タグ : インデックス

住信SBIネット銀行とトレイダーズ証券、「ネットインデックス」などへのネット入金で決済提携開始

  • 住信SBIネット銀行とトレイダーズ証券、「ネットインデックス」などへのネット入金で決済提携開始に関する記事・解説はこちら 
    2010年11月20日 at 7:21 AM
  • インデックスに関するWikipedia情報
    インデックス
    インデックス(index) 索引 インデックスタブ。書類や書籍に索引用として挟み綴じる耳状の出っぱりをもつ用紙。 配列、ベクトル、行列、テンソルなどの添え字・添え数。 インデックス(記号)。「☞」など。 索引 (データベース)。データベースにおいて、テーブルの列に設定する検索速度を向上させるための索引情報。 指数。日経平均株価や東証株価指数など、株価指数・債券指数・物価指数といったものの総称。 インデックスファンド - 各種指数に連動した運用を目指す投資信託。 インデックス (1995年設立の企業) - かつて情報・通信関連事業を手掛ていた企業。 インデックス (2014年設立の企業) - 情報・通信関連事業を手掛ける澤田ホールディングスの100%子会社。 インテックス大阪の誤り。 INDEX -TRIXのファーストアルバム。 鎌池和馬のライトノベル『とある魔術の禁書目録』の略称。 同作品のメインヒロイン。インデックス (とある魔術の禁書目録)を参照。 誉田哲也の推理小説シリーズ「姫川玲子シリーズ」の、2014年刊行の短編集。
    インデックスレジスタ
    『レジスタ (CPU)』より : レジスタ(register)はコンピュータのプロセッサなどが内蔵する記憶回路で、制御装置や演算装置や実行ユニットに直結した、操作に要する速度が最速の、比較的少量のものを指す。 一般に、論理回路において、フリップフロップなどにより状態を保持する装置をレジスタと呼ぶ。コンピュータにおいては、プロセッサが内蔵しているそれを指す。プロセッサには、プログラムが読み書きできるレジスタ以外に、プロセッサ自身が動作するためのレジスタがあり、内部レジスタなどと呼ばれる。 論理回路において使われるレジスタという用語としては、たとえばレジスタ転送レベルなどがある。 プロセッサ内部のレジスタは、計算結果を一時的に保持したり、RAMやROMなどのメインメモリを読み書きする際のアドレスを保持したり、プロセッサや周辺機器の動作状態を保持・変更したりする。プロセッサの動作とは、極端にいえば、プログラムコードに従ってメインメモリとレジスタの間でデータを移送することだと表現できる。
    インデックス・ホールディングス
    株式会社インデックス(英: Index Corporation)は、かつて存在した日本の企業。2014年4月30日に民事再生手続廃止決定並びに保全管理命令を受け、同年7月31日に破産手続開始決定を受けた。セガサミーグループの企業である株式会社アトラス(旧:株式会社セガドリーム)から新設分割で設立された澤田ホールディングス株式会社の子会社である株式会社インデックスとは資本関係などは全くない別会社である。 本項では2010年10月1日から2013年10月31日までアトラスブランドなどを手掛けていた旧:株式会社インデックスや、持株会社であったインデックス・ホールディングスについて記述する。 インターネットや携帯電話向けコンテンツの製作・提供を中心に行い、ゲームやアミューズメントの各事業を行う企業を傘下に持っていた。 かつては企業買収や第三者増資割り当てなどによる資本参加を積極的に行っていたが、取引銀行であった日本振興銀行が破綻した2010年以降は経営難に陥り、経済誌などの「倒産危険ランキング」では常に上位にランクインし、かつ現金前払い取引以外はインデックスと取引停止にする企業も増えていた。
    インデックスカラー
    インデックスカラー(indexed color)とはビットマップ画像の一種。画素(ピクセル)毎に色を直接指定するのではなく、カラーマップと呼ばれる色定義テーブルの参照番号を指定して画像を表現する形式。 ロゴマークなどのデザイン画の場合、1枚の画像の中で使用されている色の数が限られている事が多い。この場合、あらかじめ使用している色を「色番号1は赤30%・緑20%・青40%、色番号2は赤4%・緑92%・青8%...」のように色番号で定義しておき、画素毎のデータとしてはこの色番号を指定するようにすれば、高い色解像度を持ちつつデータ量を大幅に抑える事ができるようになる。このような色表現の事を「インデックスカラー(indexed color)」と呼ぶ(「疑似カラー(pseudo color)」という語が使われることもあるが、疑似カラーとはふつう、本来モノクロームである画像に対して虹色等の彩色を施した画像のこと(Pseudo-color)である。
    インデックスミュージック
