タグ : 外国

TTスマートトレード、外国為替証拠金取引(FX)事業を終了

  • TTスマートトレード、外国為替証拠金取引(FX)事業を終了に関する記事・解説はこちら 
    2011年4月15日 at 11:15 AM
  • マネーパートナーズ、外国為替証拠金取引「パートナーズFX」でスプレッドを縮小に関する記事・解説はこちら 
    2010年12月19日 at 5:07 PM
  • マネックス証券、店頭外国為替証拠金取引「FX PLUS」専用のトレーディングツールを発表に関する記事・解説はこちら 
    2010年12月6日 at 1:14 AM
  • 外国に関するWikipedia情報
    外国
    外国(がいこく、英: a foreign country、仏: pays étrangers)とは、自国以外のよその国のこと。 「国外」ともいう。古風には「異邦」「異国」とも言う。 「外国」とは、基本的に、ある人から見て、自国(母国)以外の、よその国のことである。 ほぼ同じ語義の言葉として「異国」「異邦」を挙げたが、それ以外にも「他国」「異境」「外地」などもある。 外国の人を「外国人」と言う。今日 「異邦人」と言うと、いくらか詩的な表現や気取った表現になる。 外国の言葉は「外国語」と言う。 外国の資本は「外資」と言い、自国内にあるが外国資本の割合のほうが高い企業を「外資系企業」と言う。 「外国へ行く」ことは英語では「go abroad」と言い、このように「外国」関連の表現では、「foreign フォーリン」以外に この「abroad アブロード」という副詞も多用する。 なお「外国」というのは、あくまで相対的な用語である。例えば、イタリアから見れば日本が「外国」である。 したがって、ある人がその人から見て「外国」を旅行したり「外国」に滞在している間は、現地の人から見るとその人が「外国人 」になる。
    外国人労働者
    外国人労働者(がいこくじん ろうどうしゃ、英語:Foreign worker)とは、他国からの労働者を受入れ国の視点でとらえた場合の呼称。移住労働者(Migrant worker)とも。外国からの出稼ぎ労働者は移民労働者に含まれる。 労働力移動の要因 外国人労働者を生み出す要因には近隣国との経済格差などがあげられる。一方で20世紀末以降いわゆるグローバル化がすすみ、国際的な人の移動が活発になったことにも注目する必要がある。 外国人労働者が発生する要因として、伝統的な考え方ではプッシュ要因(送り出し国側の原因)とプル要因(受け入れ国側の原因)に分類した考察が行われてきた。 プッシュ要因としては送り出し国側において経済発展が遅れて雇用機会が不足し、労働力が過剰になることがあげられる。プル要因は受入れ国側が高度経済成長を迎えることで起きる労働力不足である。先進国における少子高齢化も原因にあげられることがある。この両者が組み合わさって労働力の移動が発生するとされる。この場合、両国間における賃金や所得の格差が重要になってくる。
    外国人出稼ぎ労働者
    『外国人労働者』より : 外国人労働者(がいこくじん ろうどうしゃ、英語:Foreign worker)とは、他国からの労働者を受入れ国の視点でとらえた場合の呼称。移住労働者(Migrant worker)とも。外国からの出稼ぎ労働者は移民労働者に含まれる。 労働力移動の要因 外国人労働者を生み出す要因には近隣国との経済格差などがあげられる。一方で20世紀末以降いわゆるグローバル化がすすみ、国際的な人の移動が活発になったことにも注目する必要がある。 外国人労働者が発生する要因として、伝統的な考え方ではプッシュ要因(送り出し国側の原因)とプル要因(受け入れ国側の原因)に分類した考察が行われてきた。 プッシュ要因としては送り出し国側において経済発展が遅れて雇用機会が不足し、労働力が過剰になることがあげられる。プル要因は受入れ国側が高度経済成長を迎えることで起きる労働力不足である。先進国における少子高齢化も原因にあげられることがある。この両者が組み合わさって労働力の移動が発生するとされる。この場合、両国間における賃金や所得の格差が重要になってくる。
