タグ : プログラム

2012年3月31日まで「マネーブリッジ&ハッピープログラム 楽天FXポイント3倍キャンペーン」[楽天証券]

  • 2012年3月31日まで「マネーブリッジ&ハッピープログラム 楽天FXポイント3倍キャンペーン」[楽天証券]に関する記事・解説はこちら 
    2012年3月11日 at 6:07 PM
  • 2012年2月29日まで「マネーブリッジ&ハッピープログラム 投資信託ポイント2倍キャンペーン」[楽天証券]に関する記事・解説はこちら 
    2012年2月7日 at 12:58 AM
  • 2012年2月29日まで「マネーブリッジ&ハッピープログラム 投資信託ポイント2倍キャンペーン」[楽天証券]に関する記事・解説はこちら 
    2012年1月9日 at 6:36 PM
  • 2012年1月31日まで「マネーブリッジ&ハッピープログラム 2商品以上のお取引でポイント2倍!」[楽天証券]に関する記事・解説はこちら 
    at 5:36 PM
  • 2011年7月31日まで「お友達紹介プログラム」[マネックスFX]に関する記事・解説はこちら 
    2011年7月5日 at 2:00 PM
  • 2011年7月31日まで「お友達紹介プログラム」[マネックスFX]に関する記事・解説はこちら 
    2011年6月4日 at 3:45 PM
  • 「お友達紹介プログラム」[FXプライム]に関する記事・解説はこちら 
    2010年8月3日 at 7:23 PM
  • マネックスFX [お友達紹介プログラム] に関する記事・解説はこちら 
    2010年6月23日 at 8:00 PM
  • プログラムに関するWikipedia情報
    プログラム
    『プログラム (曖昧さ回避)』より : プログラム(英: Program; Programme, 希: prographein(公示する)から) ある物事の進行状態についての順序・組み合わせ・筋などのこと。及び、それを書いたもの。例:金融再生プログラム。 ⇒ 計画、予定、スキーム、スケジュール、デザイン、プラン、プロジェクト、プロットなども参照のこと。 国家の学習計画のこと。カリキュラムを参照。 政党の綱領や選挙公約のこと。マニフェストを参照。 プログラムマネジメント - 複数のプロジェクトを統括的に管理すること。 各種の催し物や行事(イベント)の計画、予定、演目、番組などのこと。催し物そのものを指す場合もある。 演奏会、演劇、運動会、映画などでは、それが書かれた小冊子のこともさす。出演者の紹介や解説などが書かれる場合もある。予定表、演目表、番組表。 特に、公営競技における競走(レース)のこと。番組。 プログラム (コンピュータ) - コンピュータへの命令を、特定の言語での定められた形式に従って記述した筋書き。
    プログラム・カウンタ
    『レジスタ (CPU)』より : レジスタ(register)はコンピュータのプロセッサなどが内蔵する記憶回路で、制御装置や演算装置や実行ユニットに直結した、操作に要する速度が最速の、比較的少量のものを指す。 一般に、論理回路において、フリップフロップなどにより状態を保持する装置をレジスタと呼ぶ。コンピュータにおいては、プロセッサが内蔵しているそれを指す。プロセッサには、プログラムが読み書きできるレジスタ以外に、プロセッサ自身が動作するためのレジスタがあり、内部レジスタなどと呼ばれる。 論理回路において使われるレジスタという用語としては、たとえばレジスタ転送レベルなどがある。 プロセッサ内部のレジスタは、計算結果を一時的に保持したり、RAMやROMなどのメインメモリを読み書きする際のアドレスを保持したり、プロセッサや周辺機器の動作状態を保持・変更したりする。プロセッサの動作とは、極端にいえば、プログラムコードに従ってメインメモリとレジスタの間でデータを移送することだと表現できる。
    プログラムカウンタ
    『レジスタ (CPU)』より : レジスタ(register)はコンピュータのプロセッサなどが内蔵する記憶回路で、制御装置や演算装置や実行ユニットに直結した、操作に要する速度が最速の、比較的少量のものを指す。 一般に、論理回路において、フリップフロップなどにより状態を保持する装置をレジスタと呼ぶ。コンピュータにおいては、プロセッサが内蔵しているそれを指す。プロセッサには、プログラムが読み書きできるレジスタ以外に、プロセッサ自身が動作するためのレジスタがあり、内部レジスタなどと呼ばれる。 論理回路において使われるレジスタという用語としては、たとえばレジスタ転送レベルなどがある。 プロセッサ内部のレジスタは、計算結果を一時的に保持したり、RAMやROMなどのメインメモリを読み書きする際のアドレスを保持したり、プロセッサや周辺機器の動作状態を保持・変更したりする。プロセッサの動作とは、極端にいえば、プログラムコードに従ってメインメモリとレジスタの間でデータを移送することだと表現できる。
