1812年) 章学誠(しょう がくせい 1738年 - 1801年) 梁啓超(りょう けいちょう 1873年 - 1929年) 陳垣(ちん えん 1880年 - 1971年) 陳寅恪(ちん いんかく 1890年 - 1969年) 胡適(こ せき 1891年 - 1962年) 郭沫若(かく まつじゃく 1892年 - 1978年) ギリシャ・ローマ ヘロドトス(Herodotos ラテン語ほかでは Herodotus 紀元前485年ごろ - 紀元前420年ごろ) トゥキディデス(Thukydides, 紀元前460年頃 - 紀元前395年) クセノポン(Xenophon, 紀元前5世紀末 - 4世紀初頭、生没年不詳) ポリュビオス(Polybios, 紀元前203年 - 120年) コルネリウス・ネポス(Cornelius Nepos,紀元前100年頃-紀元前25年頃) サルスティウス(Sallustius,紀元前86年-紀元前34年頃) フラウィウス・ヨセフス(Flavius Josephus,紀元後35年?- 100年) タキトゥス(Tacitus, 紀元後55年 - 120年) スエトニウス(Suetonius, 紀元後2世紀初頭) カッシウス・ディオ(Cassius Dio Cocceianus, 155年-229年以後) エウセビオス(Eusebios,263年頃-339年5月30日) マルケリヌス・アンミアヌス(Marcellinus Ammianus :325年/330年-391年以後) イスラム圏の歴史家の一覧 イブン・クタイバ(828年-889年) バラーズリー(?-892年) ディーナワリー(? - 895年頃) イラン系 ヤアクービー(? - 897年) タバリー(838年 - 923年) イラン系 マスウーディ(896年 - 956年) シーア派十二イマーム派 ハムザ・イスファハーニー(10世紀) イブン・ハウカル(10世紀) アブー・ライハーン・アル・ビールーニー(973年 - 1048年) イラン系 サアーリビー(961年 - 1038年頃) ミスカワイフ(? - 1030年頃) イラン系 イブン・アスィール(1160年-1233年) アラーウッディーン・アターマリク・ジュヴァイニー(1226年-1283年) ラシードゥッディーン(Rashīd al-Dīn, 1247年 - 1318年) イブン・ハルドゥーン(Ibn Khaldun, 1332年5月27日-1406年3月17日) マクリーズィー(1364年-1442年) イブン・イヤース(1448年6月10日-1524年) キャーティプ・チェレビー(Kâtip Çelebi, 1609年 - 1657年) アル・ジャバルティー(al-Jabarti, 1754年-1825年, 生没年は諸説あり) 西洋(中世・近代以前) トゥールのグレゴリウス(Gregorius Turonensis, 538年-594年11月17日) ベーダ(Beda,Bade,Bæda,673年-735年5月26日) アンナ・コムネナ(1084年-1148年) ニケタス・コニアテス(1150年-1213年) ジョフロワ・ド・ヴィルアルドゥアン(Geoffroi de Villehardouin,1150年頃-1218年頃) ジョヴァンニ・ヴィッラーニ(Giovanni Villani, 1280年頃-1348年) フラ・パオロ・サルピ(Fra Paolo Sarpi, 1552年8月14日-1623年1月7日) 西洋(近代以降) A ジョン・E・アクトン(John Emerich Edward Dalberg-Acton,1st Baron Acton 1834年1月10日 - 1902年6月19日) ペリー・アンダーソン(Perry Anderson 1938年 - ) クリストファー・アンドルー(Christopher Maurice Andrew, 1941年-) デイヴィッド・アーミテイジ(David Armitage、1965年-)B サロー・ウィットメイア・バロン(Salo Wittmayer Baron 1895年5月26日 - 1989年11月15日) ジェフリー・バラクロウ(Geoffrey Barraclough、1908年–1984年) アウグスト・ベック(August BoeckhまたはBöckh、1785年-1867年) マックス・ベア(Max Beer 1864年-1943年) マーティン・バナール(Martin Bernal) ワシーリィ・バルトリド(Vasilii Vladimirovich Bartol'd 1869年-1930年) ジェレミー・ブラック(Jeremy Black、1955年-) マルク・ブロック(Marc Léopold Benjamin Bloch 1886年7月6日-1944年6月16日) フィリップ・ボビット(Philip Chase Bobbitt、1948年7月22日-) フェルナン・ブローデル(Fernand Braudel 1902年8月24日 - 1985年11月27日) ロバート・ブレナー(Robert Paul Brenner、1943年-) ジェームズ・ブライス(James Bryce 1838年5月10日 - 1922年) ヤーコプ・ブルクハルト(Jakob Burekhardt 1818年 - 1897年) ピーター・バーク(Peter Burke、1937年-) ハーバート・バターフィールド(Herbert Butterfield、1900年10月7日-1979年7月20日)C デイヴィッド・キャナダイン(David Cannadine、1950年-) トーマス・カーライル(Thomas Carlyle 1795年 - 1881年) E・H・カー(E. H. Carr [Edward Hallett Carr] 1892年6月28日 - 1982年、ソ連史) アルフレッド・チャンドラー(Alfred DuPont Chandler, Jr., 1918年 - 2007年) リンダ・コリー(Linda Colley、1949年-) ロバート・コンクエスト(Robert Conquest, 1917年7月15日-) アラン・コルバン(Alain Corbin 1936年-) ゴードン・クレイグ(Gordon Alexander Craig、1913年11月13日 – 2005年10月30日) アルフレッド・クロスビー(Alfred W. Crosby 1931年-)D ロバート・ダレック(Robert Dallek、1934年-) ノーマン・デイヴィス(Norman Davies 1939年-) R・W・デイヴィス(Robert William Daives 1925年-) アイザック・ドイッチャー(Isaac Deutscher 1907年 - 1967年) ジョン・ダワー(John W. Dower 1938年 - ) ヨハン・グスタフ・ドロイゼン(Johann Gustav Droysen 1808年 - 1884年)F ニーアル・ファーガソン(Niall Ferguson、1964年-) モーゼス・フィンリー(Sir Moses I. Finley、1912年 - 1986年) フリッツ・フィッシャー(Fritz Fischer、1908年 - 1999年)G ジョン・ルイス・ギャディス(John Lewis Gaddis) ピエトロ・ジャンノーネ(Pietro Gannone 1676年-1748年) ロイド・ガードナー(Lloyd C. Gardner 1934年-) ティモシー・ガートン・アッシュ(Timothy Garton Ash, 1955年-) エドワード・ギボン(Edward Gibbon 1737年 - 1794年) カルロ・ギンズブルグ(Carlo Ginzburg, 1939年 -) ジョージ・ピーボディ・グーチ(George Peabody Gooch 1873年10月21日 - 1968年8月31日) アンドルー・ゴードン(Andrew Gordon, 1952年-) ガブリエル・ゴロデツキー(Gabriel Gorodetsky、1945年5月13日-、) ジョン・リチャード・グリーン(John Richard Green 1837年-1883年) フランソワ・ギゾー(François Pierre Guillaume Guizot 1787年 - 1874年) ハーバート・ガットマン(Herbert Gutman、1928年 - 1985年)H ハリー・ハルトゥーニアン(Harry D. Harootunian、1929年 - ) ベイジル・リデル=ハート(Sir Basil Henry Liddell Hart 1895年10月31日-1970年1月29日) ジョナサン・ハスラム(Jonathan Haslam) フリッツ・ハイヘルハイム(Fritz M. Heichelheim 1901年 - 1968年) ジュディス・ヘリン(Judith Herrin、1942年-) ラウル・ヒルバーグ(Raul Hilberg、1926年 - 2007年) クリストファー・ヒル(Christopher Hill 1912年 - 2003年2月24日) ハリー・ヒンズリー(Francis Harry Hinsley, 1918年11月26日-1998年2月16日) エリック・ホブズボーム(Eric J. Hobsbawm 1917年6月9日 - ) リチャード・ホフスタッター(Richard Hofstadter、1916年8月6日-1970年10月24日) イシュトファン・ホント(István Hont、1947年4月15日 - 2013年3月29日) A・G・ホプキンズ(Anthony G. Hopkins、1938年2月21日-) マイケル・ハワード(Sir Michael Eliot Howard, 1922年-) ヨハン・ホイジンガ (Johan Huizinga 1872年 - 1945年)J ポール・ジョンソン(Paul Johnson 1928年 - ) ジェームズ・ジョル(James Joll 1918年 - 1994年7月12日) トニー・ジャット(Tony Judt、1948年-2010年)K エルンスト・カントーロヴィチ(Ernst Hartwig Kantorowicz, 1895年-1963年) ポール・ケネディ(Paul M. Kennedy 1945年 - ) チャールズ・キンドルバーガー(Charles Porr Kindleberger 1910年 - 2003年7月7日) ヴァシリー・クリュチェフスキー(Vasilii Osipovich Klyuchevskii 1841年1月28日 - 1911年5月25日) ガブリエル・コルコ(Gabriel Kolko, 1932年-)L ウォルター・ラフィーバー(Walter LaFeber, 1933年-) カール・ゴットハルト・ランプレヒト(Karl Gotthard Lamprecht 1856年 - 1915年) ウォルター・ラカー(Walter Zeev Laqueur、1921年-) ジャック・ル・ゴフ(Jacques Le Goff, 1924年1月1日 - ) ジョルジュ・ルフェーヴル(Georges Lefebvre 1874年 - 1959年) メルヴィン・レフラー (Melvyn P. Leffler, 1945年-) バーナード・ルイス(Bernard Lewis, 1916年5月31日-) ドミニク・リーベン(Dominic Cristoph Bogdan Lieven, 1952年-) ゲイル・ルンデスタッド(Geir Lundestad, 1945年-)M チャールズ・メイヤー(Charles S. Maier、1939年-) マーティン・メイリア(Martin Edward Malia 1924年-2004年) ヴォイチェフ・マストニー(Vojtech Mastny 1936年 - ) アーノ・マイヤー(Arno Joseph Mayer 1926年 - ) ガヴァン・マコーマック(Gavan McCormack) トーマス・J・マコーミック(Thomas J. McCormick) ウィリアム・ハーディー・マクニール(William Hardy McNeill、1917年-) ロイ・メドヴェージェフ(Roy Aleksandrovich Medvedev [Рой Александрович Медведев] 1925年 - ) フリードリヒ・マイネッケ(Friedrich Meinecke, 1862年10月30日 - 1954年2月6日) ジュール・ミシュレ(Jules Michelet, 1798年8月21日 - 1874年2月9日、フランス史) テオドール・モムゼン(Theodor Mommsen 1817年11月30日 - 1903年11月1日) ジョージ・モッセ(George Lachmann Mosse, 1918年9月16日-1999年1月22日)N ノーマン・ナイマーク(Norman M. Naimark、1944年-) ルイス・バーンスタイン・ネイミア(Lewis Bernstein Namier 1888年6月27日 - 1960年8月19日) バルトホルト・ゲオルク・ニーブール(Barthold Georg Niebuhr 1776年 - 1831年) イアン・ニッシュ(Ian Hill Nish 1926年-)P フランティシェク・パラツキー(František Palacký、1798年-1876年) ジェフリー・パーカー(Noel Geoffrey Parker、1943年-) リチャード・パイプス(Richard Pipes, 1923年7月1日-) アンリ・ピレンヌ(Henri Pirenne 1862年 - 