タグ : 為替

マネックス証券、為替情報配信ツール「Monex 為替ガジェットβ版」の提供を開始

  • マネックス証券、為替情報配信ツール「Monex 為替ガジェットβ版」の提供を開始に関する記事・解説はこちら 
    2010年10月23日 at 9:54 AM
  • 為替介入でFXに「特需」で取引量が3倍の業者もに関する記事・解説はこちら 
    2010年9月18日 at 4:46 PM
  • ファンダメンタル分析とテクニカル分析とはに関する記事・解説はこちら 
    2010年6月30日 at 6:10 PM
  • 為替に関するWikipedia情報
    為替
    為替(かわせ)は、為替手形や小切手、郵便為替、銀行振込など、現金以外の方法によって、金銭を決済する方法の総称である。遠隔地への送金手段として、現金を直接送付する場合のリスクを避けるために用いられる。特に輸出入をする際に用いられている。 為替は、内国為替と外国為替の2種類に分けられる。内国為替とは、金融機関が、国内の遠隔地で行われる債権・債務の決済を、現金の移送を行わずに決済する方法である。外国為替とは、通貨を異にする国際間の貸借関係を、現金を直接輸送することなく、為替手形や送金小切手などの信用手段によって決済する方法である。 為替は本来商取引に伴う貨幣運搬のリスクと流通経費の発生を避けるために同一(あるいは近隣)地域内の代金決済に振り替えるものである。この関係の発生の仕組みを代金受け取り(あるいは相殺する)権利の売買と看做すか、一定期日に返済を行う事を前提とする一種の利息(為替の売買の際に発生する差益が利息であるとする)を伴う信用貸付であるのかが中世以来ずっと議論されてきた。
    為替レート
    為替レート(かわせレート、英: Exchange Rate)とは、通常の外国為替の取引における外貨との交換比率(交換レート)である。為替相場、通貨レート、単にレートとも呼ぶ。基本的に市場で決定される。市場で決定されたレートをMER(Market Exchange Rate) と呼ぶ。 解説 現代における貨幣(通貨)は、各国(または複数国が協調して)の政府ないし中央銀行が発行し、当該国の法律などにより裏付けを与えられ通用しているものが一般に用いられているが、その通貨は一般に当該国・地域の外では通用しないため、貿易や資本移動など国境を越える取引においては、当該国・地域で通用する通貨へ交換する必要が生じる。その際、自国・地域と相手国・地域との通貨の交換比率を決定するための概念が為替レートである。 ここで注意したいのは、基軸通貨である米ドルに対し固定相場制や変動の緩慢な通貨バスケット制を採用している国が多く存在する事である。米ドルと連動するそれらの国の為替レートを考慮したレートのネットが、変動相場制を採用している国々との正確な現米ドル為替レートとなっているか考慮する必要がある。
    為替相場
    『為替レート』より : 為替レート(かわせレート、英: Exchange Rate)とは、通常の外国為替の取引における外貨との交換比率(交換レート)である。為替相場、通貨レート、単にレートとも呼ぶ。基本的に市場で決定される。市場で決定されたレートをMER(Market Exchange Rate) と呼ぶ。 解説 現代における貨幣(通貨)は、各国(または複数国が協調して)の政府ないし中央銀行が発行し、当該国の法律などにより裏付けを与えられ通用しているものが一般に用いられているが、その通貨は一般に当該国・地域の外では通用しないため、貿易や資本移動など国境を越える取引においては、当該国・地域で通用する通貨へ交換する必要が生じる。その際、自国・地域と相手国・地域との通貨の交換比率を決定するための概念が為替レートである。 ここで注意したいのは、基軸通貨である米ドルに対し固定相場制や変動の緩慢な通貨バスケット制を採用している国が多く存在する事である。米ドルと連動するそれらの国の為替レートを考慮したレートのネットが、変動相場制を採用している国々との正確な現米ドル為替レートとなっているか考慮する必要がある。
    為替介入
