タグ : 通貨

サイバーエージェントFX「外貨ex」 ユーロ/円など4通貨ペアのスプレッド縮小を恒久化

  • サイバーエージェントFX「外貨ex」 ユーロ/円など4通貨ペアのスプレッド縮小を恒久化に関する記事・解説はこちら 
    2011年5月27日 at 10:28 PM
  • アクティブトレーダー向けFX『ディールFX』 全通貨ペア原則固定、スプレッド大幅縮小へに関する記事・解説はこちら 
    2011年4月9日 at 2:09 PM
  • サイバーエージェントFX、「外貨ex」で4つの通貨ペアのスプレッド縮小を恒久化に関する記事・解説はこちら 
    2010年10月2日 at 10:03 AM
  • 通貨に関するWikipedia情報
    通貨
    通貨(つうか)とは、流通貨幣の略称で、国家などによって価値を保証された、決済のための価値交換媒体。政府は租税の算定にあたって通貨を利用する(法定通貨⇔仮想通貨、地域通貨)。 モノやサービスとの交換に用いられる「お金」を、経済用語では貨幣、または通貨と呼ぶ。(「お金持ち」などのように資産全体を指す用法も存在する。)通貨は、現金通貨と預金通貨に大別され、前者は紙幣・硬貨(補助紙幣)であり、後者は普通預金・当座預金などの決済口座である。 解説 モノやサービスの価値は、流動的である。出来立てのパンは数時間経ったパンよりも高価であるだろうし、家政婦や理美容等のサービス料金は十分な経験を積んだものとそうでないものとで差があるだろう。また、昔はほとんど価値がなかったものが、逆に骨董品として高い価で取引きされる場合もある。いわゆる「等価交換」に際して、それらの流動的なものを何らかの形で具現化したものが経済の仲介物であり、通貨(お金)となる。 貨幣が定着し流通しだすと、貨幣は通貨と位置づけられ、通貨制度として決まりごとをもつようになる。
    通貨コード
    『ISO 4217』より : ISO 4217は、ISOで制定された国際標準の一つであり、各国あるいは各地域の通貨の名前を3文字のコードで記述できるようにするためのものである。 最初の2文字はISO 3166-1 alpha-2で定義された国名コードであり、残りの1文字は通貨のイニシャルである。例えば日本円の通貨名コードは、日本の国別コードが"JP"で円のイニシャルが"Y"であるから、"JPY"となる。この仕組みにより、ドルやフランあるいはポンドなど、多くの国で使われている通貨の名前に別々のコードを割り当てることができる。 この他にISO 4217では、主要な通貨単位に対する補助通貨単位も定義している。しばしば、補助通貨単位は主要な通貨単位の100分の1であることが多いが、10分の1であったり1000分の1であったりすることもある。補助通貨単位を持たない通貨もある。例えばモーリタニアの通貨のウギアは5コウムと等しく、主要な通貨単位の1単位と等しい補助通貨単位の値が10の倍数にはなっていない。
    通貨の一覧
    通貨の一覧(つうかのいちらん)では、世界の通貨と対応する国と地域を挙げる。ドルやポンドなど、単位が複数の通貨において使われる場合は、原則として国名を先頭につけてある。 ※は、2011年現在使用されていないもの。 ア行 アイスランド・クローナ - アイスランド アゼルバイジャン・マナト - アゼルバイジャン アフガニ - アフガニスタン アメリカ合衆国ドル - アメリカ合衆国 / エクアドル / タークス・カイコス諸島 / パラオ / 東ティモール / マーシャル諸島 / ミクロネシア連邦 アルジェリア・ディナール - アルジェリア アルゼンチン・ペソ - アルゼンチン アルバ・ギルダー - アルバ アンティル・ギルダー - オランダ領アンティル イエメン・リアル - イエメン イギリス・ポンド - イギリス イラク・ディナール - イラク イラン・リヤル - イラン インド・ルピー - インド ウガンダ・シリング - ウガンダ ウギア - モーリタニア ウルグアイ・ペソ - ウルグアイ エジプト・ポンド - エジプト 円 - 日本 