タグ :

<<新製品の詳しい情報・コラムは「ビジネスリーダー」で 業 種 金融 / 証券会社 発表日 2011/07/22 企業名 GMOクリック証券(株) | 会社概要 | ホームページ: https://www.click-sec.com/ このページをプリントする GMOクリック証券、FX取引者対象のアンケート調査結果を発表

  • <<新製品の詳しい情報・コラムは「ビジネスリーダー」で 業 種 金融 / 証券会社 発表日 2011/07/22 企業名 GMOクリック証券(株) | 会社概要 | ホームページ: https://www.click-sec.com/ このページをプリントする GMOクリック証券、FX取引者対象のアンケート調査結果を発表に関する記事・解説はこちら 
    2011年7月23日 at 8:55 PM
  • 種に関するWikipedia情報

    種(しゅ、たね)、タネ しゅ 種 (分類学) - 生物分類上の基本単位。 形相(エイドス είδος) の別訳語。ギリシャ哲学用語。 種 (型理論) - 型システムにおける型の型 たね・タネ 種子 - ただし本来は、植物の種子に限らず生物がそれから成長する小さな生物体。 家系、血統(特に男系の)。あるいは転じて精子のこと。胤とも。母親が違う兄弟姉妹を腹違いというのに対し、父親が違う兄弟姉妹を種違いという(豊臣秀吉・豊臣秀長など)。 原因。 資本、もとで。 タネ - ギャンブルで金銭を指す隠語。札単位が主。俗に「タネは持ってるのか?」と使用する。 展開の元になる題材。記事や話の元として多く用いられる。(それらで言うネタ) 材料、食材、素材。ネタ。 擬似乱数の内部変数の初期値。シード。 手品などのトリック。 タネ - ノースリーブスのセカンドシングル。 『機動戦士ガンダムSEED』の俗称。SEED の日本語訳が「種(たね)」であることから。 地名のひとつ 岡山県津山市種 岡山県真庭市種。
    種別板
    『2ちゃんねる』より : 行先標(いきさきひょう)は、鉄道の列車やバスに掲出される行き先などを示した板。行先票と表記されることもあり、方向板、行先板、系統板ともいう。幕式のものについては方向幕の項を参照されたい。列車の前面に掲示され、列車種別ならびに行先を表示する板を特に運行標識板と称することもある。列車愛称のみを掲示するものについては、同じく方向幕#ヘッドマークを参照のこと。 列車やバスなどの行き先を示すため、車体前面や側面に掲出される。 鉄道車両 日本国有鉄道(以下国鉄)では「列車行先札」の電報略号を「サボ」としていた。これは、「サインボード」の略称といわれる。その他にも、中・長距離列車が機関車牽引の客車列車を中心とした時代、行き先は車体側面に表示されるのが一般的だったため、それを意味する「サイドボード」や「サービスボード」の略であるという説もある。 行先標の設置方式(「サボ受け」の形状)には差込式、落し込み式、吊り下げ式の3種類があり、また、サボ受けの設置場所も車両により様々である。
    種付け
    『競走馬』より : 種付けとは、動植物の養殖、繁殖のために、人工的に生殖行為を行うことをいう。「種」は精子や精液のこと。 産業上の目的で、次のような動植物の養殖、繁殖のために行われる。 馬 馬の生殖において、選び抜いた雄に雌をあてがい交尾させることが行われる。なお、品種によって人工授精が禁止されている場合がある。主要な4品種では サラブレッド(主に競走馬として使用。人工授精は禁止) スタンダードブレッド(主に競走馬・乗馬として使用。人工授精は許可されている) アラブ種(乗用馬。人工授精は禁止) クォーターホース(汎用。人工授精が盛ん) ウシ・ブタ 優良品種の精液が流通しており、人工授精により行われる。この作業を行うには家畜人工授精師の国家資格が必要である。 海藻 水産業において、海中に張った網またはロープなどに胞子を付着させる。 海苔 カキの貝殻に果胞子を付けて糸状体に成長させたものを水槽に入れ、網をこの海水に浸しながら胞子を付けていく。
    種ガン
