タグ : 記念

FXCMジャパン、ホームページや各種取引システムが中国語に対応

  • FXCMジャパン、ホームページや各種取引システムが中国語に対応に関する記事・解説はこちら 
    2010年11月29日 at 8:00 PM
  • 記念に関するWikipedia情報
    記念
    記念(きねん)とは、あとの思い出として何かを残しておくもの、あるいはそれによって残されたものである。 主な記念の対象 誕生日 最も代表的な記念は誕生日であろう。誕生日を迎えるたびに祝うことを文化とする国は多い。 建物や国、団体などについては、いわば「誕生年」という形で「○周年」を記念してパーティーやイベント・式典・祭りなどを行う場合がある。5周年、10周年、50周年、100周年など、切りの良い数を節目に行われるのが一般的である。 回数 テーマパークの入場者数やウェブサイトのアクセス数なども、「記念」の対象となりうる。また、定例的に行われる大会や競技会などでは、一定の回数に達すると「記念大会」が行われることがある。 ある集団に含まれる項目数 ある団体の会員数など、とある集合に含まれる項目数も記念の対象となりうる。 ウィキペディアの記事数なども、記念すべき項目の一つである。Wikipedia:発表では、記事数が切りのよい数を達成するたびにその旨を告知している。
    記念乗車券
    『乗車券』より : 乗車券(じょうしゃけん)は、一般に旅客運送契約に基づき運送を請求することのできる権利を証明又は表章する(交通機関を利用するための)証券をいう。 乗車券は主に鉄道や路線バスなどの陸上公共交通機関で使われる用語で、船の場合には乗船券(じょうせんけん)、航空会社の場合には航空券(こうくうけん)という。なお、JRの連絡船の切符は「鉄道網と一体の輸送機関」という位置づけから航路でありながら鉄道の乗車券として扱われ、「乗船券」とは呼ばれない。 旅行会社ではJRの乗車券類(「JR券」)と航空券以外のものを総称して「船車券」(せんしゃけん)と呼ぶこともある。 陸上交通機関 旅客や貨物の運送に対して、交通機関との間に契約を結び、運賃を支払うことによって発行される。個々の旅客運送契約によるのではなく、一括してプリペイドカード(乗車カード)等による場合もある。この場合、乗車券を購入せずに交通機関を利用することができる。 運送中は、携帯が義務付けられ、係員が提示を求めた際には、提示する義務を負う。 鉄道 日本の鉄道の場合、「乗車券」は普通列車の普通車自由席を利用する運送(普通運賃)のためのものであり、急行列車や特別車両などを利用するための特別急行券・急行券・グリーン券・寝台券などの「特別車室券」等(いわゆる「料金券」)と区別される。
    記念艦三笠
    『三笠 (戦艦)』より : 三笠(みかさ)は、大日本帝国海軍の戦艦で、敷島型戦艦の四番艦。奈良県にある三笠山(若草山)にちなんで命名された。船籍港は京都府舞鶴市の舞鶴港。同型艦に敷島、初瀬、朝日。1904年(明治37年)からの日露戦争では連合艦隊旗艦を務め、連合艦隊司令長官の東郷平八郎大将らが座乗した。現在は防衛省が所管し神奈川県横須賀市の三笠公園に記念艦として保存され、現存している。 建造 日清戦争後、ロシア帝国に対抗するために日本海軍は軍拡を進めた。その中で『六六艦隊計画』(戦艦を6隻、装甲巡洋艦を6隻配備する計画)の一環、その最終艦として三笠はイギリスのヴィッカースに発注され建造された。 1899年(明治32年)1月24日バロー=イン=ファーネス造船所で起工。1900年(明治33年)11月8日進水。1902年(明治35年)1月15日から20日まで公試が行われ、3月1日サウサンプトンで日本海軍への引渡し式が行われた。建造費用は船体が88万ポンド、兵器が32万ポンドであった。 3月13日、イギリス、プリマスを出港しスエズ運河経由で5月18日横須賀に到着した。
    記念貨幣
