タグ : 自動

ひまわり証券、無料の自動売買ツール「エコトレFX」のモバイル対応を開始

  • ひまわり証券、無料の自動売買ツール「エコトレFX」のモバイル対応を開始に関する記事・解説はこちら 
    2011年1月12日 at 12:24 PM
  • ひまわり証券、自動売買ツール「エコトレFX」に短期トレード型モデル「マットBB」を搭載に関する記事・解説はこちら 
    2010年12月10日 at 2:44 PM
  • 自動売買ツール『エコトレFX』デモ取引が再開、システムの安定稼動を実現に関する記事・解説はこちら 
    2010年9月24日 at 8:14 PM
  • 自動に関するWikipedia情報
    自動
    自動(じどう)とは、機械装置が人間などの他の力を必要としないで、能動的に作動することをいう。 自動は、何らかの機械装置が人(あるいはそれ以外の動物)の手を介さずに動作することを言うが、どの程度の動作をするかは同じ「自動」を関する装置でも、その種類によってまちまちである。 これらは一定の動作を行う上で動力を利用する場合もあれば、一定の操作による機械要素の状態変化を利用して、所定の動きを行うものもみられる。それらは単純なものでは規定範囲内で動作を繰り返すものではあるが、複雑なものともなると与えられた条件で内部機能を切替え、それら条件に対応するよう設計されたものも見られる。 性質としての自動は、上に述べたとおり曖昧で、機械装置の種類によってもまちまちである。 古代ギリシャでは早くから、水力や風力を使用した自動システムが使用されていた。 からくりのような装置は、古代中国の時代には何らかの自動的性質を備える装置が存在していた。これらは時計であったり、好事家を慰めるための玩具であったり、あるいは何らかの娯楽を提供するものであったりと、様々である。
    自動車登録番号標
    『ナンバープレート (日本)』より : 日本のナンバープレート(にほんのナンバープレート)では、日本における自動車用ナンバープレートについて記載する。日本での自動車用ナンバープレートの正式名称は車両の区分によって異なり、自動車登録番号標(じどうしゃとうろくばんごうひょう)または車両番号標(しゃりょうばんごうひょう)、標識(ひょうしき)とされている。 自動車登録番号標(じどうしゃとうろくばんごうひょう)は登録自動車の場合のナンバープレートで、道路運送車両法第19条に次のように規定されている。 取付けについては、道路運送車両法施行規則第7条に、次のように規定されている。 車両番号標(しゃりょうばんごうひょう)は軽自動車や自動二輪車など、その他の自動車の場合のナンバープレートで、道路運送車両法第73条に次のように規定されている。 取付けについては、道路運送車両法施行規則第7条に、次のように規定されている。 標識(ひょうしき)は、小型特殊自動車や125cc以下の原動機付自転車、ミニカーの場合の、市区町村の条例に基づく地方税の課税のためのナンバープレートで、標識の表示は条例により義務づけられている。
    自動島みつけ機
    『ドラえもんの道具 (しあ-しの)』より : ドラえもんのひみつ道具 (しあ-しの) では、藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』、『大長編ドラえもん』(VOL.1〜17)、藤子・F・不二雄のその他の著作に登場するひみつ道具のうち、読みが「しあ」で始まるものから「しの」で始まるものまでを列挙する。 しあわせカイロ しあわせカイロは、「しあわせカイロでにっこにこ」(藤子・F・不二雄大全集第3巻に収録)に登場する。 ハート型のカイロ。これを持っているとどんな不幸な目に遭っても、幸せな気分に浸ることができる。たとえば、道端でドブに落ちても「ドブでなく川に落ちたら溺れるところだった、ここがドブで助かった」という具合に、物事をプラス思考で考えられるようになる。 カイロを手放せば当然効果は消えるがカイロを持っていた間の幸福感は心に染み付いており、カイロなしでも前向きな気持ちで物事を行えるようになるといった副次的な効果もある。 テレビアニメ第2作第1期「しあわせカイロ」(「しあわせカイロでにっこにこ」のアニメ化作品。1990年12月28日放送、映像ソフト未収録)に登場するものには、効力の強さを5段階に調節できるダイヤルがついている。
