タグ : 外貨

サイバーエージェントFX「外貨ex」 ユーロ/円など4通貨ペアのスプレッド縮小を恒久化

  • サイバーエージェントFX「外貨ex」 ユーロ/円など4通貨ペアのスプレッド縮小を恒久化に関する記事・解説はこちら 
    2011年5月27日 at 10:28 PM
  • 住信SBIネット銀行、南アフリカランドの外貨普通預金・外貨定期預金の取り扱いを開始に関する記事・解説はこちら 
    2011年1月24日 at 11:55 AM
  • サイバーエージェントFX、「外貨ex」で4つの通貨ペアのスプレッド縮小を恒久化に関する記事・解説はこちら 
    2010年10月2日 at 10:03 AM
  • 外貨に関するWikipedia情報
    外貨
    外貨(がいか)とは、自国以外の、外国のお金(貨幣、通貨)。 世界各国で発行される通貨にはそれぞれ信用があり、その国の中でしか流通しない通貨と、国際的に信用があり国際的な取引で使用される国際通貨(ハードカレンシー)がある。 一般に、特に外貨と呼ばれるのは自国通貨とは別に国際取引に用立てる必要がある国際通貨のことである。自国通貨建てで国際取引が可能な国は多くなく、国際通貨を持っていないと国際間取引ができなくなる。そのため外貨(国際通貨)の保有残高を表す外貨準備高がその国の財務的な信用性を担保する指標の一つとなっている。この用途の外貨を特に準備通貨とも呼ぶ。 日本では、日本円以外のお金(米ドル、ユーロ、UKポンドなど)を指す。特に国際決済通貨に多く使われる米ドルを外貨と呼ぶことが多い。 関連項目 為替 外貨準備 外債。
    外貨MMF
    『マネー・マーケット・ファンド』より : マネー・マーケット・ファンド(Money Market Fund)とは、公社債を中心に投資する投資信託の一種。MMFとも略される。 政府発行の短期証券などに投資して、元本の安全を確保しながら安定した利回りを得られるような運用を行う。即日の購入・解約が可能となっている。 1971年、それまで銀行の預金しか利用してこなかった客を証券会社に呼び寄せるべく、アメリカ合衆国のブルース・ベント、ハリー・ブラウンの2人が設立した「リザーブ・ファンド」がその創始である。従来、公社債などの債券は購入単位が大きく、小口の個人投資家には手が出せない商品であったが、このような投資信託が生まれたことでそれらへの間接投資が可能になった。1973年のオイルショックでインフレーションが起こり、銀行預金の実質的価値が目減りしたことや、CMA(Cash Management Account、証券総合口座)の設定により、MMFで運用した資金をそのまま株式などの購入に当てられるようになったこと、小切手の振出しができ当座預金の機能を有するようになったことも、1970年代に起こったMMFへの大量資金流入の要因となった。
    外貨建てMMF
    『マネー・マーケット・ファンド』より : マネー・マーケット・ファンド(Money Market Fund)とは、公社債を中心に投資する投資信託の一種。MMFとも略される。 政府発行の短期証券などに投資して、元本の安全を確保しながら安定した利回りを得られるような運用を行う。即日の購入・解約が可能となっている。 1971年、それまで銀行の預金しか利用してこなかった客を証券会社に呼び寄せるべく、アメリカ合衆国のブルース・ベント、ハリー・ブラウンの2人が設立した「リザーブ・ファンド」がその創始である。従来、公社債などの債券は購入単位が大きく、小口の個人投資家には手が出せない商品であったが、このような投資信託が生まれたことでそれらへの間接投資が可能になった。1973年のオイルショックでインフレーションが起こり、銀行預金の実質的価値が目減りしたことや、CMA(Cash Management Account、証券総合口座)の設定により、MMFで運用した資金をそのまま株式などの購入に当てられるようになったこと、小切手の振出しができ当座預金の機能を有するようになったことも、1970年代に起こったMMFへの大量資金流入の要因となった。