    外国人参政権
    外国人参政権(がいこくじんさんせいけん)とは、その国の国籍を有しない外国人に付与される参政権をさす。 外国人参政権は世界的には一般的でないものの、欧州地域など一定の制約下で認められているケースもある。国家基本問題研究所は、長期間に渡って外国人労働者を誘引する政策を採用していたなどの特別な理由のある国家のみが外国人に参政権を認めているとしている。 以下は、いずれも滞在期間・在留資格・年収などの要件で一定の制限を課す。 居住する外国人に対し、地方レベルの投票権を、国内の全域で、国籍を問わず、付与している国家の数は、24か国。 これらに超国家的グループ(スープラナショナリズム)の加盟国が相互に限って投票権を認めている国家を合わせると、39か国。 地方レベルに加え、国政レベルの投票権まで認める国家の数は、11か国(その内の7か国は、国籍を制限している)。 地方レベルの投票権に加え、被選挙権まで認める国家の数は、26か国(その内の12か国は、国籍を制限している)。
    外国人居留地
    外国人居留地(がいこくじんきょりゅうち)は、政府が外国人の居留及び交易区域として特に定めた一定地域をいう。近代日本では、1858年の日米修好通商条約など欧米5ヶ国との条約により、開港場に居留地を設置することが決められ、条約改正により1899年に廃止されるまで存続した。単に居留地ともいう。 前史 鎖国時代の長崎に設置された出島や唐人屋敷も、一種の居留地といえる。出島のオランダ人や唐人屋敷の中国人はみだりに長崎市街へ外出することは許されなかった。1854年の日米和親条約では米国商船の薪水供給のため下田、箱館の2港が開港され、日英和親条約では長崎と箱館が英国に開港されたが、外国人の居住は認められなかった。その後、ロシアやオランダと締結された和親条約も同様である。 安政五カ国条約 江戸幕府は、安政年間に、1858年の日米修好通商条約をはじめとして英国、フランス、ロシア、オランダと修好条約を締結した。
    外国法人
    『法人』より : 外国法人(がいこくほうじん)とは、何らかの意味において、外国に属するものとされる法人をいう。 抵触法上の外国法人に対する取扱い 従属法(属人法)が外国法である法人が外国法人である。従属法が何であるかについては、主として、設立準拠法主義と本拠地法主義の対立がある。 外人法上の外国法人に対する取扱い 実質法において、外国法人に特別の規制(権利能力の制限など)を課す規定は多数の法律にみられる。このように外国人や外国法人に関する実質法上の法規範を外人法という。 法律によっては、株主や役員の国籍等に着目して外国法人を定義し特別の取り扱いを定めるものがみられる。 日本法における外国法人 日本の抵触法における通説においては、設立準拠法主義が採用されている。 通説によれば、従属法上認められる法人格は当然に日本法上も承認される(したがって抵触法上外国法人に対する特別の取扱いは存在しない。)が、外人法としての民法35条により日本国内における活動が規制されるものとされる。一方、少数説(民法の起草者の見解でもある。)によれば、外国国家による国家行為としての法人格の付与が、民法35条により限定的に承認されるものと解しており、同条は抵触法上の規定として理解されることとなる。
    外国人犯罪
