タグ : 個人

トレイダーズ証券、シンガポール社などと個人投資家向けデリバティブ取引事業で業務提携

  • トレイダーズ証券、シンガポール社などと個人投資家向けデリバティブ取引事業で業務提携に関する記事・解説はこちら 
    2011年1月26日 at 11:55 AM
  • 個人に関するWikipedia情報
    個人
    個人(こじん、羅: individual、仏: individuel、英: individual)とは、 社会集団と対比されている概念であり、社会集団を構成する個々の人のこと。 所属する団体やその地位などとは無関係な立場に立った人間としての一人。私人。 「個人」というのは社会集団と対比されている概念であり、社会集団を構成する個々の人のことである。 何らかの集団(人類社会、国家、企業組織 等々)に対して、それを構成する個々の人のことである。 法律と個人「組織 / その組織を構成する個々の人」の対比は、法律用語では講学上「法人 / 自然人(英: natural person)」という用語を用いて行っている。日本の法律における文言では「人」になっている場合も「自然人」の場合も「個人」の場合もある。 日本での用語史個人という言葉は江戸時代にはみられない。服部徳の『民約論』(1877年(明治10年))には一個ノ人という言葉がみえ、高橋達郎の『米國法律原論』(同)には独立人民や各個人々となり、青木匡が訳した『政体論』(1878年(明治11年))では一個人となり、ついに文部省の訳『独逸國學士佛郎都氏 國家生理学(第二編)』(1884年(明治17年))で「個人」という言葉が記述された。
    個人信用情報機関
    『信用情報』より : 信用情報(しんようじょうほう)とは、個人の年収や住宅情報、勤務先等の属性情報及び、ローンや公共料金等の支払い情報のこと。 個人情報の一つ。 「信用情報機関」と言う基盤が整備され、各々積極的(有効的)に活用されている国は、欧米や日本などの先進国が主となっている。例えて言えば、中華人民共和国では上海市や北京市などの都市部の富裕層(十数万人程度)の情報を中心とした信用情報機関(民間企業)が数社ある程度である。 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国においては、支払い情報(履歴)であるクレジットヒストリー(英語: credit history)及び、クレジットヒストリーによって計算されるクレジットスコア(英語: credit score)は、生活を大きく左右する指標となっている。
    個人情報漏洩
    個人情報漏洩(こじんじょうほうろうえい、もしくは、こじんじょうほうろうせつ)とは、「個人情報を保有する者」および「個人情報に該当する者」の意図に反して、第三者による「故意」または「過失」によって個人情報が渡ることをいう。当該個人情報が顧客情報の場合は顧客情報漏洩(こきゃくじょうほうろうえい、もしくは、こきゃくじょうほうろうせつ)ともいう。また、個人情報の「漏洩」ではなく流出とも。 個人情報漏洩に至る要因 従来は紙面などによる各種の名簿を通じた漏洩が主だったが、近年は個人情報の電子データ化(Microsoft Access、Excelなどによるデータベース化)が進んでおり、また情報通信が発達したことから、パーソナルコンピュータやインターネットが何らかの形で絡み情報漏洩に至るケースが個人・法人(団体)問わず増えている。
    個人情報流出
    『個人情報漏洩』より : 個人情報漏洩(こじんじょうほうろうえい、もしくは、こじんじょうほうろうせつ)とは、「個人情報を保有する者」および「個人情報に該当する者」の意図に反して、第三者による「故意」または「過失」によって個人情報が渡ることをいう。当該個人情報が顧客情報の場合は顧客情報漏洩(こきゃくじょうほうろうえい、もしくは、こきゃくじょうほうろうせつ)ともいう。また、個人情報の「漏洩」ではなく流出とも。 個人情報漏洩に至る要因 従来は紙面などによる各種の名簿を通じた漏洩が主だったが、近年は個人情報の電子データ化(Microsoft Access、Excelなどによるデータベース化)が進んでおり、また情報通信が発達したことから、パーソナルコンピュータやインターネットが何らかの形で絡み情報漏洩に至るケースが個人・法人(団体)問わず増えている。
