タグ : 株式会社

株式会社マネックスFX、スマートフォン向けFX取引アプリケーション 「FX anywhere」提供開始のお知らせ

  • 株式会社マネックスFX、スマートフォン向けFX取引アプリケーション 「FX anywhere」提供開始のお知らせに関する記事・解説はこちら 
    2011年3月30日 at 11:53 AM
  • 株式会社マネックスFX、「ダイヤモンド・ザイFX アプリデモトレ王(キング)決定戦!」実施のお知らせに関する記事・解説はこちら 
    2010年9月21日 at 4:44 PM
  • 為替24/くりっく365[スター為替証券株式会社]詳細情報を追加しましたに関する記事・解説はこちら 
    2010年8月24日 at 12:02 AM
  • アプローズFX[株式会社フォレックス・トレード]詳細情報を追加しましたに関する記事・解説はこちら 
    2010年8月12日 at 8:38 PM
  • エースでねらえ!FX[エース交易株式会社]詳細情報を追加しましたに関する記事・解説はこちら 
    at 8:18 PM
  • カブドットコムFX[カブドットコム証券株式会社]詳細情報を追加しましたに関する記事・解説はこちら 
    at 5:01 AM
  • M2JマネースクウェアジャパンFX[株式会社マネースクウェア・ジャパン]詳細情報を追加しましたに関する記事・解説はこちら 
    2010年7月19日 at 10:22 PM
  • ドルフィンFX[株式会社小林洋行]詳細情報を追加しましたに関する記事・解説はこちら 
    2010年7月14日 at 7:12 AM
  • FX Online Japan[エフエックス・オンライン・ジャパン株式会社]詳細情報を追加しましたに関する記事・解説はこちら 
    2010年7月12日 at 3:58 PM
  • 外為オンライン[株式会社外為オンライン]詳細情報を追加しましたに関する記事・解説はこちら 
    2010年6月28日 at 12:15 PM
  • セゾン外貨FX[セントラル短資FX株式会社]詳細情報を追加しましたに関する記事・解説はこちら 
    2010年6月25日 at 8:31 PM
  • 外為EX(サイバージェントFX)[株式会社サイバーエージェントFX]詳細情報を追加しましたに関する記事・解説はこちら 
    at 3:29 AM
  • INV@ST「FX24」[インヴァスト証券株式会社]詳細情報を追加しましたに関する記事・解説はこちら 
    at 3:21 AM
  • サクソバンクFX[サクソバンクFX株式会社]詳細情報を追加しましたに関する記事・解説はこちら 
    2010年6月24日 at 11:00 PM
  • フォレックスライン[フェニックス証券株式会社]詳細情報を追加しましたに関する記事・解説はこちら 
    at 9:33 AM
  • 121トレーダー/ロボットFX[121証券株式会社]詳細情報を追加しましたに関する記事・解説はこちら 
    at 9:32 AM
  • FOREX.com[フォレックス・ドットコムジャパン株式会社]詳細情報を追加しましたに関する記事・解説はこちら 
    at 9:31 AM
  • 外為どっとこむ[株式会社外為どっとコム]詳細情報を追加しましたに関する記事・解説はこちら 
    at 9:30 AM
  • マネックスFX[マネックス証券株式会社]詳細情報を追加しましたに関する記事・解説はこちら 
    2010年6月23日 at 7:21 PM
  • ひまわりFX[ひまわり証券株式会社]詳細情報を追加しましたに関する記事・解説はこちら 
    at 7:21 PM
  • 株式会社に関するWikipedia情報
    株式会社