    外国人犯罪(がいこくじんはんざい)とは外国人および移民による犯罪のことである。 外国人犯罪に関する治安との関連性については様々な見方があり、国籍別の犯罪発生率についてはその取り扱いを含めて異なった意見が存在する。外国人に対する捜査方法などが問題となることがある。その国を生活の場とする移民による犯罪と、短期滞在の来訪外国人による犯罪の大きく二つに分かれる。 世界における外国人(移民)犯罪 日本以外の各国の国内事情としても、移民や外国人による犯罪の発生率は一般に高い傾向にある。 外国人差別の温床にもなりやすい論点であるが、「外国人犯罪が多くなりやすい」という理由については、民族の文化的特徴以外にも、地域差や、移民政策および、植民地政策を含む総合的な歴史的経緯、移民の労働市場政策などの諸要因に依存するところが大きい。そのため、「外国人犯罪は多い」という言い方を一概にすることはできない。たとえば、米国においては、移民の犯罪率は、非移民の犯罪率よりも低い傾向にある。 米国 『ハンドブック・犯罪統計とその相関』によれば、米国においては移民の犯罪率は、非移民のそれよりも低くなっている。
    外国語の日本語表記
    外国語の日本語表記(がいこくごのにほんごひょうき)では、外国語を日本語のシステムである漢字および仮名に転写する際の一般的な方法を述べ、また、代表的な表記の揺れについて解説する。本項の目的はそれぞれの外国語の解説ではない。また、日本語表記に関する啓蒙・規範作りを目的とするものでもない。過去および現在日本語の両方を話す人たちの間で通用してきた日本語表記を整理して示すことにある。 なお、本項によってウィキペディアにおけるそれぞれの外国語を起源とする単語の表記方法を規定するものではない。 総論 日本語は元来文字を持たない言語であった。百済から日本に漢字が伝わると表音的に用いられるようになり、漢字音を日本語および中国語以外の外国語にあて表記することが行われた。上代日本語の転写に漢字を用いた代表的な例として万葉仮名が挙げられる。またインドから伝来した語(ほとんどは仏教用語である)は、中国で漢字により音訳されたものが日本でもそのまま踏襲された。そのような語の例として、仏陀、阿羅漢、また仏教関係の人名などがある。 日本が交渉をもった国はながらく漢字文化圏の民族にのみ限られていたため、全般に中国語での漢字表記を踏襲する事が行われ、外国語の日本語表記は日本語の問題としてほぼ注目されずに来た。
    外国語学校 (旧制)
    この項目では、戦前の日本に存在した旧制専門学校のうち外国語の専門教育を行った旧制外国語学校(きゅうせいがいこくごがっこう)について述べる。これは第二次世界大戦中に「外事専門学校」(もしくは語学専門学校)と改称された一群の旧制高等教育機関を指す(したがって各種学校として設立された外国語学校とは異なる)。 なお「前史」ともいうべき明治初期の状況については外国語学校 (明治初期)を参照のこと。 専門学校令施行の時点で旧制専門学校となった外国語学校(外事専門学校)は、東京の官立東京外国語学校1校のみであったが、これ以後大阪に官立1校、小倉・神戸に公立各1校が設置、私立校としては天理外国語学校などが設立された。 第二次世界大戦中の1944年、外国語学校はそのほとんどが「外事専門学校」(外専)と改称された。 官立2校は東京・大阪の国立2外大に、公立2校は北九州市大・神戸市外大に継承されている。 初期の「外国語学校」 幕末期から明治維新期にかけ、全国に官公私立の外国語学校が多数設立されたが、多くは廃止されるか旧制中学校に転換され、中等・高等教育機関としては東京・大阪の官立3校のみが残った。
    外国為替証拠金取引
    外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)とは、証拠金(保証金)を業者に預託し、主に差金決済による通貨の売買を行なう取引をいう。「FX」、「通貨証拠金取引」、「外国為替保証金取引」などともいう。FXはForeign eXchange=外国為替の略に由来している。海外ではForex (Foreign exchange) と呼ばれることが多い。また、日本では、投資商品としては、外国為替証拠金取引と差金決済取引 (CFD) は区分されているが、実際は、外国為替証拠金取引は差金決済取引 (CFD) の一種でもある。 日本では1998年に外国為替及び外国貿易法が改正され、ダイワフューチャーズ(現・ひまわり証券)、豊商事などが取扱いを開始、ブロードバンドの普及も手伝って市場が急速に拡大した。商品取引員、証券会社のほか、本取引を専業で取り扱う外国為替証拠金取引業者もある。取引の仕方によっては非常に高いリスクを負うため、実際の取引にあたっては外国為替相場に関する十分な知識や経験を要する。
