タグ : ネット

住信SBIネット銀行、「くりっく365」口座開設で現金5000円プレゼントキャンペーンを実施

  • 住信SBIネット銀行、「くりっく365」口座開設で現金5000円プレゼントキャンペーンを実施に関する記事・解説はこちら 
    2011年5月30日 at 12:49 PM
  • 住信SBIネット銀行、Amazon.co.jpへの決済サービスを提供に関する記事・解説はこちら 
    2011年4月13日 at 1:28 PM
  • 12月中に行われているFX・ネット証券キャンペーン一覧に関する記事・解説はこちら 
    2010年12月8日 at 5:28 PM
  • 住信SBIネット銀行、店頭為替証拠金取引「Oh! FX」に低レバレッジコースを追加に関する記事・解説はこちら 
    2010年11月27日 at 3:47 PM
  • 住信SBIネット銀行とトレイダーズ証券、「ネットインデックス」などへのネット入金で決済提携開始に関する記事・解説はこちら 
    2010年11月20日 at 7:21 AM
  • 住信SBIネット銀行、イオンクレジットサービスと提携し「口座振替サービス」を開始に関する記事・解説はこちら 
    2010年10月27日 at 12:40 PM
  • ネットに関するWikipedia情報
    ネット
    ネット Net 網。 ネットワーク(network)の略。 インターネット(internet)。 トップレベルドメインの一つ。「.net」 東京・生活者ネットワーク(地域政党)の略称。 純粋な、正味の、中身だけの、そのものの、などを意味する英語。nettとも。 ネットウエイト(net weight) - 正味重量。風袋(包装、パレットなど)を含まない重量。 ネット値(NET値) - 自動車用語でエンジン出力表示のひとつ。SAEで定められた計測方法でもあり、エンジンを車両搭載した状態とほぼ同じ条件で測定したもの。エンジン単体の場合は「グロス値」と呼ばれる。変速機や差動装置での駆動損失が引かれる分、グロス値よりも全体的な出力数値は低めなものとなりやすい。しかし、より現実の走行状況を反映した数値であるとも言える。なお、シャシダイナモやダイナパックで計測される数値は原則として全てネット値である。日本車では1987年、アメリカ車では1971年を境にグロスからネットへの移行が進められた。 住宅地のネット密度とは、道路や公園など、宅地(住宅敷地)以外の面積を除いた面積に対する正味の人口密度を指す。
    ネットチェンジ
    ネットチェンジとは放送局がそれまでの系列(ネットワーク)と異なる系列に変わることを指す。 ここでは主に日本での事情・事例について記す。 日本では1960年代になってテレビの全国ネットが確立されてくると、特に、全国紙を発行する新聞社と東京キー局相互の連携も強化されるようになり、地方局もまた、東京キー局、及び関連の新聞社の系列に入るようになる。 特に大阪では、朝日新聞社と関わりの深い日本教育テレビ(NETテレビ、現:テレビ朝日)系列の全国ネット・ANNに毎日放送(MBS)、毎日新聞と関わりの深い東京放送(現:TBSテレビ)系列の全国ネット・JNNに朝日放送(ABC)が参加するという「腸捻転」と呼ばれる状態が長く続いた。 1975年3月31日、新聞社との資本連携を明確にするため、大阪での腸捻転がようやく解消された。こうして「ANN=朝日放送」、「JNN=毎日放送」という、新聞社にとって理想的なネットワークが確立することとなる(後述)。 1989年から1990年代にかけて、それまで1局から3局しかなかった地方都市(県)の4局化政策の構想に基づいて地方新局(いわゆる平成新局)が開局したが、主としてANNの新局が全国各地に相次いで誕生した(ANNは12局、他系列は2-3局)ことから、VHF局を中心としたNNN・NNS、あるいはJNNとのクロスネット(複数の系列局に加盟した放送局)を解消し、フルネット(マストバイ)に移行したり、それに伴うネットチェンジをしたりする放送局も増えた。
    ネットワークマーケティング
