タグ : ドル

2012年5月1日まで「【楽天FX】 ドル/円スプレッド大幅縮小キャンペーン」[楽天証券]

  • 2012年5月1日まで「【楽天FX】 ドル/円スプレッド大幅縮小キャンペーン」[楽天証券]に関する記事・解説はこちら 
    2012年3月11日 at 3:07 PM
  • 2012年4月2日まで「LIONFX豪ドル円取引高キャンペーン!」[LION FX(ライオンFX)]に関する記事・解説はこちら 
    2012年3月7日 at 1:43 AM
  • 2012年4月2日まで「豪ドル円取引で最大3千万円キャッシュバック!」[MATRIX TRADER]に関する記事・解説はこちら 
    2012年3月6日 at 1:32 AM
  • 2012年3月1日まで「豪ドル円取引で最大3千万円キャッシュバック!」[MATRIX TRADER]に関する記事・解説はこちら 
    2012年2月11日 at 10:59 AM
  • 2012年3月1日まで「LIONFX豪ドル円取引高キャンペーン!」[LION FX(ライオンFX)]に関する記事・解説はこちら 
    at 1:23 AM
  • 2012年3月02日まで「米ドル/円 標準0.4銭!豪ドル/円 標準1.4銭!期間限定スプレッド大幅縮小キャンペーン!」[外貨ex]に関する記事・解説はこちら 
    2012年2月8日 at 12:02 AM
  • 2011年11月1日まで「豪ドル円取引で最大3千万円キャッシュバック!」[MATRIX TRADER]に関する記事・解説はこちら 
    2011年10月9日 at 10:46 PM
  • 2011年11月1日まで「LIONFX豪ドル円取引高キャンペーン!」[LION FX(ライオンFX)]に関する記事・解説はこちら 
    at 11:02 AM
  • 2011年10月3日まで「豪ドル円取引で最大3千万円キャッシュバック!」[MATRIX TRADER]に関する記事・解説はこちら 
    2011年9月8日 at 2:24 AM
  • 2011年10月3日まで「LIONFX豪ドル円取引高キャンペーン!」[LION FX(ライオンFX)]に関する記事・解説はこちら 
    2011年9月7日 at 3:03 AM
  • 2011年8月1日まで「LIONFX豪ドル円取引高キャンペーン!」[LION FX(ライオンFX)]に関する記事・解説はこちら 
    2011年7月4日 at 7:00 PM
  • 2011年8月1日まで「豪ドル円取引で最大3千万円キャッシュバック!」[MATRIX TRADER]に関する記事・解説はこちら 
    2011年7月3日 at 5:00 PM
  • 2011年7月1日まで「豪ドル円のお取引で最大3000万円キャッシュバックキャンペーン」[MATRIX TRADER]に関する記事・解説はこちら 
    2011年6月4日 at 7:18 PM
  • 2011年7月1日まで「LIONFX豪ドル円取引高キャンペーン!」[LION FX(ライオンFX)]に関する記事・解説はこちら 
    at 6:14 PM
  • 2011年6月10日まで「豪ドル/円スプレッド1.4銭オーストラリアフェア!」[エースでねらえ!FX]に関する記事・解説はこちら 
    2011年6月2日 at 7:19 AM
  • 2011年5月31日まで「豪ドル/円スプレッド1.4銭オーストラリアフェア!」[エースでねらえ!FX]に関する記事・解説はこちら 
    2011年5月6日 at 12:49 PM
  • 2011年6月1日まで「LIONFX豪ドル円取引高キャンペーン!」[LION FX(ライオンFX)]に関する記事・解説はこちら 
    2011年5月2日 at 4:42 PM
  • 2011年6月1日まで「豪ドル円のお取引で最大3000万円キャッシュバックキャンペーン」[MATRIX TRADER]に関する記事・解説はこちら 
    at 3:10 PM