    自動販売タイムマシン
    『ドラえもんの道具 (しあ-しの)』より : ドラえもんのひみつ道具 (しあ-しの) では、藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』、『大長編ドラえもん』(VOL.1〜17)、藤子・F・不二雄のその他の著作に登場するひみつ道具のうち、読みが「しあ」で始まるものから「しの」で始まるものまでを列挙する。 しあわせカイロ しあわせカイロは、「しあわせカイロでにっこにこ」(藤子・F・不二雄大全集第3巻に収録)に登場する。 ハート型のカイロ。これを持っているとどんな不幸な目に遭っても、幸せな気分に浸ることができる。たとえば、道端でドブに落ちても「ドブでなく川に落ちたら溺れるところだった、ここがドブで助かった」という具合に、物事をプラス思考で考えられるようになる。 カイロを手放せば当然効果は消えるがカイロを持っていた間の幸福感は心に染み付いており、カイロなしでも前向きな気持ちで物事を行えるようになるといった副次的な効果もある。 テレビアニメ第2作第1期「しあわせカイロ」(「しあわせカイロでにっこにこ」のアニメ化作品。1990年12月28日放送、映像ソフト未収録)に登場するものには、効力の強さを5段階に調節できるダイヤルがついている。
    自動注水装置
    『大和型戦艦』より : 大和型戦艦(やまとがたせんかん)は、大日本帝国海軍(以下海軍)が建造した戦艦の一艦型。海軍が建造した最後の戦艦艦型。戦艦として、排水量、主砲口径、共に世界最大であった。 大日本帝国(以下、日本)はワシントン海軍軍縮条約、ロンドン海軍軍縮条約の延長に応じず、列強各国が海軍力増強を自粛していた海軍休日は終わった。大和型戦艦は艦艇数で勝る米英を質で凌ぐため、第三次海軍軍備補充計画の際に建艦技術の粋を集めて建造された戦艦である。当時欧米諸国はワシントン海軍軍縮条約で規定された35,000t前後の戦艦を建造していたが、これらを凌駕する46cm砲を装備した結果、基準排水量は64,000tとなり、世界最大の戦艦として建造された。「量の不足を卓越せる質で補うより道なし」という発想で開発された戦艦である。1929年に平賀譲が提案した金剛代艦型戦艦の影響が強いとも言われる。1934年に起草された新戦艦要求案では「制空権下の艦隊決戦」で用いられることになっていた。 日本海軍では戦艦に対し日本の旧国名に因んだ名が付けられており、「大和」は奈良県の旧国名(大和)から命名されたが、単に旧国名としてでは無く、「日本」の別称として意味もあったとする説がある。
    自動車の車種名一覧
    自動車の車名一覧(じどうしゃのしゃめいいちらん)は、自動車(バス・トラック・トラクター・オート三輪・トライク・全地形対応車も含む)の車名を五十音順で並べたものである。 自動車の製造を行う企業・団体を調べたい場合は、自動車製造者の一覧を参照のこと。 ※現在市販されていない車両や、現存しないメーカーの車両、OEM供給車両も含む(三菱ふそう:2002年まで三菱自動車工業、プリンス:現在の日産自動車)。 あ行 か行 さ行 た行 な行 ナイトロ(ダッジ) ナディア (トヨタ) ナノ(タタ) ナビゲーター(リンカーン) ニーヴァ(シボレー) ニーヴァ(ラーダ) ニッケイ・タロー(日本軽自動車) ニッケン・コンスタック(日本軽自動車) ニューパワー(いすゞ) ニュービートル(フォルクスワーゲン) ニューヨーカー(クライスラー) ヌエラ(光岡) ネオン(クライスラー) ネイキッド (ダイハツ) ノート (日産) ノーバ(くろがね工業) ノア (トヨタ) ノヴァ(シボレー) ノマド(シボレー) は行 ま行 や行 ヤヌス(ツェンダップ) ヤリス(トヨタ) 優雅(ユーガ)(光岡) ユーコン(GMC) ユーノス100 (マツダ) ユーノス300 (マツダ) ユーノス500 (マツダ) ユーノス800 (マツダ) ユニキャブ(いすゞ) ヨーロッパ(ロータス) ら・わ行 ライカン ハイパースポーツ(Wモーターズ) 雷駆(ライク)(光岡) ライトエース(トヨタ) ライトスタウト(トヨタ) ライノ(ヤマハ) ライフ(ホンダ) ライフステップバン(ホンダ) ライフピックアップ(ホンダ) ラウム(トヨタ) ラガー(ダイハツ) ブリザード(トヨタへOEM供給)、フリークライマー(ベルトーネ) ラクティス(トヨタ) トレジア(スバルへOEM供給) ラグナ(ルノー) ラグレイト(ホンダ) ラクロス(ビュイック) ラゴンダ(アストンマーティン) ラシーン(日産) ラセード(光岡) ラティオ(日産) ラティテュード(ルノー) ラゴンダ・ラピード(アストンマーティン) ラピード(アストンマーティン) ラピュタ(マツダ) ラファーガ(ホンダ) ラフェスタ(日産) ラ フェラーリ(フェラーリ) ラプター(ヤマハ) ラム(ダッジ) ラム・バン(ダッジ) ラルグス(ラーダ) ラルゴ(日産) ラングラー(クライスラー) ラングレー(日産) ランサー(三菱自動車) ランサーEX(三菱自動車) ランサーエボリューション(三菱自動車) ランサーカーゴ(三菱自動車) ランサーセレステ(三菱自動車) ランサーフィオーレ(三菱自動車) ランサーワゴン(三菱自動車) ランティス(マツダ) ランドクルーザー(トヨタ) ランドクルーザープラド(トヨタ) リーガル(ビュイック) リーザ(ダイハツ) リーザスパイダー(ダイハツ) リーフ(日産) リヴィナジェニス(日産) リヴォルタ(イソ) リヴォルタ・グリフォ(イソ) リヴォルタ・フィディア(イソ) リヴォルタ・レーレ(イソ) リエッセ(日野) コースターR(トヨタへOEM供給) ジャーニーJ(いすゞへOEM供給) リオ(キア) リッジライン(ホンダ) リッツ(デュッセンバイエルン) リトモ(フィアット) リトナ(スバル) リバティ(日産) リベルタビラ(日産) リベロ(三菱自動車) 流儀(リューギ)(光岡) 凌駕(リョーガ)(光岡) ルーチェ(マツダ) ルーテシア(ルノー) ルームスター(シュコダ) ルキノ(日産) ルネッサ(日産) ルノー(日野) ルポ(フォルクスワーゲン) レイ(キア) 麗(レイ)(光岡) レインボーHR(日野) エルガJ(いすゞへOEM供給) レインボーRJ(日野) レーザー(フォード) レイニア(ビュイック) レヴァンテ(マセラティ) レヴェントン(ランボルギーニ) レヴォーグ(スバル) レオーネ(スバル) レオン(セアト) ジェミネットII(エステートバンのみいすゞへOEM供給) レガシィ(スバル) アスカCX(セダンのみいすゞへOEM供給) レキシオ(ボーバ) レクストン(雙龍) レグナム(三菱自動車) レコルト(オペル) レジアス(トヨタ) レジアスエース(トヨタ) レジェンド(ホンダ) レゾナ(日産ディーゼル(当時、現「UDトラックス」)) レックス(スバル) レネゲード(カンナム) レパード(日産) レビュー(マツダ) レンジャー(日野) レンジローバー(ランドローバー) レンジローバーイヴォーク(ランドローバー) レンジローバースポーツ(ランドローバー) ローグ(日産) ローザ(三菱自動車・三菱ふそう) ロードスター(スマート) ロードスター(テスラ) ロードスター(パノス) ロードスター(マツダ) ロードスター(モーガン) ロードスター(YES!) ロードスターV8(アルピナ) roadstar AKI-Coupe(ロードスターガレージ) roadstar HIROSHI(ロードスターガレージ) roadstar 龍妃(ロードスターガレージ) roadstar 龍妃ファイナル(ロードスターガレージ) ロードペーサー(マツダ) ロードヨットGTS(サヴェージ・リヴァーレ) ロードランナー(プリムス) ローレル(日産) ローレルスピリット(日産) ロガン(ダチア) ロケット(ライトカー・カンパニー) ロゴ(ホンダ) ロッキー(ダイハツ) ロディウス(雙龍) ロデオ(いすゞ) ロンシャン(デ・トマソ) ロンドンタクシー(LTI) ロンパー(マツダ) ワゴンR(スズキ) AZ-ワゴン(マツダへOEM供給) フレア(マツダへOEM供給) ワジャ(プロトン) 英数字・その他 関連項目 自動車製造者の一覧。
