タグ : 証券

楽天銀行『ハッピープログラム』を通じて 楽天証券での取引に応じた楽天スーパーポイント等の特典を提供 銀行・証券口座連携サービス『マネーブリッジ』のサービスを拡大し、 楽天グループ金融事業のシナジーを強化

  • 楽天銀行『ハッピープログラム』を通じて 楽天証券での取引に応じた楽天スーパーポイント等の特典を提供 銀行・証券口座連携サービス『マネーブリッジ』のサービスを拡大し、 楽天グループ金融事業のシナジーを強化に関する記事・解説はこちら 
    2011年8月22日 at 8:33 PM
  • SBI証券、Android向けFX取引アプリを8月中旬から提供に関する記事・解説はこちら 
    2011年8月5日 at 11:37 PM
  • <<新製品の詳しい情報・コラムは「ビジネスリーダー」で 業 種 金融 / 証券会社 発表日 2011/07/22 企業名 GMOクリック証券(株) | 会社概要 | ホームページ: https://www.click-sec.com/ このページをプリントする GMOクリック証券、FX取引者対象のアンケート調査結果を発表に関する記事・解説はこちら 
    2011年7月23日 at 8:55 PM
  • 楽天証券、法人向け取り引きサービスを開始に関する記事・解説はこちら 
    at 11:28 AM
  • ひまわり証券、4月1日から「ひまわりFX」で新規口座開設キャンペーンを実施に関する記事・解説はこちら 
    2011年3月29日 at 3:59 PM
  • ひまわりHD、子会社「ひまわり証券」の証券事業を廃止を発表に関する記事・解説はこちら 
    2011年3月17日 at 12:27 PM
  • トレイダーズ証券、シンガポール社などと個人投資家向けデリバティブ取引事業で業務提携に関する記事・解説はこちら 
    2011年1月26日 at 11:55 AM
  • ひまわり証券、取引システム「先物&オプションWEB」をバージョンアップ速度は今までの5倍に関する記事・解説はこちら 
    2011年1月21日 at 3:42 PM
  • ひまわり証券、無料の自動売買ツール「エコトレFX」のモバイル対応を開始に関する記事・解説はこちら 
    2011年1月12日 at 12:24 PM
  • ひまわり証券、「ひまわりFX『デイトレ口座』」をリニューアルに関する記事・解説はこちら 
    2010年12月17日 at 11:55 AM
  • 証券に関するWikipedia情報
    証券
    証券(しょうけん)とは、一定の財産法上の権利・義務に関する記載がされた文書。その法的な効力に応じて証拠証券と有価証券に分類されるが、法令用語としては、有価証券のことのみを指すこともある。ここでは前者の意義について解説する。 証券は単に一定の事実を証明する証拠証券と、その証券の譲渡・保有が証券が表章する財産権の移転・行使に結びついている有価証券とに大別される。 証拠証券としてはホテルのクロークの預り券やクリーニング屋の預り証がある。これらは品物を預っている事実を証明しているが、その引き取りに必要不可欠とされるものではない。万一紛失しても、受付側が紛失した顧客の説明に納得すれば品物は引き渡される。他にも、借用証や、運送状、保険証券など。 有価証券には、株券、社債券、手形、小切手などが含まれる。有価証券はその所持人が正式な権利の保有者と推定されるし、それが表す財産権の行使にはこの有価証券の保有が不可欠なものである。証拠証券と有価証券のこの違いは、有価証券では証券の譲渡が前提になっていることが背景になっている。
    証券取引所の一覧
    この記事は証券取引所の一覧である。 2010年 取引高ランキング(単位:米ドル) 出典:World Federation of Exchanges 2009 Market Highlights アジア 関連項目:南アジアの証券取引所の一覧 アフガニスタン カーブル証券取引所(KBLSE) アフガン証券取引所(ASE) バーレーン Bahrain Stock Exchange バングラデシュ Chittagong Stock Exchange(CSE) Dhaka Stock Exchange(DSE) 中華人民共和国 上海証券取引所 深セン証券取引所 Shanghai Metal Exchange 香港 香港証券取引所(SEHK、Hong Kong Exchanges and Clearingの前身) Hong Kong Exchanges and Clearing(HKEx) キプロス Cyprus Stock Exchange(CSE) インド アフマダーバード証券取引所 