    プログラム言語
    『プログラミング言語』より : プログラミング言語(プログラミングげんご)またはプログラム言語(プログラムげんご)とは、コンピュータに対する指示を記述するための人工言語である。 この一連の指示をプログラムと呼び、それを記述することをプログラミングと呼ぶ。 意義と目的 コンピュータが理解できる言葉は、固有の機械語だけである。機械語は一見無意味な数字の羅列で、人間には理解しにくい。 プログラミング言語は、おもに英語の単語と記号を組み合わせた、特殊な文法で記述される。その意義は、人とコンピュータの意思疎通を容易にするため、数字の羅列に代えて人間に扱いやすい言語形式を提供することにある。コンピュータ言語があれば、人は扱いやすく理解できる言葉でコンピュータへの指示を書くことができる。コンピュータ言語で書かれた言葉は、機械翻訳で機械語に翻訳され、コンピュータに与えられる。元のプログラム言語で書かれた記述はソースコード、翻訳プログラムはアセンブラ、コンパイラ、インタプリタなどと呼ばれる。 プログラミング言語は、コンピュータ企業や技術者により目的に応じて開発され、様々なプログラミング言語が、毎年のように生み出されている。
    プログラム意味論
    プログラム意味論(Program Semantics)とは、理論計算機科学の一分野で、プログラミング言語の意味と計算モデルに関する厳密な数学的研究領域である。プログラミング言語の形式意味論とも呼ばれる。
    ある言語の形式意味論は、その言語で表現可能な処理(計算)を表す数学的モデルによって与えられる。
    プログラム意味論にはいくつかの手法があり、以下の 3 種類に大別される:
    表示的意味論: 対象とする言語の語句それぞれを「表示」に変換、すなわち別の言語の語句に翻訳する。表示的意味論はコンパイラ コンパイルと対応すると考えることもできるが、通常翻訳先の言語は他のコンピュータ言語ではなく数学的形式言語であることが多い。例えば、関数型言語の表示的意味論では、領域理論の言語に翻訳する。

    プログラム内蔵方式
    『ノイマン型』より : プログラム内蔵方式(プログラムないぞうほうしき)、ストアドプログラム方式は、主記憶に置かれたプログラムを実行する、という、コンピュータ・アーキテクチャの方式の一つである。 ノイマン型アーキテクチャに内包されるため、また、このような分類が議論になるような初期の計算機において、プログラム内蔵でプログラムは全てROMに置いた、というものはないため、ノイマン型で実現されるプログラムが書き換え可能という性質を含めて指すこともある。 しかし、プログラム内蔵方式か否かについては、今日一般に、プログラムを置く記憶装置が書き換え可能か否かは問わず、ハーバード・アーキテクチャも普通プログラム内蔵方式とすることが多い。一方、プログラムを内蔵している、と見えるものの一種であるが、記憶装置に置かれた命令ではなく、ワイヤードロジックでプログラミングをしているものは普通プログラム内蔵方式としない。 プログラムを置く直接の記憶装置が、CPUが普通に読む(読み書きする)電子的(ないし電気的)な主記憶か、そうでない補助記憶か、という点は、今日そんなデザインはまずないが、この分類では重視する。
    プログラム仮説
    プログラム仮説(プログラムかせつ) 人が仮説を検証する際にはハードコアによる影響を受ける、という仮説。ハードコア (科学的リサーチプログラム)を参照。 生命体の死や老化はDNAによりプログラムされたものである、という仮説。老化#プログラム説を参照。 憲法上においては人権として規定されていても、直接個々の国民に対して具体的権利を賦与しているとは限らない、という説。プログラム規定説を参照。
    プログラム細胞死
    プログラム細胞死(プログラムさいぼうし、英: Programmed cell death, PCD)は多細胞生物における不要な細胞の計画的(予定・プログラムされた)自殺である。組織傷害などで細胞死を起こす壊死と異なり、一般にはPCDは生物の生命に利益をもたらす調節されたプロセスである。PCDは植物、動物、一部の原生生物で正常な組織形成や病原体などによる異常への対処として働く。 分類 プログラム細胞死は、細胞死を起こしたときの形態学上の違いから次の3つのタイプに分類されている: タイプ1細胞死 アポトーシスによるもの。クロマチンが凝縮して細胞核が断片化するという形態上の特徴を示す。動物におけるPCDの重要な一形式である。 タイプ2細胞死 オートファジーを伴う細胞死である。細胞質内にオートファゴソームと呼ばれる小胞が形成されるという形態上の特徴を示す。細胞核の萎縮が見られるが、断片化はあまり見られない。 タイプ3細胞死 ネクローシス型のプログラム細胞死でネクロトーシス(またはネクロプトーシス) と呼ばれる。