1935年) ミハイル・ポクロフスキー(Mikhail Nikolayevich Pokrovsky 1868年 - 1932年) ケネス・ポメランツ(Kenneth L. Pomeranz、1958年 - ) ケネス・パイル(Kenneth B. Pyle、1936年-)R レオポルト・フォン・ランケ(Leopold von Ranke 1795年 - 1886年、近代歴史学の祖) フリードリヒ・フォン・ラウマ-(Friedrich von Raumer 1781年-1873年) アンソニー・リード(Anthony Reid、1939年 - ) エドウィン・O・ライシャワー(Edwin Oldfather Reischauer 1910年10月15日 - 1990年9月1日) デイヴィッド・レイノルズ(David J. Reynolds, 1952年-) ウィルヘルム・ハインリヒ・リール(Wilhelm Heinrich Riehl、1823年 – 1897年) ジェフリー・ロバーツ(Geoffrey Roberts、1952年-) ジョン・ホランド・ローズ(John Holland Rose 1855年-1942年) ミハイル・ロストフツェフ(Michael Rostovtseff 1870年 - 1952年) スティーヴン・ランシマン(Steven Runciman) コンラッド・ラッセル伯爵(Conrad Russell, 5th Earl Russell、1937年 - 2004年)S マイケル・シャラー(Michael Schaller, 1947年-) フリードリヒ・フォン・シラー(Johann Christoph Friedrich von Schiller 1759年11月10日 - 1805年5月9日) アーサー・シュレジンジャー(Arthur Meier Schlesinger, Jr.、1917年10月15日 - 2007年2月28日) ポール・シュローダー(Paul W. Schroeder) ジョン・ロバート・シーリー(Sir John Robert Seeley、1834年-1895年) ジョン・セルデン(John Selden 1584年 - 1654年) ロバート・サーヴィス(Robert John Service、1947年10月29日-) レズリー・スティーヴン(Leslie Stephen 1832年-1904年)T A・J・P・テイラー(A. J. P. Taylor 1906年3月25日 - 1990年9月7日) エドワード・パルマー・トムスン(Edward Palmer Thompson、1924年2月3日 - 1993年8月28日) アーノルド・トインビー(Arnold Toynbee 1852年 - 1883年) アーノルド・J・トインビー(Arnold Joseph Toynbee 1889年 - 1975年) クリストファー・ソーン(Christopher Thorne 1934年 - 1992年) マリア・トドロヴァ(Maria Nikolaeva Todorova、1949年-) ハインリヒ・フォン・トライチュケ(Heinrich von Treitschke 1834年 - 1896年) ヒュー・トレヴァ=ローパー(Hugh Trevor Roper 1914年 - 2003年1月26日)Y ヘンリー・ユール(Henry Yule 1820年-1889年)U アダム・ウラム(Adam Bruno Ulam 1922年 - 2000年3月28日)V ドミトリー・ヴォルコゴーノフ(Dmitri Antonovich Volkogonov [Дмитрий Антонович Волкогонов]、1928年 - 1995年)W ドナルド・キャメロン・ワット(Donald Cameron Watt 1928年 - ) オッド・アルネ・ウェスタッド(Odd Arne Westad, 1960年1月5日-) ウィリアム・A・ウィリアムズ(William Appleman Williams, 1921年-1990年) クリスチャン・ワース(Christian Wirth)Z ハワード・ジン(Howard Zinn, 1922年 - 2010年) 関連項目 歴史 歴史学。
    海外の画家一覧
    『美術家の一覧』より : 美術家の一覧は、主要な美術家の一覧である。なお、イラストレーターおよび絵本作家についてはそれぞれイラストレーター一覧、絵本作家一覧を参照。 西洋の美術家一覧 (19世紀以降についてはアメリカの美術家を含む) ゴシック(国際ゴシック様式含む) チマブーエ ドゥッチョ・ディ・ブオニンセーニャ ジョット・ディ・ボンドーネ シモーネ・マルティーニ ジェンティーレ・ダ・ファブリアーノ ピサネロ ヴィラール・ド・オヌクール 末期ゴシック ヒエロニムス・ボス マティアス・グリューネヴァルト イタリアルネサンス フラ・アンジェリコ マサッチオ パオロ・ウッチェロ ロレンツォ・ギベルティ ドナテッロ サンドロ・ボッティチェッリ ドメニコ・ギルランダイオ ペルジーノ ルカ・シニョレッリ レオナルド・ダ・ヴィンチ ミケランジェロ・ブオナローティ ラファエッロ ピエロ・ディ・コジモ フラ・バルトロメオ コレッジオ マソリーノ アンドレア・デル・サルト ピエロ・デラ・フランチェスカ アントネロ・ダ・メッシーナ パオロ・ヴェロネーゼ ティツィアーノ・ヴェチェッリオ ティントレット ジョヴァンニ・ベリーニ ジェンティーレ・ベリーニ ジョルジョーネ フィリッポ・リッピ アンドレア・マンテーニャ カルロ・クリヴェッリ ヴィットーレ・カルパッチョ ベンヴェヌート・チェッリーニ 北方ルネサンス ヤン・ファン・エイク ロヒール・ファン・デル・ウェイデン ハンス・メムリンク アルブレヒト・デューラー ルーカス・クラナッハ アルブレヒト・アルトドルファー ハンス・ホルバイン マニエリスム パルミジャニーノ ロッソ・フィオレンティーノ ヤコポ・ダ・ポントルモ アーニョロ・ブロンズィーノ ジョルジョ・ヴァザーリ バロック期(17世紀) 17世紀を主な活動期とした美術家をここに分類する。
    海外領土・自治領の一覧
    海外領土・自治領の一覧(かいがいりょうど・じちりょうのいちらん)は、主権国家が領有・実効支配しているものの本国領土の不可分の一部とは見なされない地域(未編入地域)の一覧であり、具体的には以下のような地域である。 海外領土 海外県 自治領本項では飛地や離島であるとか高度な自治を行う地方行政区画を含まない。 ヨーロッパ イギリスの旗 イギリス アクロティリおよびデケリア(イギリス主権基地領域、英軍(陸空)管轄) ジャージー島の旗 ジャージー(王室属領、代官管轄区) ガーンジー島の旗 ガーンジー(王室属領、代官管轄区) - オルダニー島・サーク島・ハーム島はガーンジー島に属すがそれぞれ幅広い自治権を持つ。 マン島の旗 マン島(王室属領)。同島のみ正式な自治体(市町村)を持つ。 ジブラルタルの旗 ジブラルタル - スペインも領有を主張。 デンマークの旗 デンマーク フェロー諸島の旗 フェロー諸島 - 自治領。穏健な独立の動きがあると言われるが、基本的には広範な自治権を付与されている現状に満足する島民が多いとされる。