    株式会社ティー ワイ エンタテインメント(T.Y.Entertainment Inc.)は、日本の音楽出版会社。 主にアニメやゲームに関連したCD・DVDの企画・制作を行う。販売は主にCDをキングレコードに、主にDVDをポニーキャニオンに委託している。 2006年4月1日にアイシーアベニュー音楽出版から商号を変更し設立、インデックス・ホールディングス全額出資の完全子会社(同じく子会社である現インターチャネル・ホロンの出資を含む)として発足した。これまでのNECアベニュー・インターチャネルが行ってきた音楽・映像事業を引き継ぐ形となり、アニメ・ゲーム・キッズ向けをターゲットとした音楽・映像ソフトを発売するとともに、インデックスグループでの音楽・映像事業の中核企業としてだけでなく、インデックスが得意とするモバイルコンテンツや、グループ会社であるタカラトミー、マッドハウス、タツノコプロなどの各種作品とのシナジー効果も期待されていた。
    インデックス ミュージック
    『インデックスミュージック』より : 株式会社ティー ワイ エンタテインメント(T.Y.Entertainment Inc.)は、日本の音楽出版会社。 主にアニメやゲームに関連したCD・DVDの企画・制作を行う。販売は主にCDをキングレコードに、主にDVDをポニーキャニオンに委託している。 2006年4月1日にアイシーアベニュー音楽出版から商号を変更し設立、インデックス・ホールディングス全額出資の完全子会社(同じく子会社である現インターチャネル・ホロンの出資を含む)として発足した。これまでのNECアベニュー・インターチャネルが行ってきた音楽・映像事業を引き継ぐ形となり、アニメ・ゲーム・キッズ向けをターゲットとした音楽・映像ソフトを発売するとともに、インデックスグループでの音楽・映像事業の中核企業としてだけでなく、インデックスが得意とするモバイルコンテンツや、グループ会社であるタカラトミー、マッドハウス、タツノコプロなどの各種作品とのシナジー効果も期待されていた。
    インデックス大阪
    『インテックス大阪』より : 大阪国際見本市会場(おおさかこくさいみほんいちかいじょう)は、大阪市住之江区にある国際展示場。一般財団法人大阪国際経済振興センターが運営する。1985年に港区朝潮橋から移転・開場した。インテックス大阪(Intex Osaka= International Exhibition Center)という愛称が付けられている。 前史 1954(昭和29)年4月、日本で初めての国際見本市となる「日本国際見本市」が大阪の本町会場(現・マイドームおおさか)と港会場(現・八幡屋公園)の2か所で開催された。翌年は東京で開催し、以降、国際見本市は隔年ごとに東京と大阪で開催されることになった。 大阪市はこの第1回国際見本市の港会場跡地と隣接する大阪市立運動場の敷地に1956(昭和31)年、恒久展示場として「大阪国際見本市港会場」を開設。1959(昭和34)年には第2号館を増設し、敷地を拡大した。1985(昭和60)年に現在地に移転するまで大阪における大型見本市の拠点会場であった。 施設概要 「インテックスプラザ」(ドーム状の屋根空間)、「スカイプラザ」(開放空間)という名称の広場の周囲に1号館から6号館まで「コ」の字の形に6つの展示館が配置されている。
    インデックスカタログ
    インデックスカタログ(Index Catalogue 、IC)は、ジョン・ドレイヤーによってニュージェネラルカタログ(NGC)を補遺するため作られた星団や星雲、銀河を収載した2つの天体カタログのことである。ICの略称で呼ばれることが多い。 1894年にまず1,529個の天体を収載した星表が発表され、さらに1908年に3,857個の天体を追加した星表が発表された。天体はNGCと同じく、それぞれICと2IC中で独立に1860年の分点に基づいて赤経順に収載されている。特に区別する必要がある場合には前者をインデックスカタログ(IC)、後者をセカンドインデックスカタログ(2IC)とするが、通常は両方とも区別せずインデックスカタログ(IC)と表記する。 2ICが編纂された時代には天体写真による観測が普及しはじめたため、2ICでは等級の低い銀河の収載が多くなっている。また1900年の分点に基づいた赤道座標も併記されている。 1988年に作られたNGC 2000.0カタログにはIC、2IC収載天体も合わせて2000年分点に座標を変換して収載されている。
    インデックス・コミュニケーションズ
    株式会社ジャック・メディア(Jacke Media)は、日本の出版社である。以前は株式会社インデックス・コミュニケーションズであったが、インデックスの株式譲渡に伴うインデックスグループ離脱後に現在の社名に変更された。 主に若者向けファッション誌やライフスタイル誌、料理レシピ誌などの各種雑誌・ムック、ビジネス書、自己啓発書、雑学・教養書、実用書などを発行していたが、モール・オブ・ティーヴィーに出版事業を譲渡している。 2015年現在、雑誌「KERA」と連動した通販事業や直営ショップ「KERA SHOP」を展開している。 沿革 1979年7月 オーエス出版株式会社創業 2001年5月 インデックスの出版部門として、株式会社ヌーベルグー設立。英知出版の系列出版社バウハウスから一部出版事業の譲渡を受ける 2002年10月 ヌーベルグー、株式会社インデックス・マガジンズに社名変更 2003年7月 オーエス出版、インデックス・マガジンズの子会社になる 2004年5月 オーエス出版、株式会社インデックス・コミュニケーションズに社名変更 2005年9月 インデックス・マガジンズとインデックス・コミュニケーションズが合併、株式会社インデックス・コミュニケーションズになる 2009年8月 株式譲渡によりグループを離脱し、後に株式会社ジャック・メディアに社名変更。