    株式会社(かぶしきがいしゃ)とは、細分化された社員権(株式)を有する株主から有限責任の下に資金を調達して株主から委任を受けた経営者が事業を行い、利益を株主に配当する、『法人格』を有する企業形態である。 国際的に見た株式会社の一般的特質 ヨーロッパ諸国、アメリカ、日本の会社法を比較研究したKraakman et al. (2004) は、株式会社の特質は、(1)法人格、(2)出資者(株主)の有限責任、(3)持分の自由譲渡性、(4)取締役会への経営権の委任(所有と経営の分離)、(5)出資者(株主)による所有の5点にあるとし、この五つを兼ね備えたものが株式会社の基本形であるとする。そして、市場経済の国においては、ほとんどすべての大規模企業がこれら5点の特徴を備えていると指摘している。日本の株式会社の中のいわゆる公開会社、ドイツの株式会社(AG)、フランスの株式会社(SA)、アメリカのコーポレーションの中の公開会社(public corporation)、イギリスの株式有限責任会社(company limited by shares)の中の株式有限責任公開会社(public company limited by shares)はこれに当たる。
    株式会社ニッポン放送
    『ニッポン放送』より : 株式会社ニッポン放送(ニッポンほうそう、Nippon Broadcasting System, Inc.)は、関東広域圏を放送対象地域とする中波放送(AM放送)の特定地上基幹放送事業者である。 フジテレビジョンなどとともにフジサンケイグループに属する。また、ニッポン放送グループ(全5社)の中核企業でもある。 略称・呼称はコールサイン「JOLF」からLF、旧法人設立から1967年(昭和42年)9月30日までの略称はNBS。 なお、本記事では1954年(昭和29年)4月13日から2006年(平成18年)3月31日までの旧会社(フジテレビジョン(現:フジ・メディア・ホールディングス)に吸収合併)および2006年(平成18年)4月1日に分割新設された現行会社について述べる。 2016年4月からのキャッチフレーズは「ワクワクいっぱい! ニッポン放送」。 東京地区で1950年代初頭に開局した民放のラジオ東京(現・TBSラジオ)・文化放送に続き、1954年に財界を中心とした約200社の出資で開局。
    株式会社コンパイル
    『コンパイル (テレビゲームソフト会社)』より : 株式会社コンパイルは、かつて存在した日本のソフトウェア開発会社。 コンピューターゲームの制作会社として知られ、1990年代に落ち物パズルゲーム『ぷよぷよ』で一世を風靡したことで知られるが、放漫経営が祟り後に経営破綻した。 概略 仁井谷正充によって1982年に広島市南区大須賀町に設立され、後に広島県佐伯郡大野町(後の廿日市市)を経て埼玉県所沢市に移転、2002年に解散している。キャッチコピーは「の〜みそ コネコネ コンパイル」であった。 会社設立 1982年、広島電鉄社員だった仁井谷正充が、コンピューターソフトの開発・情報誌の企画などを行うベンチャー企業として設立。古くはセガの下請けでの作品開発や移植、コンシューマゲーム機への移植やゲーム開発を行なった。1983年に『BEE&FLOWER』を開発した際は、「真紅ソフト」というブランド名を使ったが、以後は使用していない。 1980年代中盤には、『ザナック』『アレスタ』など良質なシューティングゲームで名を馳せ、1988年に発刊したMSX向けの『ディスクステーション』はディスクマガジンとして十三年続くこととなった。
    株式会社ミクシィ
    『Mixi』より : 株式会社ミクシィは、日本国内のソーシャル・ネットワーキング・サービス (SNS) であるmixiを運営する企業である。 mixiからの収益が減少する一方、2013年にサービス開始したスマートフォン向けゲーム「モンスターストライク」の収益が急拡大し、経営の新たな柱になりつつある。 事業概要 インターネットにおける求人広告事業とメディア事業の二つを行っている。求人広告事業が売上高の大部分を占めてきたが、メディア事業は立ち上げから急速な成長を遂げ、2012年(平成24年)3月期の売上高では前者と後者の比率がおよそ1:12となっている。 メディア事業「mixi」 日本初のソーシャル・ネットワーキングサイト。主な収入源はソーシャルゲームの課金収入と企業からの広告収入であり、それ以外にmixi内の有料サービス「mixiプレミアム」、Amazonアソシエイトでも収入を得ている。 求人広告事業「Find Job!」 IT系ベンチャー企業の求人情報を中心に扱うウェブサイトの運営を行っている。
