タグ : 法人

2012年3月31日まで「法人向け新規口座開設で、最大20,000円キャッシュバックキャンペーン」[外貨ex]

  • 2012年3月31日まで「法人向け新規口座開設で、最大20,000円キャッシュバックキャンペーン」[外貨ex]に関する記事・解説はこちら 
    2012年3月10日 at 4:55 PM
  • 2012年4月1日まで「法人様限定キャンペーン!」[LION FX(ライオンFX)]に関する記事・解説はこちら 
    2012年3月6日 at 9:43 PM
  • 2012年4月1日まで「法人様限定キャンペーン!」[MATRIX TRADER]に関する記事・解説はこちら 
    2012年3月5日 at 8:32 PM
  • 2012年2月29日まで「法人様限定キャンペーン!」[MATRIX TRADER]に関する記事・解説はこちら 
    2012年2月11日 at 5:59 AM
  • 2012年2月29日まで「法人様限定キャンペーン!」[LION FX(ライオンFX)]に関する記事・解説はこちら 
    2012年2月10日 at 9:23 PM
  • 2011年10月31日まで「法人様限定キャンペーン!」[MATRIX TRADER]に関する記事・解説はこちら 
    2011年10月9日 at 5:46 PM
  • 2011年10月31日まで「法人様限定キャンペーン!」[LION FX(ライオンFX)]に関する記事・解説はこちら 
    at 7:02 AM
  • 2011年9月30日まで「法人様限定キャンペーン!」[MATRIX TRADER]に関する記事・解説はこちら 
    2011年9月7日 at 9:23 PM
  • 2011年9月30日まで「法人様限定キャンペーン!」[LION FX(ライオンFX)]に関する記事・解説はこちら 
    2011年9月6日 at 9:58 PM
  • 2011年10月31日まで「法人向け新規口座開設で、最大20,000円キャッシュバックキャンペーン」[外貨ex]に関する記事・解説はこちら 
    2011年8月22日 at 7:46 PM
  • 2011年7月31日まで「法人向け新規口座開設で、最大20,000円キャッシュバックキャンペーン」[外貨ex]に関する記事・解説はこちら 
    2011年7月6日 at 8:00 PM
  • 2011年7月31日まで「法人様限定キャンペーン!」[LION FX(ライオンFX)]に関する記事・解説はこちら 
    2011年7月4日 at 2:00 PM
  • 2011年7月31日まで「法人様限定キャンペーン!」[MATRIX TRADER]に関する記事・解説はこちら 
    2011年7月3日 at 12:00 PM
  • 2011年6月30日まで「法人様限定キャンペーン!」[MATRIX TRADER]に関する記事・解説はこちら 
    2011年6月4日 at 7:17 PM
  • 2011年6月30日まで「法人様限定キャンペーン!」[LION FX(ライオンFX)]に関する記事・解説はこちら 
    at 6:13 PM
  • 2011年7月31日まで「法人向け新規口座開設で、最大20,000円キャッシュバックキャンペーン」[外貨ex]に関する記事・解説はこちら 
    2011年6月3日 at 7:15 PM
  • 2011年6月30日まで「法人口座限定キャンペーン」[INV@ST「FX24」]に関する記事・解説はこちら 
    2011年6月2日 at 7:29 AM
  • 2011年6月30日まで「法人口座限定キャンペーン」[INV@ST「FX24」]に関する記事・解説はこちら 
    2011年5月6日 at 11:38 AM
  • 2011年7月31日まで「法人向け新規口座開設で、最大20,000円キャッシュバックキャンペーン」[外貨ex]に関する記事・解説はこちら 
    2011年5月4日 at 7:00 PM
  • 2011年5月31日まで「法人様限定キャンペーン!」[LION FX(ライオンFX)]に関する記事・解説はこちら 
    2011年5月2日 at 7:30 PM
  • 法人に関するWikipedia情報
    法人