バンガロール証券取引所(BgSE) ブバネーシュヴァル証券取引所(BhSE) ボンベイ証券取引所(BSE) カルカッタ証券取引所(CSE) コーチン証券取引所(CSE) Coimbatore Stock Exchange(CSX) デリー証券取引所(DSE) Guwahati Stock Exchange(GSE) Hyderabad Stock Exchange(HSE) Inter-connected Stock Exchange of India(ISE) Jaipur Stock Exchange(JSE) Kanara Stock Exchange(KSE) Ludhiana Stock Exchange Association(LSE) Madhya Pradesh Stock Exchange(MPSE) Madras Stock Exchange(MSE) Mangalore Stock Exchange(MgSE) Meerut Stock Exchange(MSE) インド国立証券取引所(NSE) OTC Exchange of India(OTCEI) Pune Stock Exchange(PSE) Saurashtra-Kutch Stock Exchange(SKSE) Uttar Pradesh Stock Association(UPSE) Vadodara Stock Exchange(VSE) インドネシア インドネシア証券取引所(IDX) Jakarta Futures Exchange(JFX) イラン Tehran Stock Exchange(TSE) Iranian oil bourse(IOB) イラク Iraq Stock Exchange(ISX) イスラエル テルアビブ証券取引所(TASE) 日本 日本取引所グループ(JEG) 東京証券取引所(TSE)(2013年子会社化) (新潟証券取引所(東京証券取引所と合併)) (広島証券取引所(東京証券取引所と合併)) (大阪取引所(OSE)(2013年子会社化)) (京都証券取引所(大阪証券取引所と合併)) (神戸証券取引所(大阪証券取引所と合併)) TOKYO PRO Market ジャスダック (ヘラクレス(旧:Nasdaq Japan Market)) (NEO (ジャスダックと合併)) 名古屋証券取引所(NSE) 札幌証券取引所(SSE) 福岡証券取引所(FSE) ヨルダン Amman Stock Exchange(ASE) カザフスタン Kazakhstan Stock Exchange(KASE) クウェート Kuwait Stock Exchange(KSE) キルギスタン Kyrgyz Stock Exchange(KSE) レバノン Beirut Stock Exchange(BSE) マレーシア マレーシア証券取引所(KLSE) Kuala Lumpur Commodity Exchange(KLCE) Kuala Lumpur Options & Financial Futures Exchange MESDAQ モルディブ Maldives Stock Exchange(MSE) モンゴル モンゴル証券取引所 ミャンマー ヤンゴン証券取引所 ネパール Nepal Stock Exchange(NEPSE) オマーン Muscat Securities Market(MSM) パキスタン Islamabad Stock Exchange(ISE) Karachi Stock Exchange(KSE) Lahore Stock Exchange(LSE) パレスチナ Palestine Exchange(PSE) パプアニューギニア Port Moresby Stock Exchange(POMSoX) フィリピン Philippine Stock Exchange(PSE) カタール Doha Securities Market(DSM) サウジアラビア Saudi Arabia Electronic Securities Information System(ESIS、Tadawulの前身) Tadawul シンガポール Stock Exchange of Singapore(SES、Singapore Exchangeの前身) シンガポール証券取引所(SGX) シリア Damascus Stock Exchange(DSE) スリランカ Colombo Stock Exchange(CSE) 韓国 韓国証券先物取引所(KRX、韓国証券取引所とKOSDAQが合併) 台湾 台湾証券取引所 証券櫃台買売中心(OTC Market) タイ タイ証券取引所(SET) Market