    株式会社アイティフォー
    『アイティフォー』より : 株式会社アイティフォー(英: ITFOR Inc.)は、システムインテグレーション、ITコンサルティング、ソフトウェア開発、ネットワークサービスなどを提供する独立系の総合ITベンダーである。東証第一部上場。 会社概要 1972年に高千穂交易株式会社から分離独立し千代田情報機器としてスタートして以来、事業を拡大。2000年7月には株式会社アイティフォーへ商号を変更。2005年4月には東京証券取引所第二部へ上場。そのわずか11ヵ月後の2006年3月には東京証券取引所第一部に指定替えと成長路線を歩んでいる。もともと国内初のPOSシステムを開発し、丸井向けのシステム開発を長く手がけてきた。高収益企業として新聞や雑誌ランキング記事の上位に名前を連ねている。 事業内容 アイティフォーは企業の情報基盤である「ネットワークシステム」事業をベースに「フィナンシャルシャルソリューション」「コンタクトセンターシステム」「流通システム」「eコマースシステム」の5事業を主力ビジネスとしている。
    株式会社はてな
    『はてな (企業)』より : 株式会社はてなは、主にナレッジコミュニティサービス「人力検索はてな」やブログホスティングサービス「はてなブログ」「はてなダイアリー」、ソーシャルブックマークサービス「はてなブックマーク」などの開発・運営を日本で行なっている企業である。現在の代表取締役は栗栖義臣。 2001年7月19日、京都府京都市下京区に有限会社として設立。2004年2月1日に株式会社へ組織変更し、同年4月10日に東京都渋谷区に移転した。2008年4月、東京オフィスを営業拠点(本店)として残したまま、開発拠点(本社)を京都府京都市中京区に移転。同年5月に東京本店も目黒区中目黒に移転した。 2006年3月30日、アメリカのシリコンバレーに100%子会社「Hatena Inc.」を設立した。代表には日本と兼任で近藤が就任した。 2014年8月1日、近藤淳也が代表取締役会長に就任、栗栖義臣が代表取締役社長に就任。 ロゴマークは青と薄青の四角形で構成されたクエスチョンマーク。 沿革 2001年7月15日 - 人力検索サイトはてな(現:人力検索はてな)運営開始 2001年7月19日 - 京都府京都市下京区に有限会社はてな設立 2002年5月18日 - はてなアンテナサービス開始 2003年1月16日 - はてなダイアリーベータ版リリース 2003年3月13日 - はてなダイアリー正式版リリース 2004年1月1日 - はてなダイアリーキーワード(現:はてなキーワード)はてな編集権をはてなダイアリー市民に限定 2004年1月5日 - はてな掲示板いわしに書きこみできるユーザーを限定(はてなで質問を終えたことがあるか回答をしたことがある者のみに変更) 2004年1月23日 - はてなダイアリーブック注文受付開始 2004年1月27日 - デジタルコンテンツグランプリ受賞 2004年2月1日 - 株式会社に組織変更 2004年2月6日 - 第9回 AMD Award '03 Best Programmer賞受賞 2004年2月20日 - アンケートはてなサービス開始 2004年4月1日 - エイプリルフールネタとしてはてなダイアリーを「はてなブログ」と名称変更(1日限定) 2004年4月10日 - 東京都渋谷区に事務所(本社)を移転 2004年4月15日 - はてなカウンター提供開始 2004年4月23日 - はてなグループベータ版リリース 