タグ : モバイル

ひまわり証券、無料の自動売買ツール「エコトレFX」のモバイル対応を開始

  • ひまわり証券、無料の自動売買ツール「エコトレFX」のモバイル対応を開始に関する記事・解説はこちら 
    2011年1月12日 at 12:24 PM
  • モバイルに関するWikipedia情報
    モバイル
    『モービル』より : mobile モービル、モバイル (mobile) は、可動性・移動性のという意味。モビル、モビール、モーバイルとも表記する。 移動中の使用が可能なコンピュータ環境。かつてはモービル、モーバイルとも表記されたが、現在ではこの分野においては専らモバイルが用いられる。 モバイル端末。従来は固定して使用した機器だが、技術の進歩により小型化され、人が携帯しながら使用できるような電子機器をいう。携帯機器の項目も参照のこと。 上記「モバイル端末」に、移動体通信・無線通信の端末を装着あるいは内蔵し、移動しながらあるいは半固定(移動先で固定)で通信できるようにしたもの。 携帯情報端末 (PDA) 。 移動無線通信。アマチュア無線#モービル参照。この分野においては専らモービル、モビールが用いられる。 通信規約として 移動通信用通信規約群。ネットワーク層ではmobile IP、セッション層ではSIPなどがある。 動く彫刻として 糸などで吊るされ形を変える芸術品の一種、モビール。
    モバイルカメラ
    『カメラ付き携帯電話』より : カメラ付き携帯電話(カメラつきけいたいでんわ)は画像撮影機能(一部はビデオ撮影なども)、画像送受信機能のついた携帯電話・PHSである。以下便宜上、(カメラ付き)携帯電話・PHSを併せて(カメラ付き)携帯電話等と表記する。 ルーツとしては1999年にDDIポケット(現・ワイモバイル)より発売された機種が挙げられるが、爆発的に普及するカメラ付き携帯電話の原型はJ-PHONE(現ソフトバンクモバイル)とシャープにより1998年から2000年にかけて開発され2000年11月1日に市場投入された。後に、「写メール」という造語が考案され、写して送るというコンセプトが明瞭になるとともに「写メ」という略語も自然発生的に生まれた。 携帯電話等の歴史はこれによって大きく変わり、のちに世界中のメーカーが熾烈な開発競争を行うこととなった。携帯電話とデジタルカメラの機能を単に一つにまとめただけでなく、撮った画像をメールに添付して送ったり、インターネット上の画像投稿掲示板に直接アップロードできるなどの、一体化ならではの機能を持つことが特徴である。
    モバイルSuica
    モバイルSuica(モバイルスイカ)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)が提供する、「おサイフケータイ」対応の携帯電話及びPHSにおいて、同社が発行するIC乗車カードであるSuicaの機能を搭載したアプリケーションソフトウェアおよびそのサービスである。 2006年(平成18年)1月28日にNTTドコモとau(KDDI、沖縄セルラー電話)の対応機種を初めにサービスを開始した。同年12月2日にSoftBank、2009年(平成21年)7月5日よりウィルコムでもサービスを開始した。 また、2011年(平成23年)7月23日に、NTTドコモとau、SoftBankのAndroid搭載のスマートフォンでもサービス開始した。。2013年(平成25年)4月6日にはイー・モバイルのAndroid搭載のスマートフォンでもサービス開始した。各キャリアのiOS版についてはiPhone自体がおサイフケータイ非対応であることから、サービスの予定はない。 なお、これまでおサイフケータイ搭載のSIMフリー端末については長らく非対応の状態が続いていたが、2015年12月2日の定例社長会見において、昨今利用者数を増やしているこれらSIMフリー端末についても、12月中旬を目処に対応させることを正式に発表した。
    モバイルスイカ
    『モバイルSuica』より : モバイルSuica(モバイルスイカ)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)が提供する、「おサイフケータイ」対応の携帯電話及びPHSにおいて、同社が発行するIC乗車カードであるSuicaの機能を搭載したアプリケーションソフトウェアおよびそのサービスである。 2006年(平成18年)1月28日にNTTドコモとau(KDDI、沖縄セルラー電話)の対応機種を初めにサービスを開始した。同年12月2日にSoftBank、2009年(平成21年)7月5日よりウィルコムでもサービスを開始した。 また、2011年(平成23年)7月23日に、NTTドコモとau、SoftBankのAndroid搭載のスマートフォンでもサービス開始した。。2013年(平成25年)4月6日にはイー・モバイルのAndroid搭載のスマートフォンでもサービス開始した。各キャリアのiOS版についてはiPhone自体がおサイフケータイ非対応であることから、サービスの予定はない。 なお、これまでおサイフケータイ搭載のSIMフリー端末については長らく非対応の状態が続いていたが、2015年12月2日の定例社長会見において、昨今利用者数を増やしているこれらSIMフリー端末についても、12月中旬を目処に対応させることを正式に発表した。