    外国地名の漢字表記一覧
    外国地名の漢字表記一覧(がいこくちめいのかんじひょうきいちらん)は、日本以外の国や地域の地名について、かつて日本で用いられていた(または現在でも使われることがある)漢字表記の一覧である。ただし、もともと漢字によって命名された地名を除く。
    命名法は大別して、音訳(当て字)によるもの、意訳によるもの、地名とは無関係なものの3つに分類できるが、それらの幾つかを組み合わせたものや、音訳と意訳を兼ねた特定の用字を用いるものも存在する。
    たとえば「聖人#キリスト教 聖」「城#中国 堡」「橋」はそれぞれ St./Saint 、-burg 、-bridge などの音訳と意訳の双方を兼ね、多くの地名で用いられている。また「港」「府」はそれぞれ「港湾都市」「政庁の置かれた、または主要な都市」などの意味を与えると同時に、原音に類似した音の存在を示す場合がある。

    外国公館
    『大使館』より : 大使館(たいしかん)は、国交のある外国に、自国の特命全権大使を駐在させて公務を執行する役所。領事館と共に外交使節団の公館(日本の法令用語では在外公館)と呼ばれる。なお、イギリス連邦加盟国間では、歴史的経緯から大使館ではなく高等弁務団と称される(当初は加盟国全てがイギリス国王を共通の君主としており、国家元首の代理である大使およびその駐在先としての大使館という名称が不適当だったため。加盟国の中でイギリス国王を君主としなくなった国においても、伝統的にこの名称が使われている)。 業務 通常、派遣された国の首都に置かれ、派遣元の国を代表して、派遣先国での外交活動の拠点となるほか、ビザの発給や、パスポートの発行・更新、滞在先での自国民の保護といった援助などの領事サービス、広報・文化交流活動、情報収集活動などの業務を行う。 特権・免除 大使館を含む在外公館(総領事館、領事館を除く)は、国際法(外交関係に関するウィーン条約)において外交特権を有し、その敷地は不可侵であり、設置された国(受け入れ国:接受国)の官憲は同意なしに立ち入ることが出来ない。
    外国人恐怖症
    外国人嫌悪(がいこくじんけんお)および外国人恐怖症(がいこくじんきょうふしょう)は、外国人や異民族などのアウトサイダーと見られている人や集団を嫌悪、排斥あるいは憎悪する気質を指す。 「きわめてあいまいな心理学的概念」。xenophobia(クセノフォビア、ゼノフォビア)の訳語で、「外国人嫌い」などと訳される場合もある。クセノフォビアとは、ギリシア語の"ギリシア語: ξένος" (xenos, 異人、異国、よそ者、外国人)と"ギリシア語: φόβος"(phobos, ポボス、恐怖)に由来する。 あらゆる国、民族に存在し、かつてこれが行きすぎたために大量虐殺が行われた事例も数多くある。 日本における外国人嫌悪 日本は、人口の98.5%を日本人が占めるため、しばしば「国民の大部分が日本民族により構成される単一民族国家である」と主張され、また居住者の99%以上は日本語を母語とする。
    外国人登録制度
    外国人登録制度(がいこくじんとうろくせいど)とは、かつて日本において、市町村と特別区で作成されていた外国人の住民に関する記録であった。2012年(平成24年)7月に制度そのものが廃止され、現在は在留カードとなり、外国人も住民基本台帳で管理されている。 作成は外国人本人の申請に基づいて行われる。各市区町村ごとに、その管内に居住する外国人の外国人登録原票が保管され、現住所の証明、人口の調査などに利用されている。日本に連続90日を超えて滞在しようとする外国人(無国籍者を含む)は、在日米軍将兵や外交官などの一部例外を除いてかならず登録する義務があった。 