2004年5月20日 - はてなグループ正式リリース 2004年5月27日 - はてなダイアリーブックに縦書き機能搭載 2004年7月7日 - ビーケーワンと提携し、専門カテゴリー「bk1はてな」をスタート 2004年10月28日 - はてなフォトライフベータ版リリース 2004年11月5日 - はてな検索サービス開始 2005年1月14日 - はてなフォトライフ正式版リリース 2005年2月10日 - はてなブックマークベータ版リリース 2005年7月7日 - はてなマップベータ版リリース(現在はサービス終了) 2005年7月28日 - はてなグラフベータ版リリース 2005年11月7日 - はてなリングリリース 2006年3月30日 - 米国に「Hatena Inc.」を設立 2007年7月11日 - はてなスター、はてなメッセージリリース 2007年12月13日 - はてなハイク、はてなワールドベータ版リリース(はてなワールドは現在サービス終了) 2008年4月 - 本社を京都府に移転 2008年9月1日 - はてなダイアリーキーワードをはてなダイアリーから分離、はてなキーワードに改称 2008年12月24日 - 任天堂と協業し、うごメモシアター、うごメモはてなリリース 2009年5月6日 - はてな各サービスの総ユーザー数が100万人を突破 2009年11月 - はてなハイク2(仮称)ベータ版リリース 2010年10月1日 - はてなランドをリリースするも、同年10月15日にサービス終了 2011年11月7日 - はてなブログベータ版を招待制でリリース 2012年10月1日 - はてなOne、はてなまとめ(仮)、はてなハイク2 (仮称)、はてなリングと、8つのラボサービス(16x16、はてなSNS、はてなWordLink、はてなわんわんワールド、はてなニュース、はてなボトル、はてなロクロ、はてな検索プラス)を終了。
    株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律
    株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律(かぶしきがいしゃのかんさとうにかんするしょうほうのとくれいにかんするほうりつ、昭和49年4月2日法律22号)とは、商法(会社法)の株式会社についての特別法として1974年(昭和49年)に制定され、2006年5月1日に廃止された法律。通称、商法特例法(しょうほうとくれいほう)といわれていた。さらに略されて特例法と記述されてもいた。制定当時は監査特例法と通称されたが、その後、監査以外についての規定が次々と追加されていったため、商法特例法と呼ばれるようになった。 2005年の商法改正においては、商法から会社に関する条項を分離させて新たに「会社法」を制定し、商法特例法で規定されてきた条項は「会社法」に盛り込み、商法特例法は廃止された。(2005年7月26日公布。2006年5月1日施行。) 概要と立法趣旨 商法特例法は株式会社に対して、その会社の規模に応じた規制や手続、制度を定めた法律であった。後に詳述するが、重要財産委員会、監査役会制度、監査法人等の導入、書面によって株主総会での議決権を行使する制度(書面投票制度)、委員会等設置会社制度などが規定されている。
    株式会社マイカル
    『マイカル』より : 株式会社マイカルは、大阪市に本社を置き全国各地に総合スーパーなどを展開していた総合小売業者である。 近畿地方を中心に北海道や沖縄など一部地域を除く全国各地に事業を展開していたが、2011年3月1日にイオンリテールが吸収合併し消滅した。 社名のマイカル (MYCAL) は、Young & Young Mind Casual Amenity Lifeの略称、YM-CALを組み合わせたものを語源としている。合併直前までのコーポレートアイデンティティは、『もっと、心つなげること。もっと、幸せつながること。』であった。 1985年、CMにソフィー・マルソーを起用し、話題となる。 2001年9月に経営破綻し、会社更生法の適用を受け、イオン株式会社の支援により再建されることになる。2003年にイオンの完全子会社となり、2005年12月31日に更生手続きの終結決定がなされ、再建が完了。その後はイオングループの一員となった。イオングループの一員となったことで事業再編の対象となり、その一環である総合スーパー事業の再編が決定された。