    『外国為替平衡操作』より : 外国為替平衡操作(がいこくかわせへいこうそうさ)とは、日本において財務省の命令で日本銀行が行なう為替市場への介入のことである。日本以外の為替当局が行うものについても本項で扱う。 目的 変動相場制において、為替レート変動の過度な動きを緩和するのが目的。 為替レートが諸般の事情で投機の対象となった場合、急激なレート変動が実体経済に対して悪影響を与える場合がある。このようなとき、財務省の命令により金融当局(日本銀行)が、市場取引に参加し通貨の売買をする。 介入の方法 介入する際は、財務省において外国為替資金特別会計から捻出される資金を持って取引が行なわれる。円売りドル買い介入の場合、日本の債券市場において政府短期証券(FB)を発行。1993年3月まではFBの全量を日銀が直接引き受けていたが、2000年4月からはFBの市中完全入札により介入資金を調達している。これにより調達した円資金を為替市場で売却し、ドルを買い入れる。ドル売り介入の場合は、外貨準備から米国債を取り崩して工面する。
    為替手形
    為替手形(かわせてがた)とは、手形の振出人(発行者)が、第三者(支払人)に委託し、受取人またはその指図人に対して一定の金額を支払ってもらう形式の有価証券のことである。略称は為手(ためて)。 約束手形と共有の手形一般の内容については、「手形」の項目を参照のこと。ここでは、為替手形特有の内容についてのみ記述する。 為替手形の特徴 遠隔地との取引をする際(特に輸出入)、現金を直接送ることの危険を避けるために用いられることが多い。 日本の商慣行では、江戸時代の遠距離取引においては為替の手段として今日の為替手形と同様の物が用いられていたが、現在の国内取引の決済手段としては、ほとんど用いられない。債権者が債務者に引き受けさせ、期日に支払いをさせるといった、融資の手段として用いられる。 印紙税は「手形を完成させた」者が納付することを利用し、支払人欄に署名し振出人欄を空欄とした為替手形を約束手形の代わりに受取人に交付することがある。この場合、受取人は、手形要件の記載を欠かないよう、振出人欄に自ら署名せざるをえないので、印紙税を負担することになる。
    当サイト全体から「為替」に関するページを抽出しました。
    為替に関する知恵袋-質問集
    為替に関する最新ニュース
    為替に関する教えてGOO-質問集
    19/10/17
    自分のお金を好きに使ったらいけませんか? 借金しないのですが てかしたくないのですが 絶対...→見る
    19/10/16
    円安の時に輸出が有利になる仕組みがよく理解できません。→見る
    19/10/14
    除籍謄本について→見る
    19/10/11
    銀行で仕組預金を勧められ、結局10パーセントの損失となってしまいました。すごく後悔してい...→見る
    19/10/11
    10%利のポートフォリオってどういう内容ですか?→見る
    19/10/08
    日本の証券会社はどうやって儲けているの? 証券会社が米株売買の手数料をSBI証券は5ドルから...→見る
    19/10/06
    輸入車の価格についての質問です。 例えば、ランボルギーニのアヴェンタドール、アヴェンタ...→見る
    19/10/05
    れいわ新撰組について→見る
    19/10/05
    中国への国際郵便為替証書(International Postal Money Order)での送金→見る
    19/10/04
    347ドルは日本円でいくらですか? 銀行でおろす場合いくらおろしたらいんですか?→見る
    為替に関する人力検索-質問集
    為替に関するナレッジ知識-質問集
    為替に関するtwitterつぶやき
    為替に関するブログサイト
    為替に関する最新書籍一覧
    為替に関する動画コンテンツ
キャッシング比較/ FX比較/ クレジットカード比較/ キャッシング申込み/ カードローン比較/ ETCカード比較/ レディースローン申込み/ 宅建過去問題/ マンション管理士過去問題/ 管理業務主任者過去問題/ ネット証券比較/ 目的ローン申込み/ 担保ローン申込み/ 住宅ローン申込み/ おまとめローン申込み/ 事業者ローン申込み/ 学生ローン申込み/ レディースローン申込み/ 女性R&B/ 賃貸マンション/ ビジネス板/ キャッシング キャンペーン/ ローン キャンペーン/ FX キャンペーン/ ネット証券 キャンペーン/ クレジットカード キャンペーン/ ETCカード キャンペーン/ キャッシング最新情報/ カードローン最新情報/ ETCカード特典/ クレジットカード特典/ FXビギナー/ ネット証券ビギナー/ 手形割引比較/ レディースキャッシング比較/ 主婦ローン比較/