    『連鎖販売取引』より : 連鎖販売取引(れんさはんばいとりひき)とは、特定商取引法第33条で定義される販売形態のこと。日本では俗称としてマルチ商法、ネットワークビジネスなどと呼ばれることが多い。英語では"Multi-level marketing"(マルチ、マルチレベルマーケティング、MLM)あるいは"network marketing"(ネットワークマーケティング)と呼ばれる。"Multi-level marketing"は(マーケティングのシステムではなく)多段階報酬システム、"network marketing"は販売システムと使い分けていることがある。 連鎖販売取引と無限連鎖講は双方とも適用する法律が異なってはいるが、「連鎖販売取引」の商材の価値が価格と大きくかけ離れているような場合は、形式的には「連鎖販売取引」のようであっても、無限連鎖講と判断されることがある(無限連鎖講については「無限連鎖講の防止に関する法律」参照)。
    ネットダイヤ
    『ダイヤグラム』より : ダイヤグラム、ダイヤとは、交通機関の運行計画を表現した線図である。また交通機関の運行状況を指してダイヤという(「ダイヤの乱れ」、「正確なダイヤ」など)。鉄道におけるものが有名であるが、鉄道以外の交通機関(バスなど)においても使用される(運行図表ともいう)。また、ダイヤグラムから各駅における停車時刻を抜き出して表にしたものを時刻表という。通常、英語の diagram は図形で視覚的に表現したもの(ダイアグラム)一般を指し、日本語における「ダイヤグラム」(交通機関の運行計画を表現した図)の意味はない。 鉄道におけるダイヤ 鉄道においては、列車の運行計画・スケジュールのことを「列車計画」あるいは「列車運行計画」などと呼び、それを図表に表したもののことを「列車運行図表」(トレイン・ダイヤグラム)という。ダイヤグラムはこの列車運行図表のことを指す言葉であったが、列車運行計画自体をダイヤと呼ぶようになり、列車運行図表のことは区別してダイヤ図などと呼ばれるようになっている。
    ネット型ファイルシステム
    『BTRON』より : BTRON(びーとろん、Business TRON)は東京大学の坂村健教授によって提唱されたTRON (コンピュータ) TRONプロジェクトの、ビジネス局面を担当するサブプロジェクトの一つ。そこで策定されたオペレーティングシステムやその構成部品の仕様など、おおむねパーソナルコンピュータ関連の内容を指す。本来特定の製品ではなく、あくまでも「仕様」を指す。が、実際にはBTRON仕様オペレーティングシステムのことをそのまま「BTRON」と呼ぶことも多い。現在この仕様に準拠したOSとしては、超漢字シリーズが発売されている。
    BTRONは他のTRONと同様、仕様だけが策定され、OSの細かな部分までが決められているわけではない。

    ネットワーク型ファイルシステム
    『BTRON』より : BTRON(びーとろん、Business TRON)は東京大学の坂村健教授によって提唱されたTRON (コンピュータ) TRONプロジェクトの、ビジネス局面を担当するサブプロジェクトの一つ。そこで策定されたオペレーティングシステムやその構成部品の仕様など、おおむねパーソナルコンピュータ関連の内容を指す。本来特定の製品ではなく、あくまでも「仕様」を指す。が、実際にはBTRON仕様オペレーティングシステムのことをそのまま「BTRON」と呼ぶことも多い。現在この仕様に準拠したOSとしては、超漢字シリーズが発売されている。
    BTRONは他のTRONと同様、仕様だけが策定され、OSの細かな部分までが決められているわけではない。

    ネットワークRPG
    『オンラインゲーム』より : オンラインゲーム(英: Online game)とは、主にオンラインによるコンピュータネットワークを利用したゲーム(コンピュータゲーム)。略して、オンゲー、ネットゲーム、ネトゲとも呼ばれる。 テーブルトークRPGのチャットプレイである「オンラインセッション」や投稿参加型のマルチユーザーゲームである「定期更新型オンラインゲーム」など、必ずしもコンピュータによるゲーム進行処理やリアルタイム処理を必要としないゲームプレイも、オンラインの場で多数のユーザーを集めて行うものはオンラインゲームと呼ぶこともある。 コンピュータネットワークを介して専用のサーバや他のユーザーのクライアントマシンであるパソコンやゲーム機と接続し、オンラインで同じゲーム進行を共有することができるゲームである。インターネットが普及した後のオンラインゲームのほとんどはインターネットを介して接続するようになっているが、それ以前にもLAN環境を利用したり、ダイヤルアップ接続でアクセスしたりするものは存在した。
