タグ : 金融

楽天銀行『ハッピープログラム』を通じて 楽天証券での取引に応じた楽天スーパーポイント等の特典を提供 銀行・証券口座連携サービス『マネーブリッジ』のサービスを拡大し、 楽天グループ金融事業のシナジーを強化

  • 楽天銀行『ハッピープログラム』を通じて 楽天証券での取引に応じた楽天スーパーポイント等の特典を提供 銀行・証券口座連携サービス『マネーブリッジ』のサービスを拡大し、 楽天グループ金融事業のシナジーを強化に関する記事・解説はこちら 
    2011年8月22日 at 8:33 PM
  • <<新製品の詳しい情報・コラムは「ビジネスリーダー」で 業 種 金融 / 証券会社 発表日 2011/07/22 企業名 GMOクリック証券(株) | 会社概要 | ホームページ: https://www.click-sec.com/ このページをプリントする GMOクリック証券、FX取引者対象のアンケート調査結果を発表に関する記事・解説はこちら 
    2011年7月23日 at 8:55 PM
  • 金融に関するWikipedia情報
    金融
    金融(きんゆう、英語:finance、「資金の融通」の略語)とは、資金余剰者から資金不足者へ資金を融通することをいう。 意義と区分 様々な経済主体が活動を行う際、常に資金が不足する者と資金が余剰する者とが生じる。金融は、その両者を結び、資金が必要とされるところへ配分させる機能をもち、これにより両者には金銭上の債権債務関係が生じる。 金融活動は、資金の「調達」・「配分」・「投資・融資」の3区分として捉えられている。 広義の金融 1国内の政府・地方公共団体・事業法人・金融法人・非営利法人などの組織から個人に至るまで、あるいは国境を越えて異なる通貨単位間で為替を通じて国外の諸経済主体との間で、さまざまな経済主体が資金を調達し使用することによって生じる、経済の資金流通全体のことを指して「広義の金融」と呼ぶ。
    金融腐蝕列島
    『金融腐蝕列島』(きんゆうふしょくれっとう)は、高杉良による1997年初版の小説(経済小説)、およびそれに続く一連のシリーズ作品。日本の銀行・証券会社など金融業界の内情を描く。バブル景気崩壊後の1990年代後半から2000年代にかけての総会屋利益供与事件、不正融資、大蔵省・日銀汚職、メガバンク再編など、現実の時々に応じたテーマが設定される。 シリーズ全5作品のうち、2作品は映画化・テレビドラマ化された。 小説 金融腐蝕列島 一連のシリーズの発端となる。1997年に角川書店から発行、その後2002年に文庫本として講談社からも再版された。前年に角川書店より刊行が開始されていた「高杉良経済小説全集」の最終巻として書き下ろされた作品で、高杉は後に「新聞・雑誌などで連載していたら、クレームなどによって完走もままならなかった可能性が高い。書き下ろしだからこそ、成功したのだと私は考えている」と語っている。 初版同年に第一勧業銀行・野村證券で、総会屋利益供与事件が発生し、これを予見した作品として注目を集めたが、高杉は本作を「ノルマのきつい旧住友、旧三和、旧富士の三行を見据えて書き下ろした」もので、「旧一勧は比較的クリーンな銀行と私の目には映っていたのである。
    金融商品取引法
    金融商品取引法(きんゆうしょうひんとりひきほう、昭和23年4月13日法律第25号)は、証券市場における有価証券の発行・売買その他の取引について規定した日本の法律である。略称は金商法。平成19年9月30日より前の法律の題名は証券取引法(しょうけんとりひきほう)であった。 1948年に、証券取引法を改正する法律(昭和23年法律第25号)によって、証券取引法(昭和22年法律第22号)を全部改正する形で制定された。 株式、公社債、信託受益権などの有価証券の発行や売買、デリバティブ取引に関して、開示規制、業者規制、不公正取引規制、取引所規制、関連するエンフォースメントなどを規定する。 金融商品取引法において規定されるルールの中には、インサイダー取引などの不正な取引を排除するための規制や、有価証券そのものや有価証券の発行会社などの関連法人に関する開示に関するルールが含まれる。また、株式の公開買付制度など株式の取得に関するルールを規定し、それぞれの金融商品を取扱う業者についての取扱いを定めている。
    金融緩和