for Alternative Investment(MAI) アラブ首長国連邦 Abu Dhabi Securities Market(ADX) ドバイ金融市場(DFM) ナスダック ドバイ(旧:Dubai International Financial Exchange、Nasdaq Dubai) ウズベキスタン タシケント証券取引所(TSE) ベトナム ハノイ証券取引所(Hanoi STC) ホーチミン証券取引所(HSTC) アフリカ 関連項目:アフリカの証券取引所の一覧 アルジェリア Bourse des Valeurs Mobilieres d'Alger ボツワナ Botswana Stock Exchange(BSE) カメルーン Douala Stock Exchange(DSX) カーボベルデ Bolsa de Valores de Cabo Verde(BVC) コートジボワール Bourse Régionale des Valeurs Mobilières SA(BRVM) アビジャン証券取引所(閉鎖) エジプト Cairo & Alexandria Stock Exchange(CASE) ガーナ Ghana Stock Exchange(GSE) ケニア Nairobi Stock Exchange(NSE) マラウイ Malawi Stock Exchange(MSE) モーリシャス Stock Exchange of Mauritius(SEM) モロッコ La Bourse de Casablanca モザンビーク Maputo Stock Exchange Bolsa de Valores de Mozambique ナミビア ナミビア証券取引所(NSX) ナイジェリア Nigerian Stock Exchange(NSE) Abuja Stock Exchange(ASE) Abuja Securities and Commodities Exchange(ASCE) 南アフリカ JSE Securities Exchange / Johannesburg Stock Exchange The South African Futures Exchange(SAFEX) スーダン Khartoum Stock Exchange(KSE) スワジランド Swaziland Stock Exchange(SSX) タンザニア Dar-es-Salaam Stock Exchange(DSE) チュニジア Bourse des Valeurs Mobilières de Tunis(BVMT) ウガンダ Uganda Securities Exchange(USE) 西アフリカ Bourse Regionale des Valeurs Mobilieres ザンビア Lusaka Stock Exchange(LuSE) ジンバブエ Zimbabwe Stock Exchange(ZSE) オセアニア オーストラリア Australia Pacific Exchange(APX) オーストラリア証券取引所(ASX) Bendigo Stock Exchange(BSX) Newcastle Stock Exchange(NSX) Sydney Futures Exchange(SFE) フィジー South Pacific Stock Exchange(SPSE、旧:Suva Stock Exchange) ニュージーランド ニュージーランド証券取引所(NZX) 北アメリカ 関連項目:List of American stock exchanges バハマ Bahamas International Securities Exchange(BISX) バルバドス Barbados Stock Exchange(BSE) バミューダ諸島 Bermuda Stock Exchange(BSX) カナダ トロント証券取引所(TSX。
    証券投資信託
    『投資信託』より : 投資信託(とうししんたく)は、多数の投資家から販売会社を通じて出資・拠出されてプールされた資金を、運用会社に属する資産運用の専門家(ファンドマネージャー、ポートフォリオマネージャー)が、株式や債券、金融派生商品などの金融資産、あるいは不動産などに投資するよう指図し、運用成果を投資家に分配する金融商品。 運用による利益・損失は投資家に帰属する。ファンドや投資ファンドとも呼ばれるが、いずれもその意味する範囲は曖昧である。略語は投信(とうしん)。 日本国外では集団投資スキーム(collective investment scheme)とも呼ばれるが、この言葉は近時の日本においては金融商品取引法の影響により異なる意味で用いられることが多い。 いわゆる投資事業組合は含まないが、ファンドないし投資ファンドという言葉はむしろ投資事業組合を指すこともある。 なお、法律用語としての「投資信託」は、日本法上の契約型投資信託(後述)である、投資信託及び投資法人に関する法律(投信法)に基づく投資信託を指し、そうでないものは「投資信託」を名乗れない。