    個人向け国債
    『国債』より : 日本国債(にほんこくさい、英:Japanese Government Bond、JGB)は、日本国政府が発行する公債である。「国債ニ関スル法律」(明治39年法律第34号)に基づいて発行されており、正式名称は「国庫債券」。法律上の名称は単なる「国債」だが、実務上「日本国債」または「JGB」ともいう。日本国の運営に必要な資金を集めるために発行される。 種類 日本の国債には多くの種類がある。それらは発行の目的や償還期間の長短などにより分類される。国債の額面は、15年変動利付国債と物価連動国債が10万円、個人向け国債が1万円、そのほかは5万円である。物価連動国債と割引短期国債 (TB)、政府短期証券 (FB) は法人のみ購入が可能で、個人向け国債は個人のみ購入が可能である。 2003年1月27日以降に発行された物価連動・個人向けを除く固定利付国債は、元本部分と利札部分を分離して別々に流通させることができるようになった(ストリップス債)。
    個人授業II
    個人授業II(プライベートレッスン ツー)は、TBSテレビ TBSで2006年10月4日より2007年9月26日、毎週水曜日の24:55 - 25:25(日本標準時 JST)に放送されていたバラエティ番組である。
    2007年4月11日の放送までは、「個人授業(プライベートレッスン)〜正しい和田アキ子の作り方〜( - ただしいわだあきこのつくりかた)」というタイトルだった。
    番組の軸である和田アキ子を、淑女にするため、生涯学習と称して毎週1人(または1組以上)の講師(芸能人か有名人)が和田アキ子に対して授業を繰り広げていく。和田は番組の設定上、16歳の世間を知らない令嬢ということになっているが、本人はその設定をあまり気にしていない。この設定にはゲストも一応は気をつかうが、たいていの場合は無視される。

    個人情報保護法
    個人情報の保護に関する法律(こじんじょうほうのほごにかんするほうりつ)は、個人情報の取扱いに関連する日本の法律。略称は個人情報保護法。 2003年(平成15年)5月23日に成立し、一般企業に直接関わり罰則を含む第4〜6章以外の規定は即日施行された。2年後の2005年(平成17年)4月1日に全面施行した。 個人情報保護法および同施行令によって、5,000件以上の個人情報を個人情報データベース等として所持し事業に用いている事業者は個人情報取扱事業者とされ、個人情報取扱事業者が主務大臣への報告やそれに伴う改善措置に従わない等の適切な対処を行わなかった場合は、事業者に対して刑事罰が科される。 構成 第1章 総則(第1条―第3条) 第2章 国及び地方公共団体の責務等(第4条―第6条) 第3章 個人情報の保護に関する施策等 第1節 個人情報の保護に関する基本方針(第7条) 第2節 国の施策(第8条―第10条) 第3節 地方公共団体の施策(第11条―第13条) 第4節 国及び地方公共団体の協力(第14条) 第4章 個人情報取扱事業者の義務等 第1節 個人情報取扱事業者の義務(第15条―第36条) 第2節 民間団体による個人情報の保護の推進(第37条―第49条) 第5章 個人情報保護委員会(第50条―第65条) 第6章 雑則(第66条―第72条) 第7章 罰則(第73条―第78条) 主な内容 基本理念 高度情報通信社会の進展に伴い個人情報の利用が著しく拡大していることにかんがみ、個人情報の適正な取扱いに関し、基本理念及び政府による基本方針の作成その他の個人情報の保護に関する施策の基本となる事項を定め、国及び地方公共団体の責務等を明らかにするとともに、個人情報を取り扱う事業者の遵守すべき義務等を定めることにより、個人情報の有用性に配慮しつつ、個人の権利利益を保護することを目的とする(第1条)。
    個人情報の保護に関する法律
