初めてFXを始める人も自分にあったFX業者が確実に見つかるFX比較サイトの決定版FXエキスパート

外国為替証拠金取引情報検索
FXの取引方法
スワップトレードとは…
スイングトレードとは…
デイトレードとは…
スキャルピングとは…
外国為替証拠金取引(FX)の代表的な取引方法(運用スタイル)をご紹介します。あなたの生活にあった投資方法を模索しましょう。
FXの注文方法
指値注文とは…
逆指値注文とは…
成行注文とは…
IFD注文とは…
OCO注文とは…
IFDO注文とは…
FXで利用される代表的な注文方法を簡単に解説致します。様々な注文方法を組み合わせて、あなただけの必勝パターンを確立しましょう
リアルタイム為替チャート
 
3種類の分足切り替え機能付き外国為替チャートです。豊富な通貨ペアの状況をみること、視覚的に見る相場の変動から、各国の相関関係がわかります。
現在の外国為替レート
 
各種通貨ペアの為替レートが表示されます。取引している為替レートは毎日注視しましょう。
掲載FX業者一覧
マネーパートナーズ 株式会社 マネーパートナーズ FX最新比較情報マネーパートナーズ
クリック証券 GMOクリック証券株式会社 FX最新比較情報クリック証券
FX ZERO FX ZERO株式会社 FX最新比較情報FX ZERO
外為オンライン 株式会社外為オンライン FX最新比較情報外為オンライン
FX Online Japan IGマーケッツ証券 FX最新比較情報FX Online Japan
フォーランドフォレックス フォーランドフォレックス株式会社 FX最新比較情報フォーランドフォレックス
MATRIX TRADER JFX株式会社 FX最新比較情報MATRIX TRADER
ライブスターFX アイディーオー証券株式会社 FX最新比較情報ライブスターFX
トレーダーズFX トレイダーズ証券株式会社 FX最新比較情報トレーダーズFX
GFT グローバル・フューチャーズ・アンド・フォレックス・リミテッド FX最新比較情報GFT
オクトFX 三京証券株式会社 FX最新比較情報オクトFX
CMS FOREX(CMSフォレックス) CMSジャパン株式会社 FX最新比較情報CMS FOREX(CMSフォレックス)
FXプライム FXプライム株式会社 FX最新比較情報FXプライム
FXブロードネット 株式会社FXトレーディングシステムズ FX最新比較情報FXブロードネット
DMM FX 株式会社DMM.com証券 FX最新比較情報DMM FX
ドリームバイザーFX 株式会社 日本証券新聞社 FX最新比較情報ドリームバイザーFX
外為ジャパンFX 株式会社外為ジャパン FX最新比較情報外為ジャパンFX
みんなのFX トレイダーズ証券株式会社 FX最新比較情報みんなのFX
LION FX(ライオンFX) ヒロセ通商株式会社 FX最新比較情報LION FX(ライオンFX)
楽天FX 楽天証券株式会社 FX最新比較情報楽天FX
ひまわりFX  ひまわり証券株式会社 FX最新比較情報ひまわりFX
マネックスFX マネックス証券株式会社 FX最新比較情報マネックスFX
外為どっとこむ 株式会社外為どっとコム FX最新比較情報外為どっとこむ
FOREX.com フォレックス・ドットコムジャパン株式会社 FX最新比較情報FOREX.com
121トレーダー/ロボットFX 121証券株式会社 FX最新比較情報121トレーダー/ロボットFX
フォレックスライン フェニックス証券株式会社 FX最新比較情報フォレックスライン
サクソバンクFX サクソバンクFX株式会社 FX最新比較情報サクソバンクFX
外貨EX(サイバーエージェントFX) 株式会社サイバーエージェントFX FX最新比較情報外貨EX(サイバーエージェントFX)
カブドットコムFX カブドットコム証券株式会社 FX最新比較情報カブドットコムFX
INV@ST「FX24」 インヴァスト証券株式会社 FX最新比較情報INV@ST「FX24」
セゾン外貨FX セントラル短資FX株式会社 FX最新比較情報セゾン外貨FX
M2J 株式会社マネースクウェア・ジャパン FX最新比較情報M2J
ドルフィンFX 株式会社小林洋行 FX最新比較情報ドルフィンFX
為替24/くりっく365 スター為替証券株式会社 FX最新比較情報為替24/くりっく365
エースでねらえ!FX エース交易株式会社 FX最新比較情報エースでねらえ!FX
アプローズFX 株式会社フォレックス・トレード FX最新比較情報アプローズFX
FXエキスパートに掲載されている厳選された優良FX取引業者の一覧です。
FX情報・教材
スキャルピング
FXに関する有益な情報を独自に発信しているサービス及び、教材等をご紹介致します。取引の一助にしてください。
その他関連ツール
FX7サービス
FX取引や口座管理、インターネット環境を便利に関連ツールをご紹介致します。 中には無料で利用出来るものもあるので、お試し利用してみてください。
TWITTE情報
小額の資金でも大きな取引ができる
 