    『金融政策』より : 金融政策(きんゆうせいさく、英: Monetary policy)は、中央銀行が行う金融面からの経済政策のこと。財政政策とならぶ経済政策の柱である。 金融政策は経済を持続的に拡大させることが最終的な目的である。物価や通貨価値の安定、さらに景気対策の一環として、金融引き締め、金融緩和を行う。手段は、基準割引率および基準貸付利率(公定歩合)や預金準備率(準備預金制度)を変更したり、公開市場操作を行ったりする。また、操作の目標として金利かマネーストック(マネーサプライ)、その結果としての為替レートなどが上げられる。 具体的政策 金融政策の目的とは、信用秩序の維持とマクロ経済の安定である。マクロ経済の安定は、物価の安定と適切な雇用の維持の二つにわけられる。具体的には、一般物価を適当な上昇率に調節しインフレ・デフレを解消することと、非自発的な失業率(非自発的失業)をゼロに近づけることである。金融政策は財政政策とともに、消費・投資などの需要をコントロールする上で重要な役割を担っている。 金融政策とは、国内信用を中央銀行の裁量によって拡大ないし縮小させることであり、国内信用の拡大とは金融緩和であり、縮小とは金融引き締めにほかならない。
    金融政策
    金融政策(きんゆうせいさく、英: Monetary policy)は、中央銀行が行う金融面からの経済政策のこと。財政政策とならぶ経済政策の柱である。 金融政策は経済を持続的に拡大させることが最終的な目的である。物価や通貨価値の安定、さらに景気対策の一環として、金融引き締め、金融緩和を行う。手段は、基準割引率および基準貸付利率(公定歩合)や預金準備率(準備預金制度)を変更したり、公開市場操作を行ったりする。また、操作の目標として金利かマネーストック(マネーサプライ)、その結果としての為替レートなどが上げられる。 具体的政策 金融政策の目的とは、信用秩序の維持とマクロ経済の安定である。マクロ経済の安定は、物価の安定と適切な雇用の維持の二つにわけられる。具体的には、一般物価を適当な上昇率に調節しインフレ・デフレを解消することと、非自発的な失業率(非自発的失業)をゼロに近づけることである。金融政策は財政政策とともに、消費・投資などの需要をコントロールする上で重要な役割を担っている。 金融政策とは、国内信用を中央銀行の裁量によって拡大ないし縮小させることであり、国内信用の拡大とは金融緩和であり、縮小とは金融引き締めにほかならない。
    金融持株会社
    金融持株会社(きんゆうもちかぶがいしゃ)とは、持株会社の内、子会社とする会社の大半が金融に関する事業を行うものである。 日本 日本では、1998年の独占禁止法改正により設立が解禁された。 日本では、法律によって設立に認可を受けなければならないものがある。例えば、銀行を子会社とするものや保険会社を子会社とするものの場合は、前者は銀行法、後者は保険業法に基づいて内閣総理大臣の認可を受けなければならない。 一方、金融商品取引業者の場合は、他の法人その他の団体が、持株会社に該当し、又は該当しないこととなった場合に、金融商品取引法第50条第1項第8号及び金融商品取引業等に関する内閣府令第199条第4号に基づいて当該金融商品取引業者は遅滞なく、その旨を内閣総理大臣に届け出なければならない。
    金融機関
    金融機関(きんゆうきかん)とは、金融取引に関する業務を営む組織のこと。狭義には預貯金取扱金融機関のみを指すが、広義には保険会社や証券会社、ノンバンクも含む。 金融の本質は、資金を余剰している先から集め、不足している先に融通するところにある。 この事業の性質上、公共性が極めて高いことから、この事業を行うものに対しては、各国とも行政運営上、この事業の資金調達ならびに営業(個人、法人および事業性個人に対するものも含めて)に対して、免許制ないし認可制・登録制などの規制を行うことがほとんどである。この、行政によって認可・許可・登録などをなされた法人を、狭義の金融機関と定義することができる。 この業態でよく見られる例としては、銀行や信用金庫などが預金という形式で集めて融資を行ったり保険会社が保険料という形式で集めて融資を行うという間接金融形式、証券会社が事業法人が株式や社債を発行する直接金融の仲介を行う形式などを挙げることができる。
    金融市場
    金融市場(きんゆうしじょう、financial market)とは、資金の貸借取引が行われる場、あるいは資金需給が調整される場(市場)ないし過程のことをいい、金利はそこに成立する価格のことをいう。この場合、資金の貸借取引の範囲ないし資金の性格いかんによって、金融市場の意味も広狭さまざまに理解される。 個別市場・部分市場 最広義の金融市場は、国民経済における金融的な資金の流れの全体をさすことになる。それは、種々の個別市場ないし部分市場から構成され、それに応じて種々の金利が形成される。 たとえば、取引される資金が短期か中長期かによって短期金融市場(マネーマーケット)と長期金融市場(資本市場、キャピタルマーケット)に、資金の調達形態によって貸出市場(特に貸付市場)と証券市場に、さらに借手ないし資金使途によって産業金融市場と消費金融市場などに分けることができる。
