タグ : 銀行

楽天銀行『ハッピープログラム』を通じて 楽天証券での取引に応じた楽天スーパーポイント等の特典を提供 銀行・証券口座連携サービス『マネーブリッジ』のサービスを拡大し、 楽天グループ金融事業のシナジーを強化

  • 楽天銀行『ハッピープログラム』を通じて 楽天証券での取引に応じた楽天スーパーポイント等の特典を提供 銀行・証券口座連携サービス『マネーブリッジ』のサービスを拡大し、 楽天グループ金融事業のシナジーを強化に関する記事・解説はこちら 
    2011年8月22日 at 8:33 PM
  • 住信SBIネット銀行、「くりっく365」口座開設で現金5000円プレゼントキャンペーンを実施に関する記事・解説はこちら 
    2011年5月30日 at 12:49 PM
  • 住信SBIネット銀行、Amazon.co.jpへの決済サービスを提供に関する記事・解説はこちら 
    2011年4月13日 at 1:28 PM
  • 住信SBIネット銀行、店頭為替証拠金取引「Oh! FX」に低レバレッジコースを追加に関する記事・解説はこちら 
    2010年11月27日 at 3:47 PM
  • 住信SBIネット銀行とトレイダーズ証券、「ネットインデックス」などへのネット入金で決済提携開始に関する記事・解説はこちら 
    2010年11月20日 at 7:21 AM
  • 住信SBIネット銀行、イオンクレジットサービスと提携し「口座振替サービス」を開始に関する記事・解説はこちら 
    2010年10月27日 at 12:40 PM
  • 銀行に関するWikipedia情報
    銀行
    銀行(ぎんこう、英: bank)とは、概ね、預金の受入れと資金の貸出しを併せて行う業者として、各国において「銀行」として規制に服する金融機関を指す。為替取引を行うことができ、銀行券の発行を行うこともある。その意味では、中央銀行、特殊銀行などの政策金融機関、預貯金取扱金融機関などの総称である。 法的形態 銀行は日本の法令上、広義には銀行法上の銀行(普通銀行)の総称であり、狭義にはこれのみを指すが、外国銀行支店を含むときと含まないときがある。いずれにせよ、日本銀行や特殊銀行、協同組織金融機関などは含まない。 民間の銀行の場合、株式会社形態の場合と協同組合形態の場合がある。前者は営利法人として対外的に銀行業務を行うものであり、後者は相互扶助を目的とする中間法人として主として会員・組合員向けに融資業務を行うものである。例えば日本の場合、前者には普通銀行(リンク先に「業務の範囲」の節)および株式会社商工組合中央金庫が該当し、後者には協同組織金融機関が該当する。
    銀行業
    『銀行』より : 銀行(ぎんこう、英: bank)とは、概ね、預金の受入れと資金の貸出しを併せて行う業者として、各国において「銀行」として規制に服する金融機関を指す。為替取引を行うことができ、銀行券の発行を行うこともある。その意味では、中央銀行、特殊銀行などの政策金融機関、預貯金取扱金融機関などの総称である。 法的形態 銀行は日本の法令上、広義には銀行法上の銀行(普通銀行)の総称であり、狭義にはこれのみを指すが、外国銀行支店を含むときと含まないときがある。いずれにせよ、日本銀行や特殊銀行、協同組織金融機関などは含まない。 民間の銀行の場合、株式会社形態の場合と協同組合形態の場合がある。前者は営利法人として対外的に銀行業務を行うものであり、後者は相互扶助を目的とする中間法人として主として会員・組合員向けに融資業務を行うものである。例えば日本の場合、前者には普通銀行(リンク先に「業務の範囲」の節)および株式会社商工組合中央金庫が該当し、後者には協同組織金融機関が該当する。
    銀行員
    『銀行』より : 銀行(ぎんこう、英: bank)とは、概ね、預金の受入れと資金の貸出しを併せて行う業者として、各国において「銀行」として規制に服する金融機関を指す。為替取引を行うことができ、銀行券の発行を行うこともある。その意味では、中央銀行、特殊銀行などの政策金融機関、預貯金取扱金融機関などの総称である。 法的形態 銀行は日本の法令上、広義には銀行法上の銀行(普通銀行)の総称であり、狭義にはこれのみを指すが、外国銀行支店を含むときと含まないときがある。いずれにせよ、日本銀行や特殊銀行、協同組織金融機関などは含まない。 民間の銀行の場合、株式会社形態の場合と協同組合形態の場合がある。前者は営利法人として対外的に銀行業務を行うものであり、後者は相互扶助を目的とする中間法人として主として会員・組合員向けに融資業務を行うものである。例えば日本の場合、前者には普通銀行(リンク先に「業務の範囲」の節)および株式会社商工組合中央金庫が該当し、後者には協同組織金融機関が該当する。