    モバイルギア
    モバイルギア(Mobilegear)は、かつてNECから販売されていたPDAシリーズの名称である。愛称はモバギ。長時間駆動、起動時間の短さ、入力しやすいキーボードで一世を風靡した。 MS-DOS搭載のMC-P/MC-MP/MC-K/MC-MKシリーズと、Windows CE搭載のMC-CS/MC-R(MC/R)シリーズに大きく分かれる。これら複数のシリーズは一時並行して販売されていた。 発売からしばらくはヒットしたものの、他のPDAと同様、携帯電話の高機能化とノートパソコンの小型軽量化に挟まれて販売が低迷。2000年12月発売のMC/R550・MC/R450を最後に後継機種は登場せず、2002年3月をもって製造は中止となった。 MS-DOS搭載機種 MS-DOS6.20上で「UNISHELL(ファイル名UNISHELL.EXE)」と呼ばれるビジュアルシェルを動作させ、PDAとして使えるようになっている。
    モバイルアダプタGB
    モバイルアダプタGB(モバイルアダプタジービー)とは、携帯電話とゲームボーイカラー及びゲームボーイアドバンスを接続する周辺機器である。 これを使ってゲームソフトのデータと、メーカーが用意、あるいはプレイヤーがアップロードしたデータとのやりとりを行うサービスが「モバイルシステムGB」である。2001年1月27日にサービスを開始し、2002年12月14日に全てのサービスが終了した。しかし、サーバを介さないP2P形式の通信は、現在でもY!mobileのPHSであれば通信相手と機材が揃えば利用可能である(後述)。 当初は携帯電話専門店などでしか販売されていなかったが、後にゲームボーイソフト『モバイルゴルフ』との同梱版が一般発売された。現在はサービス終了に伴い、中古品以外は流通していない。中古市場に出回っているものは大半がこの同梱版である。 通信方法 大きく分けて2種類がある。 みんなでモバイル モバイルシステムGBの専属プロバイダであったDION(現在のau one net)を通して専用のサーバと接続する通信。
    モバイルシステムGB
    『モバイルアダプタGB』より : モバイルアダプタGB(モバイルアダプタジービー)とは、携帯電話とゲームボーイカラー及びゲームボーイアドバンスを接続する周辺機器である。 これを使ってゲームソフトのデータと、メーカーが用意、あるいはプレイヤーがアップロードしたデータとのやりとりを行うサービスが「モバイルシステムGB」である。2001年1月27日にサービスを開始し、2002年12月14日に全てのサービスが終了した。しかし、サーバを介さないP2P形式の通信は、現在でもY!mobileのPHSであれば通信相手と機材が揃えば利用可能である(後述)。 当初は携帯電話専門店などでしか販売されていなかったが、後にゲームボーイソフト『モバイルゴルフ』との同梱版が一般発売された。現在はサービス終了に伴い、中古品以外は流通していない。中古市場に出回っているものは大半がこの同梱版である。 通信方法 大きく分けて2種類がある。 みんなでモバイル モバイルシステムGBの専属プロバイダであったDION(現在のau one net)を通して専用のサーバと接続する通信。
    モバイルバンキング
    『インターネットバンキング』より : インターネットバンキングまたはオンラインバンキングとは、インターネットを介した銀行(類)の取引サービスのことである。インターネット閲覧端末(ウェブブラウザ)で利用する。 「インターネットバンキング」「ネットバンキング」や「オンラインバンキング」と呼ばれているのは、インターネットを介した銀行取引(銀行に類する金融機関も含む)サービスのことである。 銀行の窓口やATMでの取引は、その場所に規定の時間帯に出向かなければならないが、それらと比較して自宅で利用できることや土日休日や夜間早朝でも利用できることなどのメリットがあるサービスである。 インターネットは情報を瞬時に相互に伝達し、詳細に閲覧できる性質を持ち、金融取引との親和性は高い。このような特性から、インターネットを介した銀行取引の提供は、ネットショッピングなどの他のインターネットによる通信販売と比較して早い時期に利用が拡がり始めた。また、現金の取扱いに既存の金融機関のATM店舗網を提携利用できることに着目して、インターネットから利用する仮想店舗を設け、自社による実店舗(窓口やATM)の営業を前提としない新たな形態の銀行が営業を始めた。