    ネットワークゲーム
    『オンラインゲーム』より : オンラインゲーム(英: Online game)とは、主にオンラインによるコンピュータネットワークを利用したゲーム(コンピュータゲーム)。略して、オンゲー、ネットゲーム、ネトゲとも呼ばれる。 テーブルトークRPGのチャットプレイである「オンラインセッション」や投稿参加型のマルチユーザーゲームである「定期更新型オンラインゲーム」など、必ずしもコンピュータによるゲーム進行処理やリアルタイム処理を必要としないゲームプレイも、オンラインの場で多数のユーザーを集めて行うものはオンラインゲームと呼ぶこともある。 コンピュータネットワークを介して専用のサーバや他のユーザーのクライアントマシンであるパソコンやゲーム機と接続し、オンラインで同じゲーム進行を共有することができるゲームである。インターネットが普及した後のオンラインゲームのほとんどはインターネットを介して接続するようになっているが、それ以前にもLAN環境を利用したり、ダイヤルアップ接続でアクセスしたりするものは存在した。
    ネットゲーム
    『オンラインゲーム』より : ネットゲームは、多数の参加者が通信によって結びつき、相互関係(ネットワーク)が構成されるゲームのこと。新聞報道においては、オンラインゲームで統一されることが多い。また、オンラインゲームでの政治的活動は韓国では認められているが、日本の運営では認められていない。 プレイバイメール - 郵便(手紙)といった媒体を使う。 オンラインゲーム - コンピュータネットワークを使う。
    ネットラジオ
    『インターネットラジオ』より : インターネットラジオとは、インターネットプロトコルを通じて、主として音声で番組を配信するインターネットのコンテンツの一形態である。単にネットラジオ、またはウェブラジオ、ネトラジ、IRともいう。 ラジオと称してはいるが、電波ではなくインターネット上にて配信されるため、パソコン・スマートフォン等を利用し聴取する。 一定速度以上(配信元の配信設定に依存)の転送速度を持つインターネット接続環境と、再生ソフトを組み込んだパソコン・スマートフォンもしくはインターネットラジオ再生端末との組み合わせにより、技術的には世界中どこでも聴取が可能である。そのため、海外のクラシック音楽の演奏会やオペラの生放送を聴取したり、他言語学習の素材として用いる者もいる。 原理上、送信側も受信側と同様の条件で配信することができる。それまで最も簡便な放送手段であった、無線局免許状を必要としないミニFM局と比べても運用に必要な機器の入手や維持は容易であり、個人が全世界あてに情報を発信することも可能となった。
    ネット右翼
    『日本の右翼思想・左翼思想』より : ネット右翼(ネットうよく)とは、インターネット上で右翼・復古主義的な発言をする人物。略称はネトウヨ。 概念 意味 インターネットの電子掲示板上などで、右翼的、国粋主義的、国家主義的、復古主義的な主張をする人たちを意味する。ただし、後述するように、単に自尊自大で排外的な表現を用いる人たちを指したり、そのような集団心理的な傾向を指すこともある。略称はネトウヨだが、メディアによっては「ネット保守」という用語を使用するものもある。 近年になって形成された新しいスラング(俗語)であるため、後述するように論者によって意味内容が異なり、定義も曖昧である。概略的な意味としては、ネット上の右翼的、保守(≒復古主義)的、国粋主義的な性向を持つ人々を指すとされ、メディアによるレッテル貼りとして用いられているとの見方(濱野智史)もある。一方で、小林よしのりが、ネット右翼のことを「国家というものを持ち出しさえすれば自分自身の自意識を底上げできる、という人間」と批判し、櫻井よしこが「感情にまかせて単に半島に帰れなどと叫ぶとしたら、それは愛国でも保守でもありません。
    ネット左翼