    銀行振込
    『振込』より : 振込(ふりこみ)とは、送金方法の一種であり、金融機関に開設された預貯金口座に宛てて、金銭を払い込むことである。なお、自分の管理する預金口座の間で資金を移し変える取引は、振替(ふりかえ)と言い区別される。家族間の口座などでも行われるが、異名義の場合は受け付けない金融機関もある。 振込や、口座振替による支払い契約という決済サービスは日本や西ヨーロッパにおいて一般的であるが、アメリカ等では小切手送付による(日本の郵便為替、並送金に相当)送金方法が一般的である。 振込の手段 通常、国内の民間金融機関の営業窓口においてはすべて、全国の宛て先金融機関と口座番号、受取人名を指定した振込を申し込める。現金のほか、預金や手形・小切手類も代り金に充当できる。なお、他行払の手形や小切手は通常、取立て後送金取組をするので、申し込み当日中には相手方に振込まれない。 自動機振込 現在は、ほとんどの金融機関でATMによる振込が可能である。振込依頼書の提出に代えて、自動機に金額・宛て先金融機関・口座番号・受取人を入力する。
    銀行振込み
    『振込』より : 振込(ふりこみ)とは、送金方法の一種であり、金融機関に開設された預貯金口座に宛てて、金銭を払い込むことである。なお、自分の管理する預金口座の間で資金を移し変える取引は、振替(ふりかえ)と言い区別される。家族間の口座などでも行われるが、異名義の場合は受け付けない金融機関もある。 振込や、口座振替による支払い契約という決済サービスは日本や西ヨーロッパにおいて一般的であるが、アメリカ等では小切手送付による(日本の郵便為替、並送金に相当)送金方法が一般的である。 振込の手段 通常、国内の民間金融機関の営業窓口においてはすべて、全国の宛て先金融機関と口座番号、受取人名を指定した振込を申し込める。現金のほか、預金や手形・小切手類も代り金に充当できる。なお、他行払の手形や小切手は通常、取立て後送金取組をするので、申し込み当日中には相手方に振込まれない。 自動機振込 現在は、ほとんどの金融機関でATMによる振込が可能である。振込依頼書の提出に代えて、自動機に金額・宛て先金融機関・口座番号・受取人を入力する。
    銀行持株会社
    『金融持株会社』より : 金融持株会社(きんゆうもちかぶがいしゃ)とは、持株会社の内、子会社とする会社の大半が金融に関する事業を行うものである。 日本 日本では、1998年の独占禁止法改正により設立が解禁された。 日本では、法律によって設立に認可を受けなければならないものがある。例えば、銀行を子会社とするものや保険会社を子会社とするものの場合は、前者は銀行法、後者は保険業法に基づいて内閣総理大臣の認可を受けなければならない。 一方、金融商品取引業者の場合は、他の法人その他の団体が、持株会社に該当し、又は該当しないこととなった場合に、金融商品取引法第50条第1項第8号及び金融商品取引業等に関する内閣府令第199条第4号に基づいて当該金融商品取引業者は遅滞なく、その旨を内閣総理大臣に届け出なければならない。
    銀行持ち株会社
    『金融持株会社』より : 金融持株会社(きんゆうもちかぶがいしゃ)とは、持株会社の内、子会社とする会社の大半が金融に関する事業を行うものである。 日本 日本では、1998年の独占禁止法改正により設立が解禁された。 日本では、法律によって設立に認可を受けなければならないものがある。例えば、銀行を子会社とするものや保険会社を子会社とするものの場合は、前者は銀行法、後者は保険業法に基づいて内閣総理大臣の認可を受けなければならない。 一方、金融商品取引業者の場合は、他の法人その他の団体が、持株会社に該当し、又は該当しないこととなった場合に、金融商品取引法第50条第1項第8号及び金融商品取引業等に関する内閣府令第199条第4号に基づいて当該金融商品取引業者は遅滞なく、その旨を内閣総理大臣に届け出なければならない。