    法人(ほうじん、独: juristische Person、仏: personne morale、英: juridical person)とは、自然人以外で、法律によって「人」とされているものをいう。「人」とは、法律的には、権利義務の主体たる資格(権利能力)を認められた存在をいう。つまり法人は、自然人以外で、権利能力を認められた存在ということになる。 日本においては、法人は、一般社団・財団法人法や会社法などの法律の規定によらなければ成立しない(法人法定主義、民法33条)。 法人の法的主体性 法人の人権享有主体性、権利能力、行為能力については各種の議論がある。 法人の人権享有主体性 日本国憲法には、法人が人権の享有主体になるかどうかの規定がない。この問題について、最高裁判所は、八幡製鉄事件において、憲法第3章の保障する権利は性質上可能な限り内国の法人に保障されると判示した(最大判昭和45年6月24日民集24巻6号625頁)。
    法人の法的主体性
    法人の法的主体性とは、法人が人権、権利能力、行為能力、不法行為能力などにおいて、主体となれるかどうかのことである。これには、さまざまな説がある。 法人の人権享有主体性 法人が人権を享有するかは問題となる。 この問題については、中世的な中間団体への敵視を標榜し、自然人により構成される平等な市民社会を構想し、かかる市民社会ないし自然人が権力機構である国家と対峙するのが「近代」である、というモデル(仮に、「フランス革命モデル」と呼んでおく)を描くとすると、法人の人権は否定するのが妥当であるという結論になる。現在でも、法人の人権享有主体性否定論は、有力に主張されている。 しかし、それと反対の立法例もある。ドイツ連邦共和国基本法は、「Die Grundrechte gelten auch für inländische juristische Personen, soweit sie ihrem Wesen nach auf diese anwendbar sind.」(基本権は、内国の法人にも、基本権の本質によればその内国法人に適用可能な限りで、妥当する。
    法人税法
    法人税法(ほうじんぜいほう、昭和40年3月31日法律第34号)は、広義の所得税に関する法体系の一部を構成する法律。法人の所得等に対する税金である法人税について定められている。 広義の所得税とは、個人所得税及び個人以外の事業体の所得税をいう。この広義の所得課税に関する法体系は国によりまちまちで、日本では1940年に所得税法から法人税法が独立し、現在に至るまで別々の法律により規定されているのに対し、アメリカでは一つの法律中に章立てして個人・事業体に関する規定を置く。 事業体に対する課税のあり方には、導管課税(conduit taxation)と実体課税(entity taxation)の2つがある。前者は、組織の稼得する利益を組織段階では課税せず、各構成員段階で課税を行う考え方である。パス・スルー(pass through)課税とも呼ばれる。後者は、組織を実体として捉え、組織そのものを課税対象とする考え方である。なお、この後者のカテゴリーには、REITなどの事業体に適用されるペイ・スルー課税も含まれる。
    法人割引サービス
    法人割引サービス(ほうじんわりびきサービス)は、法人向けの携帯電話料金の割引サービスである。主として基本料金割引と通話料割引サービスがある。 前者のサービスとしてはビジネス割引(NTTドコモグループ)、グループディスカウント(au)、法人複数回線割引(SoftBank)があり、後者の事例として包括回線割引・通話料いっかつ割引(NTTドコモ)・コールワイド(au)、大口通話料割引(SoftBank)がある。 法人であり同一契約名義で、同一請求先であることなどを条件に、携帯電話料金の割引を行うサービスである。 基本料金割引は、個人向けの家族割引サービスに相当するもので、利用回線数に応じた割引率により基本料金の割引が受けられる。家族割引サービスに見られる回線数の上限はないが、同一グループ間の通話料割引や、無料通信を共有するなどの特典は有していない。そのほか、年間割引サービスや2年縛りの割引と併用することが可能である。 通話料割引は、所定の登録料もしくは定額料を支払うことにより、グループ全体の通話料を一括して割り引くサービスである。
    法人複数回線割引
    『法人割引サービス』より : 法人割引サービス(ほうじんわりびきサービス)は、法人向けの携帯電話料金の割引サービスである。主として基本料金割引と通話料割引サービスがある。 前者のサービスとしてはビジネス割引(NTTドコモグループ)、グループディスカウント(au)、法人複数回線割引(SoftBank)があり、後者の事例として包括回線割引・通話料いっかつ割引(NTTドコモ)・コールワイド(au)、大口通話料割引(SoftBank)がある。 法人であり同一契約名義で、同一請求先であることなどを条件に、携帯電話料金の割引を行うサービスである。 基本料金割引は、個人向けの家族割引サービスに相当するもので、利用回線数に応じた割引率により基本料金の割引が受けられる。家族割引サービスに見られる回線数の上限はないが、同一グループ間の通話料割引や、無料通信を共有するなどの特典は有していない。そのほか、年間割引サービスや2年縛りの割引と併用することが可能である。 通話料割引は、所定の登録料もしくは定額料を支払うことにより、グループ全体の通話料を一括して割り引くサービスである。