  • 2011年5月2日まで「ユーロドル円EUR/JPY限定企画最大10万円キャッシュバックキャンペーン」[LION FX(ライオンFX)]に関する記事・解説はこちら 
    2011年4月7日 at 2:00 AM
  • 2011年5月2日まで「豪ドル円AUD/JPY限定企画最大10万円キャッシュバックキャンペーン」[LION FX(ライオンFX)]に関する記事・解説はこちら 
    at 1:00 AM
  • ドルに関するWikipedia情報
    ドル
    ドル(英: dollar)は通貨単位のひとつであり、複数の国で使用されている。記号は$。漢字では、字体の似た「弗」を宛てる。 国の指定がない場合はアメリカ合衆国でのドル(USドル)を指すことが多い。他の国のドルであることを明確に表したい場合は、オーストラリア・ドル、香港ドルのように国名や地名をつける。 ドル(ダラー)という名前は、ドイツで使われた歴史的通貨のターラー (Thaler) から来ている。ターラーは、16世紀にボヘミアのザンクト・ヨアヒムスタール(現在のチェコ・ヤーヒモフ)という銀の鉱山で鋳造されたヨアヒムスターラー (Joachimsthaler) という銀貨の名前が短縮されてターラーと呼ばれるようになったものである。この銀貨は大型で品位も良く、フローリン金貨と等価として扱われたので、絶対量の不足していたフローリン金貨に代わって広く流通した。この品質の高さで知られた銀貨を指すターラーという言葉が良貨の含意で一般名詞化しヨーロッパ各国で通貨名として広まり、アメリカ合衆国他各地においても良貨の意味を込め自国通貨をDollarと呼ぶようになった。
    ドルモン
    『デジモン一覧』より : ドルモンはデジタルモンスターシリーズに登場する架空の生命体・デジタルモンスターの一種。 デジモンペンデュラムXシリーズから登場したデジモン。デジモンクロニクルとDIGITAL MONSTER X-evolutionの二作品で主人公を務めた。シリーズ終了後からの方針転換によってX抗体デジモンの出番が大幅に縮小される中、デジモンアクセルアルティメットゲノムでは隠しキャラとして登場するなど今もなお出現率が高い。 身体の色は青紫で、鼻の周りや手足の先は白くなっている。額の赤いインタフェースとリスを思わせる大きな尻尾が特徴で、人を背中に乗せて不自然にならない体形になっている。ちなみに、デジモンアドベンチャーVテイマー01の主人公のパートナーの初期デザインはこのデジモンと同じく全身毛に覆われていたが、デジモンらしくならないという理由で修正されている。 種族としてのドルモン 開発コード「Digimon OR Unknown-monsters」から名付けられたプロトタイプと推測される獣型デジモン。
    ドルク
    『風の谷のナウシカ』より : ドルク 土鬼(ドルク) - 漫画『風の谷のナウシカ』に登場する諸侯連合。 リュウ・ドルク - テレビアニメ『獣神ライガー』の登場人物。 ドルク・カート - コンピュータRPG『サーク』の登場人物。
    ドルバック
    『特装機兵ドルバック』より : ドルバック ポール=アンリ・ティリ・ドルバック - フランスの思想家。 特装機兵ドルバック - 日本のテレビアニメ。
    ドルアーガの塔
    『ドルアーガの塔』(ドルアーガのとう、The Tower of Druaga)は、1984年7月にナムコ(後のバンダイナムコゲームス)より発表されたアーケードゲームおよびゲームの舞台となった塔の名前。「バビロニアン・キャッスル・サーガ」の第1作。略称は「TOD」。 アクションロールプレイングゲームの草分け的存在である。 本作品のゲームデザインは『ゼビウス』(1983年)でも知られる遠藤雅伸が担当した。プレイヤーは主人公ギルを操作して、悪魔ドルアーガの住まう60階建ての塔を攻略する。基本的には制限時間内に各種のモンスターを倒しつつ、迷路状の各フロア(ステージ)に配置された鍵を取得し、扉を開けて次のフロアに進むことを繰り返す。各フロアにはギルの戦いを有利にするアイテムの入った宝箱も隠されている。最終的な目標は平和のシンボルであるクリスタルロッドの奪回とドルアーガの打倒、そして最上階に囚われている巫女カイの救出である。 ドルアーガを倒しカイを助けるためには、各種のアイテムを取得してギルを強化しなければならない。