    証券取引法
    『金融商品取引法』より : 金融商品取引法(きんゆうしょうひんとりひきほう、昭和23年4月13日法律第25号)は、証券市場における有価証券の発行・売買その他の取引について規定した日本の法律である。略称は金商法。平成19年9月30日より前の法律の題名は証券取引法(しょうけんとりひきほう)であった。 1948年に、証券取引法を改正する法律(昭和23年法律第25号)によって、証券取引法(昭和22年法律第22号)を全部改正する形で制定された。 株式、公社債、信託受益権などの有価証券の発行や売買、デリバティブ取引に関して、開示規制、業者規制、不公正取引規制、取引所規制、関連するエンフォースメントなどを規定する。 金融商品取引法において規定されるルールの中には、インサイダー取引などの不正な取引を排除するための規制や、有価証券そのものや有価証券の発行会社などの関連法人に関する開示に関するルールが含まれる。また、株式の公開買付制度など株式の取得に関するルールを規定し、それぞれの金融商品を取扱う業者についての取扱いを定めている。
    証券会社
    証券会社(しょうけんがいしゃ)とは、有価証券の売買の取次ぎや引受けなどを行う企業。日本においては、通常、金融商品取引業者のうち、第一種金融商品取引業(有価証券関連業に該当するものに限る。)を行う者を指す。かつては、証券取引法において登録(かつては免許)を受けて証券業を営む会社を指す法令用語であったが、金融商品取引法への改正に伴ってこの概念が廃止され、従前の証券会社は、経過規定により、金融商品取引法第28条第1項第1号、第2号および第3号ハに掲げる行為に係る業務、有価証券等管理業務ならびに第二種金融商品取引業行う金融商品取引業者とされた(「みなし登録第一種業者」)。 日本の証券会社 かつては、証券取引法により定義されたが、2007年9月に改正された金融商品取引法により、法律上の定義はなくなった。これまでの証券業の概念は、概ね有価証券関連業として定義された。 金融商品取引法第33条第1項により、「銀行、協同組織金融機関その他政令で定める金融機関は、有価証券関連業又は投資運用業を行つてはならない。
    証券取引会社
    『証券会社』より : 証券会社(しょうけんがいしゃ)とは、有価証券の売買の取次ぎや引受けなどを行う企業。日本においては、通常、金融商品取引業者のうち、第一種金融商品取引業(有価証券関連業に該当するものに限る。)を行う者を指す。かつては、証券取引法において登録(かつては免許)を受けて証券業を営む会社を指す法令用語であったが、金融商品取引法への改正に伴ってこの概念が廃止され、従前の証券会社は、経過規定により、金融商品取引法第28条第1項第1号、第2号および第3号ハに掲げる行為に係る業務、有価証券等管理業務ならびに第二種金融商品取引業行う金融商品取引業者とされた(「みなし登録第一種業者」)。 日本の証券会社 かつては、証券取引法により定義されたが、2007年9月に改正された金融商品取引法により、法律上の定義はなくなった。これまでの証券業の概念は、概ね有価証券関連業として定義された。 金融商品取引法第33条第1項により、「銀行、協同組織金融機関その他政令で定める金融機関は、有価証券関連業又は投資運用業を行つてはならない。
    証券持株会社
    『金融持株会社』より : 金融持株会社(きんゆうもちかぶがいしゃ)とは、持株会社の内、子会社とする会社の大半が金融に関する事業を行うものである。 日本 日本では、1998年の独占禁止法改正により設立が解禁された。 日本では、法律によって設立に認可を受けなければならないものがある。例えば、銀行を子会社とするものや保険会社を子会社とするものの場合は、前者は銀行法、後者は保険業法に基づいて内閣総理大臣の認可を受けなければならない。 一方、金融商品取引業者の場合は、他の法人その他の団体が、持株会社に該当し、又は該当しないこととなった場合に、金融商品取引法第50条第1項第8号及び金融商品取引業等に関する内閣府令第199条第4号に基づいて当該金融商品取引業者は遅滞なく、その旨を内閣総理大臣に届け出なければならない。
    証券取引所