    記念貨幣(きねんかへい)とは、世界各国で国家的な出来事を記念して発行される貨幣であるが、特に出来事を記念しなくても、シリーズ貨幣として文化遺産や野生動物等を主題とするものもある。多くが硬貨だが、紙幣で発行される場合もある。記念通貨(きねんつうか)ともいい、特に硬貨の場合は記念硬貨、記念コイン、紙幣の場合は記念紙幣ともいう。 記念貨幣を最初に発行した国家はローマ帝国である。ローマ帝国では戦勝記念の貨幣を度々発行しており、従属することになった被征服者を象徴的に表すことでローマの権威を誇示するプロパガンダの目的があった。また貨幣には多くの場合皇帝や国王の肖像が刻まれていたが、新しく即位した君主を記念する貨幣が発行されることがあり、それは近世になると多くなった。すなわち新しい君主の肖像を宣伝する意味もあった。 貨幣には通常の流通を目的とする通常貨幣とよばれるものがあるが、近年ではアメリカ合衆国の米国50州25セント硬貨のように通常貨幣とは異なるデザインの硬貨を通常貨幣と同様に流通させる場合もあり、これも記念貨幣とされる。
    記念硬貨
    『記念貨幣』より : 記念貨幣(きねんかへい)とは、世界各国で国家的な出来事を記念して発行される貨幣であるが、特に出来事を記念しなくても、シリーズ貨幣として文化遺産や野生動物等を主題とするものもある。多くが硬貨だが、紙幣で発行される場合もある。記念通貨(きねんつうか)ともいい、特に硬貨の場合は記念硬貨、記念コイン、紙幣の場合は記念紙幣ともいう。 記念貨幣を最初に発行した国家はローマ帝国である。ローマ帝国では戦勝記念の貨幣を度々発行しており、従属することになった被征服者を象徴的に表すことでローマの権威を誇示するプロパガンダの目的があった。また貨幣には多くの場合皇帝や国王の肖像が刻まれていたが、新しく即位した君主を記念する貨幣が発行されることがあり、それは近世になると多くなった。すなわち新しい君主の肖像を宣伝する意味もあった。 貨幣には通常の流通を目的とする通常貨幣とよばれるものがあるが、近年ではアメリカ合衆国の米国50州25セント硬貨のように通常貨幣とは異なるデザインの硬貨を通常貨幣と同様に流通させる場合もあり、これも記念貨幣とされる。
    記念通貨
    『記念貨幣』より : 記念貨幣(きねんかへい)とは、世界各国で国家的な出来事を記念して発行される貨幣であるが、特に出来事を記念しなくても、シリーズ貨幣として文化遺産や野生動物等を主題とするものもある。多くが硬貨だが、紙幣で発行される場合もある。記念通貨(きねんつうか)ともいい、特に硬貨の場合は記念硬貨、記念コイン、紙幣の場合は記念紙幣ともいう。 記念貨幣を最初に発行した国家はローマ帝国である。ローマ帝国では戦勝記念の貨幣を度々発行しており、従属することになった被征服者を象徴的に表すことでローマの権威を誇示するプロパガンダの目的があった。また貨幣には多くの場合皇帝や国王の肖像が刻まれていたが、新しく即位した君主を記念する貨幣が発行されることがあり、それは近世になると多くなった。すなわち新しい君主の肖像を宣伝する意味もあった。 貨幣には通常の流通を目的とする通常貨幣とよばれるものがあるが、近年ではアメリカ合衆国の米国50州25セント硬貨のように通常貨幣とは異なるデザインの硬貨を通常貨幣と同様に流通させる場合もあり、これも記念貨幣とされる。
    記念コイン
    『記念貨幣』より : 記念貨幣(きねんかへい)とは、世界各国で国家的な出来事を記念して発行される貨幣であるが、特に出来事を記念しなくても、シリーズ貨幣として文化遺産や野生動物等を主題とするものもある。多くが硬貨だが、紙幣で発行される場合もある。記念通貨(きねんつうか)ともいい、特に硬貨の場合は記念硬貨、記念コイン、紙幣の場合は記念紙幣ともいう。 記念貨幣を最初に発行した国家はローマ帝国である。ローマ帝国では戦勝記念の貨幣を度々発行しており、従属することになった被征服者を象徴的に表すことでローマの権威を誇示するプロパガンダの目的があった。また貨幣には多くの場合皇帝や国王の肖像が刻まれていたが、新しく即位した君主を記念する貨幣が発行されることがあり、それは近世になると多くなった。すなわち新しい君主の肖像を宣伝する意味もあった。 貨幣には通常の流通を目的とする通常貨幣とよばれるものがあるが、近年ではアメリカ合衆国の米国50州25セント硬貨のように通常貨幣とは異なるデザインの硬貨を通常貨幣と同様に流通させる場合もあり、これも記念貨幣とされる。