    インデックスロック
    インデックスロック(Index Locking)とは、データベースで使用されるロック手法の一種。データベースのテーブルを使用するタスクがテーブル全体をロックして他のタスクがアクセスできないようにするものである。「インデックス」のロックであるため、データ自体だけではなく、そのカラムに対応したインデックスをロックする必要がある。インデックスロックは、ある関数がテーブルを使っている間、それが変更されないことを保証することで衝突を防ぐ。 インデックスロックが必要となる状況として以下のような場合がある。 ルートページに新たなレベルを追加するとき ルートページを縮小するとき ルートページの直下のオブジェクトを分割/縮小することによって、ルートページが更新されるときインデックスロックを必要としない状況として以下のような場合がある。 インデックスレベルが3以下の小さなテーブルを使用している場合 インデックスのルートページの変更が予測されている場合。
    インデックスファンド
    インデックスファンドとは、ファンドの基準価額がある指標(インデックス)と同じ値動きを目指す運用をする投資信託のこと。パッシブファンドとも呼ばれる。 通常当該ファンドがベンチマークとする株価指数に採用されている銘柄群と全く同様の銘柄構成を採り、各企業の株式のファンドへの組み入れ比率も株価指数への影響度に比例した割合となる。 また株価指数の銘柄入れ替えが発生した際には、当該ファンドも指数の対象から外れた企業の株式を売却し、新たに指数に採用された企業の株式を購入する動きを取ることから、指数から外れた企業にとっては株価の下落要因に、新規採用企業にとっては株価の押し上げ要因となる。 歴史、背景、理論 大多数の投資信託の運用成果はインデックスに及ばない。このことは学界では知られていたが、バートン・G・マルキール(Burton Malkiel)が1973年に著した『ウォール街のランダム・ウォーク』(A Random Walk Down Wall Street)によって一般に広く知られることとなった。
    当サイト全体から「インデックス」に関するページを抽出しました。
    インデックスに関する知恵袋-質問集
    インデックスに関する最新ニュース
    インデックスに関する教えてGOO-質問集
    19/12/13
    投資信託やETFの信託報酬って信用建玉でもかかるのでしょうか?→見る
    19/12/13
    電子メモパッド(?)を探しています→見る
    19/12/12
    インデックスに活字で打ちたい。そして使える機器を探しています。→見る
    19/12/11
    CSV保存マクロ→見る
    19/12/10
    エクセルマクロで複数条件抽出、1000円未満非表示、結果統合の方法について→見る
    19/12/10
    【修正希望】【マクロ】元データから別表のランキング表へデータを抽出したい→見る
    19/12/10
    VBAでEXCELからACCESSへデータを更新する方法→見る
    19/12/10
    エクセルから .txtで保存するときにセル間の空白を半角スペースにしたい→見る
    19/12/09
    投資信託の運用方法に関する疑問→見る
    19/12/08
    素人でも向いている資産運用は有りますか? とりあえず現金50万円くらいからハイリターンは...→見る
    インデックスに関する人力検索-質問集
    インデックスに関するナレッジ知識-質問集
    インデックスに関するtwitterつぶやき
    インデックスに関するブログサイト
    インデックスに関する最新書籍一覧
    インデックスに関する動画コンテンツ
キャッシング比較/ FX比較/ クレジットカード比較/ キャッシング申込み/ カードローン比較/ ETCカード比較/ レディースローン申込み/ 宅建過去問題/ マンション管理士過去問題/ 管理業務主任者過去問題/ ネット証券比較/ 目的ローン申込み/ 担保ローン申込み/ 住宅ローン申込み/ おまとめローン申込み/ 事業者ローン申込み/ 学生ローン申込み/ レディースローン申込み/ 女性R&B/ 賃貸マンション/ ビジネス板/ キャッシング キャンペーン/ ローン キャンペーン/ FX キャンペーン/ ネット証券 キャンペーン/ クレジットカード キャンペーン/ ETCカード キャンペーン/ キャッシング最新情報/ カードローン最新情報/ ETCカード特典/ クレジットカード特典/ FXビギナー/ ネット証券ビギナー/ 手形割引比較/ レディースキャッシング比較/ 主婦ローン比較/