タグ : ビジネス

<<新製品の詳しい情報・コラムは「ビジネスリーダー」で 業 種 金融 / 証券会社 発表日 2011/07/22 企業名 GMOクリック証券(株) | 会社概要 | ホームページ: https://www.click-sec.com/ このページをプリントする GMOクリック証券、FX取引者対象のアンケート調査結果を発表

  • <<新製品の詳しい情報・コラムは「ビジネスリーダー」で 業 種 金融 / 証券会社 発表日 2011/07/22 企業名 GMOクリック証券(株) | 会社概要 | ホームページ: https://www.click-sec.com/ このページをプリントする GMOクリック証券、FX取引者対象のアンケート調査結果を発表に関する記事・解説はこちら 
    2011年7月23日 at 8:55 PM
  • ビジネスに関するWikipedia情報
    ビジネス
    ビジネス(英: Business)は、経済行為を表す用語であり、狭義から広義まで様々な意味を持っていて、1つの日本語に置き換えて表現することはできない。以下に、ビジネスの代表的な意味を、簡単な表現事例とともに記す。 一件あたりの商談、商取引、売買、など(商売)を表すビジネス 例 : ビジネスが成立した。 仕事や職業、業務などを表すビジネス 例 : 私のビジネスは…… 商業活動や経済活動全般を表すビジネス 例 : 昨今のビジネスは…… ビジネス界においては……広義のビジネスについては次のように表現することが出来る。ビジネスとは営利や非営利を問わず、また、組織形態を問わず、その事業目的を実現するための活動の総体をいう。したがって、ビジネスの主体者としては株式会社などのような営利企業だけなく、NPOなどの非営利活動法人や住民サービス提供などを行う行政組織等を含み、個人または法人組織などの事業体がそれぞれの事業目的実現のために、人・物・金・情報などの諸資源を活用して行う活動全体を意味する。
    ビジネス特急
    『特別急行列車』より : 特別急行列車(とくべつきゅうこうれっしゃ)は、鉄道における急行系統の列車であり、急行列車の上位に位置する列車種別である。通常は略して特急列車(とっきゅうれっしゃ)、または単に特急という。 鉄道会社や鉄道路線ごとに多少の違いはあるものの、概ねその路線で最も早く目的地に到達する列車に与えられる呼称である。 本項では、特急料金が必要な優等列車(長距離列車)としての特急列車のほか、以下についても取り扱うこととする。 私鉄で運行されている、料金不要の「特急」(日本国有鉄道(国鉄)・JRでは広義の普通列車に含まれる列車) 鉄道以外の特急 日本国外の例 列車種別の分類は国や鉄道事業者によってまちまちであるが、そのうち他の列車より速い、専用車両を用いる、特別料金を必要とするなど、日本の特急に近い性格を持つもののことを、日本語で「特急」と表記することがある。
    ビジネスジェット
    ビジネスジェット(”business jet”, 略してbizjetとも)とは、数人から十数人程度を定員とする小型の航空機で、企業や個人が(旅客運送ではなく)公共交通としてではない用途(ゼネラル・アビエーション)を想定して設計・製造されているもの。実際にはほとんどが企業の人員輸送で使用されている。カンパニー・ジェット、コーポレート・ジェット、エグゼクティブ・ジェットなどとも呼ばれる。
    ビジネスジェットとして最初に運航されたのは1950年代に開発されたノースアメリカン・セイバーライナーやロッキード・ジェットスターで、軍・政府機関向けに納入された傍ら民間向けにも販売された。最初からそういう目的で開発され量産された機種は1964年引き渡し開始のリアジェット23とされている。

    ビジネスクラス