    株式会社ジェイコム千葉
    『ジェイコム千葉』より : 株式会社ジェイコム千葉(ジェイコムちば)は、千葉県浦安市に本社を置き、放送法の定義する一般放送(有線一般放送)に基づく有線テレビジョン放送(ケーブルテレビ)3局(3施設)を運営し、放送(テレビ、ラジオ)、通信(インターネット、IP電話)を業務する、株式会社ジュピターテレコム(J:COM)の連結子会社である。会社呼称は「J:COM 千葉」。 沿革 1986年(昭和61年) 7月15日 「株式会社ケーブルネットワークやちよ」が設立。 9月19日 「株式会社木更津ケーブルテレビ」が設立。 1988年(昭和63年) 1月21日 「株式会社スーパーネットワークユー」として設立。 2005年(平成17年) 4月1日 株式会社ケーブルネットワークやちよ、および株式会社木更津ケーブルテレビを吸収合併。 商号を「株式会社ジェイコム千葉」に変更。 2011年(平成23年) 2月28日 木更津エリアで、地上放送の暫定的「デジアナ変換」を提供開始。 3月3日 YY八千代エリアで、地上放送の暫定的「デジアナ変換」を提供開始。
    株式会社トミー
    『トミー』より : 株式会社トミー (TOMY) は、三陽玩具製作所を始まりとする1953年創業の玩具会社。2006年3月1日、同業のタカラとの合併によりタカラトミーとなった。 ロゴは、「TOMY」。主力商品に「トミカ」・「プラレール」・「ゾイド」などがある。かつては「TOMIX」の名で鉄道模型を作っていたが後に、「トミーテック」に分社されている。 当時主な輸出先だったアメリカでも通用するよう、創業者の苗字「富山」をもじりトミーと名付けられる。 製造メーカーとしてスタートしており、問屋からスタートしたバンダイに比べると流通面で不利だったが玩具業界最大の商品開発陣を擁し技術面では評価を得て、「技術のトミー」と言われていた。 技術力は高いものの作り手の意見が先行して、身軽な経営が困難な体制になっていたことから三代目社長、富山幹太郎はバンダイのような身軽な組織になることを目的に開発陣を解体した。 一方、富山はバンダイやタカラに対してテレビキャラクターで出遅れたと考えていた。商品開発が業界内で最も早いとされているバンダイと比べて、商品開発に手間をかけすぎるトミーは、迅速な商品開発を必要とするテレビキャラクターを苦手としていた。
    株式会社Z会
    『Z会』より : Z会(ゼットかい、Z-KAI)は、株式会社増進会出版社(ぞうしんかいしゅっぱんしゃ、Zoshinkai Publishers Inc.)を持株会社とするZ会グループが提供する教育事業の名称、ならびに同社の完全子会社で事業会社である株式会社Z会(Z-kai Inc.)。 運営会社 かつては、株式会社増進会出版社自体が、「増進会」(愛称・Z会)の名称で通信教育事業等を行っていた。株式会社増進会出版社が通信教育事業を行い、関連会社の株式会社Z会対面教育が教室での教育事業を、株式会社Z会出版が出版事業を行っていた。 2006年2月1日に、事業を再編して持株会社制に移行。子会社であった株式会社Z会出版に、増進会出版社の事業を移管し、同時に株式会社Z会対面教育と合併させて、事業会社とし、株式会社Z会に商号(社名)変更した。これにより、株式会社増進会出版社は持株会社となった。 本社は静岡県駿東郡長泉町下土狩105-17。最寄り駅は三島駅。 現在は、教育関連事業の各社との資本提携、業務提携を積極的に行っている。 提携会社 株式会社市進 株式会社ウィザス 株式会社ZEホールディングス Z会概要 通信教育の対象は幼児・小学生・中学生・高校生・大学生・社会人向けと幅広い。