    『機動戦士ガンダムSEED』より : 『機動戦士ガンダムSEED』(きどうせんしガンダムシード、MOBILE SUIT GUNDAM SEED)は日本のアニメ作品。『ガンダムシリーズ』の1つに属するロボットアニメ。略称は『SEED』(シード)。 キャッチフレーズは 「“ 決闘(デュエル)・暴風(バスター)・電撃(ブリッツ)・盾(イージス)・攻撃(ストライク) 五機のガンダム現る!! ”」 毎日放送(MBS)製作により、TBS系列で2002年10月5日から2003年9月27日にかけて全50話が放送された。続篇として『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』が製作されている。 本作はサンライズ第9スタジオが「新しい世代に向けた、新たなスタンダードとなりうるガンダム」「新世紀(21世紀)のファーストガンダム」「原点回帰」を目指し制作された。ガンダムシリーズでは初のデジタル制作によるVTR映像のテレビシリーズである。 タイトルには「種子」以外に「遺伝子操作」や「発端」という意味も含まれており、さらに頭文字のSには「ガンダムズ」の意味もある。
    種デス
    『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』より : 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』(きどうせんしガンダムシード デスティニー、MOBILE SUIT GUNDAM SEED DESTINY)は、「ガンダムシリーズ」のテレビシリーズ。『機動戦士ガンダムSEED』の続編として製作され、2004年10月9日(一部地域は同年10月16日)から2005年10月1日(一部地域は同年10月8日)まで、MBSを製作局としてTBS系列で全50話が放送された。平均視聴率は5.4%。最高視聴率は8.2%。 キャッチコピーは「戦う意志が未来を変える。」。 前作『機動戦士ガンダムSEED』での終盤の舞台となった戦い、第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦から2年後の世界が舞台であり、物語の舞台が「宇宙世紀」ではないガンダムシリーズ作品(いわゆる“アナザーガンダム”)の続編作品が、TVシリーズとして制作されたのは本作が初である。
    種類株式
    種類株式(しゅるいかぶしき)とは、株式会社が、剰余金の配当その他の権利の内容(b:会社法第108条 会社法第108条1項各号参照)が異なる2種類以上の株式を発行した場合、その各株式をいう。
    会社法上で、「種類株式」という用語を直接定義している条項は見当たらないが、b:会社法第2条 2条13号は「種類株式発行会社」について、「剰余金の配当その他の108条1項各号に掲げる事項について内容の異なる2以上の種類の株式を発行する株式会社」と定義しており、ここから実質的に種類株式の定義が導かれる。
    会社法は、以下で条数のみ記載する。
    以下は実務で使われる種類株式の呼称例である。しかし会社法の制定に伴い、法律上はそのような呼称がなくなったものもある。

    種村直樹
    種村 直樹(たねむら なおき、1936年3月7日 - 2014年11月6日)は、日本の作家、随筆家、評論家。 滋賀県大津市出身。 元々は毎日新聞社の記者だったが、1973年に鉄道に関連する記事執筆を専業とするフリーのライターとなり、レイルウェイ・ライターと称して鉄道に関するルポルタージュ、時事評論、紀行文、推理小説などを数多く発表した。 滋賀県立大津東高等学校(現・滋賀県立膳所高等学校)、京都大学法学部卒業。 毎日新聞社の国鉄担当記者であった1972年に、その豊富な鉄道知識と新聞記者としての取材、執筆能力から、当時の『鉄道ジャーナル』編集長の竹島紀元に抜擢され、「列車追跡」など同誌のメインとなる特集記事を執筆するようになったほか、連載コラム欄も持つようになる。フリーとして独立後は、「社会派」を標榜する『鉄道ジャーナル』に、東北新幹線や青函トンネルの開業、日本国有鉄道の終焉とJRの発足や、瀬戸大橋・青函トンネルの建設といった、時代の節目となった出来事のルポを多数執筆。
    種子島銃
    『火縄銃』より : 火縄銃(ひなわじゅう、英: Matchlock gun / Arquebus)は、初期の火器(火砲)の形態のひとつで、黒色火薬を使用し、前装式で滑腔銃身のマスケット銃の内で、マッチロック式(火縄式)と分類される点火方式のものをさす。通常、日本では小型のものを鉄砲、大型のものは大筒と称する。 マッチロック式は、板バネ仕掛けに火の付いた火縄を挟んでおき、発射時に引き金を引くと仕掛けが作動して、火縄が発射薬に接して点火する構造である。(詳細は#射法参照) 火縄銃は、15世紀前半にヨーロッパで発明され、特にドイツにおいて発展した。最古の記録は1411年のオーストリア写本「Codex Vindobona 3069」にZ字型のサーペンタインロック式が見られる 。また1430年代に描かれたサーペンタインの金具の図が残っている。 現代の日本では銃砲刀剣類所持等取締法(銃刀法)の規制対象となっており、骨董品として所有するにしても登録が必要である。 それ以前の銃器は、火種(火縄など)を手で押し付ける方式(タッチホール式)であった(宋の「突火槍」、明の「火竜槍」、モンゴル帝国及びモンゴルに支配された現ロシアや中近東の「マドファ」など)ことから、扱いが難しく命中精度も低かった。