    ビジネスクラス(英語: Business Class)は、旅客機の座席の等級における上級客室のことである。最上級客室に当たるファーストクラスと標準客室のエコノミークラスの間に位置付けられる。略号C。 呼称 下記のように、航空会社によって中間クラスの呼び名は違っているが、これらの中間クラスを総称してビジネスクラスとの呼称で呼ぶことが多い。 『JALビジネスクラス』(日本航空/旧名は『エグゼクティブクラスSEASONS』、個別シートに「スカイラックスシート」「シェルフラットシート」などと名付けている) 『ANAビジネス』(全日空/旧名は『CLUB ANA』、旧々名は『スーパーエグゼクティブクラス』、「個別シート」に「ANA BUSINESS STAGGERED」「ANA BUSINESS CRADLE」などと名付けている) 『ダイナスティークラス』(チャイナエアライン) 『ビジネススマーティウム』(アシアナ航空) 『ロイヤルシルククラス』(タイ国際航空) 『ゴールデンクラブクラス』(マレーシア航空) 『エグゼクティブクラス』(ガルーダ・インドネシア航空) 『ビジネスクラス』(シンガポール航空/旧名は『ラッフルズクラス』) 『プレステージクラス』(大韓航空) 『アフェール / プレミアム』(エールフランス) 『クラブワールド』(ブリティッシュ・エアウェイズ) 『アッパークラス』(ヴァージン・アトランティック航空) 『ユナイテッド・ビジネスクラス』(ユナイテッド航空) 『ビジネスファースト』(コンチネンタル航空) 『ワールド・ビジネスクラス』(ノースウエスト航空、KLMオランダ航空)なお、航空券上の記載でビジネスクラスが『C』と表記されるのは、パンアメリカン航空の『クリッパークラス』(Clipper Class)の頭文字がそのまま使われたという説や、『クラブクラス』(Club Class)の頭文字であるという説などがある(ただし、運賃上ではCクラスの他、JやI、Z、Dといったアルファベットもビジネスクラスの表記となる)。
    ビジネスモデル特許
    ビジネスモデル特許(ビジネスモデルとっきょ)は、広義では、ビジネス方法(ビジネスモデル)に係る発明に与えられる特許全般を指すが、一般にはより狭義の、コンピュータ・ソフトウエアを使ったビジネス方法に係る発明に与えられる特許という意味で用いられる。 米国では1980年代から"Business method patent"が存在しており、これが日本では「ビジネスモデル特許」と呼ばれるようになった。 ビジネス方法に係る発明は「ビジネス関連発明」または「ビジネスモデルに関する発明」等と呼ばれ、それに与えられる特許は、「ビジネスモデル特許」、「ビジネス方法特許」または「ビジネスの方法に関する特許」等とも呼ばれる。以下、本項においてはそれぞれを「ビジネス関連発明」、「ビジネス方法特許」という。 日本の特許庁では本対象を表すのに便宜上「ビジネス方法の特許」という固有の名称を用いているが、他と区別して特別に扱われる特許が存在する訳ではなく、ビジネス関連発明に与えられる通常の特許と何ら変わらないものであり、ビジネス方法に特別な種類の保護を与える法制度も存在しない。
    ビジネス方法の特許
    『ビジネスモデル特許』より : ビジネスモデル特許(ビジネスモデルとっきょ)は、広義では、ビジネス方法(ビジネスモデル)に係る発明に与えられる特許全般を指すが、一般にはより狭義の、コンピュータ・ソフトウエアを使ったビジネス方法に係る発明に与えられる特許という意味で用いられる。 米国では1980年代から"Business method patent"が存在しており、これが日本では「ビジネスモデル特許」と呼ばれるようになった。 ビジネス方法に係る発明は「ビジネス関連発明」または「ビジネスモデルに関する発明」等と呼ばれ、それに与えられる特許は、「ビジネスモデル特許」、「ビジネス方法特許」または「ビジネスの方法に関する特許」等とも呼ばれる。以下、本項においてはそれぞれを「ビジネス関連発明」、「ビジネス方法特許」という。 日本の特許庁では本対象を表すのに便宜上「ビジネス方法の特許」という固有の名称を用いているが、他と区別して特別に扱われる特許が存在する訳ではなく、ビジネス関連発明に与えられる通常の特許と何ら変わらないものであり、ビジネス方法に特別な種類の保護を与える法制度も存在しない。