    銀行のオンラインシステム
    銀行のオンラインシステムとは、銀行に構築されているネットワーク、オンラインシステムのこと。 預金や貸出など、銀行の勘定系の事務は、かつて人手で労働集約的に行われていた。預金の口座元帳への記帳などこれら大量の事務作業を、情報処理技術・コンピュータシステムによって自動化・機械化していったのが始まり。 日本の銀行のオンラインシステム 一般に企業の情報システムは、本来の業務を支援するものと言える。一方銀行のシステムは、システムの機能自体が銀行の商品やサービスを具現化している。また、銀行のシステムが扱うデータは顧客の金融資産のデータであり、そのデータにCDやATMで顧客が直接アクセスする点が特徴である。従って、一般の企業の情報システムに比較して、信頼性や可用性、操作性などの面で一段上のレベルが求められてきた。 日本の銀行システムはアメリカと比較して、リアルタイム指向のシステムとしての発展が早かった。それには、以下のような理由がある。 アメリカでは小切手が主流であり、リアルタイム性はあまり求められなかった。
    銀行の一覧
    銀行の一覧(ぎんこうのいちらん)は、世界の主要な銀行や金融機関の一覧の一覧 一覧である。この項目では、国、地域ごとにまとめてある。
    日本銀行(中央銀行)
    みずほ銀行
    みずほコーポレート銀行
    みずほ信託銀行
    三菱東京UFJ銀行
    三菱UFJ信託銀行
    三井住友銀行
    りそな銀行
    埼玉りそな銀行
    新生銀行
    あおぞら銀行
    住友信託銀行
    中央三井信託銀行
    中央三井アセット信託銀行
    中国人民銀行(中央銀行)
    国家開発銀行
    中国銀行 (中華人民共和国) 中国銀行

    銀行間取引市場
    銀行間取引市場(ぎんこうかんとりひきしじょう、別名インターバンク市場、英: interbank market)とは、銀行のみが参加し短期資金や外貨を取引する市場のこと。 市場と名がついているが、取引所のような中心となる組織はなく、コンピュータネットワーク(古くは電話回線)によって接続される複数の取引所の集合の名称である。 短期金融 1年未満の資金貸借を行う市場。日本ではコール市場が代表的で、1902年より銀行間による資金不足を補う存在として無担保ベースで自然成立し、1927年の昭和金融恐慌を機に、有担保ベースとして正式に行われることとなった。上記の通り、日中の国内決済などを行なう中で、銀行間に資金の過不足が生まれる。このため、資金余剰の銀行から資金不足の銀行へ資金の融通が行なわれる。銀行間市場は、参加者が限定されている上に信用力も高いため、ほとんど無担保で取引される。無担保コール翌日物金利(日本:1985年新設)あるいはFFレート(アメリカ)と呼ばれる金利が、取引における短期金利指標である。
    銀行法
    銀行法(ぎんこうほう、昭和56年(1981年)6月1日法律第59号)は、銀行に関して規定する日本の法律である。銀行の業務の公共性に由来する信用維持・預金者保護などと、金融の円滑のための銀行業務の健全・適切な運営を確保することを目的とする(1条)。銀行業に関するいわゆる「業法」。 構成 第一章 総則(第一条―第九条) 第二章 業務(第十条―第十六条) 第二章の二 子会社等(第十六条の二・第十六条の三) 第三章 経理(第十七条―第二十三条) 第四章 監督(第二十四条―第二十九条) 第五章 合併、会社分割又は事業の譲渡若しくは譲受け(第三十条―第三十六条) 第六章 廃業及び解散(第三十七条―第四十六条) 第七章 外国銀行支店(第四十七条―第五十二条) 第七章の二 外国銀行代理業務に関する特則(第五十二条の二―第五十二条の二の十) 第七章の三 株主 第一節 通則(第五十二条の二の十一―第五十二条の八) 第二節 銀行主要株主に係る特例 第一款 通則(第五十二条の九・第五十二条の十) 第二款 監督(第五十二条の十一―第五十二条の十五) 第三款 雑則(第五十二条の十六) 第三節 銀行持株会社に係る特例 第一款 通則(第五十二条の十七―第五十二条の二十) 第二款 業務及び子会社等(第五十二条の二十一―第五十二条の二十五) 第三款 経理(第五十二条の二十六―第五十二条の三十) 