    『個人情報保護法』より : 個人情報の保護に関する法律(こじんじょうほうのほごにかんするほうりつ)は、個人情報の取扱いに関連する日本の法律。略称は個人情報保護法。 2003年(平成15年)5月23日に成立し、一般企業に直接関わり罰則を含む第4〜6章以外の規定は即日施行された。2年後の2005年(平成17年)4月1日に全面施行した。 個人情報保護法および同施行令によって、5,000件以上の個人情報を個人情報データベース等として所持し事業に用いている事業者は個人情報取扱事業者とされ、個人情報取扱事業者が主務大臣への報告やそれに伴う改善措置に従わない等の適切な対処を行わなかった場合は、事業者に対して刑事罰が科される。 構成 第1章 総則(第1条―第3条) 第2章 国及び地方公共団体の責務等(第4条―第6条) 第3章 個人情報の保護に関する施策等 第1節 個人情報の保護に関する基本方針(第7条) 第2節 国の施策(第8条―第10条) 第3節 地方公共団体の施策(第11条―第13条) 第4節 国及び地方公共団体の協力(第14条) 第4章 個人情報取扱事業者の義務等 第1節 個人情報取扱事業者の義務(第15条―第36条) 第2節 民間団体による個人情報の保護の推進(第37条―第49条) 第5章 個人情報保護委員会(第50条―第65条) 第6章 雑則(第66条―第72条) 第7章 罰則(第73条―第78条) 主な内容 基本理念 高度情報通信社会の進展に伴い個人情報の利用が著しく拡大していることにかんがみ、個人情報の適正な取扱いに関し、基本理念及び政府による基本方針の作成その他の個人情報の保護に関する施策の基本となる事項を定め、国及び地方公共団体の責務等を明らかにするとともに、個人情報を取り扱う事業者の遵守すべき義務等を定めることにより、個人情報の有用性に配慮しつつ、個人の権利利益を保護することを目的とする(第1条)。
    個人タクシー
    日本における個人タクシー(こじんタクシー)とは、正式には1人1車制個人タクシー事業といい、普通二種または大型二種運転免許、或いは中型二種運転免許を持つ運転者が、道路運送法に基づく一般乗用旅客自動車運送事業経営許可を取得し、自ら1台のタクシー車両を用いて経営するタクシー事業のことである。個人タクシーの事業者数は、約46,000であり、タクシー車両全体の16.8%を占めるとされている。 「個人タクシー」と「法人タクシー」 いわゆる個人タクシー(1人1車制個人タクシー事業)に対比して、経営者が、1名以上の運転者を使用し複数台のタクシー車両を用いて経営する形態を「法人タクシー」と呼ぶことがある。いわゆる「法人タクシー」の呼称は、1人1車制個人タクシー事業との対比上の表現に過ぎず、法人タクシーといっても、経営者の法人・個人の別を問わない。よって、個人事業として(法人を設立せずに)経営許可を取得しいわゆる法人タクシーを経営することは可能である。 国土交通省各運輸局の公示においては、いわゆる個人タクシーを指す場合には、「1人1車制個人タクシー事業」との呼称を使用している。
    個人消費
    『消費』より : 消費(しょうひ、consumption)とは、欲求を満たすために財・サービス(商品)を消耗することを指す。資源を使用することでもある。生産の反意語。なお、日本語の「消費」という語は西周によるものとされている。 消費財を使用することで用益を得ることは消費と呼ばれる。これに対し、貨幣を支出することで消費財を購入することは消費支出と呼ばれ、両者は区別される。ただし経済学においては、両者は同一視されることがしばしばである。 なお、消費財は主として家計によって購入される。また消費財は耐久消費財と非耐久消費財に分かれる。さらに、その用途によって消費財と投資財(財を生み出すための財)とが区別される。 消費のパターン 記号消費 機能消費 快楽的消費 顕示的消費 マクロ経済学と消費 マクロ経済学では経済全体の消費を合算して総消費と呼ぶ。総消費は、将来の生産のための支出である投資を除いた一般的な支出を指すと考えると分かりやすい。 乗数効果 ケインズモデルにおいては消費はconsumptionの頭文字であるCで表される。
    個人再生
    個人再生(こじんさいせい)とは、日本国の倒産処理制度の一つであり、民事再生法13章の規定に従って個人(自然人)債務者の返済負担の圧縮と返済計画の立案とを支援する手続をいう。その目的は、個人債務者とその債権者との間の民事上の権利関係を適切に調整し、もって当該債務者の経済生活の再生を図ることにある(同法1条)。 個人再生には小規模個人再生と給与所得者等再生との2種類があるが、同法の規定ぶりからいっても実際の申立て件数(司法統計によれば、平成17(2005)年度は小規模個人再生が21,000件弱、給与所得者等再生が6,000件弱)からいっても、小規模個人再生が原則的形態であり、給与所得者等再生は小規模個人再生の派生型といってよい。 小規模個人再生 詳細は小規模個人再生を参照 小規模個人再生の意義 小規模個人再生(しょうきぼこじんさいせい)とは、将来において継続的に又は反復して収入を得る見込みがあり、かつ、再生債権(債務者が抱える債務のうち、公租公課を除いたものと考えれば大過ない。