    金融商品取引業
    金融商品取引業(きんゆうしょうひんとりひきぎょう)は、有価証券(株式、債券など)・デリバティブ(各種金融派生商品)の販売・勧誘、投資助言、投資運用、顧客資産の管理を行う事業のことである。
    2006年改正前の証券取引法に規定されていた証券会社 証券業のほか、金融先物取引業・投資顧問会社 投資顧問業・投資信託委託業などを含む幅広い概念であり、金融商品取引法(金商法)による規制の対象となる。金商法29条による登録を受けた者(金融商品取引業者)のほか、同法33条の2による登録を受けた銀行等(登録金融機関)も一定の範囲で業として行うことができる。
    金商法28条により、以下の4種類に区分される。
    第一種金融商品取引業
    第一項(金商法第2条)有価証券(株券等)についての売買等(概ね従来の証券会社 証券業に相当)

    金融危機
    金融危機(きんゆうきき、financial crisis)とは、金融に端を発する経済危機のこと。 解説 主に信用創造の逆回転である信用収縮によって金融危機へと至ることになる。 銀行による信用創造が活発に行なわれるようになると、預金などの信用貨幣は急速に増大した。信用創造によって生まれた信用貨幣は、誰かが銀行から借金をすることで生まれる。そして信用貨幣の価値は本源的には借手である「誰か」の債務返済能力が保証している。そのため、借手の返済能力が低下すると信用貨幣はその価値が危ぶまれることとなる。 信用創造によって経済全体の貨幣は現金よりも多くなっているため、そもそも全ての預金を現金と交換することは出来ない。しかしながら銀行は通常、信用貨幣を現金貨幣に交換することを制限していないため、銀行への貸手(預金者)は、信用貨幣の価値に不信感を抱いた場合、現金貨幣へ交換する取引(引き出し)を行なうことになる。
    金融債
    金融債(きんゆうさい)とは、金融機関が特別の法律の根拠に基づいて発行する債券のこと。金融商品取引法においては、いわゆる特別法人債(金融商品取引法第2条1項3号、2項)に分類される。 現行法上は、長期信用銀行債、合併転換法上の特定社債ないし債券(長期信用銀行と合併した普通銀行の発行するもの、長期信用銀行から転換した普通銀行の発行するもの、および、外国為替銀行と合併した普通銀行の発行するもの)、農林債、商工債、および全国連合会債がある。また、かつては、外国為替銀行の債券なども存在した。 利息の有無により、利付債、割引債の2種類に分類可能である。発行の利率は長期プライムレートを基準としている。 また、発行形態の違いにより、売出債と募集債の2種類に分類することも可能である。 かつては銀行の定期預金の期間に制限があったこと(最長3年)、1999年10月まで普通銀行に社債発行が認められていなかったことから、金融債(長期信用銀行債または外国為替銀行の債券)は、銀行(長期信用銀行または外国為替銀行)が金融市場から長期資金を得るための唯一の手段であった。
    金融庁
    金融庁(きんゆうちょう、英語: Financial Services Agency, FSA)は、日本の行政機関の一つ。日本の金融の機能の安定を確保し、預金者、保険契約者、金融商品の投資者その他これらに準ずる者の保護を図るとともに、金融の円滑を図ることを任務とし(金融庁設置法3条)、内閣府の外局として設置される。 国務大臣としての内閣府特命担当大臣(金融担当)のほか、副大臣、および、大臣政務官が置かれている。事務方(役人)のトップは金融庁長官であり、長官の下に次官級である金融国際審議官(1人)と内部部局(3局)が置かれている。 沿革 1998年(平成10年)6月22日、総理府の外局として金融監督庁を設置。 民間金融機関に係る行政は、伝統的に大蔵省(現財務省)が担ってきたが、官僚・金融機関の不祥事等を受けての省庁再編の流れの中で、大蔵省銀行局や証券局等の所掌事務のうち、民間金融機関等の検査・監督を分離する。
    金融再生委員会委員長
    『金融庁』より : 金融再生委員会委員長(きんゆうさいせいいいんかいいいんちょう、英語: Chairman of the Financial Reconstruction Commission)は、日本の廃止された国務大臣。金融再生委員会を代表する。 日本の金融再生委員会に置かれた国務大臣であるが、主任の大臣ではない。主として金融行政を所管する国務大臣であった。金融再生委員会は、金融破綻処理制度、および、金融危機管理についての、調査、企画、立案を所管した。具体的には、金融機能の安定と再生を目的に、金融機関破綻時に必要な処置を講じた。また、銀行業、保険業、証券業、その他の金融業の適切な運営や経営の健全性を確保するため免許、検査、監督を行うとともに、証券取引の公正さを確保するため監視を行った。金融再生委員会委員長は、金融再生委員会のこれらの会務を総理するとともに、金融再生委員会を代表した。 金融再生委員会にて金融行政を司る組織としては、金融再生委員会の内部部局である事務局、金融再生委員会に設置される株価算定委員会、金融再生委員会の下部組織である金融監督庁や金融庁などが挙げられる。