    海外領土・自治領の旗一覧
    海外領土・自治領の旗一覧(かいがいりょうど・じちりょうのはたいちらん)では、国の一覧に記載されていない海外領土・自治領の一覧 海外領土・自治領の旗を一覧する。
    以下ではアメリカ合衆国の国旗を使用している
    キングマン・リーフ
    ジャーヴィス島
    ベーカー島・ハウランド島
    以下ではオーストラリアの国旗を使用している
    アシュモア・カルティエ諸島
    コーラル・シー諸島
    ハード島とマクドナルド諸島
    以下はスペイン本国領土の一部である
    カナリア諸島
    セウタ
    メリリャ
    ファイル:Flag of the Canary Islands.svg カナリア諸島のカナリア諸島の旗 旗
    台湾については台湾問題を参照。
    以下はチリ本国領土の一部である
    イースター島
    ファン・フェルナンデス諸島

    海外留学
    『留学』より : 留学(りゅうがく)とは、自国以外の国に在留して学術・技芸を学ぶことをいう。広義には自国以外の国に限らない場合もある。留学している人を「留学生」(りゅうがくせい)という。 留学の起源 - 人格完成としての留学 洋の東西を問わず、古来より学問修行や見聞のための人間の移動は盛んに行われており、とりわけ中世における大学の成立と発展は、民族・文化の異なる若者たちの留学に支えられてのものであった。さらにルネサンス以降は、外国留学の教育的意義が強調されるようになり、外国への旅行や留学によって教育は完成するとの考え方がルソーなどによって確立され、留学する層も広がった。 近代化と留学 近代における留学は、欧米では依然として以上のような人格完成を意味していたのに対して、かつての日本など近代化を目指す国にとっては、国を代表して先進の文明を学んでくるといった気負いが加わり、現在の留学のニュアンスにもその名残りが感じられる。
    海外で放送された日本のドラマ
    『日本国外で放送された日本のテレビドラマ』より : この項では、日本国外で放送された日本のドラマについて記す。 日本のテレビドラマを定期的に放送している日本国外のテレビ局 日本資本 NHKワールドテレビ・テレビジャパン・JSTVNHKの国際放送。テレビジャパン、JSTVについては、民放(WOWOW含む)のドラマも一部放送されている。FCI(Fujisankei Communications International)アメリカ合衆国で番組放送を行っている(但し独自チャンネルは持たず、ニューヨーク周辺では地元地上波放送局、ロサンゼルスではケーブルテレビ専門局、ホノルルでは地上波、ケーブルTV両方を通じ放送)フジテレビの現地法人。同局および関西テレビ制作の相当数のドラマが放送されている。 現地資本 緯來日本台(VIDEOLAND JAPAN 台湾)毎週、「富士哈日劇」の枠でフジテレビ・関西テレビ制作ドラマを、「一番偶像劇」枠で日本テレビ・よみうりテレビ系、TBS・MBS系、テレビ朝日・朝日放送系のドラマをそれぞれ放送している。
    海外の劇団一覧
    『日本国外の劇団一覧』より : 日本国外の劇団一覧(にほんこくがいのげきだんいちらん)とは、日本以外に本拠地を置く劇団の一覧である。(アルファベット順) 北アメリカ Category:Theatre in the United Statesも参照 ヒーブルー・アクターズ・ユニオン Hebrew Actors' Union 南アメリカ ヨーロッパ イギリス Category:Theatres in the United Kingdom Opera houses in the United Kingdom Theatres in London アーツ劇場 Arts Theatre:ロンドン Alexandra Theatre, Birmingham Barnfield Theatre Birmingham Hippodrome Birmingham Repertory Theatre Blackfriars Arts Centre Bristol Hippodrome Bristol Old Vic Burton Taylor Theatre Buxton Opera House C venues Contact Theatre Crucible Theatre Derngate The Door Duke's Playhouse The Empire Everyman Theatre Lawrence Batley Theatre Library Theatre Lowry Centre Lyceum Theatre Mac The Met Minack Theatre Neptune Theatre Octagon Theatre, Bolton Old Rep The Oxford Playhouse Palace Theatre, Manchester Palace Theatre, Westcliff-on-Sea, Essex Pavilion Theatre The Playhouse Pleasance The Plough Arts Centre Royal Court Royal Exchange Theatre, Manchester Royal Shakespeare Theatre Royal Theatre Scottish Dance Theatre Stephen Joseph Theatre Sunderland Empire Theatre Royal, Newcastle Theatre Royal, Windsor Unity Theatre, Liverpool Wales Millennium Centre Warwick Arts Centre Watermill Theatre 中央・東欧 イディッシュ劇場 Yiddish theatre(総称:cf.イディッシュ演劇) 国立ユダヤ劇場 State Jewish Theater ブカレスト・イディッシュ・スタジオ劇場 Bucharest Yiddish Studio Theater モスクワ国立ユダヤ劇場 Moscow State Jewish Theater モスクワ芸術座(モスクワ芸術劇場) Moscow Art Theatre アジア (日本を除く) ハビマー(ポーランド > ロシア > イスラエル) オセアニア アフリカ 関連項目 Category:Theatre companies (演劇会社、Category:劇団) Category:Theatrical organizations Category:Theatres (Category:劇場) Category:Theatre schools and training organizations Category:Theatre by country Category:オペラ。