第四款 監督(第五十二条の三十一―第五十二条の三十四) 第五款 雑則(第五十二条の三十五) 第七章の四 銀行代理業 第一節 通則(第五十二条の三十六―第五十二条の四十一) 第二節 業務(第五十二条の四十二―第五十二条の四十八) 第三節 経理(第五十二条の四十九―第五十二条の五十一) 第四節 監督(第五十二条の五十二―第五十二条の五十七) 第五節 所属銀行等(第五十二条の五十八―第五十二条の六十) 第六節 雑則(第五十二条の六十一) 八章 雑則(第五十三条―第六十条) 第九章 罰則(第六十一条―第六十六条) 附則 関連する規則等 銀行法施行令 銀行法施行規則主要行等向けの総合的な監督指針 中小・地域金融機関向けの総合的な監督指針 金融コングロマリット監督指針 預金等受入金融機関に係る検査マニュアル 預金等受入金融機関に係る検査評定制度(上記監督指針等についてはこちら) 銀行の業務範囲 銀行の業務は次の各条文に規定されるものに限られている。
    銀行口座
    預金(よきん、英: Deposit)とは、銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農業協同組合などの預貯金取扱金融機関に金銭を消費寄託(同種同量のものの返還を約してする寄託、期限の定めがない場合にいつでも返還を請求できる点で消費貸借と異なる)すること、または、寄託された金銭のこと。寄託の態様によって、当座預金、普通預金、定期預金などの商品がある。 本質的には預金者は預貯金取扱金融機関に金銭を貸していることになる。 日本では法令上、取り扱う金融機関に応じて「貯金」という語との使い分けがなされるが、性質は同じである。 預金者の要求があればいつでも払出しに応じる流動性預金(要求払預金)と定められた預入期間満了まで払出しに応じない定期性預金に大別される。 預金種類 普通預金 自由に預け入れ、払い戻しができる預金口座で、銀行取引の基本となる預金商品である。 日本では当たり前であるが、要求払い決済用口座として金利が付されるものは世界的には珍しい存在であり、米国では貯蓄貸付組合のNOW勘定口座がこれに近似している。
    銀行簿記
    銀行簿記(ぎんこうぼき)は、銀行業で用いられる複式簿記のことである。 現金式仕訳法・伝票制度の採用 合計残高試算表を毎営業日作成する 預金は銀行にとって負債である - このことから郵便貯金の流れを汲むゆうちょ銀行及び一部銀行以外の銀行の預金通帳は、払出(銀行にとっての負債の減少)が借方、預入(銀行にとっての負債の増加)が貸方に記入される形式となっている。
    銀行券
    紙幣(しへい)とは、紙製の通貨の事である。 紙幣(しへい)とは、広義には、公的権力(主に国家)により通貨として強制通用することが認められている紙片である。政府の発行する政府紙幣(Print money)と銀行(中央銀行など)の発行する銀行券(Bank note)があるが、狭義には前者のみを指す。特定地域だけで通用する地域紙幣(地域通貨)が発行されることもある。現在の多くの国では中央銀行の発行する銀行券が一般的であるが、シンガポールなど政府紙幣を発行している国もある。現在多くの先進国の中央銀行が完全な国家機関ではなく、民間企業の投資などで出来ていることから、中央銀行のありかたを疑問視する考え方が最近世界中で起きている。そのため代替案としての政府紙幣、地域通貨なども再び脚光を浴びはじめている。 現在の日本では、政府紙幣は存在しないが、日本銀行が開業するまでは政府紙幣が発行されたほか、大正時代や昭和時代には小額銀貨の代用としての銭単位の低額の政府紙幣が発行されたこともある。
    銀行カード
    『』より : キャッシュカード(Cash card、またはATMカード、ATM card、バンクカード、Bank card)は、金融機関が口座開設者に発行するカードで、ATMを操作する際の本人確認に供する。幅広く普及した磁気カードと、安全性を高めたICカードがある。 電算化が行われる以前より、日本においては預金通帳を介した取引が行われ、預金払戻しの意思確認は届出印の捺印に拠っているが、勘定処理の電算化、オンライン化により、口座開設者が自ら現金自動支払機 (CD) を操作して預金の引出を行う装置が可能になり、その際に認証に用いる媒体として預金通帳と届出印に代えてキャッシュカードと暗証取引が登場した。最初期のキャッシュカードは、カードに鑽孔した、パンチカードに近いものであった。 1960年代以降の磁気カード挿入と暗証番号の打鍵で認証を行う方式は、現在もっとも普及している。取引内容も当初の預金払戻しに加えて、預入、振込、定期預金の預入、宝くじ購入など範囲が広がってきた。一方で、犯罪に用いられる技術も高度になり、第三者が偽造カードを作出して預金を不正に引き出す事例も増えている。