    証券取引所(しょうけんとりひきじょ、仏: Bourse、英: Stock exchange)は、主に株式や債券の売買取引を行うための施設であり、資本主義経済における中心的な役割を果たしている。 日本においては、金融商品取引法上の「金融商品取引所」と規定されている。 経済の発展に欠かせない資金調達と資本運用の双方が効率的に行われるようにするため、株式および債券の需給を取引所に集中させ、流動性の向上と安定した価格形成を図ることがその主な役割である。 日本国内では元来は金融商品取引法(旧証券取引法)で認められた特別法人であったが、株式会社への移行が進んでいる(→後述の#証券取引所の形態参照)。 なお、証券取引法の金融商品取引法への改正に伴い、日本では法律上「金融商品取引所」と規定されているが、名称又は商号に「取引所」という文字を用いなければならないとされるにとどまるため、各証券取引所においては、東京証券取引所との経営統合に伴い、デリバティブ取引専門取引所に転換した大阪取引所(旧大阪証券取引所)を除いて従来どおりの名称が2015年現在も利用されている。
    証券保管振替制度
    『株券等の保管及び振替に関する法律』より : 証券保管振替制度(しょうけんほかんふりかえせいど)とは、株券等(下記に列挙)の有価証券を、顧客の承諾を得て保管振替機関に集中保管し、その引渡しを現実の引渡しでなく、帳簿上の記帳によって行う制度である。 この制度により、顧客は、株券等の現物を所持することなく、売買などに伴う証券の受渡しを行うことができ、また、配当金の受け取りなどの権利行使を行うことができる。取引の活発化によって膨大な量に及ぶ証券等の保管と受渡しを、簡易化・円滑化することを目的とする制度である。この制度の進展により、株券等のペーパーレス化を行うことも可能になった。現在では、実体法において株券を必要としない法制度の整備が進行し、株券の存在を前提としない制度設計が可能となったため、この制度の名称も「株式等振替制度」という名称になっている([1]) 以下では廃止された株券等の保管及び振替に関する法律に基づき、旧来の制度を説明する。
    証券保管振替機構
    『株券等の保管及び振替に関する法律』より : 株式会社証券保管振替機構(しょうけんほかんふりかえきこう、英語:Japan Securities Depository Center, Incorporated)は、株式等振替制度(旧証券保管振替制度)を運営する、日本で唯一の振替機関である。金融市場における決済機能を担う。略称「ほふり」。 沿革 1984年5月15日 - 「株券等の保管及び振替に関する法律」公布(同年11月14日施行) 1984年12月6日 - 法務大臣、大蔵大臣からの設立許可により、財団法人証券保管振替機構が発足 1985年5月27日 - 法務大臣、大蔵大臣から保管振替機関として指定 1991年10月9日 - 保管振替事業の開始(当初東証上場50銘柄を対象) 1992年10月9日 - 保管振替事業の全面実施 2000年5月8日 - 新保振システム稼働 2001年6月27日 - 「株券等の保管及び振替に関する法律の一部を改正する法律」公布(平成14年4月1日全面施行) 2001年9月10日 - 決済照合システムの稼働 2001年11月2日 - 「証券保管振替機関の株式会社化の具体的枠組みについて」の公表(日証協主宰「証券受渡・決済制度改革懇談会」) 2001年11月26日 - 新株予約権付社債券(CB)の取扱い開始 2002年1月4日 - 株式会社証券保管振替機構が設立 2002年6月17日 - 財団から保管振替事業の全部譲受(財団は解散) 2003年1月10日 - 「社債等の振替に関する法律」に基づく振替機関として指定 2003年3月27日 - 株券喪失登録情報等照会システム(SITRAS)稼働 2003年3月31日 - 短期社債振替制度の実施 2003年6月6日 - 株式会社ほふりクリアリング設立 2004年4月6日 - 株式会社ほふりクリアリングが有価証券債務引受業の免許を取得 2004年5月17日 - 一般振替DVP決済の取扱い開始 2004年6月9日 - 「株式等決済合理化法」公布 2005年2月14日 - 決済照合システムへの国債レポ・現先の照合機能の追加 2006年1月10日 - 一般債振替制度の実施 2006年5月1日 - 外国株券等保管振替決済業務の実施 2007年1月4日 - 投資信託振替制度の実施 2008年1月4日 - 上場投資信託振替制度の実施 2008年2月1日 - 受益証券発行信託の受益証券に係る保管及び振替決済業務の実施 2009年1月5日 - 株式等振替制度の実施 株券等については株式会社証券保管振替機構が、国債については日本銀行がCSDとなり、証券会社、銀行、清算機関等が参加者としてCSDに参加者口座を開設している。