    ドルアーガ
    『ドルアーガの塔』より : 『ドルアーガの塔』(ドルアーガのとう、The Tower of Druaga)は、1984年7月にナムコ(後のバンダイナムコゲームス)より発表されたアーケードゲームおよびゲームの舞台となった塔の名前。「バビロニアン・キャッスル・サーガ」の第1作。略称は「TOD」。 アクションロールプレイングゲームの草分け的存在である。 本作品のゲームデザインは『ゼビウス』(1983年)でも知られる遠藤雅伸が担当した。プレイヤーは主人公ギルを操作して、悪魔ドルアーガの住まう60階建ての塔を攻略する。基本的には制限時間内に各種のモンスターを倒しつつ、迷路状の各フロア(ステージ)に配置された鍵を取得し、扉を開けて次のフロアに進むことを繰り返す。各フロアにはギルの戦いを有利にするアイテムの入った宝箱も隠されている。最終的な目標は平和のシンボルであるクリスタルロッドの奪回とドルアーガの打倒、そして最上階に囚われている巫女カイの救出である。 ドルアーガを倒しカイを助けるためには、各種のアイテムを取得してギルを強化しなければならない。
    ドルゴルスレン・ダワグドルジ
    『朝青龍明徳』より : 朝青龍 明徳(あさしょうりゅう あきのり、1980年9月27日 - )は、モンゴル国ウランバートル市出身の元大相撲力士、第68代横綱。現在は実業家、タレント、コメンテーター、評論家、映画俳優、慈善家、モンゴル国レスリング協会会長として多方面に活躍している。本名はドルゴルスレンギーン・ダグワドルジ(モンゴル語キリル文字表記:Долгорсүрэнгийн Дагвадорж、ラテン文字転写:Dolgorsürengiin Dagvadorj )。引退後は、「(元・横綱朝青龍の)ドルゴルスレン・ダグワドルジ氏」と報道等で紹介されることも多い。 入門 15歳でモンゴル相撲を始め、ナーダムの相撲少年の部で優勝した。 1997年に日本の明徳義塾高校に相撲留学し、翌年には同い年で文徳高校のエース内田水と対戦も惨敗喫し翌々年若松親方(当時・現高砂親方。元大関・4代朝潮)によるスカウトにより、高校を中途退学して角界に入門した。(後にモンゴルで取得した単位が認められて2003年9月に卒業した。)入門した際には「目標は旭鷲山関と千代大海関です。
    ドルゴルスレン・ダグワドルジ
    『朝青龍明徳』より : 朝青龍 明徳(あさしょうりゅう あきのり、1980年9月27日 - )は、モンゴル国ウランバートル市出身の元大相撲力士、第68代横綱。現在は実業家、タレント、コメンテーター、評論家、映画俳優、慈善家、モンゴル国レスリング協会会長として多方面に活躍している。本名はドルゴルスレンギーン・ダグワドルジ(モンゴル語キリル文字表記:Долгорсүрэнгийн Дагвадорж、ラテン文字転写:Dolgorsürengiin Dagvadorj )。引退後は、「(元・横綱朝青龍の)ドルゴルスレン・ダグワドルジ氏」と報道等で紹介されることも多い。 入門 15歳でモンゴル相撲を始め、ナーダムの相撲少年の部で優勝した。 1997年に日本の明徳義塾高校に相撲留学し、翌年には同い年で文徳高校のエース内田水と対戦も惨敗喫し翌々年若松親方(当時・現高砂親方。元大関・4代朝潮)によるスカウトにより、高校を中途退学して角界に入門した。(後にモンゴルで取得した単位が認められて2003年9月に卒業した。)入門した際には「目標は旭鷲山関と千代大海関です。
    ドルジ