    プログラム (曖昧さ回避)
    プログラム(英語 英 Program, Programme, ギリシア語 希 prographein(公示する)から)
    ある物事の進行状態についての順序・組み合わせ・筋などのこと。及び、それを書いたもの。例:金融再生プログラム。
    : ⇒ 計画、予定、スキーム、スケジュール、デザイン、プラン、プロジェクト、プロットなども参照のこと。
    # 国家の学習計画のこと。 ⇒ カリキュラムを参照のこと。
    # 政党の綱領や選挙公約のこと。 ⇒ マニフェストを参照のこと。
    各種の催し物や行事(イベント)の計画、予定、演目、番組などのこと。催し物そのものを指す場合もある。
    # 演奏会、演劇、運動会などでは、それが書かれた小冊子のこともさす。出演者の紹介や解説などが書かれる場合もある。予定表、演目表、番組表。

    プログラム合成
    プログラム合成(Program Synthesis)とは、高レベルの仕様から実行可能なコンピュータプログラム (コンピュータ) プログラムを自動的に生成する技術。コンパイラ コンパイルと比較したとき、プログラム合成の入力となる仕様はアルゴリズム的でない。自動プログラミングとも呼ばれるが、一般に自動プログラミングと言った場合、より実用指向のプログラミングパラダイムを意味する。
    プログラム合成の考え方は1960年代に生み出されたもので、人工知能(AI)を応用して「自動プログラマ」を構築するため、数学とプログラミング理論の間の関係を深く研究するところから始まった。AIへの熱狂の低下とともに数学的アプローチは間もなく失敗した。一部の研究者は現在も形式的アプローチを研究しているが、それよりも適用領域を限定した純粋な演繹的手法と強力なヒューリスティックスを組み合わせたアプローチが成功を収めた。

    プログラム規定説
    プログラム規定説(プログラムきていせつ)とは、憲法の特定の人権規定に関して、形式的に人権として法文においては規定されていても、実質的には国の努力目標や政策的方針を規定したにとどまり、直接個々の国民に対して具体的権利を賦与したものではないとする考え方。この考え方に立てば当該法文に裁判規範性はない。生存権や教育権などで問題になる。 解説 プログラム規定説という考え方はヴァイマル憲法下に生まれた。ヴァイマル憲法は多くの社会権や請求権に関する規定を有していたため、それを全て実現することは訴訟の頻発といった無用の混乱を生じかねず、また、経済的観点から第一次世界大戦の敗戦国であるドイツには財政的に困難であった。そこで、プログラム規定との解釈を導入することで、国の負担を回避しようとしたものである。 憲法上の人権が、単なる法律上の権利に矮小化されることで、憲法の人権規定が有名無実化するとの懸念や、憲法に人権や権利として明確に記載されているものを解釈によって単なる努力目標などに読み替えられることで時の政府の恣意的な解釈が入る余地が大きいことなどについては批判がある。
    プログラム規定
    『プログラム規定説』より : プログラム規定(プログラムきてい)とは、憲法や基本法などの上位法においてよく見られる、政策についての指針を示す条項である。当該条項は、裁判所または行政庁の職務行為に対する命令の性質を持つ訓示規定であるが、個々の主体の行為や手続きに対する具体的な法的強制力を持たないとの考え方が一般的である。そのため、個々の主体の行為や手続きに効力に影響を及ぼすためには、立法府による実体規定を有する個別法の制定を必要とする。 憲法に定められる生存権や教育権などについて、条文においては政策方針を定めたのみに過ぎず、直接個々の国民に対して具体的権利を賦与したものではないとする考え方は「プログラム規定説」と称される。
    プログラム (コンピュータ)
    コンピュータプログラム(英:computer programs)とは、コンピュータに対する命令(処理)を記述したものである。 コンピュータが機能を実現するためには、CPUで実行するプログラムの命令が必要である。 コンピュータが、高度な処理を人間の手によらず遂行できているように見える場合でも、コンピュータは設計者の意図であるプログラムに従い、忠実に処理を行っている。実際には、外部からの割り込み、ノイズなどにより、設計者の意図しない動作をすることがある。また設計者が、外部からの割り込みの種類を網羅的に確認していない場合もある。 かつてのコンピュータでは、処理の手順を表すよう電気的配線を行うことによって、プログラムが作成された。これをワイヤードロジック(結線論理)方式という。この方法では、実行するプログラムを変更するたびに、配線の変更作業が必要となった。 一方現在では、プログラム内蔵方式が主流となっている。プログラム内蔵方式では、プログラムは記憶装置に符号化された状態で記憶される。プログラムの実行時には、中央処理装置が記憶装置の所定の番地から、命令を読み込むことで処理が行われる。