    証券業協会
    『日本証券業協会』より : 日本証券業協会(にほんしょうけんぎょうきょうかい、英: Japan Securities Dealers Association)は、日本の金融商品取引法上の金融商品取引業協会の一つ。略称はJSDA。 日本国内にあるすべての証券会社および登録金融機関(銀行や協同組織金融機関など、有価証券取引を行う金融機関として内閣総理大臣による登録を受けた金融機関)により設立されている。 法人の目的は、国内の有価証券市場において、協会員である金融機関が行う証券取引等を円滑かつ公正ならしめ、かつ、投資者の保護に資することである。 沿革 1949年(昭和24年)5月 - 各府県の証券業協会を全国レベルで束ねる連合組織として、日本証券業協会連合会が設立される。 1973年(昭和48年)7月 - 日本証券業協会連合会と各地の証券業協会(当時は10団体)を解散させて、民法上の社団法人である社団法人日本証券業協会が設立される。
    証券業
    金融商品取引業(きんゆうしょうひんとりひきぎょう)は、金融商品取引法2条8項に掲げる行為(その内容等を勘案し投資者の保護のため支障を生ずることがないと認められる一定の行為及び一定の金融機関が行う投資運用業又は有価証券関連業に該当することとなる行為は除かれる。)を業として行うことをいう。その行為の中には、有価証券(株式、公社債など)・デリバティブの販売・勧誘、投資助言、投資運用、顧客資産の管理などが含まれる。 2006年改正前の証券取引法に規定されていた証券業のほか、金融先物取引業・投資顧問業・投資信託委託業などを含む幅広い概念であり、金融商品取引法(金商法)による規制の対象となる。金商法29条による登録を受けた者(金融商品取引業者)のみが行うことができるが、同法33条の2による登録を受けた銀行等の金融機関(登録金融機関)も一定の範囲で同様の行為を業として行うことができる。 区分 金商法28条により、以下の4種類に区分される。 第一種金融商品取引業 金融商品取引業のうち、次に掲げる行為のいずれかを業として行うことをいう 第一項有価証券についての 売買(デリバティブ取引に該当するものを除く。
    証券取引等監視委員会
    証券取引等監視委員会(しょうけんとりひきとうかんしいいんかい、英称:Securities and Exchange Surveillance Commission、SESC)は、金融庁に属する審議会等の一つ。証券取引や金融先物取引等の公正を確保する目的で、1992年に当時の大蔵省に設置された。現在の委員長は検察官出身の佐渡賢一。アメリカ合衆国の証券取引などの監視機関である証券取引委員会(Securities and Exchange Commission、SEC)にちなんでSECと略称することも多い。 任務 具体的には以下のような事務を掌っている。 金融商品取引法(昭和23年法律第25号)などの法律に基づき、内閣総理大臣および金融庁からの委任を受けて行われる検査(金融商品取引業者等に対する立入検査など)・取引審査、および内部者取引・有価証券報告書虚偽記載などの犯則事件の調査 証券取引等の公正を確保するための行政処分の勧告、必要な施策の建議、および犯則事件の告発 金融商品取引業者に対し、金融機関等による顧客等の本人確認等に関する法律(平成14年法律第32号)に定められた義務が正しく履行されているかどうかを確認するための報告・資料提出の要求、および立入検査 事務の処理状況の公表 組織の特徴 審議会等 名称中に「委員会」の文字を含んではいるが、組織法上は国家行政組織法あるいは内閣府設置法上の「外局たる委員会」ではなく、設立当初は国家行政組織法第8条、中央省庁再編後は内閣府設置法第54条に規定する「審議会等」の位置付けである。
    証券日刊
    証券日刊(しょうけんにっかん)は、1958年創業の証券日刊新聞社によって発行されていた株式市況専門の日刊紙(証券専門紙)。創刊は1959年で、経営難から2008年9月30日をもって廃刊となった。
    東京本社 〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町18-4 TEL:03-3668-2853
    大阪支社 〒460-0008 大阪市福島区福島7-17-18 第一印刷出版新聞工場5階
    名古屋支社 〒553-0003 名古屋市中区栄3-9-13
    1958年 10月、株式会社日本証券新聞大阪支局として設立
    1959年 4月、日本証券新聞「関西版」として創刊
    1960年 3月、中日新聞と販売提携、東海地区の販売促進を図る
    1960年 8月、大阪周辺の各ターミナル売店で朝夕刊の即売を開始