    『朝青龍明徳』より : ドルジは、チベット語"ドルジェ རྡོ་རྗེ་ rdo rje"に由来する、モンゴル、チベット、ブータン、中央アジア人の男性名。 ドルジは、ダイヤモンド(金剛石)を意味するサンスクリット語”vajra”に対応するチベット語の単語"ドルジェ རྡོ་རྗེ་ rdo rje"に起源をもち、モンゴルでは『「強い」「無敵」を意味し、チベット語では「雷」を意味する語だった」と理解されている語である。サンスクリット語”vajra”を直接モンゴル語にとりれた"オチル"も同義。モンゴル語における意味とチベット仏教の影響からモンゴル人の男性の名前に多く見られる。日本においては元横綱朝青龍の愛称として有名である。 代表的な人物 実在人物 ドルジ(朶而只) - 元の世祖クビライの夭折した長男。 ツァヒアギーン・エルベグドルジ - モンゴル国の政治家。首相、大統領。 創作作品など 朝津風ドルジ - 漫画『実録!関東昭和軍』の登場人物。 漫画『みどりのマキバオー』に登場するモンゴル人。
    ドルクス
    『オオクワガタ属』より : オオクワガタ属(Dorcus)は、クワガタムシ科を分類する約100属のうちの1属である。 ネブトクワガタ属、ノコギリクワガタ属に次いで、3番目に種類の多い属であり、 世界の広範囲に分布し、約140種が知られていて、日本では9種22亜種が生息している。 Dorcus(ドルクス)とは、アフリカのレイヨウ類の角に大顎の形が似ていることに由来している。 かつては、ヒラタクワガタ類、コクワガタ類、アカアシクワガタ類などは別属で分類されていたが、同じオオクワガタ属の亜属として統合された。 本属の特徴としては、体色は黒色が多く、上から押しつぶされたように平たい。このような体型は、樹洞に生息(洞占有性)する習性と深く関係している。野生状態では見つけにくく、飼育下でも止まり木の下に潜っていることが多い。 飛ぶことも稀で、概して臆病だが、背中を小突けば体を奮い起こして威嚇する闘争心も併せ持ち、大顎の力も強い部類に入るため注意が必要。 クワガタムシ科の中でも大型の種を含む。本属と同様に性的二形の著しいことで知られるノコギリクワガタ属と互いに近縁である。
    ドルクス属
    『オオクワガタ属』より : オオクワガタ属(Dorcus)は、クワガタムシ科を分類する約100属のうちの1属である。 ネブトクワガタ属、ノコギリクワガタ属に次いで、3番目に種類の多い属であり、 世界の広範囲に分布し、約140種が知られていて、日本では9種22亜種が生息している。 Dorcus(ドルクス)とは、アフリカのレイヨウ類の角に大顎の形が似ていることに由来している。 かつては、ヒラタクワガタ類、コクワガタ類、アカアシクワガタ類などは別属で分類されていたが、同じオオクワガタ属の亜属として統合された。 本属の特徴としては、体色は黒色が多く、上から押しつぶされたように平たい。このような体型は、樹洞に生息(洞占有性)する習性と深く関係している。野生状態では見つけにくく、飼育下でも止まり木の下に潜っていることが多い。 飛ぶことも稀で、概して臆病だが、背中を小突けば体を奮い起こして威嚇する闘争心も併せ持ち、大顎の力も強い部類に入るため注意が必要。 クワガタムシ科の中でも大型の種を含む。本属と同様に性的二形の著しいことで知られるノコギリクワガタ属と互いに近縁である。
    ドルアーガの塔 (ゲームブック)
    ドルアーガの塔(ドルアーガのとう)は、同名のコンピュータゲーム『ドルアーガの塔』を原作とするゲームブック。 鈴木直人著、虎井安夫イラスト。以下の3巻で構成される。 『悪魔に魅せられし者』1986年7月31日、ISBN 978-4-488-90302-2 『魔宮の勇者たち』1986年10月31日、ISBN 978-4-488-90303-9 『魔界の滅亡』1986年12月21日、ISBN 978-4-488-90304-6『ゼビウス』に続く、東京創元社によるナムコ作品のゲームブック化第2弾。生身の主人公が単身ゼビウス星に乗り込むというゲームブック独自の展開を見せた前作に対し、本作ではオリジナルのコンピュータゲームに近い形の表現を試み、オリジナル同様全60階のダンジョンすべてを探索する、各巻20階ずつの3部作という構成になった。
    ドルニエ Do17