    株式会社ニシザワ
    『ニシザワ (スーパー)』より : 株式会社ニシザワは長野県上伊那地方を対象としてスーパーマーケットおよびショッピングセンター等を展開する企業である。 「荒木昌平」が1924年(大正13年)10月に西澤書店伊那支店を伊那市通り町に開設したのが始まりである。 1933年(昭和8年)に創業者の「荒木昌平」が病死したため昌平の妻・「荒木ちゃう」が店の営業を続けた。 1940年(昭和15年)に「荒木昌平」の長男「荒木茂」が営業に参画し、1942年(昭和17年)に「伊那西沢書店」として独立・開業した。 1948年(昭和23年)に「有限会社西澤書店」として法人化し、「荒木茂」が社長に就任した。 しかし、法人化の翌年、1949年(昭和24年)12月29日に大火で店舗焼失したため、書籍の取次会社が委託販売の書物を大量に送付してきていたことも重なって年間売上高の約3倍の買掛金だけが残る状況に陥った。 ところが、代替となる店舗をバラックで建てて、火事から4日後の1950年(昭和25年)1月2日に早くも本の正月初売りを行うところまで漕ぎ着けた。
    株式会社ホリプロ
    『ホリプロ』より : 株式会社ホリプロ(Horipro Inc.)は、日本の大手芸能事務所。 1960年5月に有限会社堀プロダクションとして設立され、1963年1月に株式会社へ改組し、社名をホリプロダクション(略称:ホリプロ)に改称。1990年10月に株式会社ホリプロへと2度目の改称、それまでの略称名が正式社名となった。 「芸能プロを一企業として社会に認知させたい」との思いから経営の健全化を進め、1989年に業界初の株式公開を果たし、1997年には東証2部上場、2002年9月には東証1部上場を果たした。しかし、2011年12月には、経営環境の変化から経営の自由度を確保するため、MBOによる上場廃止を発表した。 代表取締役会長兼社長堀義貴。創業者の堀威夫は、一貴(ホリプロ・エンターテインメント・グループ・インク社長)・義貴兄弟の父親で、現・ファウンダー最高顧問。 社名に個人名を付けたのは、東洋企画の分裂劇で追われたため、自らの会社である事をアピールするためであったという(堀威夫の項目も参照)。
    株式会社徳間書店
    『徳間書店』より : 株式会社徳間書店(とくましょてん、Tokuma Shoten Publishing Co., Ltd.)は、日本の出版社。エンタテインメント分野が中心。 新聞編集の東京タイムズ、音楽・映像ソフトの徳間ジャパンコミュニケーションズ、映画の大映、アニメのスタジオジブリ、ゲーム・パーソナルコンピュータの徳間書店インターメディア(TIM)、新聞印刷のトクマプレスセンターの各社を擁した「徳間書店グループ」を築いてその中核をなした。その後経営危機により徳間グループは解体され、現在は本来の出版業に専念している。 沿革 第二次世界大戦終結直後、言論統制の反動からか雨後の筍の如く勃興した新興新聞社の一つで、読売新聞社出身の竹井博友が1954年(昭和29年)の3月19日に興した東西芸能出版社が源流。芸能とゴシップ記事を中心とした『アサヒ芸能新聞』を発行していた。竹井自身は新聞界への情熱は持っていたようで、ほどなく東京で一般紙『日東新聞』を創刊している。しかし、この『日東新聞』創刊が裏目に出て東西芸能出版社の業績は急激に悪化。
    株式会社AIC