外国人登録原票の記載情報 外国人登録番号 登録年月日 氏名 出生の年月日 男女の別 国籍及び国籍国における居住地 出生地 職業 パスポート番号及び発行年月日 上陸許可日 在留の資格及び在留期間 住所及び住所を定めた年月日、届出年月日 世帯主についてはその旨及び世帯を構成する者の氏名、出生の年月日、国籍及び世帯主との続柄、世帯主でない者については世帯主の氏名及び世帯主との続柄 国内に父母及び配偶者で同一世帯でないものがいればその者の氏名、出生の年月日及び国籍 勤務所または事務所の名称及び所在地 登録原票の取り扱い 登録原票は、住所が移動する際にそれに伴い、新居住地へそのまま送付される。
    外国人登録
    『外国人登録制度』より : 外国人登録制度(がいこくじんとうろくせいど)とは、かつて日本において、市町村と特別区で作成されていた外国人の住民に関する記録であった。2012年(平成24年)7月に制度そのものが廃止され、現在は在留カードとなり、外国人も住民基本台帳で管理されている。 作成は外国人本人の申請に基づいて行われる。各市区町村ごとに、その管内に居住する外国人の外国人登録原票が保管され、現住所の証明、人口の調査などに利用されている。日本に連続90日を超えて滞在しようとする外国人(無国籍者を含む)は、在日米軍将兵や外交官などの一部例外を除いてかならず登録する義務があった。 外国人登録原票の記載情報 外国人登録番号 登録年月日 氏名 出生の年月日 男女の別 国籍及び国籍国における居住地 出生地 職業 パスポート番号及び発行年月日 上陸許可日 在留の資格及び在留期間 住所及び住所を定めた年月日、届出年月日 世帯主についてはその旨及び世帯を構成する者の氏名、出生の年月日、国籍及び世帯主との続柄、世帯主でない者については世帯主の氏名及び世帯主との続柄 国内に父母及び配偶者で同一世帯でないものがいればその者の氏名、出生の年月日及び国籍 勤務所または事務所の名称及び所在地 登録原票の取り扱い 登録原票は、住所が移動する際にそれに伴い、新居住地へそのまま送付される。
    外国人登録証
    『外国人登録制度』より : 外国人登録制度(がいこくじんとうろくせいど)とは、かつて日本において、市町村と特別区で作成されていた外国人の住民に関する記録であった。2012年(平成24年)7月に制度そのものが廃止され、現在は在留カードとなり、外国人も住民基本台帳で管理されている。 作成は外国人本人の申請に基づいて行われる。各市区町村ごとに、その管内に居住する外国人の外国人登録原票が保管され、現住所の証明、人口の調査などに利用されている。日本に連続90日を超えて滞在しようとする外国人(無国籍者を含む)は、在日米軍将兵や外交官などの一部例外を除いてかならず登録する義務があった。 外国人登録原票の記載情報 外国人登録番号 登録年月日 氏名 出生の年月日 男女の別 国籍及び国籍国における居住地 出生地 職業 パスポート番号及び発行年月日 上陸許可日 在留の資格及び在留期間 住所及び住所を定めた年月日、届出年月日 世帯主についてはその旨及び世帯を構成する者の氏名、出生の年月日、国籍及び世帯主との続柄、世帯主でない者については世帯主の氏名及び世帯主との続柄 国内に父母及び配偶者で同一世帯でないものがいればその者の氏名、出生の年月日及び国籍 勤務所または事務所の名称及び所在地 登録原票の取り扱い 登録原票は、住所が移動する際にそれに伴い、新居住地へそのまま送付される。
    外国人タレント