    記念切手
    記念切手(きねんきって、英語:Commemorative stamp)とはなんらかの国家的行事を記念して発行される郵便切手である。販売される郵便局や販売期間、枚数に定めのない普通切手とは異なり一定枚数のみ印刷され、場合によっては販売される郵便局や販売期間、郵便に使用できる期間までも制限されるのが特徴である。なお、キャンペーンや文化財の紹介国家的宣伝などの意図をもって発行される切手を収集家は特殊切手(恒例切手と呼ぶ場合もある)と呼称している。ただし、このような呼び分けは日本および中華人民共和国 中国におけるものである。
    世界最初の記念切手は、ペルーが1871年4月に発行した切手である。この切手は、南アメリカ大陸最初の鉄道であるリマ~カヤオ間の鉄道開通20周年とチョリヨスまでの鉄道延伸を記念して発行されたものである。それ以外に以下の切手が最初の記念切手と主張されることもあるが、発行枚数の制限なく大量に使われていたことから一般的には普通切手とみなされている。

    記念章
    記念章(きねんしょう)とは、日本国政府が行う表彰のうち、国家的行事参加者や関係者を対象として賞勲局が所管の法令によって発行する記章。 また、賞勲局以外の官庁が賞勲局所管の法令に依らず、各官庁の設置法及び省・庁令を法的根拠として行う表彰に際して個人に贈られる徽章、或いは地方公共団体、企業、法人その他の団体において記念すべき事柄に際して製作され、関係者に頒布・授与または贈呈される記章の中にも「記念章」の名前が付くものがある。これらの記念章は、制定している機関により形態は様々であるが、主に佩章式、略綬式、バッジ式の形態がとられている。例えば、表彰を受けた自衛官が防衛省制定の防衛記念章を着用する例が見られる。その他、消防関係団体(日本消防協会)の記念行事において吏員・団員に頒布されている他、国体開催時に主催者が出場選手・関係者に頒布・授与するために制定・製作されている。 現在では、永年勤続した地方議会議員やその他、消防吏員・消防団員などへの表彰に際し、表彰機関から授与・贈呈される場合、又は表彰を祝して受彰者の関係者が受彰者への記念品として贈呈する場合もある。
    記念樹 (楽曲)
    Name 記念樹
    Type
    Artist あっぱれ学園生徒一同
    alt Artist *森の木児童合唱団
    ひまわりキッズ
    from Album 「あっぱれさんま大先生」キャンパスソング集
    from Album2 *夏休み冬休み春休み(1993年)
    「あっぱれさんま大先生」キャンパスソング集〜笑顔の季節(1996年)
    Released 1992年12月2日
    Format コンパクトディスク CD
    track_no 10
    Recorded
    Genre 合唱曲、児童歌
    Length
    Writer 天野滋
    Composer 服部克久
    Label ポニーキャニオン
    Producer

    記念印
    記念印(きねんいん)とは、消印のうち記念のために押印される特別通信日付印(とくべつつうしんにっぷいん)のことをさす。 日本では記念印として、特印(特殊通信日付印)、小型印(小型記念通信日付印)、風景印(風景入通信日付印)、初日印(初日用通信日付印)の4種類が存在する。いずれも正規の消印であり郵便局名と日付が表記される。 また、通常の消印と異なり押印をしてもらうためには、郵便局郵便窓口等で希望をする必要がある。 特印 特印(とくいん)・特殊通信日付印(とくしゅつうしんにっぷいん)は、記念・特殊切手の発行時や全国的な記念行事などの際に使用される消印である。直径36mmの消印で、鳶色のインクで押印される。 特印には、機械印(記念押印機用印)と手押し印(手押用印)の2種類がある。 1902年6月20日の万国郵便連合加盟二十五年祝典記念絵葉書発行の際に使用開始となり、1995年3月3日の日本ブラジル修好100年記念切手発行時より機械印の使用が開始された。