    自動二輪
    『オートバイ』より : オートバイ(和製英語: auto-bi)とは、原動機を搭載した二輪車である。バイクあるいはモーターサイクル、単車、自動二輪車とも呼ばれる。 2つの車輪を前後に配置して、ガソリンエンジンや電気モーターといった原動機によって走行する乗り物を指す。自転車に原動機を備えたもので、原動機の動力のみで走行することができるものも含めてこのように呼ぶこともある。 基本的には二輪のものを指しているが便宜上、サイドカーを備えて三輪になっているものや、エンジン付き二輪車をベースにして開発・改造されてできた三輪車も広義の「オートバイ」に含める場合がある。 オートバイクという呼び方は「autobike」に由来する和製英語である。1902年(明治35年)にアメリカからエンジン付き自転車「トーマス」が輸入された当時は英語と同様に「モーターサイクル」と呼ばれていたが、1923年(大正12年)に月刊誌『オートバイ』が発売されて以来、「オートバイ」という呼び方が日本人に広く認知されるようになった。
    自動二輪車
    『オートバイ』より : オートバイ(和製英語: auto-bi)とは、原動機を搭載した二輪車である。バイクあるいはモーターサイクル、単車、自動二輪車とも呼ばれる。 2つの車輪を前後に配置して、ガソリンエンジンや電気モーターといった原動機によって走行する乗り物を指す。自転車に原動機を備えたもので、原動機の動力のみで走行することができるものも含めてこのように呼ぶこともある。 基本的には二輪のものを指しているが便宜上、サイドカーを備えて三輪になっているものや、エンジン付き二輪車をベースにして開発・改造されてできた三輪車も広義の「オートバイ」に含める場合がある。 オートバイクという呼び方は「autobike」に由来する和製英語である。1902年(明治35年)にアメリカからエンジン付き自転車「トーマス」が輸入された当時は英語と同様に「モーターサイクル」と呼ばれていたが、1923年(大正12年)に月刊誌『オートバイ』が発売されて以来、「オートバイ」という呼び方が日本人に広く認知されるようになった。
    自動式拳銃
    『拳銃』より : 拳銃(けんじゅう)は、片手で射撃するためにデザインされた銃の総称である。小型で携帯性・秘匿性に優れており、主に護身用に使用される。 火縄銃が伝来した直後から日本でも製造されており、短筒、馬上筒などと呼ばれていた。洋式火器が輸入されるようになった幕末から短銃、ピストル(蘭: pistool)と呼ばれるようになった。英語のハンドガン(handgun)が日本で意訳された言葉である拳銃と並んで一般的な呼称となっている。しかし米国で単に「ピストル」というと普通は自動拳銃を指し、回転式拳銃はリボルバーと呼ばれる。また、暴力団関係者の間でははじき、チャカといった隠語で呼ばれている。 日本の防衛省では、けん(拳)銃を英語のpistolに対応する語とし、「片手で保持して照準し,弾丸を発射できる銃。」と定義している。 両手で扱う他の火器と比較して、次のような特徴を持つ。 小型である 銃床を持たず銃身が短く携帯性に優れている。各国の警察官も拳銃を携行している事が多い。犯罪者の側も隠し持つために有利であるので、大型銃と比較し所持規制が厳しい傾向にある(アメリカは州により法律が異なるが、自宅に置く「所有」は規制が緩いが、「携行」は警察官を除き許可を要する州もある)。
    自動列車停止装置
    自動列車停止装置(じどうれっしゃていしそうち、ATS: Automatic Train Stop)は、鉄道での衝突防止や過速度防止の安全装置(=自動列車保安装置と呼ぶ)の日本での分類の1つ。列車や軌道車両が停止信号を越えて進行しようとした場合に警報を与えたり、列車のブレーキを自動的に動作させて停止させ、衝突や脱線などの事故を防ぐ装置である。 定義 日本工業規格のJIS E 3013(鉄道信号保安用語)では、以下のように定義されている。 自動列車停止装置 列車が停止信号に接近すると、列車を自動的に停止させる装置。ATSともいう。 自動列車制御装置 列車の速度を自動的に制限速度以下に制御する装置。ATCともいう。ATSには停止信号による自動停止機能のほかに、停止信号また信号現示に関わりなく制限速度設定を超えた場合に警報・減速または停止させる機能がついたものもある。 日本の鉄道と軌道法において一般的な自動列車保安装置であるが、鉄道事業者や軌道経営者によってその内容は大きく異なり、機能自体はATCと遜色のないものを使っている事業者もある。