沿ドニエストル・ルーブル - 沿ドニエストル オーストラリア・ドル - オーストラリア / キリバス / ツバル / ナウル オマーン・リアル - オマーン カ行 ガイアナ・ドル - ガイアナ カタール・リヤル - カタール カナダ・ドル - カナダ カーボベルデ・エスクード - カーボベルデ ガーンジー・ポンド - ガーンジー キープ - ラオス キナ - パプアニューギニア ギニア・フラン - ギニア キューバ兌換ペソ - キューバ キューバ・ペソ - キューバ グアラニー - パラグアイ クウェート・ディナール - クウェート クーナ - クロアチア グールド - ハイチ クワンザ - アンゴラ ケイマン諸島・ドル - ケイマン諸島 ケツァル - グアテマラ ケニア・シリング - ケニア 元 - 中華人民共和国 コスタリカ・コロン - コスタリカ コモロ・フラン - コモロ コルドバ・オロ - ニカラグア コロンビア・ペソ - コロンビア コンゴ・フラン - コンゴ民主共和国 サ行 サウディ・リヤル - サウジアラビア ※サルバドール・コロン - エルサルバドル ザンビア・クワチャ - ザンビア ジブチ・フラン - ジブチ ジブラルタル・ポンド - ジブラルタル ジャージー・ポンド - ジャージー ジャマイカ・ドル - ジャマイカ シリア・ポンド - シリア シンガポール・ドル - シンガポール 新シェケル - イスラエル 新トルコ・リラ - トルコ ジンバブエ・ドル - ジンバブエ スイス・フラン - スイス / リヒテンシュタイン スウェーデン・クローナ - スウェーデン ズウォティ - ポーランド スーダン・ポンド - スーダン スム - ウズベキスタン スリナム・ドル - スリナム スリランカ・ルピー - スリランカ セーシェル・ルピー - セーシェル セディ - ガーナ CFAフラン (BCEAO) - ギニアビサウ / コートジボワール/ セネガル / トーゴ / ブルキナファソ / ベナン / マリ共和国 / ニジェール CFAフラン (BEAC) - ガボン / カメルーン / コンゴ共和国 / 赤道ギニア / チャド / 中央アフリカ CFPフラン - ニューカレドニア / フランス領ポリネシア / ウォリス・フツナ セルビア・ディナール - セルビア セントヘレナ・ポンド - セントヘレナ ソマリア・シリング - ソマリア ソマリランド・シリング - ソマリランド キルギス・ソム - キルギス ソモニ - タジキスタン ソロモン諸島ドル - ソロモン諸島 タ行 大韓民国ウォン - 大韓民国 タカ - バングラデシュ 兌換マルク - ボスニア・ヘルツェゴビナ タラ - サモア ダラシ - ガンビア タンザニア・シリング - タンザニア チェコ・コルナ - チェコ チャット - ミャンマー チュニジア・ディナール - チュニジア 朝鮮民主主義人民共和国ウォン - (朝鮮民主主義人民共和国) チリ・ペソ - チリ デナール - マケドニア テンゲ - カザフスタン デンマーク・クローネ - デンマーク トゥグルグ - モンゴル ドブラ - サントメ・プリンシペ ドミニカ・ペソ - ドミニカ共和国 ドラム - アルメニア トリニダード・トバゴ・ドル - トリニダード・トバゴ トルクメニスタン・マナト - トルクメニスタン ベトナム・ドン - ベトナム ナ行 ナイラ - ナイジェリア ナクファ - エリトリア ナミビア・ドル - ナミビア ニュージーランド・ドル - ニュージーランド ニュー台湾ドル - 中華民国 ニュルタム - ブータン ヌエボ・ソル - ペルー ネパール・ルピー - ネパール ノルウェー・クローネ - ノルウェー ハ行 パアンガ - トンガ パキスタン・ルピー - パキスタン バツ - バヌアツ バーツ - タイ バハマ・ドル - バハマ バミューダ・ドル - バミューダ諸島 バルバドス・ドル - バルバドス バルボア - パナマ バーレーン・ディナール - バーレーン 東カリブ・ドル - アンティグア・バーブーダ / グレナダ / セントビンセント・グレナディーン / セントルシア / ドミニカ国 / セントクリストファー・ネイビス / アンギラ / モントセラト フィジー・ドル - フィジー フィリピン・ペソ - フィリピン フォークランド諸島ポンド - フォークランド諸島 フォリント - ハンガリー プラ - ボツワナ フリヴニャ - (ウクライナ) ブル - エチオピア ブルネイ・ドル - ブルネイ ブルンジ・フラン - ブルンジ ベネズエラ・ボリバル - ベネズエラ ベラルーシ・ルーブル - ベラルーシ ベリーズ・ドル - ベリーズ ※ペンゲー (ペンゴ) - ハンガリー ボリビアーノ - ボリビア 香港ドル - 香港 マ行 マカオ・パタカ - マカオ マダガスカル・アリアリ - マダガスカル マラウイ・クワチャ - マラウイ ※マラヤ及びイギリス領ボルネオ・ドル - マラヤ連邦 / シンガポール / サラワク / イギリス領ボルネオ / ブルネイ マンクス・ポンド - マン島 南スーダン・ポンド - 南スーダン メキシコ・ペソ - メキシコ メティカル - モザンビーク モーリシャス・ルピー - モーリシャス モルドバ・レウ - モルドバ モロッコ・ディルハム - モロッコ ヤ行 UAEディルハム - アラブ首長国連邦 ユーロ - ユーロ圏(アイルランド / イタリア / エストニア / オーストリア / オランダ(一部の海外領土は除く) / キプロス(イギリス主権基地領域アクロティリおよびデケリアを含むが、北キプロス・トルコ共和国は除く) / ギリシャ / スロバキア / スロベニア /スペイン / ドイツ / フィンランド / フランス(一部の海外領土は除く) / ベルギー / ポルトガル / マルタ / ルクセンブルク)、欧州連合との正式な協定に基づいて使用する国(サンマリノ / バチカン / モナコ)、欧州連合とは正式な協定を締結せずに使用する国・地域(アンドラ / モンテネグロ / コソボ) ヨルダン・ディナール - ヨルダン ラ行 ラッツ - ラトビア ラリ - グルジア ランド - 南アフリカ リエル - カンボジア リビア・ディナール - リビア リタス - リトアニア リベリア・ドル - リベリア リランゲニ - スワジランド リンギット - マレーシア ルピア - インドネシア ルフィヤ - モルディブ ルーマニア・レウ - ルーマニア ルーブル - ロシア ルワンダ・フラン - ルワンダ レアル - ブラジル レオン - シエラレオネ レク - アルバニア レバノン・ポンド - レバノン レフ - ブルガリア レンピラ - ホンジュラス ロシア・ルーブル - ロシア ロティ - レソト 関連項目 現行通貨の一覧 通貨の補助単位。
    通貨偽造の罪
    通貨偽造の罪(つうかぎぞうのつみ)とは、通貨を発行する権限の無い者が通貨、もしくはそれに類似する物体を偽造、変造などにより作成することを内容とする犯罪類型。刑法の第16章に定められている。通貨偽造罪(148条)、外国通貨偽造及び行使等罪(149条)・偽造通貨等収得罪(150条)および収得後知情行使等罪(152条)、通貨偽造等準備罪(153条)が含まれる。 偽造通貨の流通はその国の信用を揺るがし、最悪の場合、国家の転覆をも生じかねない性質を持つため、どの国においても金額の多少に関わらず重罰が適用される。 保護法益 通貨に対する社会の信用であるという説と、通貨を発行する者の発行権であるという説がある。判例は明確ではないが、前者に傾いている(最判昭和22年12月17日刑集1巻94頁)。 犯罪類型 通貨偽造罪 通貨偽造罪とは、行使の目的で、通用する貨幣、紙幣又は銀行券を偽造又は変造することを内容とする罪(148条1項)。
    通貨偽造罪