    種 (分類学)
    種(しゅ)とは、生物の分類 生物分類上の基本単位である。2004年現在、命名済みの種だけで200万種あり、実際はその数倍から10数倍以上の種の存在が推定される。新しい種が形成される現象、メカニズムを種分化という。
    ラテン語の species より、単数の場合は省略形 sp. 、複数の場合は省略形 spp. で書き表す。「イヌ属のある種」であれば「”Canis” sp.」、「ネコ属のいくつかの種」であれば、「”Felis” spp.」と表現する。
    生物は、無数の個体からなるが、それらが非常に多様な形質を持つと同時に、一定の類型に分けられることを人は古くから経験的に知っており、それらに名前を付けていた。たとえば虫、魚、鳥、草、苔などである。更にそれらの大まかの分類の中にも多様な形質を観察することができ、より細かい不連続な集団に分けられることに気がつく。つまり、形質のかなり細部までが共通する集団が見分けられ、それらの集団の間には不連続性が見られる。たとえばミカンの木につく青虫を育てれば、そこから出てくるチョウは、黄色のまだらのものか、真っ黒の羽根のものかである。前者はアゲハチョウで、後者はクロアゲハであるが、それらは色だけでなく、羽根の形や幼虫の姿でも少し異なっている。また、このような形質は世代を越えて維持される。そのような集団を種という。博物学や生物学の知識の蓄積に伴って、すべての生物がこのような集団に区分できることが明らかとなっていった。それぞれの種に体系的に名を付け、分類体系を築こうとしたのがカール・フォン・リンネ リンネである。その100年後にはチャールズ・ダーウィン ダーウィンが進化と種分化の理論を提唱し、リンネの「形態に基づく分類体系」が何故そのようになっているか、理論的説明を与えた。

    種子
    種子 (しゅし、〈たね〉) とは種子植物で有性生殖によって形成される散布体である。一般には、単に種(たね)と呼ばれることが多い。 種子は親植物の組織起源の種皮(しゅひ)という皮に包まれ、その中には受精卵から発育した幼い植物体、すなわち胚が入っている。種子はめしべにある胚珠から発達する。被子植物の場合、種子は子房に包まれていて、これが後に果実となる。裸子植物の場合は、めしべの表面に乗っている。 農業上繁殖に用いられるものは、厳密には種子でなくとも、種もみ・種芋・種馬などと呼ばれる。 種子の構造 たとえば、豆はさまざまなマメ科植物の種子である。これを例に説明する。 豆は、普通、細長い鞘の中にいくつか並んで収まっている(アメリカデイゴの豆果)。この鞘は、めしべの基部、子房が膨らんだものである。子房は胚珠を中に収め、胚珠が種子に発達してもそれを包んでいる。子房に由来する構造を果実という。 個々の豆の表面は、薄い皮に包まれている。この皮を種皮と呼ぶ。種皮は珠皮に由来する。 種皮をはがすと、中には大きく2つに割れる部分がある。半球形の2つの部分は、小さな出っ張りの部分でつながり、その間には小さな折り重なったような構造がみられる。
    種子島
    種子島(たねがしま)は、九州の鹿児島県に属し、大隅諸島を構成する島の一つ。 県内有人離島の中で最も東に位置し、人口(約33,000人)は奄美大島に次いで2番目に多く、面積は444.99km²で、奄美大島、屋久島に次いで3番目に大きい。日本では、10番目の面積を持つ。標高は最高点は回峰(まわりのみね)の282.4mで、海側から見ると殆ど平らにしか見えない。1936mある隣の屋久島と比べると対照的である。中心都市は西之表市。 沿革 種子島でもっとも古い遺跡は、南種子町横峯遺跡(鹿児島県指定史跡)、中種子町立切遺跡・大津保畑遺跡で、約3万5千年前(較正年代)の遺跡である。これらの遺跡は、鹿児島県内で最も古い遺跡である。また、旧石器時代に人類が生活をした数少ない離島の一つでもある。種子島では細石器文化も確認されていて、南種子町銭亀遺跡は、細石器文化が確認された日本列島最南端の遺跡である。 縄文時代の種子島では、九州島南部の縄文文化とほぼ同一の土器様式が確認されている。一方、弥生時代後期から7世紀にかけての種子島では、独自の貝文化が展開した。