    外国人タレント(がいこくじんタレント)は、主に日本国内でのみ芸能活動を行っている外国人のタレント。外国でも著名で日本でも活躍している外国人を含む場合もある。ヨーロッパ・アメリカ系に対してのみ使われ、在日韓国・朝鮮人の芸能人または帰化した芸能人は出自を公表している場合でも普通「外国人タレント」とは呼ばれない。 戦前は、吉本興業(東京吉本)所属の ミス・バージニア(アメリカから来日。白系ロシア人とされる)やマーガレット・ユキ(日系二世でハーフの少女歌手兼タップダンサー。ロンドン生まれ)が人気を博し、元祖・外国人タレントと言われる。ミス・バージニアは、浅草花月 劇場(吉本興業直営)に出演し、金髪美女でありながら、日本髪着物姿で日本舞踊を踊って人気を得た。マーガレット・ユキも、浅草花月劇場に少女タップダンサーとして出演し、金髪を振り乱して踊る可憐な姿で人気者になったという。 戦後は、主に占領軍として来ていた日本語が堪能なアメリカ人が日本で芸能活動を行い成功し、そのまま居残るケースが多かったが、その後日本の復興と共にアジア諸国から来るタレントが増えた。
    外国人株主
    『株主』より : 株主(かぶぬし)とは、株式会社の株式を保有する個人・法人をいう。当該株式会社の出資者としての立場であり、オーナーの立場に立つ。 以下、日本の株式会社について論じる。 名前は株主名簿に記載されていることが会社に対して株主の権利を主張するために必要であるが、名義の書き換えを失念したとしても株主としての地位を失うわけではない。株主平等の原則(会社法109条)により、原則として、持ち株数に応じた権利を有する。 会社法は、以下で条数のみ記載する。 株主権 株主権(株主の権利)は学問上、その性質に応じて自益権(直接的な経済的利益の享受を目的とする権利)と共益権(会社経営への参画を目的とする権利で、いわゆる経営参加権)に分類される。自益権はそのすべてが一株でももっていれば行使できる「単独株主権」であるが、共益権には一定数以上の株式を保有している株主でなければ行使できない少数株主権もある。会社法においては株主の権利については、105条その他に規定がある。 自益権 (直接的な経済的利益の享受を目的とする権利)剰余金配当請求権、利益配当請求権、残余財産分配請求権、新株引受権、株式買取請求権など。
    外国倒産処理手続
    外国倒産処理手続(がいこくとうさんしょりてつづき)とは、一般的には、広く外国(すなわち日本国外)で行われる倒産処理手続をいうが、法律上は、二義ある。 その一は、外国倒産処理手続の承認援助に関する法律(平成12年11月29日法律第129号)におけるものであり、「外国で申し立てられた手続で、破産手続、再生手続、更生手続又は特別清算手続に相当するもの」をいう(同法2条1項1号)。 もう一つは、破産法(平成16年6月2日法律第75号)、民事再生法(平成11年12月22日法律第225号)及び会社更生法(平成14年12月13日法律第154号)におけるものであり、「外国で開始された手続で、破産手続又は再生手続に相当するもの」である(破産法245条1項、民事再生法207条1項、会社更生法242条1項)。
    外国ニ於テ流通スル貨幣紙幣銀行券証券偽造変造及模造ニ関スル法律
    外国ニ於テ流通スル貨幣紙幣銀行券証券偽造変造及模造ニ関スル法律(がいこくにおいてりゅうつうするかへいしへいぎんこうけんしょうけんぎぞうへんぞうおよびもぞうにかんするほうりつ、明治38年法律第66号)は、日本の法律である。1905年(明治38年)3月20日公布、即日施行された。 外国紙幣等の偽造・変造・模造等を取り締まることを目的としている。なお、刑法施行法(明治41年法律第29号)第19条第1項により、この法律中の「重懲役」「軽懲役」「重禁錮」は「懲役」に改められている。また、罰金等臨時措置法(昭和23年法律第251号)第2条により、本法第3条第2項、第5条第1項の罰金額は引き上げられている。 この法律の名称は立法技術用語で言うところの「題名」でなく「件名」であるため、平仮名・口語体を用いる日本国憲法下にあっては、「外国において流通する貨幣紙幣銀行券証券偽造変造及び模造に関する法律」のように引用表記される。
    外国語類音同義語一覧 (人名)