    法人有機体説
    『法人本質論』より : 法人本質論(ほうじんほんしつろん)とは、法人の制度について、その根本の理由を明らかにしようとするものである。考え方によって、法人に対する法律の運用に大きな影響を与える。法人の本質には、学説の対立がある。 法人擬制説 法人擬制説は、フリードリヒ・カール・フォン・サヴィニーの提唱した考え方で、自然人の平等な権利能力を前提とする民法において、法が特に人格を擬制したのが法人であるというもの。いかなる実体が法人として認められるかは法の裁量によることになる。 結果として、この理論は、二つの異なるモメントを含むことになる。 法によって認められない実体は法人ではない フランス革命モデルからも明らかなように、近代法の草創期においては、団体というのは個人の自由を阻害するものであると考えられた(ギルドなど)。近代法は、自然人から構成される平等な市民社会を構想したから、このような団体は敵視され、たとえ団体たる実体を備えた社会的存在であっても、法が人格を認めなければ法人ではない、という思想が適合的であったわけである(樋口陽一の「法人の人権」否認論を想起せよ)。
    法人擬制説
    『法人本質論』より : 法人本質論(ほうじんほんしつろん)とは、法人の制度について、その根本の理由を明らかにしようとするものである。考え方によって、法人に対する法律の運用に大きな影響を与える。法人の本質には、学説の対立がある。 法人擬制説 法人擬制説は、フリードリヒ・カール・フォン・サヴィニーの提唱した考え方で、自然人の平等な権利能力を前提とする民法において、法が特に人格を擬制したのが法人であるというもの。いかなる実体が法人として認められるかは法の裁量によることになる。 結果として、この理論は、二つの異なるモメントを含むことになる。 法によって認められない実体は法人ではない フランス革命モデルからも明らかなように、近代法の草創期においては、団体というのは個人の自由を阻害するものであると考えられた(ギルドなど)。近代法は、自然人から構成される平等な市民社会を構想したから、このような団体は敵視され、たとえ団体たる実体を備えた社会的存在であっても、法が人格を認めなければ法人ではない、という思想が適合的であったわけである(樋口陽一の「法人の人権」否認論を想起せよ)。
    法人否認説
    『法人本質論』より : 法人本質論(ほうじんほんしつろん)とは、法人の制度について、その根本の理由を明らかにしようとするものである。考え方によって、法人に対する法律の運用に大きな影響を与える。法人の本質には、学説の対立がある。 法人擬制説 法人擬制説は、フリードリヒ・カール・フォン・サヴィニーの提唱した考え方で、自然人の平等な権利能力を前提とする民法において、法が特に人格を擬制したのが法人であるというもの。いかなる実体が法人として認められるかは法の裁量によることになる。 結果として、この理論は、二つの異なるモメントを含むことになる。 法によって認められない実体は法人ではない フランス革命モデルからも明らかなように、近代法の草創期においては、団体というのは個人の自由を阻害するものであると考えられた(ギルドなど)。近代法は、自然人から構成される平等な市民社会を構想したから、このような団体は敵視され、たとえ団体たる実体を備えた社会的存在であっても、法が人格を認めなければ法人ではない、という思想が適合的であったわけである(樋口陽一の「法人の人権」否認論を想起せよ)。
    法人組織体説
    『法人本質論』より : 法人本質論(ほうじんほんしつろん)とは、法人の制度について、その根本の理由を明らかにしようとするものである。考え方によって、法人に対する法律の運用に大きな影響を与える。法人の本質には、学説の対立がある。 法人擬制説 法人擬制説は、フリードリヒ・カール・フォン・サヴィニーの提唱した考え方で、自然人の平等な権利能力を前提とする民法において、法が特に人格を擬制したのが法人であるというもの。いかなる実体が法人として認められるかは法の裁量によることになる。 結果として、この理論は、二つの異なるモメントを含むことになる。 法によって認められない実体は法人ではない フランス革命モデルからも明らかなように、近代法の草創期においては、団体というのは個人の自由を阻害するものであると考えられた(ギルドなど)。近代法は、自然人から構成される平等な市民社会を構想したから、このような団体は敵視され、たとえ団体たる実体を備えた社会的存在であっても、法が人格を認めなければ法人ではない、という思想が適合的であったわけである(樋口陽一の「法人の人権」否認論を想起せよ)。