「てこの原理」を利用して大きな取引
FXは、はじめにFX取引業者に「証拠金(自己資本金)」を担保として預け入れることで、証拠金以上の取引ができるようになります。 レバリッジとは、証拠金にかける「てこ」のようなものです。通常は倍率で表され、レバレッジ○倍という言い方をします。 レバレッジの大きさは業者により異なりますが、1〜100倍程度があります。
レバレッジと為替差益は比例する
例えば、10倍のレバレッジを利かせたとします。為替レートが1ドル=100円の場合、10万円を両替すると1000ドルになります。しかし、FXであれば、10万円の証拠金を元に、外貨預金の10倍である1万ドルの外貨を取引することができるのです。
レバレッジの最大の魅力は、レバレッジに比例して、為替差益が大きくなることです。先の例で円安が進み、1ドル=110円になったとします。1000ドルを日本円に戻した場合、11万円となり、外貨預金の為替差益は1万円です。一方、FXの場合は、1万ドルを日本円に戻すので、為替差益は10万円になります。つまり、レバレッジが10倍なら、為替差益も10倍になるのです。
ただし、為替差益と為替差損は表裏一体です。為替差益が膨らむ可能性があるということは、つまり為替差損もそれだけ膨らむ可能性があります。
初心者はレバレッジ2〜3倍がベター
レバレッジを400倍までかけられる取引業者もありますが、これほど高くして運用すると、ちょっとした相場の変動で証拠金が不足してしまいます。リスクコントロールがうまくいかない初心者は、2〜3倍程度にしておいたほうがよいでしょう。
また、レバレッジは1倍でもできます。FXは外貨預金に比べてスワップポイントが高く、手数料が少ないので、レバレッジ1倍でも、十分有利な取引ができます。
レバレッジは、FXのほかに株の信用取引などでも利用できます。しかし、株の信用取引は上限が3倍など、FXと比べてレバレッジは低い設定になっています。

 
色々な外国通貨に投資できる
 
通貨の個性と背景を知る
世界には通貨が沢山あります。日本円をはじめ、米ドルユーロといった馴染みのあるものから、まったく聞いたこともないような通貨まで様々です。外貨投資をはじめる前に、投資候補である通貨の特徴を知ることが大切です。
通貨の動きはその国や地域の経済情勢の影響を受けるので、通貨を発行している国のニュースをまめにチェックしたいものです。
取引量が多く人気の通貨
米ドルは、外国為替市場での取引高も、注目度もやはりナンバー1です。米ドルはアメリカ国内のみならず、世界中のさまざまな貿易の決済や投資対象として使われている世界の基軸通貨です。外貨投資の初心者にとっても一番おすすめの通貨。なぜなら、多くの人が売り買いするため、手数料が比較的安く、換金性に優れていいるからです。
欧州を中心とする統合通貨のユーロは、EU加盟国の約半数に当たる15カ国が使用しています。ユーロが欧州統合通貨として1999年に誕生してから、米ドルに次ぐ主要な国際通貨として存在感を増し、現在の取引高は世界第2位。換金性も高まり、取引がしやすくなっています。
高金利で人気の通貨
第2次世界大戦前まで、世界の基軸通貨だった英ポンド。高金利でニュースなど情報量も多いため、投資するメリットは十分あります。
そして、外貨投資を始めるなら大注目の通過が、豪ドルニュージーランドドルですえ。豪ドルは高金利通貨の代表格といわれています。農産物や石炭、石油、鉄鉱石、金などを輸出する資源国なので、世界の商品市場の動向に大きく影響されますが、最近では、製造業や情報通信の技術なども成長しています。
また、ニュージーランドドルは、スワップポイントを狙う投資家に高い人気を誇っている通貨です。それは高格付けでありながら、高金利という好条件だからです。
そのほか流通量の多さで注目するなら、カナダドルスイスフラン南アフリカランド香港ドルなどがオススメです。