    種 (生物)
    種(しゅ)とは、生物の分類 生物分類上の基本単位である。
    2004年現在、命名済みの種だけで200万種あり、実際はその数倍から10数倍以上の種の存在が推定される。
    生物は、無数の個体からなるが、それらが非常に多様な形質を持つ中で、一定の類型に分けられることを人は古くから体験的に知って、それらに名前を付けた。たとえば虫とか魚とか鳥とか、草とか苔とかである。更にそれらを詳しく見ると、それぞれの中にも多様な形質のものがあるが、詳しく見てゆくとそれらを不連続な集団に分けられることに気がつく。つまり、形質のかなり細部までが共通する集団が見分けられ、それらの集団の間には不連続性が見られる。たとえばミカンの木につく青虫を育てれば、そこから出てくるチョウチョは、黄色のまだらのものか、真っ黒の羽根のものかである。前者はアゲハチョウで、後者はクロアゲハであるが、それらは色だけでなく、羽根の形や幼虫の姿でも少し異なっている。また、このような形質は、世代を越えて維持される。そのような集団を種という。博物学や生物学の積み上げの中で、すべての生物がこのような集団に区分されているとの判断に達した。それに基づいてそれぞれの種に体系的に名を付け、分類体系を築こうとしたのが、リンネである。

    種田守倖
    種田守倖(たねだ もりゆき、1963年12月24日 - )は、熊本県熊本市在住のメディアプロデューサー、放送作家。ウェブラジオFMCの最高経営責任者 CEO。平成19~20年度防衛省防衛モニター。榎田信衛門(えのきだ しんえもん)のペンネームで活動することが多い。
    元々レコーディングエンジニア出身であるが、マルチな才能を発揮して、放送作家、テレビ・ラジオ番組のディレクターあるいはプロデューサー、写真家、映像作家、コラムニスト、ラジオパーソナリティ、番組コメンテーター、コンセプターとしての活動も行う。
    フリー転身後の逸見政孝の個人ブレーンとして平成教育委員会、クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!などの番組立ち上げ時の企画立案に関わっている他、コンセプターとしてロッテリア、すかいらーくなど外食産業関連の商品企画にも参画した経験を持つ。

    種牡馬
    種牡馬(しゅぼば)とは繁殖用の牡馬のこと。種馬(たねうま)ともいう。 牛、豚、羊などの畜産では優秀な種牡の精子を採出して凍結保存することが許されているが、競走馬に代表される馬産は一般的に人工授精や凍結精子の利用などによる人工的な妊娠手段を拒んでいる。凍結した精子は保存や運搬、売買が容易であるが、馬産においては常に生きた種牡馬が生きた繁殖牝馬(種牝馬)に直接交配をする必要がある。 したがって、優秀な種牡馬があっても繁殖牝馬にとって移動不可能な地域にいては交配ができないし、またいずれは寿命で死んでしまうため、生産界は常に新しい優秀な種牡馬を創出し発見する必要がある。また、競走馬の場合、交配が行われてから、子供が誕生して競走年齢に達して一定の成績が判定できるまでに4年から5年ほどの時間を要する事から、新しく種牡馬になったものが優秀であるかそうでないか判明するまでにタイムラグが生じる。
    種田仁
    種田 仁(たねだ ひとし、1971年7月18日 - )は、大阪府八尾市出身の元プロ野球選手(内野手、外野手)、野球指導者。 プロ入り前 1989年、上宮高校3年時の第61回選抜高等学校野球大会では、決勝の東邦戦10回裏、優勝まであと1死まで迫りながら自らの悪送球(記録上は右翼手のエラー)により逆転サヨナラ負けを喫して準優勝(水谷勝海#来歴・人物に詳述)。第71回全国高等学校野球選手権大会ではベスト8で大越基擁する仙台育英に2-10で敗退。 1989年度ドラフト会議にて中日ドラゴンズから6位指名を受け、専修大学進学内定を辞退して入団。下位指名ではあったが推定契約金は上位指名選手並みの4,000万円で背番号は一桁の0を与えられるなど、高く評価されていた。 中日時代 1年目の1990年から一軍出場を果たす。同年は無安打だったが8試合に出場した。 2年目の1991年は仁村徹から二塁手のレギュラーを奪う形で後半戦からスタメンに定着。最終的に107試合に出場し、5本塁打、打率.272をマークした。