    『日本の右翼思想・左翼思想』より : 嫌儲(けんもう、いやもう、けんちょ)とは、2ちゃんねるの書き込みなどを営利目的で転用する行為を嫌うこと、また嫌う人々を指す。他人が楽に儲けることに対する心情的反発といった意味合いがある。また、人が金儲けすることを嫌うことを意味し、川上量生によれば、クリエイターやコンテンツ制作者が金をもらうことを嫌うことも指すインターネットスラング。Web上で作られた造語であるため発音されることが少なく、正しい読みというものが確立されていない。読みは「けんちょ」のほか、「けんもう」、「いやもう」などの読み方もある。なお造語の提唱者は「いやちょ」や「いやもうけ」などと読んでもよいとしている。 発祥と経緯 2006年5月末に、匿名掲示板サイト2ちゃんねるにある電子掲示板(BBS)のひとつ「ニュース速報(VIP)板」の話題を収集して紹介していた「vip系ブログ」と呼ばれるブログサイト群が相次いで炎上して閉鎖される出来事があり、その騒動を傍観する立場から取り上げたブロガーにより、アフィリエイト付きのブログに対して強い批判を持つユーザーがなぜ多数いるのかを説明するために嫌韓(韓国などに対する悪感情を意味する語)をもじって提唱された。
    ネットいじめ
    近年、世界中で発生して問題になっており、インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・自治体も出てきている。
    ネットいじめは匿名性があるため、通常のいじめのように相手との物理的な力関係が軽視され、その意味が薄れる。また、ネットは監視に欠け、いじめが横行しやすい。直接的な対面がないため、相手の気持ちが通常のいじめ以上にわかりにくいという特性を持つ。悪質なケースでは、標的を誹謗中傷するだけでなく、標的を特定して個人情報をネット上のあちらこちらにばら撒き、更にはネットの世界を飛び出して自宅や職場に直接嫌がらせする場合まである。
    学校や職場における通常のいじめならば、長期欠席 登校拒否をしたり転職したりすることによって直接的な被害から逃れることができる。しかし、ネットいじめの場合はインターネットがこの世に存在し続ける限り、そのような退避手段が存在しない。また、検索エンジンで個人名での検索結果にネットいじめが現れる場合、転校先でもいじめにあったり、転職活動で不利になったりするというケースも存在する(採用側は応募者の氏名で検索して、どのような人物であるか確かめようとする)。ネットいじめはインターネットというネットワークを通して広範囲にいじめが広がる可能性がある。

    ネット選挙
    ネット選挙(ネットせんきょ)とはインターネットを選挙に利用すること、またはより広く、インターネットのウェブサイト上に選挙に関することを記すことなど、選挙におけるインターネットの活用を言う。
    日本の公職選挙法では、選挙運動のインターネット利用は第142条第1項で禁止されている「文書図画の頒布」にあたると解釈されている。また、第146条には「文書図画の頒布又は掲示につき禁止を免れる行為の制限」が記述されており、インターネットを利用して情報を発信することが第142条第1項に抵触しなくても、第146条により違法行為とされる可能性が高いため、選挙期間中に候補者はウェブサイト更新や電子メール配信を自粛することが一般的になっている。

    ネットスケープ・ナビゲータ
    『Netscape Navigator』より : Netscapeシリーズ(ネットスケープ シリーズ)とは、ジム・クラークと NCSA Mosaic(NCSA モザイク)の開発を抜けたマーク・アンドリーセン、ジェイミー・ザヴィンスキーらによって開発されたネットスケープコミュニケーションズのウェブブラウザである Netscape Navigator(ネットスケープ・ナビゲーター)を起源とするウェブブラウザシリーズ。日本では「ネスケ」や「NN」といった略称でも呼ばれた。2008年2月をもってサポートを終了した。 Netscape Navigator のバージョン4以降は、Netscape Navigator 単体での配布以外に電子メールクライアント、ウェブページ作成ソフトなどをまとめた Netscape Communicator(ネットスケープ・コミュニケーター)としても配布されるようになった。
    ネットスケープナビゲータ
    『Netscape Navigator』より : Netscapeシリーズ(ネットスケープ シリーズ)とは、ジム・クラークと NCSA Mosaic(NCSA モザイク)の開発を抜けたマーク・アンドリーセン、ジェイミー・ザヴィンスキーらによって開発されたネットスケープコミュニケーションズのウェブブラウザである Netscape Navigator(ネットスケープ・ナビゲーター)を起源とするウェブブラウザシリーズ。日本では「ネスケ」や「NN」といった略称でも呼ばれた。2008年2月をもってサポートを終了した。 Netscape Navigator のバージョン4以降は、Netscape Navigator 単体での配布以外に電子メールクライアント、ウェブページ作成ソフトなどをまとめた Netscape Communicator(ネットスケープ・コミュニケーター)としても配布されるようになった。