    自動変速機
    『オートマチックトランスミッション』より : オートマチックトランスミッション(英: Automatic Transmission, AT、自動変速機)とは、自動車やオートバイの変速機の一種で、車速やエンジンの回転速度に応じて変速比を自動的に切り替える機能を備えたトランスミッション(変速機)の総称である。 狭義には変速機自体を指すが、発達の経緯が変速操作の自動化のみならず、マニュアルトランスミッション車(以下、MT)からクラッチペダルを取り去ることでもあったため、必然的にクラッチの自動化を伴っている。そのため、広義にATを称する場合は、各種の自動クラッチ機構を含めることが多い。 日本では「オートマチックトランスミッション」という呼び方が長く煩雑であることから、文章表記ではA/T、ATと略記されることが多い。口語ではオートマチックないしはオートマが通用している。古くはノークラ(ノークラッチペダル)、ノンクラ、トルコンなどと呼ばれた。 自動クラッチと自動変速機構を組み合わせて自動車の変速操作を完全自動化する発想として最も古い例は、1905年にアメリカのスタートバンド兄弟が考案した2段変速機である。
    自動変速
    『オートマチックトランスミッション』より : オートマチックトランスミッション(英: Automatic Transmission, AT、自動変速機)とは、自動車やオートバイの変速機の一種で、車速やエンジンの回転速度に応じて変速比を自動的に切り替える機能を備えたトランスミッション(変速機)の総称である。 狭義には変速機自体を指すが、発達の経緯が変速操作の自動化のみならず、マニュアルトランスミッション車(以下、MT)からクラッチペダルを取り去ることでもあったため、必然的にクラッチの自動化を伴っている。そのため、広義にATを称する場合は、各種の自動クラッチ機構を含めることが多い。 日本では「オートマチックトランスミッション」という呼び方が長く煩雑であることから、文章表記ではA/T、ATと略記されることが多い。口語ではオートマチックないしはオートマが通用している。古くはノークラ(ノークラッチペダル)、ノンクラ、トルコンなどと呼ばれた。 自動クラッチと自動変速機構を組み合わせて自動車の変速操作を完全自動化する発想として最も古い例は、1905年にアメリカのスタートバンド兄弟が考案した2段変速機である。
    自動連結器
    『連結器』より : 連結器(れんけつき、Coupler)は、鉄道車両の車両同士を結合し、牽引時の引張力・推進時の圧縮力を伝達する装置である。 牽引自動車の連結装置については第五輪を、乗用車、ライトバン、ピックアップトラック用トレーラーの連結装置についてはライトトレーラーを参照。 連結器の機能 連結器に要求される機能は、おおよそ以下の通りである。 引張力の伝達・連結の確実さ 車両間の引張力を伝達することが、連結器の基本的な機能である。機関車が客車をけん引する列車であれば、機関車と次の客車の間に最大の引張力がかかる。特に上り勾配、加速中にはさらに大きな力がかかるため、これに耐えられる強度が要求される。また大事故につながる危険があるため、連結が切れ車両が分離する事故(列車分離と称する)は絶対に避けなければならない。従って、充分な強度を持つだけでなく、一部の部品が壊れても連結が切れない機能を持つ連結器が望ましい。 容易な連結・解放 前述の「引張力の伝達・連結の確実さ」と相反する要素であるが、連結器は車両の連結・解放が容易かつ確実に実施できなければならない。
    自動車