    プログラムマネージャ
    プログラムマネージャは、以下のOSに搭載されている、プログラム起動用のグラフィカルシェル(プログラムランチャー)である。 OS/2 1.x (Presentation Manager) Windows 2.x、Windows 3.x及びWindows NT 3.x(以下、本稿にて解説) プログラムマネージャは、その中にプログラムグループと呼ばれるフォルダのような入れ物の中にアイコンを使ったプログラムのショートカットなどを作成、表示することによって成り立っている。実行ファイル名はProgman.exe。 Windowsの終了、再起動もここから行えた。また、Windows 95、Windows NT 4.0以降に搭載されているWindows Explorerとは異なり、グラフィカルシェルとファイル管理ソフト(ファイルマネージャ)は完全に分離されている。 なお、Windows 3.1からWindows 95へのアップデートを行う際、プログラムマネージャに登録されているプログラムグループおよびアイコンは、「スタート」メニューの「プログラム」にフォルダまたはショートカットとして変換したものがコピーされる。
    プログラムマネージャー
    『プログラムマネージャ』より : プログラムマネージャは、以下のOSに搭載されている、プログラム起動用のグラフィカルシェル(プログラムランチャー)である。 OS/2 1.x (Presentation Manager) Windows 2.x、Windows 3.x及びWindows NT 3.x(以下、本稿にて解説) プログラムマネージャは、その中にプログラムグループと呼ばれるフォルダのような入れ物の中にアイコンを使ったプログラムのショートカットなどを作成、表示することによって成り立っている。実行ファイル名はProgman.exe。 Windowsの終了、再起動もここから行えた。また、Windows 95、Windows NT 4.0以降に搭載されているWindows Explorerとは異なり、グラフィカルシェルとファイル管理ソフト(ファイルマネージャ)は完全に分離されている。 なお、Windows 3.1からWindows 95へのアップデートを行う際、プログラムマネージャに登録されているプログラムグループおよびアイコンは、「スタート」メニューの「プログラム」にフォルダまたはショートカットとして変換したものがコピーされる。
    プログラム導出
    プログラム導出とは、計算機科学において数学的手段を用いて仕様からプログラム (コンピュータ) プログラムを導き出すことである。
    プログラムを「導出」するとは、通常そのままでは実行不可能な形式的仕様を記述し、数学的に正しい規則を適用して実行可能なプログラムに変換することを意味する。このような手法で得られたプログラムは(最初の仕様にバグがない限り)構造的に正しいことが証明されている。
    形式的検証の場合、最初にプログラムを書き、それが与えられた仕様に照らして正しいことの証明を与える。この際の問題は以下の通りである。
    結果として出てくる証明は長くて複雑になる。
    そのプログラムがどのように開発されたかを示せない。まるで「帽子から出てきたうさぎ」のように見える。

    プログラム進路制御装置
    『自動進路制御装置』より : 自動進路制御装置(じどうしんろせいぎょそうち、通称PRC : Programmed Route Control)とは、信号や分岐器を自動操作するシステムの一つで、列車運行管理システム (PTC) の一部として用いられている。 本装置は列車運行ダイヤを作成・管理する情報処理装置 (EDP) と、駅の信号・転轍機を集中制御する列車集中制御装置 (CTC) の仲介をする装置となる。EDPから受け取った運行ダイヤの情報と、CTCの表示情報からの個々の列車の在線状況と個々の列車の移動の追跡結果を元に、CTCへの信号機や転轍機の動作指示を自動で行うことで、個々の列車の進路制御を自動的に行う装置である。従来( CTC のみの導入も含む)は連動装置のてこ(スイッチ)を使って信号や分岐器を操作し、安全上問題のある操作は連動装置により不可能だったが、人間が操作する以上勘違いなどのミスにより列車を別の番線などに進入させることがあった。
    プログラム売買