    ネットハック
    『NetHack』より : NetHack(ネットハック)はダンジョン探索型RPGでローグライクゲームのひとつである。系譜としては、元祖Rogue → Hack(en:Hack (Unix video game))→ NetHackという直系にあたる。 表示はキャラクタベースで、キャラクタ・アイテム・ダンジョンの構成物はUS-ASCIIによりあらわされ、キーボードでの操作が前提、といった点は他の普通のローグライクゲームと同じである。 基本的なシステムはrouge(ならびにHack)の拡張と言うべきものだが、rougeと比べると数多くのアイテムや怪物の改定・追加が見られる。その中にはダンジョンズ&ドラゴンズや指輪物語に登場するものが数多く含まれる。また属性(秩序、中立、混沌)の概念はダンジョンズ&ドラゴンズなどのアライメント(ローフル、ニュートラル、ケイオティック)から取り入れられている。 ゲーム目的はrougeと同様ダンジョンの最下層にある「イェンダーの魔除け」の奪回である。NetHackでは更に迷宮を脱出して天上界に昇りそれをプレイヤーの属性の神に捧げに行かなくてはならない。
    ネットニュース
    ネットニュース(英: Netnews、かつてはBBS、電子会議とも)とは、インターネット上の複数のサーバで主にテキストデータを配布・保存するシステムである。電子掲示板システムと類比されることが多いが、サーバにより保持するメッセージが異なり、メッセージ群の内容が一意に定まらない点で相違がある。英語の発音上から、ネットニューズと濁らせて言う場合や、単にニュース、ニューズと言うこともある。 Usenet とネットニュースを同義と取るかどうかについては議論が分かれる。 ネットニュースメッセージの技術規格に関連するRFCは、RFC 822、RFC 1036 などである。RFC 1036 の後継規格は何度か提案されているが、廃案になったものが多い。 2000年代中盤からネットニュースを中継するサービスを廃止するプロバイダが増え、2010年ごろにはほぼ消滅状態になった。 ネットニュースは、電子メールと並んで、コンピュータネットワークの初期につくられた情報交換システムの1つである。
    ネットオークション
    インターネットオークションは、インターネットを利用した電子商取引で、インターネットを介して競売(オークション)を行うこと。ネットオークションと略称されることもある。 なお、インターネットに限らずコンピュータネットワークを通信媒体として利用したオークションをオンラインオークションと呼ぶ。 1990年代以降、インターネットを通信媒体として利用したネットオークションサイトが登場し、一般の人でも手軽に出品や入札ができるようになった。ネットオークションはインターネット環境の整った国で一般に利用されており、国際取引も増加している。特にアメリカ・イギリス・オーストラリアなどの英語圏や、中国・台湾・シンガポールなど中国語圏での国際取引が活発であり、国際宅配業者を利用したネットオークション取引が盛んに行われている。 だが、アメリカはAmazon.comに代表される企業 - 個人間の電子商取引の充実に伴い、ネットオークションは当初の勢いを失っているという。
    ネット心中
    『自殺系サイト』より : ネット心中(ねっとしんぢゅう)とは集団自殺の一形態。 21世紀になってからインターネットを通じて知り合った複数の人間で集団自殺をするという出来事が多く発生し、これがネット心中と呼ばれた。自殺についての話題を扱うインターネット上でのサイトで共に自殺を行う者を募った結果の集まった者同士で行われている。これはインターネットを通じて知り合った見知らぬ者同士による集団自殺であり、従来に見られた集団自殺の形態とは大きく異なっていた。ネット心中を行っている者の多くは若者であり、若者同士での自殺が多いものの、若者と中年などというように大きく歳が離れたもの同士が共に自殺したという例も存在する。ネット心中を行おうとした者の言い分としては、一人で自殺をしようと思ったものの、一人で自殺をするということは寂しいからネット心中をしようと思ったという理由が存在する。 参考文献 ネット心中 (生活人新書) ISBN 4140880996 明日、自殺しませんか―男女七人ネット心中 ISBN 4344409086 外部リンク ネット心中 とは - コトバンク 連鎖するネット心中、なぜ“救う側”のキヨシが自殺に至ったのか?(1/3) | ビジネスジャーナル 同時に「ネット心中」か 全国から仲間募る?。