    通貨偽造の罪(つうかぎぞうのつみ)とは、通貨を発行する権限の無い者が通貨、もしくはそれに類似する物体を偽造、変造などにより作成することを内容とする犯罪類型。刑法の第16章に定められている。通貨偽造罪(148条)、外国通貨偽造及び行使等罪(149条)・偽造通貨等収得罪(150条)および収得後知情行使等罪(152条)、通貨偽造等準備罪(153条)が含まれる。 偽造通貨の流通はその国の信用を揺るがし、最悪の場合、国家の転覆をも生じかねない性質を持つため、どの国においても金額の多少に関わらず重罰が適用される。 保護法益 通貨に対する社会の信用であるという説と、通貨を発行する者の発行権であるという説がある。判例は明確ではないが、前者に傾いている(最判昭和22年12月17日刑集1巻94頁)。 犯罪類型 通貨偽造罪 通貨偽造罪とは、行使の目的で、通用する貨幣、紙幣又は銀行券を偽造又は変造することを内容とする罪(148条1項)。
    通貨変造罪
    『通貨偽造罪』より : 通貨偽造の罪(つうかぎぞうのつみ)とは、通貨を発行する権限の無い者が通貨、もしくはそれに類似する物体を偽造、変造などにより作成することを内容とする犯罪類型。刑法の第16章に定められている。通貨偽造罪(148条)、外国通貨偽造及び行使等罪(149条)・偽造通貨等収得罪(150条)および収得後知情行使等罪(152条)、通貨偽造等準備罪(153条)が含まれる。 偽造通貨の流通はその国の信用を揺るがし、最悪の場合、国家の転覆をも生じかねない性質を持つため、どの国においても金額の多少に関わらず重罰が適用される。 保護法益 通貨に対する社会の信用であるという説と、通貨を発行する者の発行権であるという説がある。判例は明確ではないが、前者に傾いている(最判昭和22年12月17日刑集1巻94頁)。 犯罪類型 通貨偽造罪 通貨偽造罪とは、行使の目的で、通用する貨幣、紙幣又は銀行券を偽造又は変造することを内容とする罪(148条1項)。
    通貨の補助単位
    通貨の補助単位(つうかのほじょたんい)とは、各国の通貨の取引において、1通貨単位未満の金額や、多額の金額を、簡単な数字で表すために使われる単位である。現在ではそのほとんどが1通貨単位の100分の1である。硬貨により流通することが多いが、補助単位の価値が日常取り引きされる金額の最小単位より小さい場合には、この補助単位は用いられないこともある。 例えば、日本円の補助単位は銭であるが、現在、1銭硬貨や10銭硬貨などは流通していない。これは1953年に小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律によって1953年12月31日を最後に1円未満の通貨の通用は廃止したためである。ただし、現在においても為替や日経平均株価の表示には銭が使われているため、ニュース等ではなじみのある単位となっている。 通貨の補助単位の表記 通貨単位と補助単位を書く。(単位は略号を用いることもある) 例:12円38銭、1Bs 50ctv 小数を用いる。(小数点は国により異なる) 例: 12.38円、1,50Bs 上付き文字を用いる。
    通貨バスケット制
    通貨バスケット制(つうかばすけっとせい、英: Currency basket)は自国の通貨を複数の外貨に連動したレートにする固定相場制のことである。 外貨の構成比率は貿易比率によって決めるのが一般的である。1985年をピークに採用国数は減少傾向になった。その後、メキシコ通貨危機やアジア通貨危機が発生したため、近年見直されつつある。 先進国等、経済規模が大きい国では主に変動相場制が用いられており、そのレートは比較的大きく変動している。そのため貿易比率がある程度分散している場合、一国の通貨に連動する体制を取ったのでは他の貿易相手国との為替レートが大きく変動してしまう。それをある程度緩和できるというメリットがある。近年では2005年に中華人民共和国が採用した。ただし、通貨危機に耐えられるのは自由変動相場制かカレンシーボード制だけであるという考えもある。 デメリット 通貨の構成比の計算方法や、市場介入が複雑になる。 ただし、固定相場制を導入している国は経済規模が小さい場合が多いので市場介入は一つの通貨に対してのみで良いと思われる。
    通貨バスケット