    外国語類音同義語一覧(人名) は、諸外国語版のウィキペディアを閲覧する際、あるいは外国語運用上の助けとなることを目的とするリストである。特に代表的なもの、あるいは知っておく必要性が高いものを随時追加していく。 ファーストネーム A-E Andrew(英 アンドルー、慣用:アンドリュー) - André(仏 アンドレ) - Andreas(独 アンドレアス) - Andrea(伊 アンドレア)- Андрей(露 アンドレイ) アンデレ Arthur(英 アーサー) - Arthur(仏 アルテュール) - Arthur, Artur(独 アルトゥール) - Artù, Arturo(伊 アルトゥ、アルトゥーロ) Augustine(英 オーガスティン) - Augustin(仏 オーギュスタン)- August(独 アウグスト)- Agostino(伊 アゴスティーノ) - Augustinus(羅 アウグスティヌス) Bernard(英 バーナード) - Bernard(仏 ベルナール) - Bernhard(独 ベルンハルト)- Bernardo(伊 ベルナルド) Clara, Clare(英 クララ、クレア) - Claire(仏 クレール) - Klara(独 クララ)- Chiara(伊 キアーラ) Charles(英 チャールズ) - Charles(仏 シャルル) - Karl(独 カール) - Carlo(伊 カルロ) - Carlos(西 カルロス) F-L Ferdinand(英 ファーディナンド) - Ferdinand(仏 フェルディナン) - Ferdinand(独 フェルディナント) - Ferdinando(伊 フェルディナンド) - Fernando(西 フェルナンド) Frederick(英 フレデリック)- Frédéric(仏 フレデリック) - Friedrich(独 フリードリヒ) - Federico(伊 フェデリコ) - Federico(西 フェデリコ) George(英 ジョージ) - Georges(仏 ジョルジュ) - Georg(独 ゲオルク) - Giorgio(伊 ジョルジョ) - Jorge(西 ホルヘ) ゲオルギウス Henry(英 ヘンリー) - Henri(仏 アンリ) - Heinrich(独 ハインリヒ) - Enrico(伊 エンリコ) - Enrique(西 エンリケ) James(英 ジェイムズ) - Jacques(仏 ジャック) - Giacomo(伊 ジャコモ) - Jaime(西 ハイメ) ヤコブ John(英 ジャン、慣用:ジョン) - Jean(仏 ジャン) - Johann, Johannes, Hans(独 ヨハン、ヨハネス、ハンス) - Giovanni(伊 ジョヴァンニ) - Juan(西 フアン)- Иван(露 イヴァン>イワン) ヨハネ Laurence(英 ローレンス) - Laurent(仏 ローラン) - Lorenz(独 ローレンツ) - Lorenzo(伊 ロレンツォ) - Lorenzo(西 ロレンソ) Lewis, Louis(英 ルイス) - Louis(仏 ルイ) - Ludwig(独 ルートヴィヒ) - Ludovico(伊 ルドヴィーコ) - Luis(西 ルイス) Luke(英 ルーク) - Luc(仏 リュック) - Lukas(独 ルーカス) - Luca(伊 ルカ) - Lucas(西 ルカス) ルカ M-P Mary(英 メアリー) - Marie(仏 マリー) - Maria(独 マリア) - Maria(伊 マリーア) Michael(英 マイケル) - Michel(仏 ミシェル) - Michael(独 ミヒャエル) - Michele(伊 ミケーレ) - Miguel(西 ミゲル)- Михаил(露 ミハイル) ミカエル Patrick(英 パトリック) - Patrick, Patrice(仏 パトリック、パトリス) - Patrizio(伊 パトリツィオ) Paul(英 ポール) - Paul(仏 ポール) - Paul(独 パウル) - Paolo(伊 パオロ) - Pablo(西 