    ビジネス特許
    『ビジネスモデル特許』より : ビジネスモデル特許(ビジネスモデルとっきょ)は、広義では、ビジネス方法(ビジネスモデル)に係る発明に与えられる特許全般を指すが、一般にはより狭義の、コンピュータ・ソフトウエアを使ったビジネス方法に係る発明に与えられる特許という意味で用いられる。 米国では1980年代から"Business method patent"が存在しており、これが日本では「ビジネスモデル特許」と呼ばれるようになった。 ビジネス方法に係る発明は「ビジネス関連発明」または「ビジネスモデルに関する発明」等と呼ばれ、それに与えられる特許は、「ビジネスモデル特許」、「ビジネス方法特許」または「ビジネスの方法に関する特許」等とも呼ばれる。以下、本項においてはそれぞれを「ビジネス関連発明」、「ビジネス方法特許」という。 日本の特許庁では本対象を表すのに便宜上「ビジネス方法の特許」という固有の名称を用いているが、他と区別して特別に扱われる特許が存在する訳ではなく、ビジネス関連発明に与えられる通常の特許と何ら変わらないものであり、ビジネス方法に特別な種類の保護を与える法制度も存在しない。
    ビジネス関連発明
    『ビジネスモデル特許』より : ビジネスモデル特許(ビジネスモデルとっきょ)は、広義では、ビジネス方法(ビジネスモデル)に係る発明に与えられる特許全般を指すが、一般にはより狭義の、コンピュータ・ソフトウエアを使ったビジネス方法に係る発明に与えられる特許という意味で用いられる。 米国では1980年代から"Business method patent"が存在しており、これが日本では「ビジネスモデル特許」と呼ばれるようになった。 ビジネス方法に係る発明は「ビジネス関連発明」または「ビジネスモデルに関する発明」等と呼ばれ、それに与えられる特許は、「ビジネスモデル特許」、「ビジネス方法特許」または「ビジネスの方法に関する特許」等とも呼ばれる。以下、本項においてはそれぞれを「ビジネス関連発明」、「ビジネス方法特許」という。 日本の特許庁では本対象を表すのに便宜上「ビジネス方法の特許」という固有の名称を用いているが、他と区別して特別に扱われる特許が存在する訳ではなく、ビジネス関連発明に与えられる通常の特許と何ら変わらないものであり、ビジネス方法に特別な種類の保護を与える法制度も存在しない。
    ビジネス割引
    『法人割引サービス』より : 法人割引サービス(ほうじんわりびきサービス)は、法人向けの携帯電話料金の割引サービスである。主として基本料金割引と通話料割引サービスがある。 前者のサービスとしてはビジネス割引(NTTドコモグループ)、グループディスカウント(au)、法人複数回線割引(SoftBank)があり、後者の事例として包括回線割引・通話料いっかつ割引(NTTドコモ)・コールワイド(au)、大口通話料割引(SoftBank)がある。 法人であり同一契約名義で、同一請求先であることなどを条件に、携帯電話料金の割引を行うサービスである。 基本料金割引は、個人向けの家族割引サービスに相当するもので、利用回線数に応じた割引率により基本料金の割引が受けられる。家族割引サービスに見られる回線数の上限はないが、同一グループ間の通話料割引や、無料通信を共有するなどの特典は有していない。そのほか、年間割引サービスや2年縛りの割引と併用することが可能である。 通話料割引は、所定の登録料もしくは定額料を支払うことにより、グループ全体の通話料を一括して割り引くサービスである。
    ビジネス・ワンホールディングス
    社名 ビジネス・ワンホールディングス株式会社
    英文社名 Business One Holdings, Inc.