    『通貨バスケット制』より : 通貨バスケット制(つうかばすけっとせい、英: Currency basket)は自国の通貨を複数の外貨に連動したレートにする固定相場制のことである。 外貨の構成比率は貿易比率によって決めるのが一般的である。1985年をピークに採用国数は減少傾向になった。その後、メキシコ通貨危機やアジア通貨危機が発生したため、近年見直されつつある。 先進国等、経済規模が大きい国では主に変動相場制が用いられており、そのレートは比較的大きく変動している。そのため貿易比率がある程度分散している場合、一国の通貨に連動する体制を取ったのでは他の貿易相手国との為替レートが大きく変動してしまう。それをある程度緩和できるというメリットがある。近年では2005年に中華人民共和国が採用した。ただし、通貨危機に耐えられるのは自由変動相場制かカレンシーボード制だけであるという考えもある。 デメリット 通貨の構成比の計算方法や、市場介入が複雑になる。 ただし、固定相場制を導入している国は経済規模が小さい場合が多いので市場介入は一つの通貨に対してのみで良いと思われる。
    通貨及証券模造取締法
    通貨及証券模造取締法(つうかおよびしょうけんもぞうとりしまりほう、明治28年4月5日法律第28号)は日本の法律。通貨模造品の製造・販売を取り締まることを目的とする。なお、刑法施行法(明治41年法律第29号)19条1項・2条により本法2条の「重禁錮」は「懲役」に改められ、同法19条2項により本法2条の「五円以上五十円以下ノ罰金ヲ附加ス」の部分は廃止されている。また、本法4条の「明治九年布告第五十七号」とは、贋造金銀銅貨紙幣等取扱規則(明治9年太政官布告第57号)を指す。 法文 通貨及証券模造取締法(明治二十八年四月五日法律第二十八号) 第一条 貨幣、政府発行紙幣、銀行紙幣、兌換銀行券、国債証券及地方債証券ニ紛ハシキ外観ヲ有スルモノヲ製造シ又ハ販売スルコトヲ得ス 第二条 前条ニ違犯シタル者ハ一月以上三年以下ノ重禁錮ニ処シ五円以上五十円以下ノ罰金ヲ附加ス 第三条 第一条ニ掲ケタル物件ハ刑法ニ依リ没収スル場合ノ外何人ノ所有ヲ問ハス警察官ニ於テ之ヲ破毀スヘシ 第四条 第一条ニ掲ケタル物件ニハ明治九年布告第五十七号ヲ適用ス 適用事件 千円札裁判 関連項目 偽札 通貨偽造罪 外国ニ於テ流通スル貨幣紙幣銀行券証券偽造変造及模造ニ関スル法律 紙幣類似証券取締法 すき入紙製造取締法 外部リンク 通貨及証券模造取締法 総務省法令データ提供システム。
    通貨スワップ協定
    通貨スワップ協定(つうかスワップきょうてい)とは、各国の中央銀行が互いに協定を結び、自国の通貨危機の際、自国通貨の預入や債券の担保等と引き換えに一定のレートで協定相手国の通貨を融通しあうことを定める協定のこと。中央銀行間の協定であり国家間条約ではない。スワップ協定、通貨交換協定とも呼ばれる。 通貨スワップ協定には2国間で直接外貨を融通し合うスワップ取り決めと、外債を売却し一定期間後に買い戻すレポ取り決めの2種類がある。 通貨スワップ協定が必要となるのは金融取引における制度上の観点(フロー)と介入資金上の観点(ストック)がある。 金融制度上の観点 通常、金融機関では取引者間の資金口座を通じた振込み決済は一定時間ごとのバッチ処理をおこなっており、振込み手続きをおこなってもすぐには相手口座に反映されることはない。これは銀行の預金業務そのものに関する制約であり、金融機関は通常、顧客からの預り金を融資や債券売買などの資金運用にまわしており、手元に現有している現金や譲渡性預金の額は統計的に予測される日常業務に必要な額にとどまっていることが通常である。
    通貨オプション
    オプション取引(略してオプションとも呼ばれる)とは、デリバティブの一種であり、ある原資産について、あらかじめ決められた将来の一定の日又は期間において、一定のレート又は価格(行使レート、行使価格)で取引する権利(オプション)を付与・売買する取引である。選択権取引。 オプションとはある目的物(原資産という)を、一定期間後の特定日(清算日)か、あるいは種類によってはそれ以前で条件が満たされた時点で権利を行使し、特定の価格で買い付ける(又は売り付ける)ことのできる権利をいう。原資産を買う権利についてのオプションを「コールオプション」、売る権利についてのオプションを「プットオプション」と呼ぶ。原資産が株式であれば株式オプション、金利であれば金利オプション、通貨であれば通貨オプションという。 オプション取引とは、このオプションという権利を売り・買いする取引のことを指す。オプションを取得する買い手はオプション料(プレミアム)をオプションの設定者(売り手)に支払い権利を収得する。