    『アニメ・インターナショナルカンパニー』より : 株式会社アニメインターナショナルカンパニー(英: Anime International Co., Inc. 通称:AIC)は、日本のアニメ制作会社である。練馬アニメーション協議会会員。 沿革 1980年のリメイク版『鉄腕アトム』のグロス請けを機に設立されたスタジオ「ドゥ・ビー」を母体として、1982年7月15日に設立。初代代表取締役社長は旧虫プロダクション出身の演出・プロデューサーである野村和史。野村の独立・A.P.P.P設立後の1985年5月、AIC設立に参加したイージー・ワールド・プロ出身の三浦亨が代表取締役社長に就任する。 1980年代後期のOVAブームに乗り、『戦え!!イクサー1』や『破邪大星ダンガイオー』など、平野俊弘による(美少女アニメの要素を多分に含んだ)ロボットアニメを多数発売したことで、注目を浴びる。1995年にはビデオメーカーのパイオニアLDC製作による『天地無用!魎皇鬼』の元請制作を受託し、テレビシリーズに本格進出。1990年代後半には出版部門を立ち上げ、「AICコミックLOVE」を創刊(2000年廃刊)。
    株式会社藤子・F・不二雄プロ
    株式会社 藤子・F・不二雄プロ(ふじこエフふじおプロ)は漫画家の藤子・F・不二雄が立ち上げた漫画制作会社。代表取締役社長は伊藤善章(元小学館プロダクション取締役)。所在地は東京都新宿区。通称「藤子プロ」。 元々は、藤子・F・不二雄と藤子不二雄Ⓐが「藤子不二雄」としてコンビを組んでいた時代に設立した「藤子スタジオ」に由来する。1987年のコンビ解消に伴い、藤子スタジオは藤子不二雄Ⓐ作品の漫画制作と著作権管理を引き継ぎ、藤子・F・不二雄作品については新たに設立した「有限会社藤子・F・不二雄プロ」が同様の業務を行うことになった。当時の代表取締役は藤子・F・不二雄(藤本弘)本人。藤子・F・不二雄没後に株式会社化し、代表取締役会長は夫人である藤本正子が、社長には伊藤が就任したが、藤本正子は2006年に退任。現在に至る。 藤子・F・不二雄の生前は、藤子・F・不二雄作品の著作権管理と漫画制作が主たる業務だった。 藤子・F・不二雄没後は、藤子・F・不二雄のライフワークを引き継ぐ形で所属漫画家(アシスタント出身)による『大長編ドラえもん』の続巻「のび太の南海大冒険」から「のび太のワンニャン時空伝」(最終巻)までの執筆、および『ドラえもん』を中心としたキャラクターグッズの製作管理を行うようになる。
    株式会社ペンシル
    『ペンシル』より : ペンシル (pencil) 鉛筆のこと。 黒鉛を芯とする筆記具の総称(シャープペンシルなど)。 ぺんしる、ゲーム制作会社。
    株式会社ディスコ
    『ディスコ (企業)』より : 株式会社ディスコ(英: DISCO Corporation)は、シリコンウェハー加工機器のトップメーカーである。広島県の呉市で創業した。 1937年5月に工業用砥石メーカーの「第一製砥所」として創業する。1968年12月にダイヤモンドを練り込んだ超極薄切断砥石「ミクロンカット」を発表。当時の切断機器では砥石の破断が相次いだため、自社で切断装置を開発することになる。その経緯は電子立国日本の自叙伝で詳しく取り上げられた。企業文化として’ディスコの常識は世間の非常識’がある。製造規格には定量化部分と主観部分が混在するが、製品の独自性は真似が出来ないものがある。 ディスコとは、旧社名(DaiIchi Seitosyo CO,. Ltd.)の英文略称が由来。 沿革 1937年5月 - 広島県呉市に工業用砥石メーカー「第一製砥所」として創業。 1940年3月 - 有限会社第一製砥所に組織変更。 1958年11月 - 株式会社第一製砥所に組織変更。 1968年12月 - 超極薄切断砥石「ミクロンカット」発表。
    株式会社ひのき
    『ひのき (ケーブルテレビ)』より : 株式会社ひのき(通称CUEtv)は、徳島県板野郡北島町に本社があるケーブルテレビ局である。旧称は北島CATV。2005年からは上板町でのサービスも開始した。 本社所在地 徳島県板野郡北島町江尻字妙蛇池27番地8 サービスエリア 徳島県板野郡北島町 徳島県板野郡松茂町 徳島県板野郡上板町 主な放送チャンネル 地上波系列別再送信局 テレビ局 デジタル放送はJC-HITSを導入している。 光ファイバーを引き込んだ加入者に対してBSデジタル放送・東経110度CSデジタル放送をパススルー方式で再送信しており、市販の受信機で視聴できる。 徳島県内のケーブルテレビ局でいち早く、サンテレビ・テレビ和歌山のデジタル放送を開始した局である。 WiMAXサービスを徳島県内のCATVで唯一実施している。サービスエリアは北島町・松茂町・上板町(全域)と藍住町・板野町(一部)。 2011年7月7日に自主放送内でデータ放送を開始した。データ放送を使った見守りサービスなど独自のサービスを行っている。