    自動車(じどうしゃ、英:car、米英語:automobile、米国の口語:auto)とは、原動機の動力によって車輪を回転させ、レールや架線を用いずに路上を走る車のことである。 大辞泉には、原動機の動力によって車輪を回転させ、レールや架線を用いないで路上を走る車、とある。鉄道とは異なり、専用の軌道を必要としないので、進路の自由度が高いという特徴がある。 角川の1989年の国語辞典には「発動機の動力で軌道なしに走る四輪車」と記載されている。 一般的には、車輪の数が三輪以上で、かつ乗員が車室内に備えられた座席に座る構造を備えたものが「自動車」として認識されている。ただし、3輪の扱いは微妙で、法令上の規定・扱いは国ごとに異なる。(#分類参照) 英語の automobile はフランス語を語源としている。日本語の自動車という語は、先述の automobile(オートモービル)に由来しており、auto は「みずから」mobile は「動くもの」という意味を持つことから作られた。
    自動車競技
    『モータースポーツ』より : 自動車競技(じどうしゃきょうぎ)あるいは自動車レース(じどうしゃレース)英: Auto racing)は、モータースポーツのうち、自動車を用いて行われる競技である。自動車競技は四輪の自動車あるいはそれに準ずる車両による競技に対して主に呼称され、オートバイやそれに準ずる車両の競技に対してはオートバイ競技やモーターサイクルレース (英: motorcycle racing) などと呼ばれる。 自動車競技は、操る人の動体視力や、車の状態を瞬時に把握する感性や判断力、天候や気象によって変化する空気や路面状態、そして車両に対応するドライバーのマシンコントロール能力によって技術力と車両の性能を競う。一般的に自動車文化の発祥でもあるヨーロッパ、アメリカを中心に自動車競技が強く根付いているが、国によって文化や国民性、あるいは偏見などによって自動車競技の扱い方はさまざまである。日本においては自動車競技に対しての認識が薄いとされている。また、ヨーロッパを中心とした競技ではあるがスイスのように国内でレースを行うことを禁止しているために周辺のヨーロッパ諸国と比較して文化が根付いていない地域もある。
    自動車レース
    『モータースポーツ』より : 自動車競技(じどうしゃきょうぎ)あるいは自動車レース(じどうしゃレース)英: Auto racing)は、モータースポーツのうち、自動車を用いて行われる競技である。自動車競技は四輪の自動車あるいはそれに準ずる車両による競技に対して主に呼称され、オートバイやそれに準ずる車両の競技に対してはオートバイ競技やモーターサイクルレース (英: motorcycle racing) などと呼ばれる。 自動車競技は、操る人の動体視力や、車の状態を瞬時に把握する感性や判断力、天候や気象によって変化する空気や路面状態、そして車両に対応するドライバーのマシンコントロール能力によって技術力と車両の性能を競う。一般的に自動車文化の発祥でもあるヨーロッパ、アメリカを中心に自動車競技が強く根付いているが、国によって文化や国民性、あるいは偏見などによって自動車競技の扱い方はさまざまである。日本においては自動車競技に対しての認識が薄いとされている。また、ヨーロッパを中心とした競技ではあるがスイスのように国内でレースを行うことを禁止しているために周辺のヨーロッパ諸国と比較して文化が根付いていない地域もある。
    自動列車制御装置
    自動列車制御装置(じどうれっしゃせいぎょそうち、ATC : Automatic Train Control)とは、鉄道における信号保安装置の一種である。運転安全規範には「先行列車との間隔及び進路の条件に応じて、車内に列車の許容運転速度を示す信号を現示し、その信号の現示に従って、列車の速度を自動作用により低下する機能を持った装置をいう」と定義されている。 開発の経緯 地上信号機による信号確認が困難であり、見落としの可能性がある新幹線などの高速鉄道、地下鉄、長大トンネル線区、普通鉄道での稠密線区などで使用されている信号システムである。 ATCの基本的なシステムは、以下の通り。 