    銀行型教育
    『』より :
    銀行代理店
    『』より : 普通銀行(ふつうぎんこう)とは、銀行法上の「銀行」(同法2条1項)である。すなわち、同法4条1項の内閣総理大臣の免許を受けて銀行業を営む者をいう。定義上は外国銀行支店について銀行免許を得た当該外国銀行を含むが、法令上は含まないと解される場合もある。 銀行法では単に「銀行」としているが、銀行法および同法に基づく命令以外の法令においては、「銀行」は原則として(銀行法上の銀行ではない)長期信用銀行を含むため(長期信用銀行法18条)、銀行法上の銀行であることを示す場合にこの語が用いられる(更生特例法2条1項1号、合併転換法2条1項1号、振替法262条3項など)。 業務の範囲 普通銀行は次の業務を営むことができ、それ以外の業務は行うことができない。 銀行業 預金、定期積金または相互掛金の受入れ 資金の貸付けまたは手形の割引 為替取引 付随業務 : 銀行業に付随する業務。例として次のものが含まれる。 債務の保証または手形の引受け 有価証券(5に規定する証書をもって表示される金銭債権に該当するものおよび短期社債等を除く。
    銀行間市場
    『』より :
    銀行印
    『』より :
    当サイト全体から「銀行」に関するページを抽出しました。
    銀行に関する知恵袋-質問集
    銀行に関する最新ニュース
    銀行に関する教えてGOO-質問集
    19/12/15
    先月バイトを辞めたんですが給料が手渡しで、12月の15日以降に給料取りに来て欲しいと言われ...→見る
    19/12/15
    今から株式投資→見る
    19/12/15
    口座の制限解除メールについて→見る
    19/12/14
    保証人不要のアパート、マンションで電話して聴いてみたら、やはり保証人会社の審査を通っ...→見る
    19/12/14
    J CB詐欺→見る
    19/12/14
    地方銀行の定期預金の お金を下ろしたいのですが、 平日銀行にいけないので 親に頼みたいの...→見る
    19/12/14
    銀行の2段階認証を突破して、他人の口座から勝手に送金する事件頻発。なぜ突破できる?→見る
    19/12/14
    営業職のお仕事についてアドバイスください→見る
    19/12/14
    転職先への去年度の源泉徴収票、提出について。→見る
    19/12/14
    ◇みずほ銀行のマイレージクラブを使っている皆さん。 僕もみずほ銀行のマイレージクラブを...→見る
    銀行に関する人力検索-質問集
    銀行に関するナレッジ知識-質問集
    銀行に関するtwitterつぶやき
    銀行に関するブログサイト
    銀行に関する最新書籍一覧
    銀行に関する動画コンテンツ
キャッシング比較/ FX比較/ クレジットカード比較/ キャッシング申込み/ カードローン比較/ ETCカード比較/ レディースローン申込み/ 宅建過去問題/ マンション管理士過去問題/ 管理業務主任者過去問題/ ネット証券比較/ 目的ローン申込み/ 担保ローン申込み/ 住宅ローン申込み/ おまとめローン申込み/ 事業者ローン申込み/ 学生ローン申込み/ レディースローン申込み/ 女性R&B/ 賃貸マンション/ ビジネス板/ キャッシング キャンペーン/ ローン キャンペーン/ FX キャンペーン/ ネット証券 キャンペーン/ クレジットカード キャンペーン/ ETCカード キャンペーン/ キャッシング最新情報/ カードローン最新情報/ ETCカード特典/ クレジットカード特典/ FXビギナー/ ネット証券ビギナー/ 手形割引比較/ レディースキャッシング比較/ 主婦ローン比較/