    金融再生委員会
    『金融庁』より : 金融再生委員会(きんゆうさいせいいいんかい、英語: Financial Reconstruction Commission)は、日本の廃止された官公庁の一つ。総理府の外局であった。略称は再生委(さいせいい)、FRC。 日本の総理府に設置された外局のひとつであった。金融破綻処理制度、および、金融危機管理についての、調査、企画、立案を所管した。具体的には、金融機能の安定と再生を目的に、金融機関破綻時に必要な処置を講じた。また、銀行業、保険業、証券業、その他の金融業の適切な運営や経営の健全性を確保するため免許、検査、監督を行うとともに、証券取引の公正さを確保するため監視を行った。 機構 委員会は、委員長1名と委員4名により構成された。委員会を代表するのは委員長であり、国務大臣が充てられた。また、その下に政務次官が置かれ、委員長を助けるとともに政務を処理した。 内部部局としては、事務局に局長と次長が置かれており、その下に総務課と金融危機管理課が設置されていた。
    金融派生商品
    『デリバティブ』より : 金融理論におけるデリバティブ(英: derivatives)とは、より基本的な資産や商品などから派生した資産あるいは契約である。金融派生商品(英:Financial derivative products) とも言われる。 デリバティブとは、基礎となる商品(原資産)の変数の値(市場価値あるいは指標)によって、相対的にその価値が定められるような金融商品をいう。デリバティブ取引は、債券や証券(株式や船荷証券、不動産担保証券など)、実物商品や諸権利などの取扱いをおこなう当業者が、実物の将来にわたる価格変動を回避(ヘッジ)するためにおこなう契約の一種であり、原資産の一定%を証拠金として供託することで、一定幅の価格変動リスクを、他の当業者や当業者以外の市場参加者に譲渡する保険(リスクヘッジ)契約の一種である。
    金融恐慌
    昭和金融恐慌(しょうわきんゆうきょうこう)は、日本で1927年(昭和2年)3月から発生した経済恐慌である。単に金融恐慌と呼ばれることもある。金融恐慌は本来は抽象的に経済的現象を指す言葉だが、日本においては特に断らない場合はこの1927年の経済恐慌を指すことが多い。昭和恐慌とは同義ではない(後述)。 日本経済は第一次世界大戦時の好況(大戦景気)から一転して不況となり、さらに関東大震災の処理のための震災手形が膨大な不良債権と化していた。一方で、中小の銀行は折からの不況を受けて経営状態が悪化し、社会全般に金融不安が生じていた。1927年3月14日の衆議院予算委員会の中での片岡直温蔵相の「失言」をきっかけとして金融不安が表面化し、中小銀行を中心として取り付け騒ぎが発生した。一旦は収束するものの4月に鈴木商店が倒産し、その煽りを受けた台湾銀行が休業に追い込まれたことから金融不安が再燃した。これに対して高橋是清蔵相は片面印刷の200円券を臨時に増刷して現金の供給に手を尽くし、銀行もこれを店頭に積み上げるなどして不安の解消に努め、金融不安は収まった。
    金融国会
    転送 第143回国会

    金融業
    『金融』より : 金融機関(きんゆうきかん)とは、金融取引に関する業務を営む組織のこと。狭義には預貯金取扱金融機関のみを指すが、広義には保険会社や証券会社、ノンバンクも含む。 金融の本質は、資金を余剰している先から集め、不足している先に融通するところにある。 この事業の性質上、公共性が極めて高いことから、この事業を行うものに対しては、各国とも行政運営上、この事業の資金調達ならびに営業(個人、法人および事業性個人に対するものも含めて)に対して、免許制ないし認可制・登録制などの規制を行うことがほとんどである。この、行政によって認可・許可・登録などをなされた法人を、狭義の金融機関と定義することができる。 この業態でよく見られる例としては、銀行や信用金庫などが預金という形式で集めて融資を行ったり保険会社が保険料という形式で集めて融資を行うという間接金融形式、証券会社が事業法人が株式や社債を発行する直接金融の仲介を行う形式などを挙げることができる。
    金融機関コード