    モバイル21
    モバイル21株式会社 (Mobile 21 Co., Ltd.)は、かつて存在した日本のゲームソフト開発会社である。登記上の社名は「モバイルニジュウイチ」。 任天堂が、自社の携帯ゲーム機・ゲームボーイシリーズを携帯電話に接続するためのシステムであるモバイルシステムGBを開発。その機能を活用したゲームソフトを開発するため、コナミ(後のコナミホールディングス)と業務提携することを決定。両社は折半出資により合弁会社を設立することとなり、1999年10月にモバイル21が誕生した。本社は東京・浅草橋の任天堂東京サービスセンター内に設置された。 開発されたゲームソフトは主にコナミブランド(現・コナミデジタルエンタテインメント)で発売されたが、その中にはモバイルシステムGBを使用しないタイトルも含まれていた。また、当初はゲームボーイシリーズだけでなく、ドルフィン(後のニンテンドーゲームキューブ)ソフト開発や、将来の株式上場なども計画されていた。
    モバイルNicoPa
    『NicoPa』より : NicoPa(ニコパ)とは、神姫バスが販売している同社、および神姫ゾーンバス・神姫グリーンバス(西脇・篠山営業所管内)・ウエスト神姫(相生・山崎営業所管内)、ならびに山陽バス(明石地区)で使用できる非接触型ICカード乗車券である。 従来の紙式定期券・回数券に替わり導入された。愛称"NicoPa"は"Nice Intelligence Convenience Original Pass"の略で、「ニコッと」「パッと」使えるカードという意味も込められている。 2006年1月20日に三田市・篠山市・丹波市のバス路線で先行導入され、2006年10月20日に全線へと拡大された。高速バス(プリンセスロード、ハーバーライナー、空港リムジンバス、中国ハイウェイバス)、コミュニティバスの一部(加古川市コミュニティバス、西脇市コミュニティバス、三木市コミュニティバス(みっきぃよかたんバスも含む)、多可町コミュニティバス(西脇直行バスを除く))、ウエスト神姫の赤穂営業所管内では利用できない。
    モバイル決済推進協議会
    モバイル決済推進協議会(モバイルけっさいすいしんきょうぎかい、Mobile Payment Promotion Association(MOPPA))は、非接触・モバイル決済スキームの普及を目指す団体である。 非接触・モバイル決済スキームの普及を目指している。協議会としては、株式会社ジェーシービー(JCB)及びイオンクレジットサービス株式会社(ACS)が開発したQUICPayを推奨している。 2011年9月末をもって、約6年間にわたる活動を終了した。また公式サイトについては、中の詳細情報を閲覧することはできなくなった。 QUICPay QUICPayは、協議会が推奨する非接触・モバイル決済スキームである。JCB及びACSが開発し、JCBは2005年4月4日にサービスを開始しているが、ACSはサービスを開始していない(2011年10月22日現在)。なお、イオンの店頭レジでは2010年2月中旬からQUICPayを使って決済できるようになっている。 会員 2010年10月30日現在の会員の数は、68である。
    モバイルディスク
    モバイルディスクとは、東芝が製造販売していた、PCカード型ハードディスクドライブ(HDD)である。 PCカードTypeII(16bit接続)の寸法に1.8インチHDDを組み込んだ製品である。当初2GBの製品が登場し、末期に発売された2001年時点での最大容量は5GB。それまでのHDDカードは主にTypeIIIの厚みを持つものが一般的であったのに対し、モバイルディスクはTypeIIの厚さであり、対応する機器の幅を広げている。一方、コンパクトフラッシュサイズのマイクロドライブに比べると、当初は容量の面で上回っていた。 HDDであるため、当時のコンパクトフラッシュなどのメモリーカードと比べると、容量当たりの価格が安く、アクセス速度が高速であった。また、書き換え回数の制限があるフラッシュメモリを搭載したメモリーカードに比べると、頻繁に書き換える用途には適している。大容量で安価という利点がある一方で、HDDカード特有の欠点として、モーターによってディスクを駆動していることから衝撃に弱く、発熱や消費電力が大きい。