    株式会社衛星劇場
    『衛星劇場 (企業)』より : 松竹ブロードキャスティング株式会社(しょうちくブロードキャスティング、Shochiku Broadcasting Co.,Ltd)は、日本の衛星基幹放送事業者。松竹のグループ会社である。 1992年に「衛星映画演劇放送株式会社」(えいせいえいがえんげきほうそう)として設立し、同年12月1日、CS放送の映画専門チャンネル「衛星劇場」をスタートさせ放送業務を始めた。 主に日本映画を中心に、韓国・台湾作品などで編成されている映画専門チャンネル「衛星劇場」とドラマ専門チャンネル「ホームドラマチャンネル」を、CS(通信衛星)より全国のケーブルテレビやスカパー!プレミアムサービス、スカパー!(東経110度CS放送)等を通して配信している。 衛星放送事業の他、毎年に松竹制作の映画作品に多く出資している。過去には『たそがれ清兵衛』(2002年)『出口のない海』(2006年)『東京フレンズ』(2006年)等に関与し、松竹ブロードキャスティングになってからは『超高速!参勤交代』(2014年)にも関与している。
    当サイト全体から「株式会社」に関するページを抽出しました。
    株式会社に関する知恵袋-質問集
    株式会社に関する最新ニュース
    株式会社に関する教えてGOO-質問集
    20/04/05
    株式会社カネモリについて→見る
    20/04/05
    翔平05なんたらさんはかまちょなんですか? ただかまって欲しいだけですか? 無視するのが1番...→見る
    20/04/05
    調布駅から数分歩いた所に、石原軍団の石原プロモーション事務所がありますが、その事務所...→見る
    20/04/04
    これは哲学ですか?→見る
    20/04/03
    【至急】就活で企業とメールのやり取りをしている時に宛先を間違えてしまいました。 同時に2...→見る
    20/04/03
    どんなときもWi-Fiが全く繋がらないけどお金を取られる→見る
    20/04/02
    会社の意味を表すfirmとcompanyの違い→見る
    20/04/02
    株価あがると企業も儲かる?→見る
    20/04/02
    見せ金。。。。。。。。。。。→見る
    20/04/02
    会社設立、、、、、、、、、、、、、→見る
    株式会社に関する人力検索-質問集
    株式会社に関するナレッジ知識-質問集
    株式会社に関するtwitterつぶやき
    株式会社に関するブログサイト
    株式会社に関する最新書籍一覧
    株式会社に関する動画コンテンツ
キャッシング比較/ FX比較/ クレジットカード比較/ キャッシング申込み/ カードローン比較/ ETCカード比較/ レディースローン申込み/ 宅建過去問題/ マンション管理士過去問題/ 管理業務主任者過去問題/ ネット証券比較/ 目的ローン申込み/ 担保ローン申込み/ 住宅ローン申込み/ おまとめローン申込み/ 事業者ローン申込み/ 学生ローン申込み/ レディースローン申込み/ 女性R&B/ 賃貸マンション/ ビジネス板/ キャッシング キャンペーン/ ローン キャンペーン/ FX キャンペーン/ ネット証券 キャンペーン/ クレジットカード キャンペーン/ ETCカード キャンペーン/ キャッシング最新情報/ カードローン最新情報/ ETCカード特典/ クレジットカード特典/ FXビギナー/ ネット証券ビギナー/ 手形割引比較/ レディースキャッシング比較/ 主婦ローン比較/