    海外ドラマ一覧
    『テレビドラマの一覧』より : テレビドラマの一覧(テレビドラマのいちらん)は、世界各国のテレビドラマの一覧。Wikipedia内に記事があるものを中心とする。 北アメリカ アメリカ合衆国 カナダ 愛犬ジョージ(1972-1973)ドラマ アボンリーへの道(1990-1996)ドラマ 暗黒の戦士 ハイランダー(1992-1998)アクション/SF/ファンタジー ※カナダ・フランス合作 オーファン・ブラック 暴走遺伝子(2013-2015現在継続中)SF/スリラー 怪奇ゾーンへようこそ (1983-1991) ホラー/アンソロジー 騎馬警官(1994-1999)クライム クロウ 天国への階段(1998-1999) 警察医サイモン・ロック(警察医物語)(1971-1974) コードネーム:エタニティー(2000)SF 恋するハリウッド日記(2005-2009)シットコム コンティニアム CPS特捜班 (2012-) SF コンバット・ホスピタル 戦場救命(1962-1967)メディカル/戦争 ※カナダ・イギリス合作 サンクチュアリ(2008-2010)SF シェルビーの事件ファイル (1996-1998) 児童向けミステリー シナリオライターは君だ!(1997-2002)児童向け ミステリアス・アイランド(1995) 新米刑事モース〜オックスフォード事件簿〜 (2012-) 刑事ドラマ スターロスト宇宙船アーク (1973-1974) SF チャーリー・ジェイド(2005)SF ※カナダ・南アフリカ合作 超感覚刑事ザ・センチネル(1996-1999)SF/アドベンチャー ティーンズ救命隊(2000-2001)ティーン トレーラーパークボーイズ(2001-2008)コメディ ドレスデン・ファイル(2007)ファンタジー/ミステリー ニキータ(1997-2001)アクション ハイスクール・ウルフ(1999-2002)ホラー/超常現象/ティーン ブラッド・タイズ(2007-2008)ファンタジーホラー ボルジア家 愛と欲望の教皇一族(2011-2013)歴史 ※カナダ・ハンガリー・アイルランド合作 マードック・ミステリー 〜刑事マードックの捜査ファイル〜(2008-2015現在継続中)刑事ドラマ ミステリー・グースバンプス(1995-1998)SF/ファンタジー/ホラー ミステリアス・アイランド (1995) SF/アドベンチャー ミッシング -サイキック捜-査官-(2003-2006)SF/クライム ※カナダ・アメリカ合作 名犬ファング(1993)ドラマ ※カナダ・フランス合作 名犬ロッキー(1979-1985)ドラマ 名犬ロンドン物語(1979-1985)アニマル/アドベンチャー メントーズ(1999-2002)ファンタジー ライフwithデレク(2005-2009)シットコム リ・ジェネシス バイオ犯罪捜査班(2004-2008)クライム リース 奪われた王国(2009-2010)ファンタジー リスナー 心を読む青い瞳(2009-2015現在継続中)SF/ドラマ レリックハンター〜秘宝を探せ(1999-2002)ミステリ/ファンタジー/アドベンチャー アジア 日本 大韓民国 台湾(中華民国) 中華人民共和国 走向共和 劉邦と項羽 康熙王朝 三国演義 記憶の証明 香港 還珠姫〜プリンセスのつくりかた〜 射鵰英雄伝 新・上海グランド 我來自潮州 シンガポール 君を守りたい チェイス〜恋はあせらず〜 陽光列車 恋恋水園 ヨーロッパ イギリス IDクライム(2010)クライム(犯罪) 悪魔の異形 (1980) ホラー アブソリュートリー・ファビュラス(1992-2012)コメディ Yes?No?ワケあり男女のルームシェア(2006-2014現在継続中)コメディ ウィリアム・テル (1957) 冒険 ウェイキング・ザ・デッド 迷宮事件特捜班(2000-2008)クライム ヴェラ〜信念の女警部〜(2011-)刑事ドラマ 宇宙船レッド・ドワーフ号(1988-1999)SF(サイエンス・フィクション)/コメディ エキストラ:スターに近づけ!(2005-2007)コメディ S.A.S. 英国特殊部隊(2002-2008)アクション エスケープ・アーティスト 無罪請負人(2013)サスペンス MI-5 英国機密諜報部(2002-2011)スパイ おーい、ミッチェル! はーい、ウェッブ!!(2006-2010)コメディ オーソン・ウェルズ劇場 (1973-1974) ミステリー おしゃれ(秘)探偵(1961-1969)スパイ/ファンタジー 海賊船サルタナ (1956-1957) 冒険 海底大戦争 スティングレイ(1962)人形劇 華麗な刑事デンプシー&メイクピース(1984-1986)刑事ドラマ 華麗なるペテン師たち(2004-2012)クライム/コメディ キケンな女刑事 バック・トゥ・80's(2008-2010)SF/刑事 奇術探偵ジョナサン・クリーク(1997-2004)ミステリー ギデオン警部 非情の街 (1965-1966) クライムドラマ キャプテン・スカーレット(1967-1968)SF特撮人形劇 キャプテン・ドレーク (1961-1962) 冒険 禁断の関係 愛と憎しみのブーケ(2010) 銀髪の狼 (1967-1968) スパイ/アクション 黒馬物語(1972-1974)児童向け ケース・センシティブ 静かなる殺人 (2011-2012) ミステリー 警察犬アイバン (1962) ドラマ 刑事ジョン・ルーサー(2010-2013)刑事ドラマ 刑事ヴァランダー(2008-2014現在継続中)刑事ドラマ 刑事フォイル(2002-)ミステリー 剣士モンテ・クリスト (1956) 冒険 国際非常線 (1959-1960) 警察 孤高の警部 ジョージ・ジェントリー(2007-)刑事 この私、クラウディウス(1976)歴史 コルディッツ大脱走(1972-1974)ミリタリー コロネーション・ストリート (1960-2014現在継続中) ソープオペラ The Office(2001-2003)コメディ ザ・スケッチショー(2001-2004)コメディ THE TUDORS〜背徳の王冠〜(2007-2010)歴史ドラマ(アメリカ・イギリス・カナダ・アイルランド合作) ザ・バロン (バロン登場)(1965)スパイ THE FALL 警視ステラ・ギブソン(2013-継続中)クライム 作家探偵ジェイソン・キング (1971-1972) アクションアドベンチャー サンダーバード(1965-1966)人形劇 CI-5:ニュー・プロフェッショナル (1999) スパイアクション 時空刑事1973 LIFE ON MARS(2006-2007)SF シャーロック・ホームズの冒険(1984-1994)ミステリー SHERLOCK(シャーロック)(2010-2015現在継続中)ミステリー シャドウ・ライン(2011)ドラマ 修道士カドフェル(1994-1998)ミステリー 自由の剣 (1958-1961) 冒険 主任警部アラン・バンクス (2010-) 刑事 ジュリエット・ブラヴォー (1980-1985) ミステリー ジョー90(1968)人形劇 私立探偵 ジャクソン・ブロディ (2011-2013) 刑事 Silk 王室弁護士マーサ・コステロ(2011-2014)法廷 人生短し… (2011-2013) シットコム シン・ブルー・ライン(1995-1996)コメディ 心理探偵フィッツ(1993-1995)ミステリー スケッチ怪人百面相! (1997-2001) コメディ ストライク・バック:極秘ミッション(2011-2013現在継続中)アクション スペース1999(1975)SF スペースド(1999-2001)コメディ 政治家の妻(1995) 生存者たち(2008-2010)サスペンス セイント 天国野郎(1962-1969)ミステリー/スパイ 世界を駆ける男 (1962-1963) 犯罪/ドラマ SEXとアートと美しき男たち (2009) ドラマ セルフリッジ 英国百貨店 (2013) ゼロ・ワン (1962-1965) サスペンス 捜査官アレン (1993-1994) ミステリー 捜査官クリーガン(1997) 空飛べ!キャットウィーズル (1970) 冒険/子供向け 第一容疑者(1991-2006)刑事ドラマ 第三の男 (1959-1965) ドラマ ダウントン・アビー(2010-2015現在継続中) ダルジール警視(1996-2007)刑事 探偵ストレンジ (1969-1970) スパイ/アクション ダンディ2 華麗な冒険(1971-1972)冒険 地球防衛軍テラホークス(1983-1984)人形劇 ディック・フランシス・ミステリー (1979-1980) 電撃スパイ作戦(1968-1969)スパイ テンプラーの華麗な冒険(1978-1979)冒険 透明人間 (1958-1959) SF 特捜班CI☆5(1977-1983)刑事ドラマ ドクター・フー(1963-1989,2005-2015現在継続中)SF ドラマ・バグズ〜ハイテクスパイ大作戦(1995-1999)スパイ 謎の円盤UFO(1970-1971)SF/特撮 脳外科医モンロー (2011-2012) メディカルドラマ ニュー・トリックス〜退職デカの事件簿〜(2003-2015現在継続中)コメディ/刑事 バーナビー警部(1997-2013現在継続中)刑事 ハイっ、こちらIT課!(2006-2013)コメディ 花のスチュワーデス(1971)ドラマ パパはスパイ (2011-2012) コメディ 反撃のレスキュー・ミッション (2010) アクション 犯罪捜査官アナ・トラヴィス (2009) 判事ディード 法の聖域 (2001-2007) ドラマ HUNTED/ハンテッド (2012) アクション/ドラマ ビーイング・ヒューマン(2008-2013)ホラー ピープ・ショー ボクたち妄想族(2003-2015現在継続中)コメディ 秘密情報部トーチウッド(2006-2011)SF 秘密指令(タイトロープ)(1959-1960)クライム/ドラマ 秘密指令S(特命捜査官キング)(1969)スパイ 秘密命令(秘密諜報員ジョン・ドレイク)(1960-1968)スパイ フォルティ・タワーズ(1975-1979)コメディ プライミーバル(2007-2011)SF ブラックアダー(1983-1989)コメディ プリズナーNo.6(1967-1968)スパイ ブロードチャーチ〜殺意の町〜 (2013-) クライム/ドラマ プロジェクトU.F.O. (1978-1979) SF/ミステリー フロスト警部(1992-2010)刑事ドラマ プロテクター電光石火 (華麗なる諜報)(1972)スパイ ホーンブロワー 海の勇者(1998-2003)ドラマ 法医学捜査班 silent witness(1999-2014現在継続中) ホテル・バビロン(2006-2009)ドラマ 炎の英雄シャープ (1993-2008) 歴史ドラマ ボルディマン(1995)コメディ マーニーと魔法の書 (2004-2005) 児童向けファンタジー マイ・マッド・ファット・ダイアリー (2013-) コメディ 魔術師 MERLIN(2008-2012)ファンタジー マスケティアーズ/三銃士 (2014-) ドラマ マットとデヴィッド ボクたち空港なう。
    海外サッカー板
    2ちゃんねる掲示板=海外サッカー板
    愛称=-
    カテゴリ名=球技
    サーバー名=schiphol
    フォルダ名=football
    書き込み数=-
    書き込み数の時点=-
    関連板名=国内サッカー板日本代表蹴球板ワールドカップ板アンチ球団板
    開設日=-
    開設理由=-
    名無しの名前=
    ID制度=強制ID携帯/PC識別符号表示
    海外サッカー板(かいがいサッカーいた)は匿名掲示板2ちゃんねるの板の一つ。正式名称は「海外サッカー@2ちゃんねる」である。
    海外(日本国外)のサッカーについて語る板である。主にそれぞれの海外クラブについて語るスレッドや、海外の選手、海外でプレーする日本人を応援するスレッドが存在する。
    かつてはサッカー板として現在の国内サッカー板などと統一されていたが、人の急激な増加により2001年に日本代表板+海外サッカー板板メニューでは蹴球代表海外であったとして分離された。その名の通り当初は日本代表ネタも扱っていた。2002年のワールドカップ板設立に伴い、現在の板名となる。

    海外で活躍する日本の中古鉄道車両
    『日本から国外に譲渡された中古鉄道車両』より : 日本から国外に譲渡された中古鉄道車両では、かつて日本国内で使用され、日本国外に譲渡された鉄道車両を紹介する。
    日本国内で使用した車両、いわゆる廃車車両を諸外国にて再利用するいわゆる「リサイクル」活用目的で使用している。これは自動車に見られる傾向と同じである。
    これまでは1993年にサハリン州 サハリン鉄道へ譲渡した国鉄キハ58系気動車 キハ58系気動車や、1997年にタイ王国 タイ国鉄へ譲渡した国鉄12系客車 12系などの例がある。
    電車では、アルゼンチンへ1995年に元営団東京地下鉄丸ノ内線 丸ノ内線の営団500形電車 500形と1999年に元名古屋市交通局名古屋市営地下鉄東山線 東山線の名古屋市交通局250形電車 250形と名古屋市交通局300形電車 300形が譲渡されたり、インドネシアPT.KAIへ1999年に元都営地下鉄三田線 都営三田線東京都交通局6000形電車 (鉄道) 6000形電車、2004年にJR国鉄103系電車 103系、2005年に東急東急8000系電車 8000系が譲渡されている。