    モバイル放送
    モバイル放送株式会社(モバイルほうそう)は、移動体向け衛星放送サービス(2.6GHz帯衛星デジタル音声放送)を行う日本の放送事業者。2004年10月20日から移動体向け衛星放送「モバイル放送」(モバHO!)を開始、2008年3月24日から高度利用者向け緊急地震速報を利用できる「Sバンド防災放送サービス」を開始。しかし、2009年3月31日15時(JST)にモバイル放送全てのサービスを終了した。 1998年5月29日、東芝、トヨタ自動車、富士通、NTTデータ・日本テレビ、エフエム東京、エフエム東京、ケンウッド、デンソー、アルパイン、凸版印刷の9社により設立。筆頭株主は40.5%の東芝で、次いで31%のトヨタ、15%の富士通と続いた。 その後も出資者を募り、放送開始時には、さらにシャープ、松下電器産業(現・パナソニック)、NTTデータ、USENなどが加わり、最終的に88社の出資となった。 韓国のSKテレコムと共同保有となる静止放送衛星MBSatを2004年3月13日にケープカナベラル空軍基地からアトラス3ロケットにより打ち上げた。
    モバイル放送株式会社
    『モバイル放送』より : モバイル放送株式会社(モバイルほうそう)は、移動体向け衛星放送サービス(2.6GHz帯衛星デジタル音声放送)を行う日本の放送事業者。2004年10月20日から移動体向け衛星放送「モバイル放送」(モバHO!)を開始、2008年3月24日から高度利用者向け緊急地震速報を利用できる「Sバンド防災放送サービス」を開始。しかし、2009年3月31日15時(JST)にモバイル放送全てのサービスを終了した。 1998年5月29日、東芝、トヨタ自動車、富士通、NTTデータ・日本テレビ、エフエム東京、エフエム東京、ケンウッド、デンソー、アルパイン、凸版印刷の9社により設立。筆頭株主は40.5%の東芝で、次いで31%のトヨタ、15%の富士通と続いた。 その後も出資者を募り、放送開始時には、さらにシャープ、松下電器産業(現・パナソニック)、NTTデータ、USENなどが加わり、最終的に88社の出資となった。 韓国のSKテレコムと共同保有となる静止放送衛星MBSatを2004年3月13日にケープカナベラル空軍基地からアトラス3ロケットにより打ち上げた。
    モバイルエージェント
    モバイルエージェント(Mobile Agent)は、ネットワークを介した分散処理技術の一種であって、ネットワークに接続されたコンピュータ間をエージェントと称されるプログラムが移動しながら処理を行う。 エージェントは自律的なプログラムであり、自律的に移動先を選択可能であり、コードと状態を移動先に移動することにより、移動先では移動前の状態からの処理を継続可能である。エージェントが実行されるコンピュータでは、モバイルエージェントの実行環境が備えられている必要がある。実行環境が備えられていれば、パソコンや携帯電話、PDAなどあらゆる機器上で、エージェントは動作可能である。 ネットワークやCPUといった資源の効率的な利用や、障害時における柔軟な処理変更に対応するといった目的で開発されている。 また、エージェントのデータに対して盗聴・改竄するといったセキュリティ問題が発生しやすい。 主な製品としては東芝のBeegentなど。オープンソースではAgletsがある。 関連項目 ソフトウェアエージェント Magic Cap。
    モバイル&ゲームスタジオ

    モバイルテック
    社名 モバイルテック株式会社
    英文名称
    種類 株式会社
    市場情報
    郵便番号 105-7303 
    本社所在地 東京都港区 (東京都) 港区東新橋一丁目9番1号
    東京汐留ビルディング
    設立 1999年11月9日
    代表者 代表取締役社長 宮川潤一 
    資本金 なし(平成17年3月時点)
    売上高 300万円(平成17年3月期)
    従業員数 なし(平成17年3月期)
    決算期
    特記事項
    モバイルテック株式会社は、ソフトバンクの完全子会社である。ソフトバンクモバイルの直接の親会社であるBBモバイルの全株を所有する会社である。自社での事業は行っていない。
    ソフトバンク(親会社)
    BBモバイル(子会社)
    ソフトバンクモバイル(孫会社)

    モバイルフリーカード