    記念日
    記念日(きねんび、英: Anniversary)は、何らかの物事や過去の出来事を記念する日である。広義には週間・月間なども含み、年中行事も含むことがある。国民の祝日も記念日の一種と言える。 種類 記念日には、誕生日・結婚記念日・命日などの個人的な記念日のほか、公的な機関が制定した記念日、地方自治体が自分の地域や特産品などをPRするため・地元で発生した大災害を忘れないよう制定した記念日、企業や商店が商品の販売促進のために制定した記念日などがある。 日付 記念日の日付は、過去に歴史的な出来事があった日とするのが本来の形だが、日本では語呂合わせによるものも数多くある。また、他の年中行事(バレンタインデーに対するチョコレートの日、七夕に対する川の日やゆかたの日など)に相乗りした記念日もある。 また、本来なら相応しい日付があるものの、何らかの理由で都合が悪い場合、全く無関係の日付を記念日とすることもある。例えば自衛隊記念日は、本来なら自衛隊が発足した日の1954年7月1日とすべきところであるが、この時期は台風などの自然災害による自衛隊出動が予想されるため、式典の準備なども考え、この日を避けて11月1日になっている。
    記念樹事件
    記念樹事件(きねんじゅじけん)は、歌曲『どこまでも行こう』の作曲者である小林亜星と、その著作権者(編曲権者)である有限会社金井音楽出版が、楽曲『記念樹』の作曲者である服部克久に対して、『記念樹』が『どこまでも行こう』を無断で編曲したものであることを理由とした著作者人格権(同一性保持権、氏名表示権)侵害および編曲権侵害に基づく損害賠償を求めて1998年(平成10年)に提訴した事件である。 日本の著作権法27条は、著作物(音楽の著作物)を編曲する権利を著作者(作曲家)に専有させているが、「編曲」を定義した規定は存在しない。本事件は、著作権法における「編曲」の意義について、裁判所が解釈を示したことで知られている。 小林亜星は服部克久が作曲した『記念樹』(1992年発表。フジテレビで放送されていた『あっぱれさんま大先生』のエンディング・テーマ)が、小林の作曲した『どこまでも行こう』(1966年発表。ブリヂストンタイヤのCMソング・愛唱歌)の盗作であり、著作権を侵害していると抗議した。服部克久は盗作ではないと主張し、両者の主張が平行線をたどった結果、1998年(平成10年)、『どこまでも行こう』の作曲者である小林と、同曲の著作権者である音楽出版社が、服部に対して損害賠償を請求する訴訟を提起した。
    記念写真
    記念写真(きねんしゃしん)とは、人が何がしかの事柄を記念し、撮影する写真。被写体は人物であるのが一般的。 人が出産、生誕周年、七五三、入園、入学式、卒業式、結婚式、成人式、賀寿など、人生の節目においてハレの場である式典の様子や家族などとともにいる様子を、カメラで撮影し写真として記録することは、カメラの存在が社会で一般的になった近代に至り世界中で一般的に行われている習慣である。こうした機会に撮られた写真をいう。あるいは、旅先や観光地など日常以外の機会にその行為や撮影場所を訪れた記念を記録するために撮られた写真も、一般には記念写真と呼ばれる。 その他、家族、夫婦、恋人などが彼らにしか意味のない何らかの意味を込めて撮る写真もそう呼ばれることがある。これらは他人から見れば何の変哲もない写真と受け取られることも多い。中には、夫婦、恋人などが彼らだけの秘密の写真として公開を前提としないヌード写真などを撮ることがデジタルカメラの普及により、別段珍しいことではなくなった。
    記念誌