    個人旅行
    個人旅行(こじんりょこう)とは、旅行の形態のひとつ。業務渡航や団体旅行に対して、個人が旅行の主体者となる観光旅行を指す。なお「個人」と称するが、「少人数」「知人同士」「観光目的」の旅行であれば、2人以上での旅行についても用いられることが多い。 個人旅行の定義と分類 個人旅行に明確な定義はないが、基本的には以下の4つのタイプが考えられる。上に行くほど自由度が高いと言える。 自由旅行 旅行者個人が旅行プランを策定し、航空券やホテルの予約も旅行代理店を通さずに自力で行う旅行形態。一般に自由旅行と呼ばれる。バックパッカーなどは通常この形態である。極端なものとしては、往路の航空券のみを用意してそれ以外は全て現地で調達するスタイルであろう。 手配旅行 旅行者個人が旅行プランを策定し、必要に応じて航空券やホテルの手配を個別に旅行代理店に依頼する、旅行業法上の「手配旅行」。旅行代理店を通さないと予約が難しい行き先(途上国の僻地など)が旅程に含まれている場合などに利用される。こちらも一般に自由旅行に含まれる。 受注型企画旅行 旅行者個人の希望に応じて旅行代理店側が旅行プラン(「企画」)を策定し、旅程全体を旅行代理店が一括して予約・管理するもの。
    個人美術館
    個人美術館(こじんびじゅつかん)とは、主にその土地所縁の美術家を顕彰する目的で設立された美術館をいう。 日本の主な個人美術館の一覧 参考文献 個人美術館散歩実行委員会編集・発行 『個人美術館散歩 7人の洋画家』 2001年4月 新人物往来社編集・発行 『日本全国ユニーク個人美術館 東日本編』 2008年2月、ISBN 978-4-404-03520-2 新人物往来社編集・発行 『日本全国ユニーク個人美術館 西日本編』 2008年2月、ISBN 978-4-404-03521-9 アドクリーン編集 『関東周辺 個人美術館めぐり』 日本出版社、2011年10月、ISBN 978-4-7984-1098-2。
    個人情報
    個人情報(こじんじょうほう)とは、特定の個人(人間、自然人)を識別することができる情報を指す。 現代社会ではコンピュータの利用が家庭でも一般的になり、個人情報のデータベース化と、データベースを収容したファイルのコピーが容易になったことで、様々な業務でデータの集積が進んでいるが、こうした情報が無制限に利用できるようになると、個人および家族のプライバシーが第三者に容易に把握されてしまう危険が高まってきた(例えば、クレジットカードの利用状況、出身校、勤務先、家族構成、通院歴など各種のデータが結合されると、個人、家族、所属する企業の秘密もあらわになってしまうおそれがある)。
    個人協賛競走
    個人協賛競走(こじんきょうさんきょうそう)とは、個人が協賛金を出す競走 競走(レース)のことである。個人が競走に好きな名前を付けられるなどの特典がある。個人協賛レースとも呼ばれる。
    主に一部地方競馬場等で行われている特別競馬の競走 競走の一種である。売り上げ難が指摘され、廃止や規模縮小が進められる地方競馬の活性化を進める一環として、まず2001年に上山競馬場で開始、その後高崎競馬場、名古屋競馬場でも採用されるようになり、その後競馬以外の公営競技でも開催されるようになった。
    個人協賛競走を行うに当たっては、主催者にその旨を連絡・申し込みをした上で当該個人協賛競走の優勝馬の騎手・関係者に対する賞品(金額は主催者によって異なるが、ばんえいの場合、個人の場合は1万円以上、グループや法人の場合は3万円以上の商品)を提供することなどがある。開催地によっては競技の公正を期すため出場選手の個人名や渾名を冠名にしたタイトルは認められてない。特に個人が協賛する場合、「○○さんの結婚記念日記念」「××さんの誕生日記念」といった各人の記念日をタイトルにすることが多い。

    個人攻撃