    モバイルフリーカードは、携帯電話から国内の全ての固定電話、携帯電話、PHSに通話できる携帯電話用の無料通話カードである。 株式会社蔵人(くらんど)が開発、ビーシープロダクツ株式会社が総販売代理店を行なう。 携帯端末から、国内の全ての携帯電話、固定電話、PHSに無料で通話ができる。 発信は、NTTドコモ、au、ソフトバンクモバイルの3キャリアから可能。 携帯サイト経由で無料通話サービスを自分の携帯に取り込め使える。 発信者携帯電話番号が相手に通常どおり表示される。 相手携帯端末に発信者番号が必ず表示されるので、「なりすまし」は不可能。 現金同様の価値の価値がある通話料を景品に活用できる。 サービスとして、ポイント交換システムを提供している。 外部リンク 株式会社蔵人 。
    モバイルインフォメーションダイナミックス
    社名 モバイルインフォメーションダイナミックス株式会社
    英文社名
    ロゴ
    種類 株式会社
    市場情報
    略称
    国籍 日本
    郵便番号=106-0013
    本社所在地 東京都港区西新橋三丁目25番47号
    電話番号
    設立
    業種
    統一金融機関コード
    SWIFTコード
    事業内容 情報提供業
    資本金
    売上高
    総資産

    モバイル&ゲームスタジオ
    株式会社ゲームスタジオは、日本の東京都港区に本社を置くゲーム開発会社。株式会社エヌジェイホールディングスの子会社である。コンシューマーゲームからアーケードゲーム、スマートフォンアプリなど、デバイスを問わず幅広いゲーム開発を行っている。旧社名は株式会社モバイル&ゲームスタジオ。 また、東京都渋谷区に本社を置く同名のコンピュータゲーム制作会社がある。株式会社モバイル&ゲームスタジオ(現・株式会社ゲームスタジオ(本項))を子会社化し、営業権を譲渡した。2010年4月より休業。2015年12月14日、解散した。 2004年設立の株式会社ゲームスタジオ 2004年4月 - 株式会社アイ・エム・ジェイ及び株式会社IMJエンタテインメントとの出資により、株式会社モバイル&ゲームスタジオを東京都品川区西五反田7-1-1に設立 2004年6月 - 東京都渋谷区代々木3-26-2に移転。
    当サイト全体から「モバイル」に関するページを抽出しました。
    モバイルに関する知恵袋-質問集
    モバイルに関する最新ニュース
    モバイルに関する教えてGOO-質問集
    19/11/12
    アマゾンでスマホを買ってワイモバイルに持ちこんで 契約可能ですか?→見る
    19/11/12
    ポケットWi-Fiの問題無く安い会社教えて下さい。→見る
    19/11/12
    モバイルSuicaに入っているお金を現金に戻す方法をわかりやすく教えて下さい→見る
    19/11/12
    キャリアによるアンテナの違い→見る
    19/11/11
    auのデータチャージが勝手に2G増えています。 夕方みたら0.26でした、今見たら2.26になってい→見る
    19/11/11
    ソフトバンクの料金割引プランについて、お教え下さい。プランは、ウルトラギガモンスター...→見る
    19/11/11
    UQモバイルとマイネオどっちがいいか→見る
    19/11/11
    OCNモバイルONEの海外利用→見る
    19/11/10
    親による制限について→見る
    19/11/10
    ポケットwifiおすすめ ありますか? sim契約のみも 大歓迎です。→見る
    モバイルに関する人力検索-質問集
    モバイルに関するナレッジ知識-質問集
    モバイルに関するtwitterつぶやき
    モバイルに関するブログサイト
    モバイルに関する最新書籍一覧
    モバイルに関する動画コンテンツ
キャッシング比較/ FX比較/ クレジットカード比較/ キャッシング申込み/ カードローン比較/ ETCカード比較/ レディースローン申込み/ 宅建過去問題/ マンション管理士過去問題/ 管理業務主任者過去問題/ ネット証券比較/ 目的ローン申込み/ 担保ローン申込み/ 住宅ローン申込み/ おまとめローン申込み/ 事業者ローン申込み/ 学生ローン申込み/ レディースローン申込み/ 女性R&B/ 賃貸マンション/ ビジネス板/ キャッシング キャンペーン/ ローン キャンペーン/ FX キャンペーン/ ネット証券 キャンペーン/ クレジットカード キャンペーン/ ETCカード キャンペーン/ キャッシング最新情報/ カードローン最新情報/ ETCカード特典/ クレジットカード特典/ FXビギナー/ ネット証券ビギナー/ 手形割引比較/ レディースキャッシング比較/ 主婦ローン比較/