    プログラム売買(プログラムばいばい)とは、一定のルールに従った取引を行うため、あらかじめ設定したコンピュータ・プログラムに基づいて行う売買のことである。東証の定義では一度に25銘柄以上に受発注をおこなう売買のことで、インデックス売買、バスケット売買と同義としている。 プログラム売買は電算機を使用して、一定の売買ルールをプログラム化することで、市場価格の変化に応じて、機械的・自動的に売買判断を下す。東証ではインデックス(バスケット)売買にかかるものを「プログラム売買」として全市場参加者から情報を提出させ、毎週第三営業日に公表しているが、一般には銘柄数に関わらず、市場データを与件として獲得し自動で発注をおこなう電算システムそのものを指す。 プログラム売買の対象は、現物株式から株価指数先物、オプション等のデリバティブまで様々であるが、どのようなルールを構築するかにより、無数のバリエーションが存在する。また情報入手から、判定、発注までの処理速度が速いことから、他の市場参加者に先駆けて約定を取ることが可能になるというメリットがある。
    プログラムピクチャー
    プログラムピクチャーとは、かつて日本映画の全盛期と言われた時代に、特定の映画会社が製作・配給・興行を一手に支配して、映画館で上映する作品もブロックブッキングで映画会社が決定権を握り、その年間の上映日程が映画会社のスケジュールに沿って上映されるその形態、並びにそのようにして上映される映画をさす。 プログラムピクチャーの定義は複雑で、B級映画と同じように用語の使い方によって微妙にズレる場合がある。 公開年間番組(プログラム)を埋めていく作品(ピクチャー)をさす。 予定の番組を埋めるために作られる映画のことで、商品としては並みの作品のことになる。 アメリカで1910年代半ばから使われるようになった興行における番組の中心、メインになる長編作品(フィーチャー)をさす。 日本では1950年代から1970年代にかけて量産体制下で、メインではなくむしろ添え物として作られた作品をさす。「世界映画大事典」によると、映画草創期のアメリカでは上映時間がフィルム1巻が最長であり、興行においては数本の作品を集めた番組(program)を構成するのが通例であった。
    プログラム言語の比較
    『』より :
    当サイト全体から「プログラム」に関するページを抽出しました。
    プログラムに関する知恵袋-質問集
    プログラムに関する最新ニュース
    プログラムに関する教えてGOO-質問集
    20/04/05
    外国語がそのまま使われ、日本語におけるカタカナの割合が大きくなっているように思います...→見る
    20/04/05
    光回線接続が数度、数時間停止し回線障害トラブルの経験がある方教えてください。→見る
    20/04/05
    6÷2(1+2)って答えなんですか?→見る
    20/04/05
    といぷーどるの夜鳴きをやめさせる方法ってありますか??生後何ヶ月になったらなきやみま...→見る
    20/04/04
    pixaboy(フリー画像サイト)からのフリー動画のつなぎあわせ +自作ナレーション +テキスト で→見る
    20/04/04
    プログラミングとコーディングの違いは何ですか?→見る
    20/04/04
    パソコンについてです→見る
    20/04/04
    プログラマーの方のキーボード操作方法について教えてください→見る
    20/04/04
    水泳部、元水泳部、スイミングクラブ(選手コース、育成コース)の方! 普段どのようなメニ...→見る
    20/04/04
    IBMのホームページビルダーV9おインストールについて。→見る
    プログラムに関する人力検索-質問集
    プログラムに関するナレッジ知識-質問集
    プログラムに関するtwitterつぶやき
    プログラムに関するブログサイト
    プログラムに関する最新書籍一覧
    プログラムに関する動画コンテンツ
キャッシング比較/ FX比較/ クレジットカード比較/ キャッシング申込み/ カードローン比較/ ETCカード比較/ レディースローン申込み/ 宅建過去問題/ マンション管理士過去問題/ 管理業務主任者過去問題/ ネット証券比較/ 目的ローン申込み/ 担保ローン申込み/ 住宅ローン申込み/ おまとめローン申込み/ 事業者ローン申込み/ 学生ローン申込み/ レディースローン申込み/ 女性R&B/ 賃貸マンション/ ビジネス板/ キャッシング キャンペーン/ ローン キャンペーン/ FX キャンペーン/ ネット証券 キャンペーン/ クレジットカード キャンペーン/ ETCカード キャンペーン/ キャッシング最新情報/ カードローン最新情報/ ETCカード特典/ クレジットカード特典/ FXビギナー/ ネット証券ビギナー/ 手形割引比較/ レディースキャッシング比較/ 主婦ローン比較/