    Do 17は、第二次世界大戦中にドイツ等で運用された双発爆撃機である。ドルニエ社で開発された。元々は高速郵便輸送機との名目で開発された経緯があり、スマートな機首と細い胴体から「空飛ぶ鉛筆」(Fliegender Bleistift)の異名をとった。 高速で敵戦闘機を振り切ることを主眼とし、空力を重視したデザインがされていた。異名が示すように、横断面が小さくほっそりとした胴体が外見上の大きな特徴である。主翼は肩翼式でやや円形のテーパー翼となっている。尾翼は双尾翼の形をとった。初期の実験機では機首が直線状になっていたが、実戦参加機のE型からガラスで整形された半球状となり、S、U型から機首が上下に大きくせりだした形状となった。 低空性能が良く、頑丈だったため重宝されたものの、肝心の高速性能に関しては敵機を振り切るほどのものは得られなかった。細い胴体は拡張性が無かったため、爆弾の搭載量を増やすことはおろか、防御火器の増設もままならず、泥縄のように改良が行われた。
    ドルバル空港
    『モントリオール・ピエール・エリオット・トルドー国際空港』より : モントリオール・ピエール・エリオット・トルドー国際空港(モントリオール・ピエール・エリオット・トルドーこくさいくうこう、仏: Aéroport International Pierre-Elliott-Trudeau de Montréal、英: Montréal-Pierre Elliott Trudeau International Airport)は、カナダ・ケベック州のモントリオールにある国際空港。エア・カナダの本拠地。 モントリオール南の川に浮かぶドルバル(ドーバル)島の競馬場を買い取って、「モントリオール・ドルバル国際空港」(Montréal – Dorval International Airport)が1941年9月に開港。1975年に、カナダの連邦政府のプロジェクトでモントリオール・ミラベル国際空港が開港し、モントリオールの国際線はほとんど「ミラベル空港」へ移行し、「ドルバル空港」はカナダ国内線およびアメリカ合衆国向け専用空港として機能した時期があった。
    ドルーズ派
    『ドゥルーズ派』より : ドゥルーズ派(ドゥルーズは、アラビア語: الدرزية‎, al-Durūzīya)は、レバノンを中心に、シリア・イスラエル・ヨルダンなどに存在するイスラム教(イスラーム)系の宗教共同体。レバノン内戦時は、キリスト教徒のマロン派と激しく対立した。 歴史的にはシーア派の一派イスマーイール派から分派したものだが、教義からみてシーア派の枠内に収まるかは微妙で、イスラム第三の宗派と呼ばれることもある。さらにイスラム教の枠に収まるかも怪しいと考えられ、多くのムスリム(イスラム教徒)はドゥルーズ派はイスラムではないと考えている。 ドゥルーズ派共同体の成員は民族的にはアラブ人で、中東全域でおよそ100万人が存在するとされる。北アメリカ・南アメリカ・ヨーロッパなどにも海外共同体が存在する。ドゥルーズ派はまた、その成立に至る経緯や彼らの居住地域において単独で多数派を形成しきれず、他宗教・他宗派と対立・協調を繰り返してきたことから、全体として世俗的・進歩的な政治スタンスを支持する傾向がある。
    ドルショック
    『ニクソン・ショック』より : ニクソン・ショック(英: Nixon Shock)とは、1971年にアメリカ合衆国のリチャード・ニクソン大統領が電撃的に発表した、既存の世界秩序を変革する2つの大きな方針転換を言う。当初は前者(7月15日のショック)を指し、後者は「ドル・ショック」と言わていたが、その後後者もニクソン・ショックと呼ばれることが多く、両者を併せて「2つのニクソン・ショック」と呼ばれることもある。 第1次ニクソン・ショック(ニクソン訪中宣言)は、1971年7月15日に発表された、ニクソン大統領の中華人民共和国への訪問を予告する宣言から、翌1972年2月の実際の北京訪問にいたる新しい外交政策をいう。→ニクソン大統領の中国訪問 第2次ニクソン・ショック(ドル・ショック)は、1971年8月15日に発表された、ドル紙幣と金との兌換一時停止を宣言し、ブレトン・ウッズ体制の終結を告げた新しい経済政策をいう。→この頁で説明。ニクソン・ショック(ドル・ショック)とは、1971年8月15日(日本時間1971年(昭和46年)8月16日)にアメリカ合衆国政府が、それまでの固定比率(1オンス=35ドル)によるドル紙幣と金の兌換を一時停止したことによる、世界経済の枠組みの大幅な変化を指す。