    『統一金融機関コード』より : 統一金融機関コード(とういつきんゆうきかんコード)とは、全国銀行協会内の金融機関共同コード管理委員会が制定する、金融機関に付与された4桁のコードである。金融機関コード、銀行コード、全銀協コードとも呼ばれる。全国銀行データ通信システムなどでの通信や、顧客会社が依頼する振込や口座振替のデータ作成に用いられる。 対象となる金融機関 原則として付与を受ける業態 (注:以下の番号帯は新たに発足する金融機関用に空けられている番号も含むため、全ての番号が使用されているわけではない) 日本銀行(番号0000を使用) 都市銀行(番号帯0001 - 0032を使用) 新たな形態の銀行(番号帯0033 - 0041を使用) 承継銀行およびその法人格を継承した銀行(番号帯0097 - 0098を使用) 地方銀行(番号帯0116 - 0199を使用) 信託銀行(番号帯0287 - 0395を使用) かつての長期信用銀行(番号帯0396 - 0399を使用) シティバンク銀行(番号0401を使用。
    金融機能強化法
    金融機能の強化のための特別措置に関する法律(きんゆうきのうのきょうかのためのとくべつそちにかんするほうりつ)とは2004年8月に成立した日本の法律。 2008年3月末までの日本における時限立法であったが、その後、平成20年6月13日法律第65号により延長され、同年12月12日施行。また、平成20年12月16日法律第90号で改正され、翌12月17日に施行された。 2005年4月のペイオフ完全解禁を前に、金融不安を起こさないよう、合併や経営統合といった経営体質の改善を目指す特に地域の金融機関(地方銀行、第二地方銀行、信用金庫、信用組合など)に対して、健全行にも予防的に公的資金による資本増強ができる制度を組み込んだ。公的資金の投入を通じて地域金融機関の経営を立て直すことを狙いとして、2004年8月に施行された。 本法の背景には、大手銀行は早々に不良債権処理を進めたが、地域金融機関は依然不良債権処理が進まず健全化が課題となっていたことがある。ただ、自己資本に乏しく経営基盤の弱い地域金融機関が、大手行と同じスタイルで不良債権処理を進めると、自己資本比率が急速に低下したり、融資先の中小零細企業が経営困難になったり、ひいては預金者にも悪影響が及ぶ可能性がある。
    当サイト全体から「金融」に関するページを抽出しました。
    金融に関する知恵袋-質問集
    金融に関する最新ニュース
    金融に関する教えてGOO-質問集
    19/12/10
    不安しかありません→見る
    19/12/10
    銀行から理由聞かれる 200万下ろすのに理由答えなきゃいけないのですか? 競馬で当たったので...→見る
    19/12/10
    1年積立と2年積立、どちらを選ぶべき?→見る
    19/12/10
    株やってることがばれる原因は住民税以外で何かありますか?→見る
    19/12/10
    ヤフーマネーが失効して2か月、まだPayPayに移行できません→見る
    19/12/09
    ファーウェイのスマホなんて使ってるひといるの→見る
    19/12/09
    年金のことでたくさんのご回答ありがとうございます。 ですがわたしは今23という年齢ですが...→見る
    19/12/09
    融資を受けたいのですが・・・・→見る
    19/12/09
    事業所得税は不動産事業で所得をローン返済にあてていても控除はなしですか?→見る
    19/12/09
    人生で大きな買い物といえば車と家ぐらいですよね?→見る
    金融に関する人力検索-質問集
    金融に関するナレッジ知識-質問集
    金融に関するtwitterつぶやき
    金融に関するブログサイト
    金融に関する最新書籍一覧
    金融に関する動画コンテンツ
キャッシング比較/ FX比較/ クレジットカード比較/ キャッシング申込み/ カードローン比較/ ETCカード比較/ レディースローン申込み/ 宅建過去問題/ マンション管理士過去問題/ 管理業務主任者過去問題/ ネット証券比較/ 目的ローン申込み/ 担保ローン申込み/ 住宅ローン申込み/ おまとめローン申込み/ 事業者ローン申込み/ 学生ローン申込み/ レディースローン申込み/ 女性R&B/ 賃貸マンション/ ビジネス板/ キャッシング キャンペーン/ ローン キャンペーン/ FX キャンペーン/ ネット証券 キャンペーン/ クレジットカード キャンペーン/ ETCカード キャンペーン/ キャッシング最新情報/ カードローン最新情報/ ETCカード特典/ クレジットカード特典/ FXビギナー/ ネット証券ビギナー/ 手形割引比較/ レディースキャッシング比較/ 主婦ローン比較/