パブロ) パウロ Peter(英 ピーター) - Pierre(仏 ピエール) - Peter(独 ペーター) - Pietro(伊 ピエトロ) - Pedro(西 ペドロ) - Пётр(露 ピョートル) ペトロ R-Z Richard(英 リチャード) - Richard(仏 リシャール) - Richard(独 リヒャルト) - Riccardo(伊 リッカルド) - Ricardo(西 リカルド) Robert(英 ロバート) - Robert(仏 ロベール)- Robert(独 ロベルト) - Roberto(伊 ロベルト) Sophia, Sophie(英 ソフィア、ソフィー) - Sophie(仏 ソフィ) - Sophia, Sophie(独 ゾフィア、ゾフィー) - Sofia(伊 ソフィア) William(英 ウィリアム) - Guillaume(仏 ギヨーム) - Wilhelm(独 ヴィルヘルム) - Guglielmo(伊 グリエルモ) - Guillermo(西 ギリェルモ) 個人名 Mao Zedong(英 マオツェドン) - 毛澤東 / 毛泽东(Máo Zédōng, 中 マオズォードン)- 毛沢東(日 モウタクトウ) 関連項目 外国語類音同義語一覧 (地名)。
    当サイト全体から「外国」に関するページを抽出しました。
    外国に関する知恵袋-質問集
    外国に関する最新ニュース
    外国に関する教えてGOO-質問集
    19/12/11
    パングラオのホテルはトイレットペーパーは流せますか?→見る
    19/12/11
    トランジェントでフィリピンに行きます、空港での食事で現地のお金は必要ですか?→見る
    19/12/11
    セブンイレブンの残業代未払い問題。これってセブンイレブン本部がピンハネしてた、って事...→見る
    19/12/10
    大学生トロンボーン吹きです。以前高校生の時に部活で細管のヤマハのテナーバスを吹いてい...→見る
    19/12/10
    今から50年後、100年後 それぞれ、日本の首都は東京ですか?→見る
    19/12/10
    今のところ正妻となるべき人が見つかるまで名ばかりの結婚を考えてるんですが名ばかり結婚...→見る
    19/12/10
    現在、富裕層と貧困層の差が開いてきているそうですね。別にそれで良いと思いますがそれが...→見る
    19/12/10
    学校の授業で1人2分ほどのスピーチをすることになりました。 テーマは自由なのですが、これ...→見る
    19/12/10
    日本は韓国を助ける必要があるの?→見る
    19/12/10
    建設キャリアアップシステムについて→見る
    外国に関する人力検索-質問集
    外国に関するナレッジ知識-質問集
    外国に関するtwitterつぶやき
    外国に関するブログサイト
    外国に関する最新書籍一覧
    外国に関する動画コンテンツ
キャッシング比較/ FX比較/ クレジットカード比較/ キャッシング申込み/ カードローン比較/ ETCカード比較/ レディースローン申込み/ 宅建過去問題/ マンション管理士過去問題/ 管理業務主任者過去問題/ ネット証券比較/ 目的ローン申込み/ 担保ローン申込み/ 住宅ローン申込み/ おまとめローン申込み/ 事業者ローン申込み/ 学生ローン申込み/ レディースローン申込み/ 女性R&B/ 賃貸マンション/ ビジネス板/ キャッシング キャンペーン/ ローン キャンペーン/ FX キャンペーン/ ネット証券 キャンペーン/ クレジットカード キャンペーン/ ETCカード キャンペーン/ キャッシング最新情報/ カードローン最新情報/ ETCカード特典/ クレジットカード特典/ FXビギナー/ ネット証券ビギナー/ 手形割引比較/ レディースキャッシング比較/ 主婦ローン比較/