    海外ドラマ
    海外ドラマ(かいがいドラマ)は、日本において、日本以外で製作されたテレビドラマ、ラジオドラマを指す言葉である。 現在はビデオグラム(レンタル・セルビデオ)のほか、作品によっては地上テレビ放送、衛星放送、ケーブルテレビ、ビデオ・オン・デマンド、ネット配信で視聴することができる。 ハリウッドでは米国内時差の関係でテレビ最初期からフィルムによるドラマ撮影が主流であったためフィルムへのこだわりが強く、現在でもデジタル撮影の際にフィルム相当の画質で撮影され放送されている。昔のハリウッド製ドラマの多くがよい状態で保存されているのはほとんどがフィルムによって撮影されていたためでもある。 世界各国のテレビドラマのリストについては、テレビドラマの一覧を参照。 1950年代 - 1960年代 この頃の日本の放送業界はまだコンテンツが非常に少なく、アメリカで製作されたテレビドラマを大量に輸入しており、当時は「外国テレビ映画」と呼ばれていた海外のドラマ作品が数多く放送されている。
    海外宝くじ
    海外宝くじ(かいがい たからくじ)とは、自国以外で発行されている宝くじの総称である。外国宝くじともいう。 宝くじは多くの国において発行されているが、通信手段の発達と送金手段の多様化により購入代行ビジネスが活発化し、発行国に赴くことなく世界各国の宝くじを購入することが容易となっている。 特に、日本国外の宝くじについては、賞金の上限規定がないこと、日本の宝くじよりも払い戻し率が高いケースが多いことや、数字選択式のもの(イタリアの「スーパーエナロット」のように、日本のロト6よりも数字の組み合わせや範囲が多い)ではキャリーオーバーが積み重なった結果、日本円で数十億円から百億円以上に達する賞金の当選、あるいは当選の可能性が時折報じられる。
    海外リーグに所属する日本人サッカー選手一覧
    『日本国外のリーグに所属する日本人サッカー選手一覧』より : この項目は現在および過去に日本国外のサッカーリーグに所属した日本人サッカー選手の一覧である。 AFC(アジア) アラブ首長国連邦 インド インドネシア ウズベキスタン オーストラリア 韓国 カンボジア グアム シンガポール スリランカ タイ 中国 ネパール バーレーン バングラデシュ フィリピン ブータン ブルネイ ベトナム 香港 現在所属する選手 中村祐人 地下浩多 福田健二 吉武剛リーグ構成参照 マカオ マレーシア ミャンマー モルディブ モンゴル ラオス CAF(アフリカ) ウガンダ カメルーン ザンビア マラウイ 南アフリカ共和国 CONCACAF(北中米カリブ海) アメリカ合衆国 各リーグの位置づけについてはアメリカ国内サッカーリーグの分類参照 エルサルバドル カナダ グアテマラ トリニダード・トバゴ ニカラグア プエルトリコ メキシコ CONMEBOL(南米) アルゼンチン ウルグアイ エクアドル コロンビア チリ パラグアイ ブラジル ベネズエラ ペルー ボリビア OFC(オセアニア) サモア ニュージーランド パプアニューギニア UEFA(ヨーロッパ) アイルランド アルバニア 2015年7月25日編集 イタリア イングランド ウクライナ エストニア オーストリア 2015年8月1日編集 オランダ 2016年2月20日編集 カザフスタン キプロス ギリシャ クロアチア スイス スウェーデン スコットランド スペイン スロバキア スロベニア セルビア チェコ デンマーク ドイツ トルコ 2015年9月1日編集 ノルウェー ハンガリー フィンランド 2016年4月19日編集 フランス ブルガリア ベラルーシ ベルギー 2015年9月15日編集 ポーランド ボスニア・ヘルツェゴビナ ポルトガル マケドニア 2015年9月16日編集 マルタ モルドバ モンテネグロ 2015年9月15日編集 ラトビア リトアニア ルーマニア 2015年8月16日編集 ロシア 関連項目 日本のサッカー選手一覧 世界のサッカー 外部リンク SOCCER TRANSITION - Made In Japan Europe main 脚注・出典 ==。
    海外旅行
    海外旅行(かいがいりょこう)とは、外国(国外)を目的地とする旅行のこと。 日本は島国であり、日本人が国外へ行くには海を越える必要があるため、日本では、外国への旅行に関してこのように表現するのが一般的となっている。世界において、例えば英語では、日本における表現と類似したoverseas travelのほか、international travel(国際旅行)、traveling abroad(外国旅行)などが、海外旅行に相当する表現となる。旅行者の国籍または居住地を基準とした場合、国内を目的地とする国内旅行が対義語となる。また、国境における出入国の向きを基準とした場合、海外旅行はアウトバウンド旅行に相当するため、対義語はインバウンド旅行となる。 ここでは主に日本における海外旅行を記述する。 日本の海外旅行の歴史 海外旅行者第1号は幕末のジョン万次郎ではないかといわれている。正式には日本が近代国家として成立した明治時代以降になるが、いずれにしても一般市民には観光を目的とした海外旅行は無縁であった。
    海外現代音楽特集
    『海外現代音楽特集』(かいがい げんだいおんがく とくしゅう)は、NHK-FM放送で年2回放送されている現代音楽のラジオ番組である。 放送期間は毎年4月と10月のいずれかの週で、月曜日から金曜日までの5回連続放送。NHK-FMの番組『ベストオブクラシック』(月 - 金 19:20 - 21:00)の枠内で特集として放送される。 なお、放送期間の途中でNHK交響楽団の定期演奏会の中継などが挟まると、放送回数が少なくなる。また、月がずれることもあり、通年より1ヶ月以上も遅れて放送することもある。 以前は『海外20世紀ライブ』という番組名だったが、21世紀に入った2001年より『現代音楽特集』となり、その後『海外現代音楽』となった。現在は『海外の現代音楽祭より』というタイトルになっている。 解説を近藤譲が長い期間務め、世界のさまざまな傾向の現代音楽を幅広く取り上げた。 その後2000年より、猿谷紀郎に変わったが、猿谷の取り上げた放送内容は調性的な志向の強い音楽にやや偏り気味であった。
    海外20世紀ライブ