各軌道回路(閉塞区間)においてレールに、現時点での許容速度のATC信号電流(ATC信号波の変調周波数に変調された搬送波の電流、ATC信号波の変調周波数と搬送波はともに低い周波数 (AF) を使用している)を流す その信号電流が発生する磁界(右ねじの法則)を車上側のATC受電器で連続受信(電磁誘導)する 受信した許容速度の信号電流が接続箱を経由してATC受信器に送られ、その許容速度を判別する ATC受信器から、判別された最高速度の情報が運転台の速度計とATC制御器に送られる 運転台の速度計にある車内信号機に、その時点の許容運転速度を示す車内信号が表示され ATC制御器で、速度発電機からの速度信号とATC受信器からの許容速度の情報が比較され 列車が車内信号の許容速度以上になると常用ブレーキが自動的に作動して 列車が車内信号の許容速度以下に戻れば常用ブレーキが自動的に解除される 日本の鉄道において、自動的にブレーキ制御を行うATCを日本で最初に採用した鉄道は、1961年に開業した帝都高速度交通営団(現・東京地下鉄)日比谷線である。
    自動車の速度記録
    自動車の速度記録(じどうしゃのそくどきろく) これは地上での有人自動車の速度記録の変遷である。一定距離を走行した時の平均速度の記録である。 FIAのレギュレーション 多くの記録は、Association International des Automobile Clubs Reconnus (AIACR)、1947年からは国際自動車連盟 (FIA) のレギュレーションによる。 主なレギュレーションは次のとおり。 車輪は4つ以上。 路面の勾配は1%未満。 走路中間の1マイルの平均速度を測定する。 1時間(初期は30分)以内に往復し(同じ走路でなくてもよい)、往路と復路の速度を平均する。最近では、記録挑戦にはFIAのスタッフが測定に参加する。 FIA公認記録 FIA非公認記録 自動車ではない乗り物(ヴィークル)の速度では、1954年12月10日、アメリカ空軍の射出座席の安全性などを検証するためのプロジェクトの一部として、同プロジェクトの主任ジョン・スタップ自らがロケットスレッドに乗って出した速度1017km/hがある。
    自動改札機
    自動改札機(じどうかいさつき、Turnstile)は、鉄道駅や空港の改札口(搭乗口)に設置されている機械で、改札業務を人間に代わって行うものである。情報セキュリティの機密保持などの理由で、オフィス施設等の入口に設置されるものはセキュリティゲートと呼ばれる。 メーカーの仕様書には、「自動改札装置」と記載される場合もあるが、ここでは一般に呼称されている「自動改札機」と表記する。 日本国内の改札機には、入場専用・出場専用・入出場両用の3種類があり、台数は両用が最も多い。このうち、入場専用と出場専用は両用に比べて若干コストが安く、台数の多い駅や入場者数と出場者数が時間帯によらずほぼ等しい駅などでよく使われている。また、一部の無人駅では入場専用の自動改札機のみ設けている。 当初は乗車券の確認を行うだけであったが、1990年代以降では以下のような機能を備えたものも増えている。 プリペイドカードの運賃の処理 非接触型ICカードへの対応 ICカード乗車券の普及により、ICカード乗車券(Suica・PASMO・ICOCAなど)を誤って投入口に挿入するトラブルが発生しており、故障するケースも発生している。
    自動改札
    『自動改札機』より : 自動改札機(じどうかいさつき、Turnstile)は、鉄道駅や空港の改札口(搭乗口)に設置されている機械で、改札業務を人間に代わって行うものである。情報セキュリティの機密保持などの理由で、オフィス施設等の入口に設置されるものはセキュリティゲートと呼ばれる。 メーカーの仕様書には、「自動改札装置」と記載される場合もあるが、ここでは一般に呼称されている「自動改札機」と表記する。 日本国内の改札機には、入場専用・出場専用・入出場両用の3種類があり、台数は両用が最も多い。このうち、入場専用と出場専用は両用に比べて若干コストが安く、台数の多い駅や入場者数と出場者数が時間帯によらずほぼ等しい駅などでよく使われている。また、一部の無人駅では入場専用の自動改札機のみ設けている。 当初は乗車券の確認を行うだけであったが、1990年代以降では以下のような機能を備えたものも増えている。 プリペイドカードの運賃の処理 非接触型ICカードへの対応 ICカード乗車券の普及により、ICカード乗車券(Suica・PASMO・ICOCAなど)を誤って投入口に挿入するトラブルが発生しており、故障するケースも発生している。