    個人攻撃(こじんこうげき)とは、議論(何らかの係争関係にある会話・対話など)において相手を論駁しようとするとき、相手の発言ではなく、発言者である相手自身を話題にして目的を達しようとする行為である。論点のすり替えの一種。 この行為は、相手の「劣った発言者の意見は、聞くに値しない」という論理を前提にしている(本項の性質上このようにしか表現できないのであって、誰かをおとしめる意図はない)。これは議論とは別に相手の欠点を見出し、それを論拠として議論を強制的に、かつ一方的に終了させようという試みであり、本来の議論から逸脱する行為(詭弁)とみなされることから問題視される。 その一方で、相手が対話中に発した言葉尻を捕らえて、それを個人攻撃だと評して議論の逸脱を試みようとする者も見られる。 いずれにしても個人攻撃という言葉は、議論の応酬の上でどちらかが議題から逸脱した部分で相手を論ごと封殺しようという場合において見出せる現象に関わる状態に用いられる言葉であるため、同語が議論中に含まれた時点で、既に片方か双方が冷静さを欠いている状況とみなすことができる。
    個人年金
    『年金保険』より : 年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給付する制度は被害者補償の年金など対象者が狭く限定される。 公的な社会保険の場合、医療保険・労災保険・雇用保険・介護保険と並べて論じられる場合が多い。 公的年金との違い 「年金保険」は私的年金に分類される中の個人年金と呼ばれるものである。そこで、公的年金との違いを以下に述べる。 民間年金保険 民間金融機関が運営する。保険料の運用リスクが公的年金よりも高い。「個人年金保険」ともいう。 年金の受け取り方には、主に以下がある。 終身年金 - 受け取り開始年齢に達してから、被保険者が死亡するまで受取人に年金を支払うもの。 保証期間付終身年金 - 終身年金の内、初めの10〜15年間に関しては被保険者がその間に死亡しても、受取人またはその相続人に保証期間の終了まで年金を支払うもの。
    個人年金保険
    『年金保険』より : 年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給付する制度は被害者補償の年金など対象者が狭く限定される。 公的な社会保険の場合、医療保険・労災保険・雇用保険・介護保険と並べて論じられる場合が多い。 公的年金との違い 「年金保険」は私的年金に分類される中の個人年金と呼ばれるものである。そこで、公的年金との違いを以下に述べる。 民間年金保険 民間金融機関が運営する。保険料の運用リスクが公的年金よりも高い。「個人年金保険」ともいう。 年金の受け取り方には、主に以下がある。 終身年金 - 受け取り開始年齢に達してから、被保険者が死亡するまで受取人に年金を支払うもの。 保証期間付終身年金 - 終身年金の内、初めの10〜15年間に関しては被保険者がその間に死亡しても、受取人またはその相続人に保証期間の終了まで年金を支払うもの。
    個人主義
    個人主義(こじんしゅぎ、英: individualism、仏: individualisme)とは、国家や社会の権威に対して個人の権利と自由を尊重することを主張する立場。あるいは共同体や国家、民族、家の重要性の根拠を個人の尊厳に求め、その権利と義務の発生原理を説く思想。ラテン語のindividuus(不可分なもの)に由来する。対語は、全体主義・集団主義。 個人主義は集産主義に反対する。西洋諸国は個人主義的で、個人主義の概念は西洋文化にあり、古代スカンジナビアのイデオロギー・ギリシャ哲学・キリスト教などに影響がある。ゲルマン人は非常に個人主義的である。非西洋諸国は集産主義社会である。 個人主義と「利己主義」は同一ではない。個人主義は個人の自立独行、私生活の保全、相互尊重、自分の意見を表明する、周囲の圧力をかわす、チームワーク、男女の平等、自由意志、自由貿易に大きな価値を置いている。個人主義者はまた、各人または各家庭は所有物を獲得したり、それを彼らの思うままに管理し処分する便宜を最大限に享受する所有システムを含意している。
    個人主義 (アルバム)
    Name 個人主義
    Type アルバム
    Artist 小田和正
    Cover
    Background orange
    Released 2000年4月17日
    Recorded
    Genre J-POP