    法人本質論
    法人本質論(ほうじんほんしつろん)とは、法人の制度について、その根本の理由を明らかにしようとするものである。考え方によって、法人に対する法律の運用に大きな影響を与える。法人の本質には、学説の対立がある。 法人擬制説 法人擬制説は、フリードリヒ・カール・フォン・サヴィニーの提唱した考え方で、自然人の平等な権利能力を前提とする民法において、法が特に人格を擬制したのが法人であるというもの。いかなる実体が法人として認められるかは法の裁量によることになる。 結果として、この理論は、二つの異なるモメントを含むことになる。 法によって認められない実体は法人ではない フランス革命モデルからも明らかなように、近代法の草創期においては、団体というのは個人の自由を阻害するものであると考えられた(ギルドなど)。近代法は、自然人から構成される平等な市民社会を構想したから、このような団体は敵視され、たとえ団体たる実体を備えた社会的存在であっても、法が人格を認めなければ法人ではない、という思想が適合的であったわけである(樋口陽一の「法人の人権」否認論を想起せよ)。
    法人格のない社団
    『権利能力なき社団』より : 権利能力なき社団(けんりのうりょくなきしゃだん、独nichtrechtsfähiger Verein)とは、社団としての実質を備えていながら法令上の要件を満たさないために法人としての登記ができないか、これを行っていないために法人格を有しない社団をいうドイツ法や日本法における概念。人格なき社団、ないしは任意団体ともいう。以下、日本法について概説する。 典型的なものとしては、設立登記前の会社、町内会の多く、入会集団(入会団体)、政党要件を満たさない政治団体、マンションの管理組合、サークル、学会などがある。組織の性質上、敢えて法人格を取らず、権利能力なき社団としている例もある(フリーメイソンリー、コミックマーケット準備会など)。法人としての実体が無いにもかかわらず、虚偽の法人登記によって設立された法人を、俗に「ペーパーカンパニー」と呼ぶが、権利能力なき社団は、ペーパーカンパニーとは異なる概念である。但し、「権利能力なき社団」と称して活動していても、権利能力なき社団としての実体が無く、主たる組織又は個人の存在を隠して活動している事例もあり、このようなものとして「フロント企業」などがある。
    法人格のない財団
    『権利能力なき社団』より : 権利能力なき社団(けんりのうりょくなきしゃだん、独nichtrechtsfähiger Verein)とは、社団としての実質を備えていながら法令上の要件を満たさないために法人としての登記ができないか、これを行っていないために法人格を有しない社団をいうドイツ法や日本法における概念。人格なき社団、ないしは任意団体ともいう。以下、日本法について概説する。 典型的なものとしては、設立登記前の会社、町内会の多く、入会集団(入会団体)、政党要件を満たさない政治団体、マンションの管理組合、サークル、学会などがある。組織の性質上、敢えて法人格を取らず、権利能力なき社団としている例もある(フリーメイソンリー、コミックマーケット準備会など)。法人としての実体が無いにもかかわらず、虚偽の法人登記によって設立された法人を、俗に「ペーパーカンパニー」と呼ぶが、権利能力なき社団は、ペーパーカンパニーとは異なる概念である。但し、「権利能力なき社団」と称して活動していても、権利能力なき社団としての実体が無く、主たる組織又は個人の存在を隠して活動している事例もあり、このようなものとして「フロント企業」などがある。
    法人税
    法人税(ほうじんぜい、英語:Corporate Tax)とは、法人の所得金額などを課税標準として課される税金、国税で、直接税、広義の所得税の一種。 根拠 法人税の課税根拠については、私法上の議論を踏まえて、次の2つの考え方に分かれる。 法人擬制説 - 法人は、単に法的に擬制された存在であって、所得は株主や出資者のものであり、法人税はこれらの者に対する所得税の前取りである。したがって、法人税は、個人所得税の源泉徴収と同一視でき、経済的二重課税は個人において排除すれば足りることから、税率も平均税率でよいこととなる。 法人実在説 - 法人は、個人から別個独立した権利能力を有する法的主体であるから、課税面においても法人自らが納税主体になりうる。したがって、法人には個人と同様に担税力に差異があることから、税率は累進税率を適用すべきである。さらに、法人所得税と個人所得税の間には経済的二重課税は生じず、その排除措置を講ずる必要はないこととなる。なお、この説は法人独立説と呼ばれることもある。 法人税転換の理論 経済学の法人税転換の理論では、法人税は利益の減少を通じて一部を株主、賃金の低下を通じて一部を労働者、モノ・サービスの価格の上昇を通じて一部を消費者がそれぞれ負担する。