    ロゴ
    種類 株式会社
    略称
    国籍
    郵便番号 810-0022
    本社所在地 福岡県福岡市中央区 (福岡市) 中央区薬院3丁目16番27号
    電話番号 092-534-7210
    設立 1987年8月6日
    業種 5250
    統一金融機関コード
    SWIFTコード
    事業内容 不動産管理、パッケージソフトウェアの開発販売など
    代表者 代表取締役社長 尾崎朝樹
    資本金 4億3,603万4,188円
    発行済株式総数
    売上高 単独1億6,374万円連結8億1,330万円(2009年3月期)

    ビジネスマン
    ビジネスマン(英: Businessman)とは、実業家や経営者をさす。 なお注意すべきは、同じ立場にある[女性]の場合に“Businesswoman”(ビジネスウーマン)という呼称が用いられるが、海外では米語スラングで街頭の娼婦をこう呼ぶケースがある他、性別を強調している事から性差別と取られかねないとされる。 性差を含まない呼称としては、英語では“Business person”や“Business people”というものがあり、日本でも性差に捉われず、また雇用機会均等法の改訂や、女性の社会進出などで社会の意識変化が起こりビジネスパーソンが使われる(ポリティカル・コレクトネス)。 関連項目 サラリーマン(和製英語) 仕事中毒 - 社畜 - 過労死 高い能力が要求される・しばしば仕事に打ち込み過ぎる事から、健康を害して命を落とす事もあるとされる。 ビジネスクラス 大衆化された旅客機に設けられた、快適な機内などの付加価値サービス。 ドリンク剤 寝食を削って働くビジネスマンやサラリーマン向け・または滋養強壮にと、様々な製品が発売されている。
    ビジネスアイ
    『フジサンケイ ビジネスアイ』より : フジサンケイビジネスアイ (FujiSankei Business i.) は、産業経済新聞社の完全子会社である日本工業新聞新社が発行する総合ビジネス金融紙。2009年6月30日付までは旧社「日本工業新聞社」から発行されていた。 源流となる旧・日本工業新聞は1933年に夕刊大阪新聞社の発行で創刊された。1942年の太平洋戦争激化に伴う新聞の統廃合令により、日本工業新聞、大阪毎夕新聞と愛知以西の経済専門新聞の統合で「産業経済新聞」となったため一旦休刊に入ったが、1957年12月に日本工業新聞社を改めて新会社として発足し、あくる1958年1月より再創刊された。このため、1958年を新・日本工業新聞の創刊年としており、1933年は産経新聞の正式な創刊年とみなしている。 ビジネスアイの創刊 2004年3月1日に産業経済新聞社が100%子会社化すると共に、製造業を題材とした経済専門紙であった「日本工業新聞」から総合経済紙「フジサンケイ ビジネスアイ」として再出発をする。
    ビジネス実務法務検定試験
    ビジネス実務法務検定試験®(びじねすじつむほうむけんていしけん)は、東京商工会議所が主催している検定試験である。 試験目的 ビジネスに不可欠のコンプライアンス・法令遵守能力の基礎となる実践的な法律知識を体系的かつ効率的に身につけることを目的とする。 受験資格 2級と3級は、制限なし。1級は、2級合格者のみ受験できる。 受験料 1級 - 10,800円 2級 - 6,480円 3級 - 4,320円 試験日 試験は、7月第1日曜日と12月第2日曜日に行われる。平成24年度は、7月1日と12月9日である。 試験時間 1級 共通問題10:30 - (制限:2時間) 選択13:30 - (制限:2時間) 2級 13:30 - (制限:2時間) 3級 10:00 - (制限:2時間) 問題形式 2級と3級は、マークシート形式、1級は論述式。
    ビジネス英会話