    外貨建MMF
    『マネー・マーケット・ファンド』より : マネー・マーケット・ファンド(Money Market Fund)とは、公社債を中心に投資する投資信託の一種。MMFとも略される。 政府発行の短期証券などに投資して、元本の安全を確保しながら安定した利回りを得られるような運用を行う。即日の購入・解約が可能となっている。 1971年、それまで銀行の預金しか利用してこなかった客を証券会社に呼び寄せるべく、アメリカ合衆国のブルース・ベント、ハリー・ブラウンの2人が設立した「リザーブ・ファンド」がその創始である。従来、公社債などの債券は購入単位が大きく、小口の個人投資家には手が出せない商品であったが、このような投資信託が生まれたことでそれらへの間接投資が可能になった。1973年のオイルショックでインフレーションが起こり、銀行預金の実質的価値が目減りしたことや、CMA(Cash Management Account、証券総合口座)の設定により、MMFで運用した資金をそのまま株式などの購入に当てられるようになったこと、小切手の振出しができ当座預金の機能を有するようになったことも、1970年代に起こったMMFへの大量資金流入の要因となった。
    外貨預金
    外貨預金(がいかよきん)とは、一般に、外貨建ての預金のこと。また、外貨資金運用を補強するため、政府が手持ちの外貨の一部を、外国為替銀行に預金すること。また、その預金・外貨預託のことである。 日本での経緯 1990年代後半、バブル崩壊により日本銀行の低金利政策やゼロ金利政策、不良債権処理に追われた銀行の預金金利が低かったこと、国内の銀行の格付けが低下したこと、公的債務の増大による信用不安により、外国銀行の在日支店の広告が資産家向け情報誌に掲載されたことにより、注目を浴びることとなった。 1998年に金融ビッグバンでの外国為替銀行法の廃止により、あらゆる普通銀行において取扱いが可能となった。 近年は為替コスト・手数料などが外貨預金より安いという理由でFX(外国為替証拠金取引)に押されつつある。ただしFXにおいては、2007年のサブプライムローンの影響による米ドル暴落に伴い、信託銀行などに信託分別管理をしていないFX業者が破綻して証拠金が戻ってこないケースなどが散見される。
    外貨準備
    外貨準備(がいかじゅんび、foreign reserve)とは、中央銀行あるいは中央政府等の金融当局が外貨を保持すること。保持している外貨の量を外貨準備高(がいかじゅんびだか)という。 金融当局は、対外債務の返済、輸入代金の決済のほか、自国通貨の為替レートの急変動を防ぎ貿易等の国際取引を円滑にするために、外貨準備を行なう。外貨準備は「国民経済の貯金」などとも呼ばれる。ただし、あくまで主目的は為替変動への準備であり、外貨準備高(外貨の蓄積)の大きさが対外資産高の大きさを表しているわけではないことには注意を要する。 外貨準備高の適正水準については統一的な見解はないが、実務的には、「外貨準備保有高/輸入額」は輸入の3ヶ月分以上、「外貨準備保有高/短期債務残高」は1年分相当がベンチマークとして使用されている。 外貨準備は為替制度に大きく左右される。 変動相場制 完全な変動相場制の場合、基本的には中央銀行が為替市場へ介入しないため、国際収支は0となり外貨準備は変動しない。
    外貨準備高
    外貨準備(がいかじゅんび、foreign reserve)とは、中央銀行あるいは中央政府等の金融当局が外貨を保持すること。保持している外貨の量を外貨準備高(がいかじゅんびだか)という。 金融当局は、対外債務の返済、輸入代金の決済のほか、自国通貨の為替レートの急変動を防ぎ貿易等の国際取引を円滑にするために、外貨準備を行なう。外貨準備は「国民経済の貯金」などとも呼ばれる。ただし、あくまで主目的は為替変動への準備であり、外貨準備高(外貨の蓄積)の大きさが対外資産高の大きさを表しているわけではないことには注意を要する。 外貨準備高の適正水準については統一的な見解はないが、実務的には、「外貨準備保有高/輸入額」は輸入の3ヶ月分以上、「外貨準備保有高/短期債務残高」は1年分相当がベンチマークとして使用されている。 外貨準備は為替制度に大きく左右される。 変動相場制 完全な変動相場制の場合、基本的には中央銀行が為替市場へ介入しないため、国際収支は0となり外貨準備は変動しない。