    通貨証拠金取引
    『』より : 外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)とは、証拠金(保証金)を業者に預託し、主に差金決済による通貨の売買を行なう取引をいう。「FX」、「通貨証拠金取引」、「外国為替保証金取引」などともいう。FXはForeign eXchange=外国為替の略に由来している。海外ではForex (Foreign exchange) と呼ばれることが多い。また、日本では、投資商品としては、外国為替証拠金取引と差金決済取引 (CFD) は区分されているが、実際は、外国為替証拠金取引は差金決済取引 (CFD) の一種でもある。 日本では1998年に外国為替及び外国貿易法が改正され、ダイワフューチャーズ(現・ひまわり証券)、豊商事などが取扱いを開始、ブロードバンドの普及も手伝って市場が急速に拡大した。商品取引員、証券会社のほか、本取引を専業で取り扱う外国為替証拠金取引業者もある。取引の仕方によっては非常に高いリスクを負うため、実際の取引にあたっては外国為替相場に関する十分な知識や経験を要する。
    当サイト全体から「通貨」に関するページを抽出しました。
    通貨に関する知恵袋-質問集
    通貨に関する最新ニュース
    通貨に関する教えてGOO-質問集
    20/02/25
    海外での支払い方法についてお教えください。→見る
    20/02/24
    (仮称)デジタル円。→見る
    20/02/24
    アメリカ文明は滅亡しますか→見る
    20/02/24
    ある程度年収が高い人と結婚しましたがなかなかお金が貯まりません。 1000万ぐらいはお金が欲...→見る
    20/02/23
    今 半導体資材輸出が日本しませんが。 半導体だけが 屋台船国家の韓国て 実際 破綻するの??...→見る
    20/02/23
    アメリカAmazonでVプリカで支払う場合は手数料がかかってしまうのでしょうか?最近日本円で支...→見る
    20/02/23
    給料直接受け取れないのに、手渡しでしか渡してもらない→見る
    20/02/22
    日銀はなぜ金融緩和に消極的なのですか?→見る
    20/02/20
    【株投資ゲーム トレダビ】『00%の利益』を算出する方法を教えて下さい→見る
    20/02/20
    電力と料金の計算→見る
    通貨に関する人力検索-質問集
    通貨に関するナレッジ知識-質問集
    通貨に関するtwitterつぶやき
    通貨に関するブログサイト
    通貨に関する最新書籍一覧
    通貨に関する動画コンテンツ
キャッシング比較/ FX比較/ クレジットカード比較/ キャッシング申込み/ カードローン比較/ ETCカード比較/ レディースローン申込み/ 宅建過去問題/ マンション管理士過去問題/ 管理業務主任者過去問題/ ネット証券比較/ 目的ローン申込み/ 担保ローン申込み/ 住宅ローン申込み/ おまとめローン申込み/ 事業者ローン申込み/ 学生ローン申込み/ レディースローン申込み/ 女性R&B/ 賃貸マンション/ ビジネス板/ キャッシング キャンペーン/ ローン キャンペーン/ FX キャンペーン/ ネット証券 キャンペーン/ クレジットカード キャンペーン/ ETCカード キャンペーン/ キャッシング最新情報/ カードローン最新情報/ ETCカード特典/ クレジットカード特典/ FXビギナー/ ネット証券ビギナー/ 手形割引比較/ レディースキャッシング比較/ 主婦ローン比較/