    『ビジネス英会話』(ビジネスえいかいわ)は、2002年から2008年にかけて日本放送協会のラジオ第2放送で放送されていた語学講座の一つである。現在入門ビジネス英語と実践ビジネス英語の二つに分かれているビジネス英語講座の前身にあたる。 放送時間  2006年度の放送時間は次の通りであった。 本放送 月 - 土曜: 23:15 - 23:30 月と火、水と木、金と土は同内容の週3レッスンであった。 1つのレッスンを6セット(再放送と合せて12回)に分けて放送しており、1週目の毎日と2週目最初の月曜・火曜の4セット(8回)がその回のスキット、2週目の水曜・木曜のセットがそのレッスンの復習、2週目金曜と土曜はこのスキットに関する杉田氏と松下の座談であった。ただし月曜が5週ある場合は、その週のレッスンが1週間・3セット(6回)のみで完結する物もあった(この場合は復習と座談は省略される) 再放送 日曜: 11:00 - 11:45 1週間の3本分をまとめて放送していた。
    ビジネスジャンプ
    『ビジネスジャンプ』(BUSINESS JUMP)は集英社が発行していた日本の青年漫画雑誌。 1985年7月に月刊誌として創刊した。初代編集長は角南攻。1986年3月より月2回刊化、2011年10月5日発売の21・22合併号を以て休刊した。 後継誌の月2回刊誌『グランドジャンプ』と月刊誌『グランドジャンプPREMIUM』は、本誌と同じく月2回刊青年漫画誌であった『スーパージャンプ』との合併の上で新創刊された。略称は「BJ」、「ビージャン」。 単行本は、創刊当初は〈ビジネスジャンプ・コミックス〉レーベルより発行されていたが、後に〈ヤングジャンプ・コミックス〉のサブレーベル〈ヤングジャンプ・コミックス・BJ〉からの発行となった。 連載作品 本誌連載作品のみに限り、増刊連載作品は含まない。 掲載順は連載開始順とし、連載開始時期が不明のものについては末尾にまとめている。また開始年のみが判明しているものについては各年の末尾に記載する。 「←」は移籍元の、「→」は移籍先の雑誌を示す。 1980年代年開始 一本包丁満太郎(ビッグ錠)1985年創刊号 - 1996年10号 もんもんアカデミー(フルヤヒロム)1985年1号 - 1987年11号 マネーウォーズ(宮川総一郎)1985年10月号 - 1989年14号 新いっしょけんめいハジメくん(コンタロウ)1986年 - 1990年 FROM C(棟居仁、画:矢野健太郎)1986年2号 - 1987年2号 ちゃんねるアホリズム(山科けいすけ)1986年4号 - 黒大黒(石ノ森章太郎)1986年4号 - 1986年21号 男弐(作:小池一夫、画:伊賀一洋)1986年5号 - 1990年8号 ワンルームストーリー(サキヒトミ)1986年23号 - 1992年7号 力王 RIKI-OH(原作:鷹匠政彦、漫画:猿渡哲也)1987年13号 - 1990年18号 鬼狩獣(矢野健太郎)1987年16号 - 1988年12号 風が舞う(石川サブロウ)1987年1号 - 1987年21号 イケナイBOY(須磨ヨシヒロ)1987年22号 - どんたっち! 瞳子(千倉由紀夫)1987年4号 - 1989年1号 かってに志土(吉村哲也)1988年24号 - 1990年13号 九龍の牙(作:荒井涼助、画:やまだ哲太)1989年3号 - 1989年16号 博多風雲録(春日光広)1989年4号 - 1990年23号 逢いたくて(くさのあきひろ)1989年19号 - 1990年21号 メスよ輝け!!(原作:高山路爛、漫画:やまだ哲太)1989年22号 - 1994年14号 1990年代前半開始 童乩(原作:石川優吾、漫画:荒井涼助)1990年8号 - 1992年2号 甘い生活(弓月光)1990年11号 - 2011年21・22合併号、→『グランドジャンプ』 オークション・ハウス(原作:小池一夫、漫画:叶精作)1990年13号 - 2003年6号 猛き黄金の国(本宮ひろ志)1990年18号 - 1992年4号 ザ・ハード(猿渡哲也)1990年19号 - 1996年9号 銃夢(木城ゆきと)1991年3号 - 1995年10号 神の拳(大島やすいち)1991年7号 - 1992年1号 風牙(鶴田洋久)1991年13号 - 1991年24号 駿河の雷太(塩崎ユウジ)1991年18号 - 1992年9号 