    『海外現代音楽特集』より : 『海外現代音楽特集』(かいがい げんだいおんがく とくしゅう)は、NHK-FM放送で年2回放送されている現代音楽のラジオ番組である。 放送期間は毎年4月と10月のいずれかの週で、月曜日から金曜日までの5回連続放送。NHK-FMの番組『ベストオブクラシック』(月 - 金 19:20 - 21:00)の枠内で特集として放送される。 なお、放送期間の途中でNHK交響楽団の定期演奏会の中継などが挟まると、放送回数が少なくなる。また、月がずれることもあり、通年より1ヶ月以上も遅れて放送することもある。 以前は『海外20世紀ライブ』という番組名だったが、21世紀に入った2001年より『現代音楽特集』となり、その後『海外現代音楽』となった。現在は『海外の現代音楽祭より』というタイトルになっている。 解説を近藤譲が長い期間務め、世界のさまざまな傾向の現代音楽を幅広く取り上げた。 その後2000年より、猿谷紀郎に変わったが、猿谷の取り上げた放送内容は調性的な志向の強い音楽にやや偏り気味であった。
    海外の映画スタッフ一覧
    『映画スタッフ一覧』より : 映画スタッフ一覧では、映画スタッフを挙げる。 脚本家 荒井晴彦 一色伸幸 伊藤和典 奥寺佐渡子 笠原和夫 (脚本家) 宮藤官九郎 剣持亘 高橋洋 田中陽造 内藤忠司 福田靖 森岡利行 高須光聖 デビッド・コープ カメラマン(または撮影監督) 芦澤明子 安藤庄平 石井勲 伊東英男 猪本雅三 木村大作 佐々木原保志 篠田昇 柴主高秀 鈴木一博 仙元誠三 高瀬比呂志 高間賢治 高村倉太郎 たむらまさき 萩原泉 浜田毅 姫田真佐久 前田米造 栢野直樹 林淳一郎 釘宮慎治 ゴードン・ウィリス ディーン・カンディ レオン・シャムロイ ヴィットリオ・ストラーロ マイケル・チャップマン クリストファー・ドイル オズワルド・モリス スヴェン・ニクヴィスト 照明 吉角荘介 長田達也 録音技師 橋本泰夫 ロン・ジャドキンズ クリス・ニューマン デザイナー(美術) 木村威夫 桜木晶 林田裕至 磯見俊裕 山口修 メイクアップアーティスト クリスティーナ・スミス スタイリスト 黒澤和子 音楽家 梅林茂 大野雄二 冨田勲 久石譲 千住明 伊福部昭 ラロ・シフリン デヴィッド・アーノルド マルコム・アーノルド ジョン・ウィリアムズ ダニー・エルフマン ジェリー・ゴールドスミス エーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルト ハンス・ジマー モーリス・ジャール ハワード・ショア マックス・スタイナー マイケル・ナイマン ランディ・ニューマン バーナード・ハーマン エルマー・バーンスタイン スコット・ブラッドリー マルコ・ベルトラミ ジェームズ・ホーナー ヘンリー・マンシーニ エンニオ・モリコーネ ガブリエル・ヤレド 林強 ミシェル・ルグラン リチャード・ロジャース ニーノ・ロータ プロダクション・デザイナー ユダ・アッコ リック・カーター タイトルデザイナー カイル・クーパー VFXスーパーバイザー デニス・ミューレン ジョン・ノール フィル・ティペット 衣裳デザイナー イーディス・ヘッド 編集技師 ディディ・アレン マイケル・カーン ドン・キャンバーン アン・V・コーツ アーサー・シュミット ピエトロ・スカリア セルマ・スクーンメーカー ラルフ・ドーソン リチャード・マークス ウォルター・マーチ ダニエル・マンデル ウィリアム・A・リオン ウィリアム・H・レイノルズ 関連項目 日本の映画スタッフ一覧。
    海外渡航の自由
    海外渡航の自由(かいがいとこうのじゆう)とは、海外に自由に渡航することができる権利。日本国憲法第22条を根拠として認められる。自由権の一つ。
    海外渡航が何条で保障されているかについて、判例・多数説は日本国憲法第22条2項によるとしている(帆足計事件)が、22条1項とする説(長谷部恭男など)、さらには13条(幸福追求権)の一種とする説もある。
    22条1項の文言「公共の福祉」が人権制約に関し特別の意味を有すると解す公共の福祉論における二元的内在外在制約説をとるならば、海外渡航の自由の根拠を22条1項に求めるか否かは重要な問題となる。しかしそれ以外の場合においては、この議論に実益があるとは言えない。
    海外渡航するにはパスポート(旅券)が必要であるが、旅券法13条1項7号は「著しく、かつ、直接に日本国の利益または公安を害する行為を行うおそれがあると認めるに足りる相当の理由がある者」に対し、外務大臣 (日本) 外務大臣が(法務大臣と協議の上)旅券発給を拒否できると規定している。

    当サイト全体から「海外」に関するページを抽出しました。
    海外に関する知恵袋-質問集
    海外に関する最新ニュース
    海外に関する教えてGOO-質問集
    20/02/25
    海外旅行でチェックインまでの時間→見る
    20/02/25
    2つ目の端末でラインモバイルの申し込みをしたのですが設定をうっかり忘れたまま海外旅行に...→見る
    20/02/25
    スピニングリールについて教えて下さい。→見る
    20/02/25
    海外はバイクに乗っているだけで職務質問にあうの?→見る
    20/02/25
    男性で中性的な名前の方いますか? お腹の赤ちゃんに中性的な名前をつけたいのですが、嫌な...→見る
    20/02/25
    hisのキャンセルサポート使って コロナの影響でヨーロッパ旅行キャンセルしたいと思ってます...→見る
    20/02/25
    新しいフルフェイスの ヘルメットを ネットで 買いました 古いフルフェイスの ヘルメットを ...→見る
    20/02/25
    アメリカの刑事裁判は陪審制で半数近くが無罪になるの?→見る
    20/02/25
    LINEの電話って40分くらい電話しても無料ですか?!→見る
    20/02/25
    ウインドーズのcドライブをクリックするとc:¥○○となってます。¥とはなんでしょうか、よ...→見る
    海外に関する人力検索-質問集
    海外に関するナレッジ知識-質問集
    海外に関するtwitterつぶやき
    海外に関するブログサイト
    海外に関する最新書籍一覧
    海外に関する動画コンテンツ
キャッシング比較/ FX比較/ クレジットカード比較/ キャッシング申込み/ カードローン比較/ ETCカード比較/ レディースローン申込み/ 宅建過去問題/ マンション管理士過去問題/ 管理業務主任者過去問題/ ネット証券比較/ 目的ローン申込み/ 担保ローン申込み/ 住宅ローン申込み/ おまとめローン申込み/ 事業者ローン申込み/ 学生ローン申込み/ レディースローン申込み/ 女性R&B/ 賃貸マンション/ ビジネス板/ キャッシング キャンペーン/ ローン キャンペーン/ FX キャンペーン/ ネット証券 キャンペーン/ クレジットカード キャンペーン/ ETCカード キャンペーン/ キャッシング最新情報/ カードローン最新情報/ ETCカード特典/ クレジットカード特典/ FXビギナー/ ネット証券ビギナー/ 手形割引比較/ レディースキャッシング比較/ 主婦ローン比較/