    ネットワークアドレス変換
    ネットワークアドレス変換(ネットワークアドレスへんかん)は NAT(ナット、Network Address Translation の略語)とも呼ばれる、インターネット上のパケットに付いている IPアドレスやポート番号を別のものに変換する技術である。主に プライベートIPアドレスを使用するホストからインターネットにアクセスするために利用される。
    インターネットではもともと、接続されているすべてのルータやホストにそれぞれ IP アドレス (グローバル IP アドレス) を割り当てていた。しかしインターネットに接続されるホストが著しく増えたため、約 43 億個しかない IPアドレス枯渇問題 IP アドレスは枯渇するようになった。こうした状況へ対応するため、ローカルなネットワーク内にあるホストにはプライベート IP アドレスを割り当て、インターネットに接続するときにだけグローバル IP アドレスを使うようにする技術が開発された。このときにプライベート IP アドレスとグローバル IP アドレスの変換をする機能がもともとのネットワークアドレス変換 (NAT) である。

    当サイト全体から「ネット」に関するページを抽出しました。
    ネットに関する知恵袋-質問集
    ネットに関する最新ニュース
    ネットに関する教えてGOO-質問集
    19/10/18
    自転車に乗り始めて痩せたよという方いますか? 効果は、30分ウォーキングするよりも2倍のカロ...→見る
    19/10/17
    今日は行事の振替で休み。 これから楽しいことしたいと思ってます 1、映画をみにいく 2、駄菓...→見る
    19/10/17
    入社2日目の今日、会社を体調不良で休んでしまいました… 仕事自体は慣れれば楽で楽しいはず...→見る
    19/10/17
    豚鼻を細くするにはどうしたらいいですか?→見る
    19/10/17
    とにかく騙されやすいです。 分かりやすい詐欺は断れますが専門的な話だと分からないので騙...→見る
    19/10/17
    逆子について。 31週の妊婦です。20代後半、やせ形です。 検診に行くと、逆子になっているこ...→見る
    19/10/17
    コレステロールと頭痛、耳鳴りとの関係→見る
    19/10/17
    この形のピアスがネットで見つけられません→見る
    19/10/17
    ★犯罪者『大竹 夏夫』弁護士が逃げ切る算段は?⇒国株運営『教えてgoo』にナチスの手口を学ば...→見る
    19/10/17
    obsの映像キャプチャデバイスのデバイスにキャプチャーボードが出てきません。 https://vip→見る
    ネットに関する人力検索-質問集
    ネットに関するナレッジ知識-質問集
    ネットに関するtwitterつぶやき
    ネットに関するブログサイト
    ネットに関する最新書籍一覧
    ネットに関する動画コンテンツ
キャッシング比較/ FX比較/ クレジットカード比較/ キャッシング申込み/ カードローン比較/ ETCカード比較/ レディースローン申込み/ 宅建過去問題/ マンション管理士過去問題/ 管理業務主任者過去問題/ ネット証券比較/ 目的ローン申込み/ 担保ローン申込み/ 住宅ローン申込み/ おまとめローン申込み/ 事業者ローン申込み/ 学生ローン申込み/ レディースローン申込み/ 女性R&B/ 賃貸マンション/ ビジネス板/ キャッシング キャンペーン/ ローン キャンペーン/ FX キャンペーン/ ネット証券 キャンペーン/ クレジットカード キャンペーン/ ETCカード キャンペーン/ キャッシング最新情報/ カードローン最新情報/ ETCカード特典/ クレジットカード特典/ FXビギナー/ ネット証券ビギナー/ 手形割引比較/ レディースキャッシング比較/ 主婦ローン比較/