    種名
    種名(しゅめい)は、生物の種 (分類学) 種を表す名前のこと。日本語である和名(標準和名)と、学術分野で使われるラテン文字の学名のいずれにも、種の階級のタクソン(分類群)を表す名前に対して使われる。
    同様に、種より分類階級が上位の属 (分類学) 属や科 (分類学) 科に対しては「属名」「科名」が、下位の亜種 (生物学) 亜種、変種や品種には「亜種名」「変種名」「品種名」の言葉がある。
    学名では二名法を用いており、動植物では学名#属名と種小名 属名+種小名が、細菌では属名+種形容語が種名である。種小名又は種形容語はラテン語あるいはラテン語化した形容詞を用いることになっている。種小名又は種形容語の部分のみを指して種名というのは誤りである。

    種の保存法
    『絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律』より : 絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律(ぜつめつのおそれのあるやせいどうしょくぶつのしゅのほぞんにかんするほうりつ、平成4年(1992年)6月5日法律第75号)は、絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存を図ることを目的とする日本の法律である。1993年(平成5年)4月1日施行。野生動植物保存法、種の保存法とも呼ばれる。 特殊鳥類の譲渡等の規制に関する法律(昭和47年6月1日法律第49号)および絶滅のおそれのある野生動植物の譲渡の規制等に関する法律(昭和62年6月2日法律第58号)は、この法律の施行により廃止された。 目的 野生動植物が、生態系の重要な構成要素であるだけでなく、自然環境の重要な一部として人類の豊かな生活に欠かすことのできないものであることにかんがみ、絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存を図ることにより良好な自然環境を保全し、もって現在および将来の国民の健康で文化的な生活の確保に寄与することを目的とした。
    種ともこ
    種 ともこ(たね ともこ、1961年11月7日 - )は日本のシンガーソングライター・アレンジャーである。京都府長岡京市出身。同志社大学文学部哲学科卒業。自身でもオリジナルを発表する傍ら、多数の楽曲提供やアレンジ、音楽監督などの活動も行っている。親友にシンガーソングライターの新居昭乃など。2児の母でもある。エキセントリックかつキュートな歌声と日常的・直接的な言葉遣いの歌詞が特徴。 3歳よりピアノを習う。7歳のときに骨の病気が発病、約10年間入退院を繰り返す。当時同居していた叔父からギルバート・オサリバン、シカゴ、アルバート・ハモンドなどを聴かせてもらい洋楽を知る。また、歌謡曲も好きでいしだあゆみの「ブルーライト・ヨコハマ」は後にカバーする。中学時代は、合唱部に入部。コンクールでも入賞するような強豪校でありハーモニー(和声)の仕組みを学ぶ。この頃よく聴いていたのはビートルズ。部活の先生に声楽科への進学を勧められるが、声楽科のある高校は、ほぼ女子高のため普通校に進学。高校時代は、病気が再発したこともあり休みがちになる。
    種子 (密教)
    種子(しゅじ)とは密教において、仏尊を象徴する一音節の呪文(真言)。種子真言(しゅじしんごん)ともいう。梵名はビージャークシャラ(बीजाक्षर [biijaakSara])。
    また、これを梵字で表記したものは種子字(しゅじじ)と言う。また種字(しゅじ)とも略称し、一般にはこの「種字」という表記が多用される。これは通常一文字で表記されるが、極めて稀に閉音節の物があり、この場合は二文字で表記される。
    種子の例を挙げると、वं(vaM)は金剛界大日如来、ह्रीः(hriiH)は阿弥陀如来、स(sa)は聖観音、हां(haaM)は不動明王、सु(su)は弁才天を象徴するものである。種子は梵字の神秘的解釈(悉曇五十字門)から作られるほか、その仏尊の真言から一文字取ったり、仏尊の梵名の頭文字を取って作ることも多い。

    種田虎雄