    外貨兌換券
    外貨兌換券(がいかだかんけん、FEC=Foreign Exchange Certificate)は、社会主義国などで、国内での外貨の流通を避けるなどの理由で、外国通貨と交換できる建前で発行される通貨。その目的から、自国民の入手は制限されることが多い。 兌換元 - 中華人民共和国 1979年 - 1993年 兌換ウォン - 朝鮮民主主義人民共和国 - 2002年 兌換チャット - ミャンマー 1993年 - 2013年 兌換ペソ - キューバ 2004年- 兌換ルーブル - モンゴル人民共和国 下記は当該国の一般の通貨であり、外貨兌換券ではない。 兌換マルク - ボスニア・ヘルツェゴビナ 関連項目 為替 外国為替 金本位制(金兌換券) 円相場 外国為替市場 東京外国為替市場 外為ブローカー 外国為替及び外国貿易法 為替レート 金融先物取引法 参考文献 冨田昌宏 『紙幣が語る戦後世界 - 通貨デザインの変遷をたどる』 中央公論新社〈中公新書〉、1994年。
    当サイト全体から「外貨」に関するページを抽出しました。
    外貨に関する知恵袋-質問集
    外貨に関する最新ニュース
    外貨に関する教えてGOO-質問集
    19/11/16
    ソニーバンクウォレットでの外貨両替方法(タイミング→見る
    19/11/13
    今の日本 国民の幸福指数が低いですよね?→見る
    19/11/13
    覚せい剤などの大元を根絶しないのはどうして?→見る
    19/11/12
    日本には投資家が何人いるのか気になり調べると5人に1人、人口の約20%でした。 その内、兼業...→見る
    19/11/12
    個人で、日本での品代金の受け取り方を教えてください!→見る
    19/11/11
    10年ほど前までは、家内と良く外国旅行しましたが、年老い海外に出かけることもなくなり、各...→見る
    19/11/06
    政権 累計60兆円海外バラマキ!! 皆さんどう思いますか? 国内に投資すれば今の貧困からおさらば...→見る
    19/11/04
    仮想通貨の質問です! 僕は7万円をドルに変換して、ビットコインにし、今現在9万5千円の価値に...→見る
    19/11/03
    韓国政府による身勝手な失政について→見る
    19/11/01
    老後に向けて投資の勉強をしたいのですが、何からやれば良いでしょうか。FXは現在でも継続中...→見る
    外貨に関する人力検索-質問集
    外貨に関するナレッジ知識-質問集
    外貨に関するtwitterつぶやき
    外貨に関するブログサイト
    外貨に関する最新書籍一覧
    外貨に関する動画コンテンツ
キャッシング比較/ FX比較/ クレジットカード比較/ キャッシング申込み/ カードローン比較/ ETCカード比較/ レディースローン申込み/ 宅建過去問題/ マンション管理士過去問題/ 管理業務主任者過去問題/ ネット証券比較/ 目的ローン申込み/ 担保ローン申込み/ 住宅ローン申込み/ おまとめローン申込み/ 事業者ローン申込み/ 学生ローン申込み/ レディースローン申込み/ 女性R&B/ 賃貸マンション/ ビジネス板/ キャッシング キャンペーン/ ローン キャンペーン/ FX キャンペーン/ ネット証券 キャンペーン/ クレジットカード キャンペーン/ ETCカード キャンペーン/ キャッシング最新情報/ カードローン最新情報/ ETCカード特典/ クレジットカード特典/ FXビギナー/ ネット証券ビギナー/ 手形割引比較/ レディースキャッシング比較/ 主婦ローン比較/