なつきクライシス(鶴田洋久)1992年2号 - 1997年17号、←『ベアーズクラブ』 僕はミニに恋してる(みやすのんき)1992年3号 - 1993年23号 男達のエレジー(作:新井龍司、画:田中つかさ)1992年17号 - 1993年11号 時には薔薇の似合う少女のように(中島史雄)1992年23号 - 1997年8号 ウッシーとの日々(はた万次郎)1993年x号 - 1999年x号 湾(竜崎遼児)1994年3号 - 1994年20号 ノーサイド(池田文春)1994年4号 - 1996年17号 夢で逢えたら(山花典之)1994年5号 - 2000年3号 はてな(高橋和男)1994年12号 - 1995年6号 優駿たちの蹄跡(やまさき拓味)1994年21号 - 2001年4号、→増刊 三匹の貧乏人(二宮亮三)1995年1号 - 1996年23号 GTロマン(西風)1995年2号 - ←『季刊ベアーズクラブ』 Women(村生ミオ)1995年8号 - 2000年17号 ほっといてよ!ママ(富田安紀良)1995年13号 - 1999年17号 1990年代後半開始 SEED(原作:ラデック・鯨井、漫画:本庄敬)1996年1号 - 1999年12号 BRAINS -コンピュータに賭けた男たち-(原作:伊藤智義、漫画:久保田眞二)1996年11号 - 1997年7号 天空の門(菊池としを)1996年12号 - 1999年1号、←『増刊』 はたらくおねえさん(後藤ユタカ)1996年13号 - 2005年 あばれブン屋(猿渡哲也)1996年18号 - 2001年10号 私立探偵 濱マイクシリーズ(原作:林海象、漫画:井上紀良)1996年20号 - 1998年11号 Karen(塩崎雄二)1997年7号 - 1998年2号 BAR来夢来人(池田文春)1997年13号 - 2002年21号 イエスタデイをうたって(冬目景)1998年1号 - 、→『グランドジャンプ』、不定期連載 弁天様には言わないで(鶴田洋久)1998年3号 - 1999年17号、→増刊 セックスレス(村生ミオ)1998年14号 - 1999年13号 損害保険調査員ゴリ(愛馬広秋)1998年14号 - 2003年14号 人形町酒肴譚おしどりちどり(森本サンゴ)1998年23号 - ONE OUTS(甲斐谷忍)1998年24号 - 2009年3号 きんぴか(原作:浅田次郎、漫画:片山誠)1998年 - 2000年 ホゲホゲ日記(中島史雄)1998年 - 1999年 アウトサイダー東宗介(原作:周良貨、漫画:森田信吾)1999年11号 - カンブリアン(三山のぼる)1999年12号 - 2000年14号 猛き黄金の国 道三(本宮ひろ志)1999年18号 - 2001年19号 警視総監アサミ(原作:近藤雅之、漫画:有賀照人)1999年21号 - 2006年15号 (株)〜かっこかぶ〜(渡辺電機(株))1999年 - 2005年 2000年代前半開始 Refrain(中島史雄)2000年2号 - 2002年20号 神々の山嶺(原作:夢枕獏、漫画:谷口ジロー)2000年5号 - 2003年7号 彼女が死んじゃった。
    ビジネスプロセス・リエンジニアリング
    ビジネスプロセス・リエンジニアリング (Business Process Re-engineering,BPR:びーぴーあーる)
    とは、企業活動や業務の流れを分析し、最適化することである。
    高度に専門化され、プロセスが分断された分業型組織を改革するため、組織やビジネスルールや手順を根本的に見直し、ビジネスプロセスに視点を置き、組織、職務、業務フロー、管理機構、情報システムを再設計し、最終的顧客に対する価値を生み出す一連の改革。
    この考え方は、元マサチューセッツ工科大学教授のマイケル・ハマー氏と経営コンサルティング コンサルタントのジェイムス・チャンピー氏が1993年に出版した著作「Reengineering the Corporation: A Manifesto for Business Revolution」により世界的に広まった。