    1961年 5月、読売新聞と販売提携、早朝戸別配達を実施
    1961年 10月、鉄道弘済会の売店でも、朝夕刊の即売を開始

    証券投資の日
    証券投資の日(しょうけんとうしのひ)は、日本で株式・投資信託を始めとする投資活動に関する知識を、広く一般に普及・啓蒙する事を目的に、1996年(平成8年)より、10月4日に設定されている。単に投資の日とも呼ばれる[1]。 制定 10月4日に設定されたのは、“104”を“投資”(とうし)の発音に掛けた語呂合わせである。 イベント 現在、証券投資の日の前後の開催されるイベントを含め、証券投資や金融商品への一般投資家への知識普及・啓蒙活動は、日本証券業協会も属する「知識普及プロジェクト」が行なっている。 証券知識普及プロジェクト このプロジェクトは、以下に示すように、証券業界に属する団体・組織からなる。 日本証券業協会 日本証券業協会 証券教育広報センター 投資信託協会 東京証券取引所 大阪証券取引所 名古屋証券取引所 札幌証券取引所 福岡証券取引所 ジャスダック 名証取引参加者協会上記以外、プロジェクト本体に参加しているわけではないが、関係を持っている国内の団体・組織としては、以下のものがある。
    証券外務員
    外務員(がいむいん)は、金融商品取引業者(証券会社等)・登録金融機関(銀行等)・金融商品仲介業者の役職員のうち、証券取引・デリバティブ取引の勧誘等の行為を行う者である。金融商品取引法による登録を受けなければ業務を行うことができない(同法第64条第2項・第66条の25)。登録は日本証券業協会で行っており(同法第64条の7第1項および第2項による委任)、登録を受けるためには同協会の実施する外務員試験に合格する必要がある。 固定給の場合は社員外務員、歩合給の場合は歩合外務員と呼ばれる。 証券会社等に所属し、本店や営業所などで有価証券の募集や売買の勧誘などの営業活動を行ったり、証券会社の営業員として顧客を訪問し有価証券(株券、債券、証券投資信託の受益証券など)の売買などを勧誘したりするなど、外務行為のすべてを行う。 なお、実際の勧誘に当たっては、外務員試験に合格した上で所定の研修を受け、さらに日本証券業協会への登録を経て、初めて勧誘活動に当たれる。
    証券コード
    証券コード(しょうけんコード)は、日本の証券取引所に上場する企業に対し「証券コード協議会」が付与するアラビア数字で構成される識別番号。銘柄コード、新証券コード、ISINコード、証券会社等標準コードなどがある。一般的に、証券コードとは銘柄コード(4桁)のことを指す。なお、証券コードは株式会社東京証券取引所の登録商標である。 海外の証券取引場で使用される、証券に与えられたコードのことを証券コードと称することもある。日本の証券コードのように数字のものの他、ニューヨーク証券取引所やNASDAQ等、ローマ字で構成されたティッカーシンボルもある。 対象 上場株式 公募債券 その他の上場証券 証券保管振替機構が扱うペーパー・レスCP、銀行等引受地方債および投資信託(ISINコード)※上記の付番対象以外の商品についても、証券コードの付番権限は証券コード協議会事務局が有している。
    証券化
    証券化(しょうけんか、英: Securitization)は、保有資産を資金化するために、資産のキャッシュフローを裏づけにした有価証券を発行する手法であり、直接金融の手法の一つ。 詳細 証券化で発行する有価証券は資産を保有する者の信用力ではなく、資産自体の信用力で発行するため銀行からの借り入れ等による間接金融より低コストでの資金調達が可能となる。また、市場での流通が可能な小口の有価証券を発行するため、投資家から広く資金を集めることが可能であり、自ら資産の売却先を探すよりも資金調達しやすい。更に証券化によって資産が抱えるリスクを自ら保有することなく投資家に移転することが一部可能であり、例えば証券化する資産が債権であれば不良債権化するリスクを投資家に一部移転することができる。この投資家へのリスク移転は大きなメリットだが、サブプライムローン問題による金融不全の原因にもなった。 狭義には、不動産や債権などの資産を本来の帰属主体(オリジネーター)から分離して他の主体(SPV)に帰属させ、当該資産によるリスク及びリターンを有価証券(いわゆるABS。
    証券取引委員会