    Length
    Label BMG JAPAN ファンハウス
    Producer 小田和正
    Reviews 最高順位5位(オリコン)
    Last album ”伝えたいことがあるんだ (アルバム) 伝えたいことがあるんだ” (1997年)
    This album ”個人主義” (2000年)
    Next album ”LOOKING BACK 2” (2001年)

    個人情報保護士
    個人情報保護士(こじんじょうほうほごし)は、財団法人全日本情報学習振興協会が設けている民間資格の称号。 「個人情報保護法の正しい理解と安全管理に関する体系的な理解」及び「企業実務において個人情報の有効活用や管理・運用を行うことのできる知識や能力」をもつ人材を認定する同協会主催の「個人情報保護士認定試験」の合格者を個人情報保護士と呼ぶ。2005年の個人情報保護法全面施行にあわせ試験を開始した。 受験資格に制限はなく、受験者は、一般企業では法務・個人情報保護/コンプライアンス関連部門の担当者に限らず、管理職や一般社員、新入社員に至るまで幅広く、コンサルタントや弁護士・行政書士等、独立して事業を行う個人や、自身のスキルアップのために受験する者も少なくない。合格率は主催者発表で40%程度。 この資格は民間資格であり業務独占資格は与えられない。試験は四半期ごとの3月・6月・9月・12月の第2もしくは第3日曜日に実施される。合格点に達しないと不合格となる個人情報保護に特化した試験である。 2014年冬までに14万人が受験し、約5万人が合格した。
    当サイト全体から「個人」に関するページを抽出しました。
    個人に関する知恵袋-質問集
    個人に関する最新ニュース
    個人に関する教えてGOO-質問集
    19/11/12
    ●『全統一労働組合』を野放しの都労政の刑事責任!当質問が1時間毎に削除されておる事実を報...→見る
    19/11/12
    個人で、日本での品代金の受け取り方を教えてください!→見る
    19/11/12
    年末調整で障害者や寡婦、寡夫の事も書かなきゃいけないの?→見る
    19/11/12
    リアコや同担拒否の方って嫌われるのでしょうか。 友達が、「リアコ本当に嫌い」と愚痴って...→見る
    19/11/12
    車の暖機について。→見る
    19/11/12
    女児に更衣室でタトゥーをバカにされ、保護者まで出しゃばってきた→見る
    19/11/12
    夫婦の営みについて…何回目くらいで妊娠しましたか?個人差はあるかと思いますが、参考まで...→見る
    19/11/12
    合コンしまして、グループLINEを相手の方達と作ったのですが、気になる人がいたので、そこか...→見る
    19/11/12
    高校の国語の授業で「『差』という情報 」を単元でやっています。 先生に就職でも大学に行く...→見る
    19/11/12
    経済の市場ら辺の単元を勉強しているのですが、 ?外部不経済 ?外部経済 ?超過供給 ?超過需要 ...→見る
    個人に関する人力検索-質問集
    個人に関するナレッジ知識-質問集
    個人に関するtwitterつぶやき
    個人に関するブログサイト
    個人に関する最新書籍一覧
    個人に関する動画コンテンツ
キャッシング比較/ FX比較/ クレジットカード比較/ キャッシング申込み/ カードローン比較/ ETCカード比較/ レディースローン申込み/ 宅建過去問題/ マンション管理士過去問題/ 管理業務主任者過去問題/ ネット証券比較/ 目的ローン申込み/ 担保ローン申込み/ 住宅ローン申込み/ おまとめローン申込み/ 事業者ローン申込み/ 学生ローン申込み/ レディースローン申込み/ 女性R&B/ 賃貸マンション/ ビジネス板/ キャッシング キャンペーン/ ローン キャンペーン/ FX キャンペーン/ ネット証券 キャンペーン/ クレジットカード キャンペーン/ ETCカード キャンペーン/ キャッシング最新情報/ カードローン最新情報/ ETCカード特典/ クレジットカード特典/ FXビギナー/ ネット証券ビギナー/ 手形割引比較/ レディースキャッシング比較/ 主婦ローン比較/