    自動改札装置
    『自動改札機』より : 自動改札機(じどうかいさつき、Turnstile)は、鉄道駅や空港の改札口(搭乗口)に設置されている機械で、改札業務を人間に代わって行うものである。情報セキュリティの機密保持などの理由で、オフィス施設等の入口に設置されるものはセキュリティゲートと呼ばれる。 メーカーの仕様書には、「自動改札装置」と記載される場合もあるが、ここでは一般に呼称されている「自動改札機」と表記する。 日本国内の改札機には、入場専用・出場専用・入出場両用の3種類があり、台数は両用が最も多い。このうち、入場専用と出場専用は両用に比べて若干コストが安く、台数の多い駅や入場者数と出場者数が時間帯によらずほぼ等しい駅などでよく使われている。また、一部の無人駅では入場専用の自動改札機のみ設けている。 当初は乗車券の確認を行うだけであったが、1990年代以降では以下のような機能を備えたものも増えている。 プリペイドカードの運賃の処理 非接触型ICカードへの対応 ICカード乗車券の普及により、ICカード乗車券(Suica・PASMO・ICOCAなど)を誤って投入口に挿入するトラブルが発生しており、故障するケースも発生している。
    当サイト全体から「自動」に関するページを抽出しました。
    自動に関する知恵袋-質問集
    自動に関する最新ニュース
    自動に関する教えてGOO-質問集
    19/11/18
    ★法務委員会での採決をすっ飛ばし共謀罪成立→犯罪者『大竹夏夫』弁護士と検察官僚の逃げ...→見る
    19/11/18
    大学4年生なんですが留年することはありますか?→見る
    19/11/18
    日本で軽自動車に乗るような収入の層はアメリカやヨーロッパではどんな車に乗っているんで...→見る
    19/11/18
    Outlook.comを利用したいのですが〜→見る
    19/11/18
    日本ユニセフの広告で、1000円寄付すると、 子供が助かるという。 私は今自分が元気でいるか...→見る
    19/11/18
    クローンを作成したいです。→見る
    19/11/18
    親がローンが通りません。 私はローンが通ります。親の車が壊れ購入しなくてはならなくなり...→見る
    19/11/18
    エアコン 時間帯別に温度設定できる民生品機種ありますか?→見る
    19/11/18
    WindowsのショートカットキーをBATファイル等で実行するには→見る
    19/11/18
    GUについてです。→見る
    自動に関する人力検索-質問集
    自動に関するナレッジ知識-質問集
    自動に関するtwitterつぶやき
    自動に関するブログサイト
    自動に関する最新書籍一覧
    自動に関する動画コンテンツ
キャッシング比較/ FX比較/ クレジットカード比較/ キャッシング申込み/ カードローン比較/ ETCカード比較/ レディースローン申込み/ 宅建過去問題/ マンション管理士過去問題/ 管理業務主任者過去問題/ ネット証券比較/ 目的ローン申込み/ 担保ローン申込み/ 住宅ローン申込み/ おまとめローン申込み/ 事業者ローン申込み/ 学生ローン申込み/ レディースローン申込み/ 女性R&B/ 賃貸マンション/ ビジネス板/ キャッシング キャンペーン/ ローン キャンペーン/ FX キャンペーン/ ネット証券 キャンペーン/ クレジットカード キャンペーン/ ETCカード キャンペーン/ キャッシング最新情報/ カードローン最新情報/ ETCカード特典/ クレジットカード特典/ FXビギナー/ ネット証券ビギナー/ 手形割引比較/ レディースキャッシング比較/ 主婦ローン比較/