    ドルメン
    『支石墓』より : 支石墓(しせきぼ)は、ドルメンともいい、新石器時代から初期金属器時代にかけて、世界各地で見られる巨石墓の一種である。基礎となる支石を数個、埋葬地を囲うように並べ、その上に巨大な天井石を載せる形態をとる。 起源 支石墓という形態がもっとも早く発祥したのは、おそらく西ヨーロッパだったと考えられる。しかし、西ヨーロッパの支石墓が世界各地へ伝播したのではなく、それぞれの社会発展状況に応じて、全く別個に世界の各地域で支石墓が発祥したとする見方が非常に有力となっている。 ヨーロッパ ヨーロッパでは、新石器時代から金属器時代初期にかけて支石墓が建造された。その建造範囲は西ヨーロッパにほぼ限定されており、主として大西洋・北海・バルト海沿岸に見られる。紀元前4000年-3000年頃の西ヨーロッパでは、支石墓などの巨石建造物に代表される巨石文化が興っているが、農耕の伝播との関連性を指摘する説が有力である。 紀元前6500年-4500年にかけてヨーロッパ全域に農耕が普及しているが、農耕の開始に伴い特に大西洋沿岸で人口増加が顕著となり、社会的不平等が生じた。
    ドルビーラボラトリーズ
    ドルビーラボラトリーズ(英語:Dolby Laboratories, Inc.)は、映画、テレビ、記録メディアその他の音響記録・再生技術の研究、開発を行う米国の企業である。現在、サンフランシスコ(本社)、バーバンク、ニューヨーク、ロンドン、東京他にオフィスを持つ。 高校時代、アンペックス社でアルバイトをした事がきっかけで、以来音響研究一筋60年の米国人技術者レイ・ドルビー博士が、1965年にノイズリダクション技術の研究所をロンドンに設立。彼はまた、初期のビデオテープレコーダであるアンペックス社の2インチVTRの開発において、オーディオ記録再生技術を担当した。 同社は装置製造だけでなく、開発した技術を他社に積極的にライセンスすることで収入を得るビジネスモデルを採用している。MPEG-AACのライセンス供給者の1社でもある。 ドルビーエンコードの映画 映画の音響再生で、臨場感を高めるため聞き手の周囲を包む音場を再生する技術で主導的な地位を占める。
    ドルビーSR
    『ドルビーラボラトリーズ』より : ドルビーラボラトリーズ(英語:Dolby Laboratories, Inc.)は、映画、テレビ、記録メディアその他の音響記録・再生技術の研究、開発を行う米国の企業である。現在、サンフランシスコ(本社)、バーバンク、ニューヨーク、ロンドン、東京他にオフィスを持つ。 高校時代、アンペックス社でアルバイトをした事がきっかけで、以来音響研究一筋60年の米国人技術者レイ・ドルビー博士が、1965年にノイズリダクション技術の研究所をロンドンに設立。彼はまた、初期のビデオテープレコーダであるアンペックス社の2インチVTRの開発において、オーディオ記録再生技術を担当した。 同社は装置製造だけでなく、開発した技術を他社に積極的にライセンスすることで収入を得るビジネスモデルを採用している。MPEG-AACのライセンス供給者の1社でもある。 ドルビーエンコードの映画 映画の音響再生で、臨場感を高めるため聞き手の周囲を包む音場を再生する技術で主導的な地位を占める。
    ドルビー
    『ドルビーラボラトリーズ』より : ドルビーラボラトリーズ(英語:Dolby Laboratories, Inc.)は、映画、テレビ、記録メディアその他の音響記録・再生技術の研究、開発を行う米国の企業である。現在、サンフランシスコ(本社)、バーバンク、ニューヨーク、ロンドン、東京他にオフィスを持つ。 高校時代、アンペックス社でアルバイトをした事がきっかけで、以来音響研究一筋60年の米国人技術者レイ・ドルビー博士が、1965年にノイズリダクション技術の研究所をロンドンに設立。彼はまた、初期のビデオテープレコーダであるアンペックス社の2インチVTRの開発において、オーディオ記録再生技術を担当した。 同社は装置製造だけでなく、開発した技術を他社に積極的にライセンスすることで収入を得るビジネスモデルを採用している。MPEG-AACのライセンス供給者の1社でもある。 ドルビーエンコードの映画 映画の音響再生で、臨場感を高めるため聞き手の周囲を包む音場を再生する技術で主導的な地位を占める。