    法人ノ役員処罰ニ関スル法律
    法人ノ役員処罰ニ関スル法律(ほうじんのやくいんしょばつにかんするほうりつ、大正4年法律第18号)とは、法人の役員等による法人を消滅させる行為を規制する日本の法律。1915年(大正4年)6月21日に公布され、同年7月1日より施行されている。 条文 法人ノ業務ヲ執行スル社員、取締役、会計参与、執行役、理事、監査役又ハ監事ニシテ刑事訴追又ハ刑ノ執行ヲ免レシムル為合併其ノ他ノ方法ニ依リ法人ヲ消滅セシメタル者ハ五年以下ノ懲役ニ処ス (法人の業務を執行する社員、取締役、会計参与、執行役、理事、監査役又は監事であって、刑事訴追又は刑の執行を免れさせるために、合併その他の方法によって、法人を消滅させた者は、5年以下の懲役に処する。
    法人の役員処罰に関する法律
    『法人ノ役員処罰ニ関スル法律』より : 法人ノ役員処罰ニ関スル法律(ほうじんのやくいんしょばつにかんするほうりつ、大正4年法律第18号)とは、法人の役員等による法人を消滅させる行為を規制する日本の法律。1915年(大正4年)6月21日に公布され、同年7月1日より施行されている。 条文 法人ノ業務ヲ執行スル社員、取締役、会計参与、執行役、理事、監査役又ハ監事ニシテ刑事訴追又ハ刑ノ執行ヲ免レシムル為合併其ノ他ノ方法ニ依リ法人ヲ消滅セシメタル者ハ五年以下ノ懲役ニ処ス (法人の業務を執行する社員、取締役、会計参与、執行役、理事、監査役又は監事であって、刑事訴追又は刑の執行を免れさせるために、合併その他の方法によって、法人を消滅させた者は、5年以下の懲役に処する。
    法人格
    『権利能力』より : 権利能力(けんりのうりょく)とは、ドイツ民法学やその影響を受けた民法学(日本民法学を含む)において、私法上の権利・義務の帰属主体となり得る資格をいう。ドイツ語の「Rechtsfähigkeit」の訳語である(「権利能力がある」は「rechtsfähig」)。フランス民法における「私権の享有」に相当する概念であり、日本の民法3条は「権利能力」の語は用いずにこの表現によっている(民法第2章第1節の節名もかつては「私権の享有」であったが、現代語化の際に「権利能力」に改められた。)。すぐれて近代的な概念であり、身分によって享有しうる私法上の権利義務に差異のある中世的な世界観を打破した点に、この概念の意味がある。 以下、日本法における権利能力について解説する。 権利能力の主体としての「人」 権利能力を有する主体は講学上「人」と呼ばれ、自然人と法人に分類される。すなわち、権利能力を有するということは法的な意義において人格を有するということであり、したがって、権利能力の同義語として法人格(ほうじんかく, Rechtspersönlichkeit)という用語が用いられることがある。
    法人成り
    法人成り(ほうじんなり)とは、個人事業者が手続きを行い、株式会社や有限会社などの法人に成り代わることである。
    法人成りを行うことにより、個人事業者として経営を行うよりも利益を得られる場合がある。
    個人事業者の利益に対しては所得税が課せられるのに対し、法人に対しては法人税が課せられる。
    所得税は超過累進課税で計算されるため、利益を得れば得るほど税金をひかれる。
    それに対し、法人税の税率は常に一定であるため、ある水準の所得を超えた場合、法人の方が有利である。
    消費税は2年前の課税売り上げ金額に応じて課せられるので、新設の法人はそれがないため、結果として免除されることとなる。
    尚、資本金が1,000万円以上の法人の場合は特例で課税される。

    法人臨時特別税
    法人臨時特別税 (ほうじんりんじとくべつぜい) は、1990年に勃発した湾岸戦争に係る平和回復活動の支援のため、湾岸地域における平和回復活動を支援するため平成二年度において緊急に講ずべき財政上の措置に必要な財源の確保に係る臨時措置に関する法律(平成3年3月13日法律2号)に基づいて、法人の1991年(平成3年)4月1日から1992年(平成4年)3月31日までの期間(指定期間)内に終了する事業年度について臨時的・時限的に課された税金である。 法人臨時特別税の課税標準は、法人の法人税額(基準法人税額)から年当たり300万円を控除した残額(課税標準法人税額)であり、これに税率2.5%を乗じて税額が算出された。