米ドル
(USD)
世界の基軸通貨。流通量が圧倒的に多く、情報が得やすい。また、為替レートが乱高下しにくいメリットがある。

ユーロ
(EUR)
欧州各国の通貨を統合して作られた統一通貨。流通量は世界第2位。米ドルが売られたとき、ユーロが買われる傾向がある。

英ポンド
(GBP)
値動きが激しく、為替差益を狙うならハイリスク・ハイリターンの通貨。デイトレードするならぴったり。

豪ドル
(AUD)
魅力はなんといっても高金利。スワップポイント狙いの人にはオススメの通貨。資源の価格が上がると豪ドル高になる傾向。

スイスフラン
(CHF)
地域紛争やテロが起きた場合、資金の逃避先として買われる傾向があり、値動きはユーロに似ている。
 
為替差益が狙える
 
為替差益の生じる仕組み
為替差益とは、為替レートの変動によって得られる利益のことです。円高でドルを買い、円安で米ドルを売ることで為替差益が発生します。逆に損失を為替差損といいます。
たとえば、1ドル=100円の為替レートでドルを購入したとします。その後、円安が進み、1ドル=110円になったところでドルを売って円に戻しました。この場合、為替差益の10円が手に入ります。
一方、この時点ではドルを売らなかったとします。しばらくすると円高になりました。1ドル=95円の為替レートで、ドルを売って円に戻したとします。この場合、為替差損が5円発生し、損失を受けることになります。
円高で買い、円安で売る
FXをはじめとした外貨投資で為替差益を狙うには、円高で外貨を買っておき、円安で売るのがポイントです。これは、株式投資で株を安いうちに買い、値上がりしたら売って利益を得る考え方と同じです。
外貨投資をする場合、うまく相場の流れの傾向を見極めることができれば、金利や配当金などに加えて、この為替差益を得ることができます。こうして利益を何倍にも増やすことも期待できるのです。
しかし、相場の動向を読み間違えると、反対に為替差損が生じ、たとえ金利や配当金があったとしても、合計してみると帳消しになってしまう可能性もあるので、常に念頭に置いておかなくてはなりません。
外貨投資には為替レートが2回影響
FXをはじめとする外貨投資の場合、国内投資と比べて、円高・円安の影響はとても大きいものになります。というのも、外貨投資はまず、日本円を外貨に交換します。取引後、再び日本円に換金することになります。つまり、外貨投資を行う場合には、日本円から外貨、外貨から日本円と、2度にわたって為替レートの影響を受けることになるからです。
外貨投資は、同じ日本円でどれだけ買えるか、同じ外貨でどれだけ多くの日本円が買えるかが重要になるので、日本円で外貨を買う場合は、できるだけ円高のときを狙って購入するようにします。反対に外貨を売る場合には外貨高、つまり、円安のほうが日本円がたくさん買えます。

 
為替手数料が激安
 
取引手数料と投資目的でFX取引業者を選ぼう
最近は取引手数料を無料にするFX取引業者が増えていて、デイトレードを行なう人にはオススメです。また、取引手数料が高めの取引業者では、その分サービスに力を入れていたり、スワップポイントが有利に設定されていたりするという利点があります。自分の投資目的に合った取引業者を選んでいきましょう。
 