    ABC(Activity Based Costing)

    ビジネス通話定額
    ビジネス通話定額(-つうわていがく)とは、2006年11月1日に開始したauブランドを展開するKDDI/沖縄セルラー電話の法人向け音声通話定額サービスである。 au端末を用いてあらかじめ指定されたグループ内の通話が無料になるサービスで、月額利用料金は3種類の料金体系が用意されていて、最安プランで9,765円(税込)と先行するソフトバンクモバイルオフィスと比べてやや高い印象を受ける(ただし、ソフトバンクモバイルオフィスにはない無料通話がついている)。導入にあたっては10回線以上299回線以下が条件であり2回線から、および300回線以上も導入できるソフトバンクモバイルオフィスと比べると若干条件を問われる。無線LANなどを用いるモバイルセントレックスサービスとは違い、設備を別途用意する必要はない。 料金 月額利用料金 CDMA 1X WIN CDMA 1X WIN プランMを含んだコース 月額基本料金:9,765円(税込) 無料通話分:4,252円(税込) 固定・他社への通話は終日30秒/14.7円(税込) CDMA 1X CDMA 1X コミコミOneスタンダードを含んだコース 月額基本料金:10,710円(税込) 無料通話分:4,752円(税込) 固定・他社への通話は終日20秒/10.5円(税込) CDMA 1X コミコミコール ジャンボを含んだコース 月額基本料金:12,075円(税込) 無料通話分:4,200円(税込) 固定・他社への通話は終日1分/21円(税込)さらに年割や法人向け割引きサービスも併用できる。
    ビジネス著作権検定
    ビジネス著作権検定(ビジネスちょさくけんけんてい)は、著作権に関する知識について、基礎的な理解、具体的な事例判断での応用力を測定する検定試験。略称は、著検。サーティファイ著作権検定委員会が主催。社団法人 一般社団法人知的財産教育協会が監修している。2004年からの比較的新しい検定である。
    毎年、2月・6月・11月に実施(2月は初級のみ)。ほかに団体受験もある。
    著作権に関する基礎的知識。筆記試験(マークシート式)。60分・30問。合格基準は正答率65%超。合格率は約70%。受験料は4,600円。
    著作権に関する基礎的知識と事例における問題点発見と解決能力についての応用力。筆記試験(マークシート式)。90分・45問。合格基準は正答率70%超。合格率は約50%。受験料は7,200円。

    ビジネス著作権検定試験
    ビジネス著作権検定(ビジネスちょさくけんけんてい)は、著作権に関する知識について、基礎的な理解、具体的な事例判断での応用力を測定する検定試験。略称は、著検。サーティファイ著作権検定委員会が主催。一般社団法人知的財産教育協会が監修している。2004年からの比較的新しい検定である。 試験内容 毎年、2月・6月・11月に実施(2月は初級のみ)。ほかに団体受験もある。 初級 著作権に関する基礎的知識。筆記試験(マークシート式)。60分・30問。合格基準は正答率65%以上であること。合格率は51.4%。受験料は4,600円。 上級 著作権に関する基礎的知識と事例における問題点発見と解決能力についての応用力。筆記試験(マークシート式)。90分・40問。合格基準は正答率70%以上であること。合格率は33.7%。受験料は7,300円。 実施団体 著作権検定委員会 設立 2004年 委員長 久保田裕 社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)専務理事 株式会社サーティファイ 商号 株式会社サーティファイ 本社所在地 東京都中央区京橋3-3-14 京橋AKビル 設立 2001年 事業内容 資格、技能に関する認定試験の開発、実施、資格認定試験の受験対策問題集の制作 代表者 代表取締役 国山広一 資本金 1億円 知的財産教育協会 名称 一般社団法人 知的財産教育協会 所在地 東京都港区愛宕1丁目3番2号14階 団体設立 2002年12月 法人設立 2003年8月 活動内容 知的財産に関する能力検定試験制度の設計、開発及び実施又はこれらの監修、公認、後援若しくは協賛等 代表者 棚橋祐治 代表理事(元通商産業省事務次官) 関連項目 著作権 知的財産権 知的財産検定 資格 日本の資格の分野別一覧 脚注 外部リンク ビジネス著作権検定公式サイト ビジネス能力認定 株式会社サーティファイ 知的財産教育協会。