    法人特別税
    法人特別税(ほうじんとくべつぜい)は、法人特別税法(平成4年3月31日法律第15号)に基づいて、法人の1992年(平成4年)4月1日から1994年(平成6年)3月31日までの期間に終了する事業年度について時限的に課された税金。 法人特別税の課税の仕組みは、法人臨時特別税とほぼ同様であるが、基準法人税額から控除する金額が、年当たり400万円であった点が異なっている。
    法人登記
    法人登記(ほうじんとうき)とは、会社以外の法人についての登記及び登記制度のこと。 法人は、一般的には登記がなければ成立しない。かつては、公益法人(社団法人・財団法人)の場合は、主務官庁の許可で成立するものとされていたが、法改正により、2008年12月1日以降は一般社団法人・一般財団法人として登記で成立することとなる。他に主務官庁の許可により成立する法人としては社会福祉法人がある。 法人登記は法務局(いわゆる登記所)に対して行い、各法人の根拠法の定める事項を登記官が法人登記簿に記載することにより完了する。 法人登記は不動産登記と同様、公示機能を果たしており、法人登記の場合は名称、主たる事務所の所在地、役員(理事や取締役など)、法人の目的などが記載されている。そのため、法人登記は誰でも閲覧することができ、手数料を支払えば謄本(登記事項証明書)を得ることもできる。 法人登記の謄本(登記事項証明書)は法人が活動する場合、その法人が実在することを証明するものとして使用され、個人の住民票や戸籍謄本のように法人の登記簿謄本が使用される。
    当サイト全体から「法人」に関するページを抽出しました。
    法人に関する知恵袋-質問集
    法人に関する最新ニュース
    法人に関する教えてGOO-質問集
    19/06/16
    ★犯罪者『大竹 夏夫』弁護士が逃げ切る算段は?⇒国株運営『教えてgoo』にナチスの手口を学ば...→見る
    19/06/16
    ●犯罪者『大竹夏夫』弁護士と検察官僚の逃げ得か?当質問が1時間毎に削除されておる事実を報...→見る
    19/06/16
    ●弁護士法に唾吐く犯罪者『赤羽 宏』弁護士の現実※当質問が1時間毎に削除される事実を報道...→見る
    19/06/16
    ペット不可のアパートで猫を2匹飼っているのがばれてしまいました ばれる前に引っ越そうとペ...→見る
    19/06/16
    国立で良い成績で入り、学費などが免除になるように頑張っているのですが、学費などが免除...→見る
    19/06/15
    福祉の職員に暴言吐かれたり、言葉の暴力受けてきました、苦情出してもあらゆる場所が不問...→見る
    19/06/15
    市営住宅の連帯保証人がいないです。 連帯保証協会のようなところがあるのでしょうか? 宜し...→見る
    19/06/15
    静岡県 霊友会弥勒山(宗教法人)について教えてください→見る
    19/06/15
    シニアを雇用すると?→見る
    19/06/15
    相続した土地に他人の資材が置かれていますが、借り主も死んでいて誰に資材撤去を要求して...→見る
    法人に関する人力検索-質問集
    19/03/29
    中国(上海)に置いたPCを遠隔操作する方法はあります…→見る
    法人に関するナレッジ知識-質問集
    法人に関するtwitterつぶやき
    法人に関するブログサイト
    法人に関する最新書籍一覧
    法人に関する動画コンテンツ
キャッシング比較/ FX比較/ クレジットカード比較/ キャッシング申込み/ カードローン比較/ ETCカード比較/ レディースローン申込み/ 宅建過去問題/ マンション管理士過去問題/ 管理業務主任者過去問題/ ネット証券比較/ 目的ローン申込み/ 担保ローン申込み/ 住宅ローン申込み/ おまとめローン申込み/ 事業者ローン申込み/ 学生ローン申込み/ レディースローン申込み/ 女性R&B/ 賃貸マンション/ ビジネス板/ キャッシング キャンペーン/ ローン キャンペーン/ FX キャンペーン/ ネット証券 キャンペーン/ クレジットカード キャンペーン/ ETCカード キャンペーン/ キャッシング最新情報/ カードローン最新情報/ ETCカード特典/ クレジットカード特典/ FXビギナー/ ネット証券ビギナー/ 手形割引比較/ レディースキャッシング比較/ 主婦ローン比較/