24時間取引ができる
 
外国為替とは他国の通貨と両替すること
為替とは、もともと国内外に送金することを意味します。しかし、一般的に「為替」というと「外国為替」を指すことが多いようです。
「外国為替」とは、日本の通貨(円)と外国の通貨(外貨)、または、異なる2国間の通貨を両替することをいいます。
外国為替の中心が外国為替市場です。外国為替市場は現在、東京をはじめニューヨーク、ロンドン、香港、シンガポール、バーレーン、フランクフルト、チューリッヒなど世界50ヵ所以上にあり、主要な都市ごとにネットワークが設けられています。特に、東京ニューヨークロンドンは、世界の3大市場と呼ばれています。
外国為替の取引は、世界各国の銀行内にあるディーリングルームから電話やインターネットを使ってやりとりされており、昼夜を問わず、24時間を通じて、世界のどこかで取引が行なわれています。外国為替市場は、1日の平均出来高が3兆米ドルをゆうに超える金融取引中で最大の市場です。
二つの市場に大別される
外国為替市場は、大きく分けるとインターバンク市場銀行間市場)と、対顧客市場の2つです。インターバンク市場とは、銀行と銀行の間で取引を行なう市場のことです。一方の対顧客市場は、銀行が貿易会社などの企業や個人などと取引を行なう市場をいいます。通常、「外国為替市場」という場合にはインターバンク市場を指します。対顧客市場の価格は、インターバンク市場の価格をもとに決められています。
外国為替市場を動かす人々
外国為替市場で実際の取引をしているのが、為替ディーラーと呼ばれる人々です。フォレックスディーラー、FXディーラーなどとも呼ばれています。為替ディーラーは、異なる通貨の交換によって利益を得ることを目的にし、いわば、外国為替市場の主役です。
また、ブローカー通貨当局も市場に参加しています。ブローカーは、売り手と買い手の取引を仲介して取引が成立した場合、手数料を得ます。通貨当局は、日本で言う財務省や日本銀行のことです。相場の乱高下を防ぐために市場に介入します。
 
スワップポイントが毎日手に入る
 
受け取りと支払いがあるスワップポイント
スワップポイントは、FXで得られる利益のひとつです。スワップは「交換する」、ポイントは「数値の差」を意味します。つまりスワップポイントとは、2種類の通貨を交換するときに生じる金利差をいいます。
FXでは、低金利の通貨を売り、高金利の通貨を買うと、その金利差、つまりスワップポイントを受け取ることができます。しかし、高金利の通貨を売り、低金利の通貨を買うと、スワップポイントを支払うことになります。
ポジションを持った日数に比例して受け取れる
通貨を買った状態や売った状態をポジション(持ち高)といいますが、スワップポイントの受け取りや支払いは、ポジションを持った日数に応じて行なわれます。したがって、金利の高い通貨を買って、持ち続けていれば、その日数分だけ金利のようなかたちでスワップポイントを受け取ることができます。
スワップポイントは毎日、決まった時間に加算されます。ポジションを持ったままこの時間を持ち越せば、スワップポイントが支払われる仕組みです。この時間帯はFX取引業者によって異なります。
また、スワップポイントは、証拠金の額ではなく、取引する額をもとに計算されるため、レバレッジをかけて取引額が多い場合などは、スワップポイントもそれにともなってアップします。
スワップポイントを狙うなら高金利通貨
現在、日本の金利は低水準が続いています。米国や各国と比べるとその差は歴然です。日本円の金利が低いということは、FXで外貨を買っておけば、その間ずっとスワップポイントが受け取れることになります。他国の高金利を享受できるのも大きなメリットです。
スワップポイントを狙うなら、豪ドルやニュージーランドドルのような金利が高い通貨を選ぶと有利です。さらに、円高のときを狙って円を売り、こうした通貨を買えば、為替差益も同時に受け取ることができます。
もし、円高が進んで為替差損が出ても、長期で保有すればスワップポイントである程度カバーできます。
 