    記念誌(きねんし)とは、何らかのエポックを迎えたこと、または周年を迎えたことを記念として作られる本。
    誌面では、写真や発刊者による謝辞を主体に、祝賀の雰囲気や日頃からの感謝の意を表現する。
    発刊者は民間企業、医療法人、学校関係など多岐にわたる。
    生誕○○周年記念(還暦、頌寿、白寿)
    没後○○周年記念
    退官記念
    ○○賞受賞記念
    ○○株式会社○○周年記念
    株式公開記念
    本社竣工記念
    ○○億円達成記念
    販売本数○○記念
    大型物件完成記念
    記念日
    卒業アルバム
    ジャンル別の書物 きねんし

    記念樹
    記念樹(きねんじゅ)
    学校の創立や卒業などを記念して植える木 樹木。
    楽曲のひとつ。天野滋作詞。作曲は服部克久であるが、『どこまでも行こう』の剽窃であるという小林亜星の主張が裁判で認められた。記念樹 (楽曲)を参照。
    1966年にTBSテレビ系列「木下恵介アワー」枠で放送されたドラマ。主題歌も同タイトル。
    楽曲のひとつ。森昌子が歌唱。

    記念・特殊切手
    『』より :
    記念大会
    『』より :
    当サイト全体から「記念」に関するページを抽出しました。
    記念に関する知恵袋-質問集
    記念に関する最新ニュース
    記念に関する教えてGOO-質問集
    19/12/11
    高校の記念行事に寄付をしたいのですがのし袋の表書はなんで書く⁉️ あけさん→見る
    19/12/11
    編集後記の文章を教えてください。→見る
    19/12/10
    1年記念日を迎えるので、彼氏に財布をプレゼントしたいです 年明けに彼氏と付き合って1年に...→見る
    19/12/10
    1年記念日を迎えるので、彼氏に財布をプレゼントしたいです 年明けに彼氏と付き合って1年に...→見る
    19/12/10
    反社会とずぶずぶの安倍政権下では三権分立を棄損して、行政の長が憲法改正できるのですか...→見る
    19/12/10
    最近うつ気味で不登校で社交不安障害という病気に症状が当てはまってることに気がつきまし...→見る
    19/12/10
    21歳女です。 大学病院の口腔外科に通っているのですが 次回が最終診察日です。 ずっと憧れの...→見る
    19/12/10
    記念日もあり、彼女にお揃いのスニーカーをプレゼントしましたが、靴擦れが酷くて履けない...→見る
    19/12/09
    山本太郎は総理大臣になりますか?→見る
    19/12/09
    旦那の誕生日に喧嘩 昨日は旦那の38歳の誕生日でした。 私は旦那に喜んでもらおうと、ずーっ...→見る
    記念に関する人力検索-質問集
    記念に関するナレッジ知識-質問集
    記念に関するtwitterつぶやき
    記念に関するブログサイト
    記念に関する最新書籍一覧
    記念に関する動画コンテンツ
キャッシング比較/ FX比較/ クレジットカード比較/ キャッシング申込み/ カードローン比較/ ETCカード比較/ レディースローン申込み/ 宅建過去問題/ マンション管理士過去問題/ 管理業務主任者過去問題/ ネット証券比較/ 目的ローン申込み/ 担保ローン申込み/ 住宅ローン申込み/ おまとめローン申込み/ 事業者ローン申込み/ 学生ローン申込み/ レディースローン申込み/ 女性R&B/ 賃貸マンション/ ビジネス板/ キャッシング キャンペーン/ ローン キャンペーン/ FX キャンペーン/ ネット証券 キャンペーン/ クレジットカード キャンペーン/ ETCカード キャンペーン/ キャッシング最新情報/ カードローン最新情報/ ETCカード特典/ クレジットカード特典/ FXビギナー/ ネット証券ビギナー/ 手形割引比較/ レディースキャッシング比較/ 主婦ローン比較/