    証券取引委員会(しょうけんとりひきいいんかい、U.S. Securities and Exchange Commission、略称:SEC)は、アメリカ合衆国における株式や公社債などの証券取引を監督・監視する連邦政府の機関である。 アメリカ証券取引委員会 (SEC) は日本の証券取引等監視委員会及び公認会計士・監査審査会を併せ持つ組織である。捜査、民事制裁金の請求などの権限がアメリカ証券取引委員会 (SEC) に与えられている。5人で構成されるアメリカ証券取引委員会 (SEC) はアメリカ合衆国大統領が任命するが、連邦政府から一定の独立性が保たれている。ミューチュアル・ファンドを監督している。 なお、日本語では「証券取引委員会」と訳されているが、直訳は「証券及び取引所委員会」である。これは、1933年証券法 (Securities Act of 1933) と1934年証券取引所法 (Securities Exchange Act of 1934) の両方を担当していることを示すものである。
    証券アナリスト
    証券アナリスト(しょうけんアナリスト、英: Securities analyst)とは、市場を分析し調査をする者である。財務分析家、リサーチアナリスト、株式アナリスト、投資アナリストともいう。日本においては公的職能団体として、日本証券アナリスト協会がある。日本証券アナリスト協会は、証券アナリストを公的に認定するための試験制度を実施している。 証券アナリストは、金融市場のプロフェッショナルとして株式市場のみ成らず、債券市場、商品市場、景気動向など、経済全般をその管轄分野としている。金融のグローバル化と専門化の時代にあって彼らの分析の重要性は年々高まっている。上場株式の個別銘柄についてアナリストが出すレポートはアナリスト・レポートと呼ばれる。資本市場に対する影響力が強く、市場での価格決定は彼らの投資判断によって大きく変動するため、社会的意義と責任が大きい。このため金融庁は各証券会社や資産運用会社に所属する証券アナリストやファンドマネージャーの「重要使用人」の届出を義務付けており、その監督下に置いている。
    当サイト全体から「証券」に関するページを抽出しました。
    証券に関する知恵袋-質問集
    証券に関する最新ニュース
    証券に関する教えてGOO-質問集
    19/08/23
    ソフトバンク株が分厚い1500円の壁を抜いて来ました。昨年12月の公開日と比べて日経平均株価...→見る
    19/08/23
    韓国の徴用工判決で新日鉄の韓国株が売却され、保障に充てられるそうですが、新日鉄は敗戦...→見る
    19/08/22
    口座を作りたいのですが、 どの銀行で作ったらいいですか?→見る
    19/08/21
    NISAの仕組みについて→見る
    19/08/21
    iDeCoはどこの金融機関で入りましたか?→見る
    19/08/21
    イデコや積み立てニーサは例外的として一般的な運用商品って受け取り時に所得としてカウン...→見る
    19/08/19
    野村證券に入れる人→見る
    19/08/19
    外国ETFの積立について→見る
    19/08/19
    日本国の国債買う、リスクってある?俺は、無いと思うんだけど。→見る
    19/08/19
    楽天証券で特定口座にて株取引をしていて nisa口座も持ちたいと思い立ったのですが 楽天証券...→見る
    証券に関する人力検索-質問集
    19/07/14
    証券会社の紹介で購入した投資信託をいくつか持ってい…→見る
    19/07/11
    勉強のために過去の各銘柄と日経平均の分足のデータが…→見る
    19/06/14
    証券会社のレーティング発表は、日取りとか決まっての…→見る
    証券に関するナレッジ知識-質問集
    証券に関するtwitterつぶやき
    証券に関するブログサイト
    証券に関する最新書籍一覧
    証券に関する動画コンテンツ
キャッシング比較/ FX比較/ クレジットカード比較/ キャッシング申込み/ カードローン比較/ ETCカード比較/ レディースローン申込み/ 宅建過去問題/ マンション管理士過去問題/ 管理業務主任者過去問題/ ネット証券比較/ 目的ローン申込み/ 担保ローン申込み/ 住宅ローン申込み/ おまとめローン申込み/ 事業者ローン申込み/ 学生ローン申込み/ レディースローン申込み/ 女性R&B/ 賃貸マンション/ ビジネス板/ キャッシング キャンペーン/ ローン キャンペーン/ FX キャンペーン/ ネット証券 キャンペーン/ クレジットカード キャンペーン/ ETCカード キャンペーン/ キャッシング最新情報/ カードローン最新情報/ ETCカード特典/ クレジットカード特典/ FXビギナー/ ネット証券ビギナー/ 手形割引比較/ レディースキャッシング比較/ 主婦ローン比較/