    種田 虎雄(おいた とらお、1883年(明治17年)4月15日~1948年(昭和23年)9月5日)は、日本の官僚、実業家。近畿日本鉄道(近鉄)の初代社長を務めた。 来歴・人物 1883年に元大垣藩士種田邁(つとむ)の3男として生まれ、本家の断絶を防ぐために養子へ出された。元々一族は、母方を含めて南満州鉄道総裁、安田海上火災の幹部など実業界に関わるものが多い名門家であり、種田虎雄も富士見小学校、開成中学校、第一高等学校、東京帝国大学法学科と進学した。一高時代に、同期の十河信二(後、国鉄第4代総裁)と知り合い、後に親友となっている。 1909年の帝大卒業後、内閣鉄道院→鉄道省に入る。種田はこの時、帝大卒業者の多くが入社後直ぐに幹部となる中、「現業の一番下からやりたいから、地方に出してください」と主張し、静岡駅の勤務に就いた。その後、雑役からさまざまな職場を歴任して、助役になっている。 その後、甲府運輸事務局に勤務して富士五湖の観光価値に注目し、本省に戻って旅客課長となると、「乗せてつかわす」のような旅客サービスを考えない姿勢を嫌い、富士五湖や房総半島の観光券発行、冬季における乗客減への対処としてスキー・スケートに着目した『雪国の旅』という映画を作製するなど、サービス向上に努めた。
    種播く人
    『ジャン=フランソワ・ミレー』より : 「種まく人」(たねまくひと)は、新約聖書の種を蒔く人のたとえ(ルカによる福音書第8章4~15節)を踏まえた表現である、フランス語: Le Semeur、英語: The Sower などの訳語。しばしば絵画等の作品名として用いられる。 日本語では「まく」を漢字で表記した「種蒔く人」、「種播く人」や、格助詞「を」を補った「種をまく人」などの表記も用いられる。 絵画 ジャン=フランソワ・ミレーの「種まく人」- ほぼ同じ構図の2枚があり、ボストン美術館と山梨県立美術館に所蔵されている。⇒ジャン=フランソワ・ミレー#2つの『種まく人』 フィンセント・ファン・ゴッホの「種まく人」- ミレー作品の模写を起点に、多数の作品がある。⇒フィンセント・ファン・ゴッホの作品一覧 文学作品 ポール・フライシュマンの『種をまく人』(Seedfolks)(片岡しのぶ 訳) 雑誌 種蒔く人 - 大正期の日本で短期間発行された雑誌。
    当サイト全体から「種」に関するページを抽出しました。
    種に関する知恵袋-質問集
    種に関する最新ニュース
    種に関する教えてGOO-質問集
    20/02/25
    27年前の娘→見る
    20/02/25
    家庭のオムレツですが、玉ねぎ、人参、牛肉細切れ、しめじを塩胡椒、バターで炒めて具を卵...→見る
    20/02/25
    ティファニー バイザヤードネックレスが欲しい、背中を押して頂きたいです。 21歳の女性です...→見る
    20/02/25
    今さっき父が帰ってきたのですが、帰ってきてすぐトイレに駆け込んで行きました。下痢が酷...→見る
    20/02/25
    人間の存在意義って何ですか?→見る
    20/02/25
    就職に強い資格は何ですか? もうそろそろ高校を卒業します。→見る
    20/02/25
    海外での支払い方法についてお教えください。→見る
    20/02/25
    庭の植木にコバエが…→見る
    20/02/25
    年金生活の夫婦の確定申告について→見る
    20/02/25
    最近は、霜降りか、かまいたちばかりがテレビに出てませんか!?→見る
    種に関する人力検索-質問集
    種に関するナレッジ知識-質問集
    種に関するtwitterつぶやき
    種に関するブログサイト
    種に関する最新書籍一覧
    種に関する動画コンテンツ
キャッシング比較/ FX比較/ クレジットカード比較/ キャッシング申込み/ カードローン比較/ ETCカード比較/ レディースローン申込み/ 宅建過去問題/ マンション管理士過去問題/ 管理業務主任者過去問題/ ネット証券比較/ 目的ローン申込み/ 担保ローン申込み/ 住宅ローン申込み/ おまとめローン申込み/ 事業者ローン申込み/ 学生ローン申込み/ レディースローン申込み/ 女性R&B/ 賃貸マンション/ ビジネス板/ キャッシング キャンペーン/ ローン キャンペーン/ FX キャンペーン/ ネット証券 キャンペーン/ クレジットカード キャンペーン/ ETCカード キャンペーン/ キャッシング最新情報/ カードローン最新情報/ ETCカード特典/ クレジットカード特典/ FXビギナー/ ネット証券ビギナー/ 手形割引比較/ レディースキャッシング比較/ 主婦ローン比較/