比較メニュー
FX 手数料比較
FX スプレッド比較
FX スワップポイント比較
FX レバレッジ1倍コース比較
FX 通貨ペア比較
FX 注文方法比較
FX モバイル対応比較
FX その他のサービス比較
FX スピード取引比較
数あるFX取引業者の商品を、あらゆる側面で比較します。FXエキスパートに掲載されているFX取引業者は全て金融商品取引業者に登録された安心の取引業者です。
PICKUP
FX 初心者ブログ
FX 新しいルール まとめ
FXの新しいルール
レバレッジ上限が50倍になる
通貨の特徴
USD 米ドル
EUR ユーロ
GBP 英ポンド
CHF スイスフラン
CAD カナダドル
AUD 豪ドル
ZAR アフリカランド
為替取引をする上で最低限知っておきたい世界各国の通貨の特徴について記述しました。 予備知識としてご確認ください。
FXちょっと一息ティータイム
法改正証拠金規制について
経済動向と金利変動の関係
円安と円高って一体何?
為替レートが2つある理由とは
手数料より重要な約定率とは?(スリッページ)
ファンダメンタル分析とテクニカル分析
スワップトレードの裏技
FXで使うチャートの種類
FX取引に役立つ知識や情報、テクニックを解説していきます。 随時更新して、コンテンツを増やしていきますので取引の合間にでもチェックしてみてください。
各国政策金利一覧
 
世界各国の現在の政策金利を表示します。FXの魅力であるスワップ金利を狙うにあたり知っておく必要がある数値です
世界経済指標日程
 
公表される経済指標によって為替相場が大きく変動する事があります。為替取引(FX)をする上でこれらのスケジュールを把握しておく事は非常に重要です。
システムトレード・FXソフト
FX取引中上級者の方は、独自のソフトウェアを使用し、より効率的に取引することを検討するといいでしょう。
AD
キャッシング・カードローン比較あなたのミカタ。
ETCカード比較 ETCKING
クレジットカード比較 クレジットカードマスター
レディースローン 比較
キャッシング 比較 申込み
キャッシング 比較 申込み
オススメのキャッシング・カードローン・クレジットカード情報サイトをご紹介致します。お得な最新のキャンペーン情報を知ることが出来ます。
FXスクール・セミナー
FXセミナー&為替予想 FXで稼ぐ・儲ける!FXスクール
外国為替証拠金取引(FX)に関する知識や技術を拡充したい向上心ある方にオススメの情報を集めました。
 
株式会社 マネーパートナーズマネーパートナーズ GMOクリック証券株式会社クリック証券 FX ZERO株式会社FX ZERO 株式会社外為オンライン外為オンライン IGマーケッツ証券FX Online Japan
フォーランドフォレックス株式会社フォーランドフォレックス JFX株式会社MATRIX TRADER アイディーオー証券株式会社ライブスターFX トレイダーズ証券株式会社トレーダーズFX グローバル・フューチャーズ・アンド・フォレックス・リミテッドGFT
三京証券株式会社オクトFX CMSジャパン株式会社CMS FOREX(CMSフォレックス) FXプライム株式会社FXプライム 株式会社FXトレーディングシステムズFXブロードネット 株式会社DMM.com証券DMM FX
株式会社 日本証券新聞社ドリームバイザーFX 株式会社外為ジャパン外為ジャパンFX トレイダーズ証券株式会社みんなのFX ヒロセ通商株式会社LION FX(ライオンFX) 楽天証券株式会社楽天FX
ひまわり証券株式会社ひまわりFX マネックス証券株式会社マネックスFX 株式会社外為どっとコム外為どっとこむ フォレックス・ドットコムジャパン株式会社FOREX.com 121証券株式会社121トレーダー/ロボットFX
フェニックス証券株式会社フォレックスライン サクソバンクFX株式会社サクソバンクFX 株式会社サイバーエージェントFX外貨EX(サイバーエージェントFX) カブドットコム証券株式会社カブドットコムFX インヴァスト証券株式会社INV@ST「FX24」
セントラル短資FX株式会社セゾン外貨FX 株式会社マネースクウェア・ジャパンM2J 株式会社小林洋行ドルフィンFX スター為替証券株式会社為替24/くりっく365 エース交易株式会社エースでねらえ!FX
株式会社フォレックス・トレードアプローズFX
COPYRIGHT (C) 2010, FX EXPERT. ALL RIGHT RESERVED.
BBS7.COM
MENURNDNEXT