    ビジネス・ループ
    『州間高速道路通勤別線』より : 州間高速道路通勤別線(しゅうかんこうそくどうろつうきんべっせん、Business Loop Interstate)は、アメリカ合衆国の州間高速道路であり、2種類ある州間高速道路通勤線の1つである(もう1つは州間高速道路通勤支線)。州間高速道路の別線として機能し、本線が郊外を抜けて設置されているのに対し、市街地などの都市部ビジネス地域を経るルートとして設置されている。路線番号は本線たる州間高速道路と同じ番号が付されている。 州間高速道路通勤線の路線番号を表す案内標識の色から、州間高速道路通勤支線と併せてグリーン・インターステート (Green Interstate) と呼ばれる場合もある。 州間高速道路通勤別線は、両端が同じ一級州間高速道路と接続している州間高速道路であり、そのまま通過すれば元の州間高速道路に戻る構造となっている(戻らない場合には州間高速道路通勤支線と呼ばれる)。
    当サイト全体から「ビジネス」に関するページを抽出しました。
    ビジネスに関する知恵袋-質問集
    ビジネスに関する最新ニュース
    ビジネスに関する教えてGOO-質問集
    20/02/25
    すべてに自信が持てません。 26歳男 知り合いのツテで飲食店の個人事業者です。 3年目になり...→見る
    20/02/25
    ビジネスマナー 会社の取引相手やお客様に送るメールで いつもお世話になりありがとうござい...→見る
    20/02/25
    就職に強い資格は何ですか? もうそろそろ高校を卒業します。→見る
    20/02/25
    ビジネス検定の3級で一問書く何点かわかる人いませんか?→見る
    20/02/24
    中之島図書館でテスト勉強したいと思ってるんですけど 勉強できますか?→見る
    20/02/24
    高校生です。 無茶だということはわかっているのですが、 東京から滋賀まで自転車で行くこと...→見る
    20/02/24
    ネットビジネスについて→見る
    20/02/23
    【飲食店】平日に人が入る飲食店の立地条件を教えて下さい。→見る
    20/02/23
    収入がいいお仕事といえば、どんなのがありますか?派遣も考えてます。 (ギリギリ女性です...→見る
    20/02/23
    理系は論理的なのか? 理系の方と議論を何度もしてきた個人の経験則ですが、理系は口で言う...→見る
    ビジネスに関する人力検索-質問集
    ビジネスに関するナレッジ知識-質問集
    ビジネスに関するtwitterつぶやき
    ビジネスに関するブログサイト
    ビジネスに関する最新書籍一覧
    ビジネスに関する動画コンテンツ
キャッシング比較/ FX比較/ クレジットカード比較/ キャッシング申込み/ カードローン比較/ ETCカード比較/ レディースローン申込み/ 宅建過去問題/ マンション管理士過去問題/ 管理業務主任者過去問題/ ネット証券比較/ 目的ローン申込み/ 担保ローン申込み/ 住宅ローン申込み/ おまとめローン申込み/ 事業者ローン申込み/ 学生ローン申込み/ レディースローン申込み/ 女性R&B/ 賃貸マンション/ ビジネス板/ キャッシング キャンペーン/ ローン キャンペーン/ FX キャンペーン/ ネット証券 キャンペーン/ クレジットカード キャンペーン/ ETCカード キャンペーン/ キャッシング最新情報/ カードローン最新情報/ ETCカード特典/ クレジットカード特典/ FXビギナー/ ネット証券ビギナー/ 手形割引比較/ レディースキャッシング比較/ 主婦ローン比較/