    ドルビー研究所
    『ドルビーラボラトリーズ』より : ドルビーラボラトリーズ(英語:Dolby Laboratories, Inc.)は、映画、テレビ、記録メディアその他の音響記録・再生技術の研究、開発を行う米国の企業である。現在、サンフランシスコ(本社)、バーバンク、ニューヨーク、ロンドン、東京他にオフィスを持つ。 高校時代、アンペックス社でアルバイトをした事がきっかけで、以来音響研究一筋60年の米国人技術者レイ・ドルビー博士が、1965年にノイズリダクション技術の研究所をロンドンに設立。彼はまた、初期のビデオテープレコーダであるアンペックス社の2インチVTRの開発において、オーディオ記録再生技術を担当した。 同社は装置製造だけでなく、開発した技術を他社に積極的にライセンスすることで収入を得るビジネスモデルを採用している。MPEG-AACのライセンス供給者の1社でもある。 ドルビーエンコードの映画 映画の音響再生で、臨場感を高めるため聞き手の周囲を包む音場を再生する技術で主導的な地位を占める。
    当サイト全体から「ドル」に関するページを抽出しました。
    ドルに関する知恵袋-質問集
    ドルに関する最新ニュース
    ドルに関する教えてGOO-質問集
    19/06/16
    ベトナムのホーチミンにあるタンソンニャット国際空港のラウンジ「Orchid Lounge(オーキッド→見る
    19/06/16
    DVD/CD-ROMドライブが認識されない。→見る
    19/06/15
    どの通貨が良いですか?→見る
    19/06/15
    表にある項目のみ色付け→見る
    19/06/15
    サイドメニューの下にアイコンをfixedで固定。一番下までスクロール後absoluteにしたいです。→見る
    19/06/15
    ハワイのハネムーンにおすすめのディナーのお店を教えていただけますか? ちなみに滞在するの...→見る
    19/06/14
    大谷サイクルヒットマスコミ騒ぎすぎ→見る
    19/06/14
    日本で紙幣がなくなる日→見る
    19/06/14
    人生うまく行きません。 たまに死のうと思います。 トレードで大金を稼ぐこと。 金を手に入...→見る
    19/06/14
    エクセルのドロップダウンリストから貼り付けた文字のカウント→見る
    ドルに関する人力検索-質問集
    19/05/28
    FXで超長期投資を目的として保有する通貨ペアは何がお…→見る
    ドルに関するナレッジ知識-質問集
    ドルに関するtwitterつぶやき
    ドルに関するブログサイト
    ドルに関する最新書籍一覧
    ドルに関する動画コンテンツ
キャッシング比較/ FX比較/ クレジットカード比較/ キャッシング申込み/ カードローン比較/ ETCカード比較/ レディースローン申込み/ 宅建過去問題/ マンション管理士過去問題/ 管理業務主任者過去問題/ ネット証券比較/ 目的ローン申込み/ 担保ローン申込み/ 住宅ローン申込み/ おまとめローン申込み/ 事業者ローン申込み/ 学生ローン申込み/ レディースローン申込み/ 女性R&B/ 賃貸マンション/ ビジネス板/ キャッシング キャンペーン/ ローン キャンペーン/ FX キャンペーン/ ネット証券 キャンペーン/ クレジットカード キャンペーン/ ETCカード キャンペーン/ キャッシング最新情報/ カードローン最新情報/ ETCカード特典/ クレジットカード特典/ FXビギナー/ ネット証券ビギナー/ 手形割引比較/ レディースキャッシング比較/ 主婦ローン比較/